会社を休む理由・口実を状況別にご紹介!上手な伝え方や注意点も必見

どんなに健康な人でも、ふとした瞬間に「仕事を休みたい」と思うことがあるでしょう。また、どうにかズル休みできないかとあれこれ考えるときもありますよね。

この記事では、そんな人のために仕事を休むための理由や口実を状況別に紹介していきます。上手に状況を切り抜けるためにも、伝え方のコツや注意点についても知っておきましょう!



目次

会社を休むときはきちんと理由を伝えよう




会社をどんな理由で休むとしても、大切なのは「理由をきちんと伝える」ことです。自分一人で会社を経営しているわけではないからこそ、理由をきちんと伝えて会社の理解を得ることが大切です。身勝手な休み扱いにならないためにも、理解や配慮を得られるように理由を伝えましょう。

マナーを忘れずに




どんな理由で会社を休むにしても、マナーを忘れてはいけません。例えば、自分は休みを頂く立場と考えてみましょう。仕事を休むことは当然の権利といっても、急な休みになるほど周りに迷惑をかけることになります。

だからこそ、休むときにはマナーを忘れてはいけないのです。「ありがとうございます」「申し訳ありません」など、感謝と謝罪ができるようにしておきましょう。

必要なら事前の手続きをきちんと行う




休みを取る場合には、必要であれば事前の手続きをしておきましょう。例えば、数日前から休みを検討している場合には、人によっては有給休暇が取得できますよね。こうしたものは、事前に手続きしておくことで当日に連絡する手間を省けます。

また、事前に休む旨を伝えてあるため、当日に感じる罪悪感を最小限にできるでしょう。心おきなく休めるので、事前にできる手続きや準備は進めておくことをおすすめします。

当日欠勤は手続きの仕方にも注意



当日欠勤する場合にも、手続きが必要な場合があります。例えば、派遣社員は勤務先と派遣元に連絡を入れることがルールとなっている場合が多いです。どちらか片方ではなく、両方に連絡を入れなくては休み扱いにならないでしょう。

他にも、欠勤システムを利用して休みを申請する会社もあります。勤務している会社が当日欠勤にどのような連絡ルールを定めているか、事前に調べておきましょう。

会社を休む理由・口実【当日連絡】




寝る前に、「明日は頑張るぞ!」と意欲を持っていても、朝起きたら「行きたくないかも」と気持ちが変わってしまうこともありますよね。そんなときに使える会社を休む理由や口実を紹介します。困ったときには次のような理由や口実を使い、休みを得ましょう!

発熱




休むための理由として一番メジャーなものといえば、発熱が挙げられます。「高い熱が出たために仕事に行けない」「熱のせいで頭がボーっとするから」など、熱によって苦しんでいることを伝えましょう。声もリアリティを出すよう意識すると信じてもらえますよ。

ただし、発熱は数日前から「体調が悪い」というアピールが必要不可欠です。昨日は元気だったのに、今日に限って高熱とはにわかに信じられません。信用されるように事前のアピールもセットとして考えます。

腹痛




発熱の他にも、腹痛もメジャーです。「歩けないほどにお腹が痛い」「腹痛で仕事に集中できない」など、苦しんでいることを伝えてみましょう。また、昨日元気だったとしても腹痛ならあまり疑われません。急にお腹を下すことも日常ではあり得るため、発熱よりも信じてもらいやすいです。

他にも、腹痛に加えて下痢を伴っていることを伝えましょう。より「動けない」という雰囲気を出すことで、疑われることなく休みを得られます。

腰痛



前日の体調を気にするなら、腰痛もおすすめです。現代社会では若くして腰痛を抱える人も多く、嘘だと疑われない理由として挙げられます。「持病の腰痛が悪化して」「起きたら腰をやってしまい動けない」など、こちらも動けないアピールをしてみましょう。

よりリアリティを出して伝えることで、同情を買うこともできます。「どうしても休みを頂きたい」と下手に伝えると、「お大事に」という言葉を引き出せるでしょう。

吐き気・嘔吐




腹痛と同じく、吐き気や嘔吐も疑われにくい理由といえます。急に体調を壊すと、吐き気や嘔吐を感じる人が多いからです。「今朝から調子が悪く」「吐き気が収まらず」など、まっとうに聞こえる理由を伝えましょう。

また、信じてもらえるよう「何度も」「収まらない」などのワードもおすすめです。こうした言葉を使えば、リアリティあるように聞こえるでしょう。

生理痛




女性は人によって、生理痛の痛みが異なるものです。極端な痛みにみまわれる人もいれば、痛みを感じない人もいるでしょう。会社を休む理由としては弱い部分もありますが、生理痛に理解ある会社なら休みをもらう口実として使えます。

また、伝えるときには「動けないほどに痛い」「動くと激痛が」など、普通の痛みではないことをアピールしましょう。通院をおすすめされることもありますが、「様子を見たい」と伝えることでゆっくり休めますよ。

行政などの手続き




家族と暮らしている場合には、行政などの公的手続きも理由にできます。例えば、「親が急に行けなくなり、代わりに手続きすることになった」「急に代理を頼まれた」など、交渉したけど無理だったという雰囲気を出しましょう。

また、「今日だけしか手続きできない」というワードもおすすめです。人によっては半休しか取れない理由ですが、午後にかけなおすことで丸一日休みを取得できる場合もあります。

鍵の紛失




何度も使える理由ではありませんが、どうしても休みたいときには「鍵の紛失」もおすすめです。家の鍵を失くしたとあれば、会社に出勤するのは難しいでしょう。泥棒が入らない可能性もゼロではありませんし、女性なら盗聴器を仕掛けられる恐れも十分あり得ます。

そのため、「鍵が見つからないため休みが欲しい」「急いで作りたい」と切迫感を出しながら伝えましょう。女性とあれば、会社も無理に「来なさい」とは言えませんからね。

家庭の事情・家族の体調不良




家族と共に暮らしている場合には、家族の体調不良も休む理由として使えます。例えば、「子どもが熱を出した」「親が高熱を出して介護が必要だ」など、離れられないことを伝えましょう。看護や介護が必要とあれば、会社も無理に出勤させたりはしません。

また、子どもの体調を理由にする場合には「学校で流行っている」など思い当たるものを活用するのもおすすめです。

病院受診




定期的に受診している病気があるなら、それを理由にして休むこともできます。例えば、大きな病院なら平日しか受け付けてもらえないところも多いですよね。「○○病院の通院があり」「検査があるのを忘れていた」など、どうしても受診しなければいけない旨を伝えましょう。

病院受診は「事前に伝えて」と注意を促されることもありますが、「仕方ない」と休みを貰いやすいです。些細なお小言くらい貰っても平気という場合には、使ってみてはどうでしょうか?

会社を休む理由・口実【前日連絡】



前日から「明日は休みたいな」と思っている場合には、次のような理由や口実が使えます。自分の状況に合わせて使い分けることで、疑われずに休みを取得できるでしょう。ただし、あまりに状況に合わないものを使うと、今後休む際に疑われやすくなるので注意が必要です。

親戚が危篤



人の体調や健康は、思っている以上に崩れやすいものです。そのため、急に親族や親戚が危篤状態に陥ってしまう可能性もゼロとは言い切れません。何度も使える口実ではありませんが、どうしても休みたい場合には使ってみると良いでしょう。

また、この理由は親しい間柄ほど嘘だとバレやすいです。特に、親や兄弟姉妹の名前を出すと大ごとになりやすいので注意しましょう。

身の回りの人のお葬式




危篤の他にも、お葬式も休む口実として使えます。例えば、「遠い親戚が亡くなった」「お世話になっている人が急に」など、不幸が起こったことを伝えましょう。急な不幸ともあれば、会社も疑うことなく休みを受け付けてくれます。

ただし、お葬式など身の回りの不幸を理由にする場合には、後日の振る舞いに注意が必要です。休んだあとに笑顔で出社しないよう、休んだ理由に見合った行動を心がけましょう。

家族の体調不良



前日連絡でも、家族の体調不良を休む理由にできますよ。例えば、「帰ってきたら急に体調を壊した」「熱が出てきた」と、体調に変化があったことを伝えましょう。心配で明日病院を受診したいと伝えれば、仕方ないとして休みを認めてもらえます。

ただし、乱用はできないので注意しましょう。あまりに乱用すると、精密検査を勧められたり。体調管理のなさを指摘されたりと思わぬ事態を引き起こします。

1
2
3
4

関連記事