顔が大きいのが悩み…原因や改善法を紹介!すぐできる小顔見せテクも

「大きな顔」がコンプレックスになって、自信をなくしている人はいませんか?ここでは顔が大きくて困っている人必見の、その原因や改善法を徹底解説します。シュッとした小顔に見せられるお助けテクニックが満載です。いろいろな方法を実践して小顔を手に入れ、もっとステキな女性になりましょう!



目次 [開く]

顔がでかいのがコンプレックス…小顔に見せる方法が知りたい!




女子のルックスの悩みとして、多く挙がるのが顔が大きいことです。改善するのが難しい、と諦めている人もたくさんいるのではないでしょうか。しかし顔が大きい原因やその改善法を知ることで、憧れの小顔に近づけるんです!自分の顔のことをもっと理解して、よりよい方法でお悩み解決しましょう。

自分は顔が大きい?その基準って?




自分は顔が大きいと感じている女性はたくさんいますが、その大きさには基準があるのでしょうか?平均的な顔の大きさや小顔の基準についてチェックしましょう。

日本人の平均的な顔の大きさ


「AIST日本人頭部寸法データベース2001」のデータを参考に、日本人の平均的な顔の大きさについて見てみましょう。日本人女性の顔の大きさの平均値は、頭頂部からあご先までが21.8cm、左右こめかみの間が15.33cmです。



メジャーで自分の顔の大きさを測ったとき、それぞれの数値が平均値より大きかったら顔が大きいと言えます。男性の数値はもう少し大きく、基本的に女性の方が顔が小さいです。

小顔と言われるのはどこから?


女性にとって憧れの小顔ですが、実はこれといった数値や基準はありません。日本人女性の顔の大きさの平均値を下回っていたら小顔と言えますが、それ以外にも小顔に見える条件はいくつかあります。



例えば日本人では、顔と身長の比率が1:7、つまり7頭身が理想と言われています。「身長÷顔の縦の長さ」を計算して、7頭身以上だと小顔に見えます。

また、片目の幅を1として考え、左右のこめかみをつないだラインが片目の幅でキレイに5等分できることも小顔の証とされています。他にもA5サイズのノートを顔の前に置いたとき、顔がすっぽりと隠れる人も小顔と言えるでしょう。

顔が大きい…その原因って?




そもそも顔が大きいのには、どんな原因が潜んでいるのでしょうか?その原因を探ることで、正しい小顔対策ヘのヒントにもなります。自分の顔が大きい原因になっていることはないか確認してくださいね。

遺伝で生まれつき




家族に顔が大きい人がいるなら、その大きさは遺伝の可能性が高いです。体の骨格と同じように、顔の骨格も祖父母や両親に似ることがあります。例えば、エラが張っている、あごが長い、頬骨が高いなど顔が広がって見える特徴が遺伝している場合は、大きい顔に見えます。

脂肪がついている




ぷっくりした頬やボリュームのある二重あごなど、脂肪によって顔が大きく見えている人もいます。最近顔周りにお肉がついてきたという人は、太る前の顔との対比でさらに大きく見えてしまうことも。

輪郭に脂肪がつくと、皮膚が垂れ下がってたるみとなり、締まりのない大顔になってしまいます。また、顔のパーツがお肉に埋もれて小さく見えるので、顔全体が広くのっぺりとして見えます。

顔の筋肉が弱っている




顔には「表情筋」という細かい筋肉があり、その筋肉によって豊かな表情を作り出します。その筋肉が発達していると、口角がキュッと上がった若々しく引き締まった顔に見えます。

しかし表情筋が衰えていると、顔の筋肉が重力に負けて下がり顔全体がどんよりとした雰囲気になりやすいです。皮膚がたるんで見えるので、自然と顔も大きく見えてしまいます。

顔が歪んでいる




生活習慣も顔の大きさに影響します。頬杖をつく、脚を組む、猫背がクセになっている人はいませんか?これらは、体や顔の歪みにつながります。また、ものを噛むときに片方の奥歯ばかりで噛んでいる人も顔が歪みやすいです。うつ伏せで寝ている人も、顔が圧迫され血流が悪くなり、むくんで大きな顔になってしまいます。

顔が大きいことのデメリット




多くの女性が小顔になりたいと思っていますよね。では具体的に顔が大きいと、どんな悩みがでてくるのでしょうか。大きい顔のデメリットを詳しく見てみましょう。

みんなで写真を撮るときに、目立たないか気になる




楽しい旅行やお出かけ先では、友達と写真を撮る機会がたくさんあります。でも撮った写真を見て、ドーンと大きな顔にショックを受けた、ついつい友達と顔の大きさを比べてしまった、という人はいませんか?

そんな経験から自信を失くし、写真をとるときに引き気味に後ろに下がったり顔を隠したりすると、せっかくの笑顔も魅力が半減してしまいます。

似合う服と似合わない服がある




タートルネックやスキニーパンツのコーデをすると、顔だけが目立って全体のバランスが悪く見えることがあります。また顔周りが派手なデザインの服も顔の大きさが強調されるので、とついつい避けてしまいがちです。着たい服が似合わず、似合う服もいまいち分からないとなると、ファッションを思い切り楽しめなくなります。

帽子選びが大変




顔が大きいということは、頭が大きいとも言えます。そのため、帽子選びに一苦労することも。おしゃれな帽子を見つけても、サイズが小さくて入らない、コーデから浮くなどの問題が出てきます。

自分に似合う帽子の種類が限られてしまうため、最終的に帽子をコーデから外す、妥協してなんとかかぶれるものを選ぶなどの対応をする人もいるでしょう。

メガネやマスクが小さい




おしゃれアイテムとしても人気のメガネ。でも顔の横幅が広いと、平均サイズを元に作られているメガネは窮屈で、長時間かけていると顔が痛くなってしまいます。

また、可愛いデザインや化粧崩れしずらいマスクなど女性用マスクは便利でとても魅力的ですが、小さめに作られているので大きい顔の人は使いにくく感じるかもしれません。

ヘアスタイルが限られる




ベリーショートやボブなど、輪郭が目立つすっきりしたスタイルに抵抗がある人も多いです。大きい顔の人はサイドの髪や、長めのスタイルで輪郭を隠す人もいます。ヘアアレンジでも、アップスタイルにチャレンジするのが難しく、髪型がマンネリ化してしがちです。

良いこともある!顔が大きいことのメリット




顔が大きいことをコンプレックスに思う人が大半ですが、実はそれがメリットになることもあるんです。大きい顔の長所をチェックしましょう。シチュエーションによって、その顔の大きさを活かすことで、自分の顔にもっと愛着が湧きますよ!

堂々としているように見える




大きく目立つ顔は堂々としているので、人前に立つときに役立ちます。大事なプレゼンの場や、発表会のステージに立つ人は、遠くの人までその姿がよく見えます。声や動きだけでなく、表情でも思いを豊かに伝えられますね。自分の存在を強くアピールするのに大きい顔は効果大です。

人に覚えられやすい




大きい顔はその人のチャームポイントにもなります。大勢の人がいるにぎやかな場でも、インパクトがあるので一度見ればすぐその顔を覚えてもらえます。表情豊かに相手と接すれば、好印象を残せます。笑顔もパッと明るく、元気に見えるので会話も自然と弾みそうですね。

1
2

関連記事