オレンジヘアーの魅力とは?おすすめヘアカラー&メイクのコツも伝授

そろそろヘアカラーを変えたいな。今度は何色がいいかな?と迷っているあなたにおすすめしたいのは、オレンジヘアーです。派手すぎない?とハードルが高いと感じるかもしれませんが、実は日本人の肌・髪質と親和するカラーですよ。

「オレンジ系」と言っても多くの色があり、ニュアンスの違いによって、さまざまなオレンジヘアーを楽しむことができます。また、オレンジヘアーは色が落ちていく過程もキレイですよ。今回は、そんなオレンジヘアーの魅力をご紹介していきます。


目次 [開く]

今年こそオレンジ系できめよう♡


2020年の春夏トレンドで大人気のオレンジヘアー。みずみずしくフレッシュで、元気さを象徴するオレンジ色が、注目を集めています。いつもはナチュラル優先でブラウン系のヘアカラーを選んでしまう派手髪初心者の方にもおすすめなカラーです。また、染めたてから色落ちまで、長い時間楽しめるのもオレンジヘアーの魅力の一つです。

一般的に、日本人の肌は黄色みがかかっていると言われています。オレンジの色味は、そんな日本人の肌色に馴染みやすいのが特徴です。オレンジヘアーには、肌をパッと明るく、キレイに見せてくれるという嬉しい効果もあります。
今回は、おすすめのオレンジ系ヘアカラーや似合うメイクのコツまで、徹底的に解説していきます。人気のオレンジヘアーの魅力をたくさん知ってくださいね。

オレンジヘアーの魅力とは?


日本人の髪質・肌色と相性バッチリのオレンジヘアーは、幅広い年代で人気を集めています。色の組み合わせ次第でいろんな印象を叶えることができますよ。落ち着いた雰囲気のナチュラルオレンジから、個性たっぷりの華やかオレンジまで、自分に似合うオレンジヘアーを見つけてくださいね。

赤みの強い髪を生かせる



赤みが強く出やすい日本人の髪。そんな日本人特有の赤みの強い髪を生かせるのがオレンジヘアーです。もともと地毛が暗い色の方はより赤みが出やすいので、その分、オレンジヘアーとのマッチング率も高くなります。寒色系のカラーだと一旦赤みを消さないと色が入りづらいと言われていますが、赤みがあるからこそオレンジヘアーはもっと魅力的になります。

明るい印象になる



「暖かい」「賑やか」「陽気」とポジティブなイメージのあるオレンジ色。ヘアーをオレンジにすることで、表情が明るく見えて活発な印象も出せるでしょう。自分から人に話しかけるのが苦手、という方も、髪色のトーンを明るくすることで親しみが出て、周りの人も話しかけやすくなります。メイクもオレンジ系・コーラル系で統一感を作るとさらに明るさが出るので、鏡を見るたびに元気にもなれますよ。

ブリーチしないとオレンジヘアーにならない?


派手めのカラーにするとき、ブリーチ必須かどうか気になりますよね?特にオレンジのような強めのカラーを入れたいときはブリーチしなきゃと思っていませんか。確かに、ブリーチをすれば一層キレイにカラーが入ります。でも髪のダメージ、心配ですよね。髪の毛を傷めることなくオレンジヘアーにチャレンジすることはできるのか、見ていきましょう。

1回で明るめオレンジにするならブリーチは必須



ブリーチをすると、次に入れるカラーの発色が良くなります。この発色の良さが、ブリーチをする最大のメリットです。1回のカラーで濃いめのオレンジヘアーにしたいのであれば、ブリーチは必須です。元の髪の毛の色を抜くことで、後のカラーがキレイに入りやすくなります。

カラーの回数を重ねてオレンジを定着させる



オレンジヘアーにしてみたいけど、ブリーチすると髪が痛んじゃう……。と、ブリーチによる髪へのダメージが不安な方は、カラーを何度か重ねるテクニックを試してみてください。カラーの回数を重ねることで、ブリーチをせずとも色が定着します。この方法なら、髪のダメージを抑えたあなただけのオレンジヘアーに仕上がります。

【ブリーチあり!】おすすめのオレンジヘアーをご紹介


1回のカラーで明るめのパキッとしたオレンジにしたいのであれば、やはりブリーチありを選択してください。脱色してからオレンジのカラー剤を入れることで、鮮やかなオレンジヘアーを再現しやすくなります。

どうしても髪が傷むのが気になる方には、ケアブリーチという方法があります。ケアブリーチとは、ブリーチの際に、髪の毛を補強する特殊な成分を用いる技術のことです。この方法なら、ブリーチによる髪へのダメージを大幅に減らしながら、脱色することができ、枝毛や切れ毛ができにくくなりますよ。

キュートさをプラス!オレンジブラウン



オレンジヘアーにブラウンをプラスして、キュートな印象はいかがですか。華やかでパッと目を引くカラーで、みんなの注目の的になること間違いなしです。ボブスタイルは、コテを使って毛先を外巻きにした元気系アレンジにすると抜け感を演出できますよ。

初めてのオレンジヘアーにおすすめ!オレンジベージュ



オレンジヘアー初挑戦の方は、オレンジベージュから始めてみましょう。比較的ナチュラルな髪色なのに、周りに差をつけられると人気があります。透明感を出すのが難しいと言われる赤み系のカラーですが、ベースがベージュなので色合いは柔らかく、光の当たり具合によって雰囲気が変わって見えるのも魅力のひとつです。

個性的になりたいなら!アプリコットオレンジ



他の人と被りたくない!という方は、ひときわ目立つアプリコットオレンジにチャレンジしませんか。明るくはつらつとした印象になり、個性を存分にアピールすることができますよ。ブリーチの利点を最大限に生かして濃いめにカラーを入れると、長い期間、オレンジヘアーを楽しむことができますよ。

【ブリーチなし!】おすすめのオレンジヘアーをご紹介


ブリーチせずにオレンジカラーを何度か重ねて仕上げることで、色に深みが出ます。ブリーチなしのディープオレンジカラーは、落ち着いた大人の雰囲気に仕上がりますよ。オレンジヘアーにしたいけど子供っぽくなってしまうのが心配な方に試してほしいカラーを紹介しますね。

シンプルなオレンジカラー!ナチュラルオレンジ



こちらは王道のナチュラルオレンジ。シンプルながらもこなれ感を演出できます。ほんのりオレンジ味を感じられるくらいでも、大人の余裕たっぷりでセクシーな印象になります。いろんなメイクやファッションにも馴染みやすいのがポイントです。

柔らかい印象に!オレンジベージュ



ブリーチなしのオレンジベージュは、優しいカラーです。いつものブラウンヘアーからイメチェンしたいけど、派手に見える髪色は避けたいというときにぴったりです。色味が柔らかいので顔立ちも優しくする効果がありますし、髪を巻いてふわっとさせるとフェミニン度も上がります。メイクやコーデを明るめにして出かけたくなりますね。

肌馴染みが良い!アプリコットベージュ



オレンジヘアーの中でも挑戦しやすいアプリコットベージュ。ベースのベージュカラーは肌の色に馴染みが良いので、明るいけど浮きすぎず、華やかさが出ます。一見するとベージュに近いですが、光に当たるとオレンジがキラキラ映えて見えるワザありスタイルです。

オレンジヘアーはポイント入れもかわいい♡


オレンジヘアーはポイントで入れてもとっても可愛く仕上がります。オレンジをアクセントとして入れることで、奇抜すぎないオレンジヘアーに仕上げることができますよ。髪の一部を染めるだけなので、手軽にイメチェンができるのもポイントです。また、髪へのダメージを一部に抑えることができますよ。

毛先のみ



毛先にアクセントとして入れるオレンジヘアーは、全体がオレンジだと派手過ぎるかな?と心配な方にもってこいです。黒髪の清楚さは残しつつ、華やかでおしゃれな印象にイメチェンできますよ。毛先カラーで個性をアピールしてみてください。

インナーカラー



オフィスでもOKなカラーを探しているなら、インナーカラーで遊びませんか。表面ではなく内側の髪だけに色を入れることで、下ろしているときは普通の髪色ですが、不意にチラッと見えるオレンジカラーがとてもおしゃれです!お出かけするときにはコテで大きめのカールを作ったり、サイドの髪を耳にかけたりアレンジをすることで、いろんなスタイルが作れて簡単にイメチェンができますよ。

オレンジ部分を目立たせたいなら、ハーフアップアレンジにするだけで印象がガラリと変わります。

市販のカラー剤でもキレイに染まる?



セルフカラーは自分の時間が不意に空いたときに手軽にできるし、費用も安く済みますよね。オレンジヘアーは、市販のカラー剤でもキレイに染められるのでしょうか?

オレンジヘアーは美容室で染めるのがおすすめ



たくさんの商品が市販されていますから、オレンジヘアーに染めることは可能です。ただ、髪を傷めず色ムラもない、完璧な仕上げを望むようなら美容室でプロの手を借りてください。

セルフはどうしてもムラになりやすく、思ったカラーにならなかった!となってしまうことも多いです。ですが、オレンジカラーなら元の髪色が茶系であれば、多少ムラになっても馴染みますので、大きな失敗にはなりません。最初はメッシュのようにポイントで入れてみるのも個性が出ますよ。

オレンジヘアーは色落ちするとどうなる?


カラーをすると気になってくるのが色落ちです。オレンジヘアーは色落ちするとどのようなカラーになるのでしょうか?

キレイに色落ちさせたい!



オレンジヘアーが色落ちすると、ブリーチをした場合はベージュに、ブリーチなしの場合は黄味よりの茶髪の風合いが強くなります。オレンジヘアーの色落ちは、オレンジの色味・黄味が残るのが特徴です。
色落ちまでオレンジヘアーを楽しみたい!という方のために、ひと手間かけたケア方法をお伝えします。

オレンジヘアーを長持ちさせるコツ



せっかくオレンジヘアーでキメたなら、長持ちさせたいですよね。高温ではなくぬるま湯でシャンプーしたり、コテの温度を低めに設定することで、カラーを長持ちさせることができます。そのほかに取り入れてほしいのが、カラートリートメントです。名前の通りトリートメントの中にカラー剤を混ぜたもので、髪に潤いと栄養を与えながら、表面に染料を浸透させてくれます。


「EVERY(エブリ)」のカラートリートメントは、カラーをしたとは思えないツヤツヤしっとりな仕上がりで、髪に潤いが戻ってくるのを実感できます。

使い方もとても簡単で、シャンプーした後にタオルドライした髪に塗り、5分後に洗い流すだけ。リンスやシャンプーは不要なので、毎日のケアに手軽に使えますよ。染料は石けんで洗い落とせますが、爪の間に色が入ってしまう可能性があるので、気になる方は手袋を使った方がいいでしょう。

1
2

関連記事