女性の経験人数ってどれくらい?男性から聞かれた時の答え方も必見!

セックスの経験人数が多いのか、あるいは少ないのか、客観的に判断するのって難しいですよね。なかなか人には聞きづらい内容なので、一度気になり始めると自分の中で上手く消化できず、モヤモヤした気分になってしまうこともあるでしょう。

そんな人のために、今回は女性の平均経験人数に焦点を当てていきます。男性に聞かれたときの上手な答え方もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

友達には聞けない!女性の平均経験人数



多くの女性が気にしているものの、なかなか友達には聞きにくいのが「経験人数」ですよね。

合コンの席などでは話題になりやすいテーマですが、周りの人の話を聞いているうちに、「もしかして私って経験少ないかも……」「周りの友達はもっと多いのかな?」なんて思ってしまうこともあるかもしれません。

そんなお悩みを解決するためにも、今回は女性の平均経験人数について詳しく見ていきましょう!

社会人女性の平均経験人数



学生時代に初体験を済ませているという女性も多いですが、経験人数が徐々に増えていくのは社会人になってからの場合が多いようです。職場や合コンなど、男性と触れ合う機会が増えることが理由と考えられています。

では、実際のところ社会人女性の平均経験人数はどのくらいなのでしょうか。

全体の平均は4.8~5.1人


いくつかの統計を見ると、社会人女性の平均経験人数は、だいたい「4.8~5.1人」です。多いと感じますか?それとも少ないと感じるでしょうか。人によって捉え方はさまざまですが、この数字よりも少なかった、あるいは多かったとしても、気に病む必要はありません。

ちなみに、社会人男性の平均は11.1~12.3人と言われています。女性と比べると倍以上の数字です。男性の方が性に積極的な人が多いので、納得の結果と言えるでしょう。

3~4人と答える女性が多い


とはいえ、上記の数字はあくまでも平均値で、実際のところは「3~4人」と答える人が多いです。より細かく統計を見てみても、1~4人の間と答える人が全体の半数を占めていて、その後に、もっと多い、初体験はまだという回答が続きます。

経験人数が1~4人の間におさまっているのであれば、人並みと捉えて良いでしょう。恋愛体質だったりモテるタイプだったりすると、もう少し増えて6~9人くらいと回答する人も多くなるかもしれませんね。二桁を超える女性は、少数派にとどまるようです。

年代によっても大きく変わる


また、年代によっても経験人数の平均は大きく変わります。女性の場合、20代が5人前後、30代が7人前後でピークを迎え、そこから徐々に減っていく傾向にあります。

しかし、20代でも二桁を超えている、あるいは30代でもまだ初体験を済ませていないという人ももちろんいます。そのため、自分の経験人数がこれらの数字から離れていたとしても、決しておかしなことではありません。
男性の場合、20代の7人前後から徐々に増えていき、なんとピークは50代の14人前後とされています。ここにも、男女の性に対する認識の差が出ていると言えるでしょう。

経験人数がどのくらいだと多く感じる?



ここまでは、社会人女性の平均経験人数がどれくらいかについて見てきました。では、男性が「この子経験多くない?」と感じる境界線はどこにあるのでしょうか。

男性によって価値観の違いがあるので一概には言えませんが、女性の経験人数としては「4~5人が理想」という意見から、多すぎず少なすぎない、ちょうど良いのがこの辺りと男性は考えるようです。

そして、経験人数が二桁を超えると「ちょっと多いな」という印象に変わるというのが大半の男性の意見のようです。男性の経験人数の平均が11~12人前後ですから、自分との比較で多いか少ないかを判断する傾向にあるのでしょう。

男性が女性に経験人数を聞く心理は?



男性に経験人数を聞かれたとき、「なんでそんなこと聞くのかな?」と疑問に感じることもありますよね。その質問の意図はさまざまに考えられます。いくつかのパターンにわけて確認していきましょう。

単純に好きな人の経験人数が気になるから


何か明確な意図があるのかと思いきや、単純に好きな人の経験人数が気になるという理由だけで聞いてくる男性もいます。多いか少ないかが問題なのではなく、好きな人のことだからこそ知っておきたいという心理が強く働いているのです。

ただ、なんとなく興味本位で聞いているとは言え、あまりにも多すぎる回答をされるとショックを隠しきれないこともあります。その男性と真剣なお付き合いを考えているのであれば、回答には慎重になった方が良さそうです。

自分の価値観と比べるため


自分の経験人数と照らし合わせて、自分と女性との価値観を比べようと考えている男性もいるでしょう。自分と比べて極端に少なければ「恋愛経験が少ない分、束縛が激しいかもしれない」、極端に多ければ「浮気や不倫に対する考え方が自分とは違うのかも……?」といった具合に、相手の価値観を見極めようとしているのです。

しかし、真剣にお付き合いをしたいと考えている女性に対しては、この部分は重視しない男性が多いです。参考程度に聞いてはおくものの、ルックスや性格、経済力などさまざまな点を考慮したうえでお付き合いする女性を選ぶので、最重要項目とはならないのです。

遊び相手に向いているかどうか見極めるため


反対に、「経験人数が多い女性ほど好都合だ」と考えている男性も一定数存在します。それは、遊び相手を探しているからです。

経験人数の少ない女性ほど、「セックス=愛情があるからするもの」と捉えがちです。こうしたタイプの女性を遊び相手に選んでしまうと、本気になられたり彼女面をしてきたりと、遊びたい男性から見ると面倒な女性と感じるのでしょう。

一方、経験人数が多い女性に対しては、自分と同じ価値観を持っていそう、あとあと厄介なことにはならなそう、と考えます。女性に経験人数を聞くことで、ワンナイトやセフレ関係になったとしても後腐れなく縁を切れるかどうか、見極めようとしているのです。

経験人数が多いと遊ばれそうだから


もちろん経験人数が多い女性の中にも、交際人数=経験人数という人はいるでしょう。誰とでも良いというわけではなく、あくまで正式に付き合った男性とのみセックスをしているということです。

しかし、「経験人数が多い=遊んでいる」と考えてしまう男性は少なくありません。特に、自身の経験人数が少ない、あるいは過去に女性に騙された・遊ばれたという経験のある男性は、こうした偏見を持ちやすい傾向にあります。

経験人数が少ない女性ほど、ガードが固く浮気や遊びの恋愛をしないだろうと思っているのです。

男性に経験人数を聞かれた!どうやって答える?


男性から経験人数を聞かれたら、あなたならどう答えますか?答え方次第では、相手から引かれてしまう可能性も……。

「じゃあどう答えるのがベストなの?」と困っている女性のために、考え得るいくつかの回答パターンをご紹介します。好印象を与えられる上手な回答の仕方を覚えておきましょう。

素直に言う


社会人女性の平均経験人数は5.1人、1~4人の間と答える人が半数を占めるということはすでにお伝えしました。年齢にもよりますが、実際に自分の経験人数がこの程度である場合には、素直に答えてしまうのが一番です。

多いのか少ないのか、男性自身にもよくわからないという場合でも、ネットなどで女性の経験人数について検索すればこの程度の数字にたどり着くはずです。一般的な数だとわかれば、嫌な顔をする人はまずいないでしょう。

また、経験人数が多い、あるいは少ないことを気にしてサバを読むと、あとあとつじつまが合わなくなる可能性もあります。嘘をつくことに抵抗がある、嘘を隠しきれる自信がないという人は、最初から本当の人数を話してしまう方が楽かもしれません。

初体験がまだの人は素直に伝えよう


特に初体験がまだという人の場合、好きな男性や彼氏に対しては無理に隠そうとしない方が良いでしょう。初体験のときには痛みを伴う女性が多く、遅かれ早かれバレてしまうためです。

あなたとの交際を真剣に考えている男性であれば、「処女=重い」とはきっとなりませんよ。

相手よりは少ないと伝える


男性から経験人数を問われたとき、まずは「あなたはどのくらいなの?」と聞き返してみましょう。男性側の経験人数が極端に多い場合には別ですが、大抵は「○○くんよりは少ないかな」と答えておくのが無難です。

実際に男性よりもいくらか少ない程度であれば、具体的な数字を答えてしまっても良いかもしれません。しかし、男性よりも経験人数が多いなどサバを読む必要がある場合には、のちに矛盾を起こさないためにもあえて濁しておきましょう。

あなたの返した質問に対して相手が答えを渋るようであれば、あなたもわざわざ答える必要はありません。それでも経験人数をしつこく聞いてくる男性は、スルーしましょう。

平均より少なめでごまかす


聞いてきた男性に対して自分の経験人数を教えたくない事情があるならば、「平均より少なめ」という回答でごまかしておきましょう。具体的な数字は出さなくても一応答えとしては成立していますし、男性側もそれ以上は聞きにくくなるはずです。

また、経験人数が多いと感じている女性であっても、質問をしてきた男性と真剣にお付き合いしたいと考えているのであればこの回答がおすすめです。経験人数が少ない方が好印象を抱きやすいという男性は多いですし、具体的な人数を言わなければつじつまが合わなくなる心配もありません。

付き合った人数を答える


付き合った人数と経験人数に大きく差がある場合には、真剣にお付き合いした人数のみを答えます。これなら「遊んでいる」と思われることもありませんし、話が食い違って嘘がバレるという心配もないでしょう。過去にハメを外してしまって後悔している、という女性にもおすすめの回答です。


あえて秘密にする


自分では少ないと思っていても、男性の経験人数より多いと相手のプライドを傷つけてしまう可能性もあります。あえて秘密にしておくというのは、思いやりのある回答とも言えるでしょう。

この回答は、なんらかの事情があって経験人数を教えたくないというときにも使えます。「そういうことはあまり人に教えたくないの……」と言って話題をそらせば、男性もそれ以上は詮索しづらくなります。

男性が思う!経験人数が多い女性の魅力


「経験人数が多い=ふしだら」と考える女性も多いですが、男性側からすると必ずしもそうではありません。経験人数が多いからこその魅力もあるのです。では、男性はどのような部分に魅力を感じているのでしょうか。

過度に恥ずかしがらない


「女性の恥じらう姿も可愛い」というのはよく聞く話ですが、過度に恥ずかしがられると男性側も困ってしまいます。女性が本能の赴くままに乱れている姿を見たい、というのも男性の願望の一つだからです。

経験豊富な女性であれば、初めてセックスする相手に対しても過度に恥ずかしがることはありません。それでいて男性が女性の恥じらう姿に興奮することも知っていれば、恥ずかしがる姿と乱れる姿をバランス良く使いわけることで、男性の心をわしづかみにできるのです。

積極的に動く


「マグロ女子」という言葉があるように、常に受け身で反応も悪い女性を相手にセックスをすると、気持ちが萎えてしまう男性は多いです。初体験の女性であれば仕方のないことですが、やはり男性側としては積極的な女性とのセックスの方が楽しいですし、自分のテクニックで感じてくれれば自信にも繋がります。

あなたが経験人数の多いのであれば、男性が感じやすい部分を知っているのはもちろんのこと、自分の性感帯についても熟知しているのではないでしょうか。お互いが気持ちいいセックスをするために積極的に動くこともいとわないので、その分男性は喜んでくれますよ。

相手を気遣う余裕がある


男性とのセックスで痛い思いをしたことはありますか?男性側に悪気がなくても、強い痛みを感じることで気分が下がった、セックスに対して恐怖心を抱いてしまったいう女性は少なくありません。実はこれ、男性にも言えることなのです。

ペニスの握り方が強すぎる、フェラのときに歯が当たる、挿入が浅くて腰をふられる度にペニスが曲がる……。わざわざ口には出さなくても、男性が「痛い」と感じる場面も多々あります。経験が少ない女性だと、相手のことまで気遣う余裕がないかもしれません。

一方で経験豊富な女性であれば、この辺のこともしっかり理解しています。ただ単に積極的に動くのではなく、「痛くない?大丈夫?」と相手のことを気遣えるため、男性も極力痛い思いをせず楽しんでくれます。

男性が喜ぶテクニックを知っている


経験人数が多い女性に対しては、大半の男性が「男が喜ぶテクニックをたくさん知っていそう」という考えを抱きます。テクニックが豊富であれば、その分男性側が気持ち良くなれる可能性が高まりますから、この点に惹かれてしまうのも無理はないでしょう。

サイトや動画を見てテクニックを勉強している!という女性もいると思いますが、やはり実際にセックスをした経験が多い女性には敵いません。スポーツと同じように、座学だけでなく実践もこなさなければなかなか上手くはならないものなのです。

経験人数を聞かれたら平均を参考にしよう



女性の平均経験人数や男性に問われたときの上手な答え方についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。「経験人数が多い=遊んでいる」とすべての男性が考えるとは言い切れませんが、経験人数を聞かれたときには、平均を参考に答えるのがいいでしょう。

真剣にお付き合いを考えている相手、あるいは彼氏に対しては、正直に話してしまっても良いでしょう。サバを読んであとあとつじつまが合わなくなった!なんてことにはならないように、注意してくださいね。

(まい)
1

関連記事