一人で生きていくことのメリット・デメリット!準備すべきものも紹介

「一人で生きていくんだ!」と考えたこと、あなたにもありませんか?実は、実際に一人で強く生きていこうと覚悟を決めている女性は少なくありません。

ここでは、どんなタイミングで一人で生きると覚悟するのか、どんな良い点悪い点があるのか、心構えなど、一人で生きていたいと感じている女性が知っておきたいことをまとめています。

目次 [開く]

一人で生きていくために必要なことを知っておこう!



「一人で生きていく」ということは、将来人生が終わってしまうときまで結婚しないということです。もちろん簡単な決意ではありませんが、その後の生活にはいいことと悪いことがあります。

一人で生きていくと少しでも考えたことのある人は、今後生きていくうえで必要な心構えや老後のことについて知っておくと役に立つでしょう。

一人で生きていく覚悟ができる瞬間


女性が一人で生きていこうと覚悟したくなる瞬間はどのようなときに訪れるのでしょうか?あなたももしかしたら同じような状況になって覚悟をすることがあるかもしれません。

仕事が順調なとき


女性の場合、仕事がうまくいっていて順調なときに一人で生きていこうと考えることが多いようです。結婚すると相手によっては仕事をやめてほしいという希望があったり、妊娠・出産によってこれまで通り仕事に打ち込むことができなくなってしまいます。

育児が落ち着いても今までのようにバリバリ仕事を頑張る自分に戻れないと思うと、一人で生きていく覚悟をする人もいます。もしくは、仕事が忙しくて男性とデートをしている時間がないと感じるときも決断のタイミングになります。

恋人や夫と別れたとき


恋人と別れたときの失恋が辛くて、もう恋愛はしたくないと感じる女性は多いものです。時間とともに傷も癒え、新しい恋愛に進むことができる人もいますが、簡単に気持ちを切り替えられない女性もいます。

また、離婚して夫と別れたときに、結婚が自分には向いていないと感じて一人で生きようと考えることもあります。相手に合わせたり、時には喧嘩をしたり……。そういった生活に疲れてしまった女性は、一人のほうが楽かもしれないな、と感じるのです。

結婚に希望が持てないとき



一度離婚を経験した女性だけでなく、結婚に希望が持てない女性は多くいます。自分の両親があまり仲良くなかったり、幼い頃に離婚している場合、結婚がいいものだと思わなくなることもあるのです。

結婚に希望が持てない人は、比較的早い段階で一人で生きていくと決意する女性が多いのも特徴です。

ペットと過ごす時間が幸せなとき



自宅で犬や猫を飼っている女性は、恋人はいらないと感じたり、結婚はしなくていいと感じることもあります。恋人と別れたり離婚したり、過去に男性に裏切られた経験のある女性は、ペットなら裏切ることはないと、ペットにやすらぎを求めることが増えるのです。

ペットのトイレの世話やえさやりをすることで、育児のような感覚を楽しんでいる女性も多くいます。ペットがいてくれたら寂しさを感じないので一人でもやっていけると決める瞬間になるのですね。

恋人がなかなかできないとき



女性の場合、まわりの友達がどんどん結婚を決めだすと焦りを感じることがあります。自分は恋人もいないし、婚活をしてもいい出会いがなく、恋人がなかなかできない自分が嫌になってくることもあるのです。

そんな瞬間に、一人の楽なのではないかと考えるのでしょう。一人で生きる決めたならば、恋人探しを頑張る必要もなくなりますし、自分の時間を自由に使うことができるのです。

一人で生きていくことのメリット・デメリット



一人で生きる覚悟をすることは簡単なことではありません。メリットだけでなく、デメリットも踏まえたうえで考えたほうがいいでしょう。

メリット


まずは利点から見ていきましょう。結婚をしないからこそ楽しめることもたくさんあります。

自分の時間を自由に使える



結婚をして二人で生活していく場合、相手に合わせた生活スタイルになることが多くなります。しかし、一人で生きる女性の場合、すべての時間を自分の思うように使うことができるのです。

結婚して自分の趣味に時間を割けなくなってしまったという人もいますが、一人ならそんな心配もいりません。仕事に打ち込みたい人、趣味に没頭したい人などは自分の時間を自由に使いたいという気持ちは強くなります。

お金を好きなことに使える



結婚すると、将来の子供の学費や生活費などさまざまな準備が必要になってきます。しかし、一人なら自分のことにしかお金はかかりませんから、好きなことにお金を使えるのもメリットでしょう。

特に、旅行やダイビングなどお金のかかる趣味を持っている人は、恋人や夫の許可を得たり、時には我慢しなくてはいけないこともあるでしょう。一人ならだれかの許可を得る必要はありませんし、自分の趣味にもお金をかけることができるのです。

人付き合いに苦労しない


親戚や夫の両親など、結婚すると付き合うべき人が増えてきます。さらに、年末年始やお盆など休みのたびに顔を出すように言われることもあるでしょう。しかし、一人でいればそういった人付き合いもせずにすむため、人間関係がうまくやっていく自信のない人でも気にする必要がありません。

こだわりをもった生活を楽しめる



朝ご飯はパンが食べたい、シャワーは朝に浴びたい、食事中は音楽を聴きたいなどちょっとしたこだわりがたくさんある人は、結婚して生活のリズムが崩れるのを嫌がります。譲れない部分が多い人は相手に合わせることがどうしても苦痛に感じがちなようです。

ですが一人で生きると決めれば、いつでも自分の好きなときに好きなことができる生活を送ることができます。

デメリット


メリットを見ると、一人で生きていくことは自由な生活ができるようなイメージを持つことができました。しかし、本当に一人で生きていくなら、しっかりとデメリットも見ておく必要があります。

老後に部屋を借りにくい


一人で生きると決めていても、まだ若く仕事をしていれば特に問題はありません。しかし、老後仕事をしていない状態で新しく部屋を借りるとなると子供がいないため保証人を探すのがとても大変です。老後のことはしっかりと考え、家の購入を検討することも必要になるかもしれません。

寂しい女性と思われやすい



結婚が全てではないし、結婚で幸せになれると考える人ばかりではありませんが、やはり一般的には結婚して子供をつくるというのが誰もが通る生き方だと思っている人も多いでしょう。そのため、一人で生きていることを決めていたとしても、いつまでたっても結婚できない寂しい女性と周りから思われてしまうこともあるのです。

人の目や意見を気にせずに自分の好きなように楽しめる人なら問題ありませんが、そういった人の意見が気になってしまうという人は、本当に一人を選択してよいのかじっくり考えてみましょう。

病気や入院したときにお世話をしてくれる人がいない


一人暮らしをしたことのある人なら経験があるかもしれませんが、体調を崩したり具合の悪いときにお世話をしてくれる人はいません。自分でご飯を作ったり薬を買いに行ったりする必要があるのです。

さらに、入院するとなった場合、着替えなど家から用意して持ってこなければいけないものもあります。そういったときに相談したり、頼ることのできる人を見つけておくことが大切です。

老後を一人で過ごすことになる


結婚をしないということは、老後を一人で過ごすことになります。目先の自由だけを考えて一人で生きていくことを決めるのは得策ではありません。老後や亡くなるときも一人というのは、とても大きな覚悟が必要になるでしょう。

一人で生きていくための心構え


いい点も悪い点も見てきましたが、両方の点を踏まえたうえで楽しんでいくことが大切です。自分の人生のことですから、しっかりと心構えをしておく必要があります。

何が起こっても自分で解決する


悩みや問題が起きたときに、身近に相談に乗ってくれる家族はいません。何が起きてもすべて自分で解決するんだという心構えはとても重要です。

女性の場合、力仕事をしていて男性の力が必要になるといった場面があるかもしれません。そういったときにどう対処するかも考えておくといいでしょう。

親の面倒を見る可能性がある


あなたに兄弟・姉妹がいて彼らがすでに結婚している場合、親の面倒を見るのはあなたになるかもしれません。兄弟・姉妹に子供がいる場合、介護などの世話ができにくいことが多いからです。

そうなった場合、一人で生きていきたくても親と同居することもあり得るのです。

仲のいい友達をもつ



一人で生きていくと言っても、誰とも関わらずに生きていくわけではありません。人生を楽しむための趣味仲間や飲み仲間がいると、孤立せずに楽しい人生を送ることができます。

さらに、なにか起きたときに相談したり助けを求められるような仲のいい友達がいると心強いでしょう。

健康管理をしっかりしておく



体調を崩したり病気にならないために健康管理をしっかりしておくことも大切です。特に運動が苦手な人は意識して運動するようにしましょう。

筋肉がなくなると腰痛になりやすかったり疲れやすくなったりします。激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなど気軽にできるものから習慣化していくと、年齢を重ねても続けやすいです。

生きていくうえで必要なお金は自分で用意する


一人で生きていくなら、収入源は自分の仕事のみになります。急な出費があっても用意できるようにしっかりとお金の管理をしておく必要があります。

一人で生きていくために準備しておきたいもの


もし一人で生きていくと決めたのなら、準備しておきたいものはたくさんあります。余裕をもって準備をしておけば、いざというときも乗り越えることができます。

十分な貯蓄



結婚せずに一人で生きていくためには、やはりお金は大切です。自分の仕事の給料だけではまかないきれない大きな出費があることなど、さまざまな状況を想像して十分な貯蓄をしておくと安心して生活することができます。

問題のほとんどはお金があれば解決すると言ってもいいほどお金は大切です。

安定した収入を得られる仕事



一人で自分の収入のみを頼りに生きていくのなら、やはり安定した収入を得られる仕事につくことがとても大切です。収入が低いと満足できる場所に住めなかったり、職場まで遠い場所に住む必要があるなど不便も出てきます。

将来の生活のことを考えて、貯蓄と同様しっかりと考えておきたい部分となります。

パソコンの知識



令和の今は、パソコンを使えないと仕事ができないと言ってもいいほどパソコンは普及しています。パソコンができればできる仕事の幅も広がるので、パソコンに関する知識はつけておいて損はありません。

ネット上の情報はもちろん、本でも勉強できるため、若いうちからはじめておくのがいいですよ。

1
2

関連記事