自分を愛するってどういうこと?その効果と方法を徹底解説!

「自分を愛せなければ人を愛することができない。」そんな言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。実際に、自分を愛することで、充実した幸せな人生を送ることができます。

ここでは、自分を愛したいけど愛することができないという人に向けて、自分を愛することができるようになる方法や自分を愛することができないときの対処法を解説しています。ぜひチェックしてみてください。

目次

「自分を愛する」って一体何?



「自分を愛する」というのは一体どういうことなのか、考えても答えが見つからなかった人がこの記事にたどり着いたのだと思います。

この記事では、「自分を愛する」意味や自分を愛せないとどうなるのかがわかります。

「自分を愛する」とは



「自分を愛する」というのは、自分のいいところはもちろん、嫌いな部分であってもすべて認めて自分自身を受け入れることを意味します。

あなたも自分の嫌いな部分があるかもしれませんが、自分の嫌いな部分を認めることができていますか?自分の嫌いな部分を認めるのは、やはり難しいことです。

生きるうえで自分を愛することはとても大切なこと



自分を愛せないまま生きるというのは、自分自身がとても辛くなります。だけど、もしあなたが今自分を愛せていないと感じていても、心配はいりません。

時間はかかるかもしれませんが、少しずつ自分を認めてトレーニングのように意識して変えて、自分を愛せるようになることができます。自分自身を好きになって愛するというのは、とても大切なことなのです。

自分を愛することができる人の特徴



自分のことが好きで愛することができている人には、同じような共通点があります。どんな人が自分のことを愛することができているのでしょう。

周囲の人のことも愛せる


自分のことをちゃんと愛してあげられる人は、自分に愛を与えるのと同様に周囲の人のことも愛せます。逆の言葉を使うと、自分のことを愛せない人は、周囲の人への愛し方もわからないのです。

今彼氏がいるけど自分のことは好きではないという人もいるかもしれません。でも、自分のことを愛せないということは、自分のことを愛してくれている彼の気持ちを否定してしまうことと同じなのです。

もっと自分に自信と愛があれば、彼氏や家族だけではなく、周囲の人たちに対して優しい心を持って接することができるようになります。

人に見返りを求めない



自分のことを大切にできている人は、自分で自分を幸せで満たしてあげることができます。そのため、いつも自分が満たされている、余裕のある状態で過ごすことができるのです。自分が満たされていれば、相手に何かをしてもらう必要がないのですね。

相手に見返りを求めるということは、「私はこんなにしてあげたのにあなたは全くなにもしてくれない」と相手になにかをしてもらう前提で自分が動いているということです。そうすると相手がなにもしれくれなかったときに、相手を非難したりしてしまいます。

心身ともに安定している



自分への愛を与えられる人は、ストレスがあまりないか自分に合ったストレス解消方法を知っていて、心穏やかに過ごしている人ばかりです。そのため、睡眠をしっかりとって適度に運動をして、心だけでなく身体も安定した状態でいつも過ごしています。

一方、自分へちゃんと愛を与えることができない人は、自分を認めてあげることができていないので、自己肯定感が低くなって、精神的に安定しなくなってしまいます。

自分を愛せないとどうなる?



自分のすべてをちゃんと認めることができて自分に愛を与えることは、簡単なことではありません。だからこそ自分のことを愛してあげることができない人がたくさんいるのです。では、自分を愛せないとどういった未来が待っているのでしょうか。

いつも自分が傷つく方を選んでしまう


自分のことを好きになれない人は、本当は自分に十分な価値があるのにそのことに気付いていません。自分の価値が低いと感じていると、自分が傷つく方を選びやすくなってしまうのです。

その理由は、「私には傷つかずに幸せになれる価値がある」と考えることができないからです。そして自分が傷つくと、「私はいつもこうなんだ」と自分を否定してしまいます。こうやってマイナスのエネルギーがさらに循環してしまうのです。

このマイナスのエネルギーを断ち切っていくには、自分の意識を変えていくしかありません。

失敗を全て自分のせいにしてしまう



自分のことを愛せないと、なにか失敗したときに自分の能力がなかったから失敗してしまったんだ、と自分を責めてしまいます。自分の能力を認めてあげることができないため、自分にはできないと思い込んでいる場合もあります。

さらに、自分が成功したときでも、今のはまぐれだと感じたり、だれかのおかげで成功したのだと自分の力を信じてあげられていないのです。自分のことはまず自分で認めてあげることが大切です。

人を愛することができない



自分に愛を与えることができなければ、人に愛を与える方法がわかりません。だから自分以外の人も愛することができないのです。自分に愛を与えてあげて、自分で自分を幸せにしてはじめて、人にも愛を与えることができるようになります。

失恋ばかりを繰り返し、私は全然幸せになれないと感じている人は、自分のことをしっかりと愛してあげていますか?どんなときでもまず自分に愛を与えて自分を好きになるというのが最初のステップなのです。

誰かに依存してしまう



自分に愛を与えることができないと、自分の幸せを自分自身で満たしてあげることができません。そのため、自分以外の誰かから愛情を受け取ることで自分を満たそうとします。その結果、誰かに依存してしまうのです。

依存することは、自分にとっても相手にとってもいいことではありません。お互い自分を満たしてあげられる2人だからこそ助け合って生きていくことができるようになるのです。誰かに依存しやすい体質の人は、自分を愛することにまずフォーカスしてみてください。

自分を愛することで得られる効果とは?


自分を大切にして愛することで、さまざまな効果を得ることができます。幸せな生活を送るためには、自分を好きになることは大切なポイントの一つです。

自分に自信が持てる



自分を愛することで、どんな自分も認められるようになります。自分を認めることができれば、自分で自分を肯定してあげることができるのです。

人からの評価で自分の価値を決めるのではなく、自分でちゃんと自分の価値を認めているので、自分に自信が持てるようになります。自分に自信を持って生きることは少し難しく感じてしまうかもしれません。でも、まわりの目は気にしなくていいのです。

自分だけでなく周りも愛せるようになる


自分のことを優しく扱うことのできる人は自分だけでなく周りにも優しくできるようになります。自分が自分のためにやっていることが引き寄せられるのです。

いつでも相手の顔色をうかがって相手に優しくすることとは違います。これでは自分のことは優しくできていません。まず最初に自分を愛することで、自然と周りも愛せるようになっていきます。

自分のことを優先に、自分の気持ちを大切に扱うだけで、幸せな運気が自分にも自分の周りにも訪れるのです。

周りから愛されるようになる



多くの女性は、自分のことをちゃんと愛してくれる人と付き合いたい、と恋人を探しています。でも本当に大切なのは、自分のことだけをちゃんと愛してくれる人を必死に探すのではなく、自分を愛することで周りからも愛されるようになるのだと気づくこと。

自分のことを自分自身で満たしてあげることができる人は、自分のことを自分で幸せにすることができます。そうすることで愛する波動を周りに与えることができるようになります。自分を愛せると周りも愛せるようになっていきます。

さらに、自分が出す波動は自分に返ってくるようにできています。そのため、自分が愛する波動を出すことができると、愛する波動が自分に返ってくるのです。だから、愛されたいと思うなら、まず自分を愛することがとても重要になります。

愛されないと感じている人は、自分のことをちゃんと愛することができていないのかもしれません。

依存する心がなくなる


自分がどうすれば幸せで満たせるのか自分でわかっていれば、だれかを頼ることなく自分のことを幸せにできます。そのため、「だれかにこの寂しさを埋めてもらいたい」「だれかに認めてほしい」と他人に依存しなくていいのです。

恋愛においても、どちらかが依存状態になってしまえばいい関係とは言えません。いつも彼のことを考えて不安になってしまう状態も依存だと言えるでしょう。

自分のことを愛していて、いつも自分で自分の機嫌をとることができれば、相手に依存しない素敵な関係を築くことができます。

自分を愛することができるようになる方法



自分を愛することには、たくさんのメリットがあることがわかりました。でも、いいことだとわかっていても、自分を今まで愛せなかった人が簡単に自分を愛することができるようになるわけではありませんよね。

自分を愛するためには、できるところから無理せず行動を起こすことが大切です。行動を起こしている行程の中で、辛いと感じることもあるかもしれません。でも、自分ができそうなところからでいいので、一歩ずつ前に進んでみませんか?

自分のことを褒めてあげる


どんな小さなことでもいいので、自分のことを褒めてあげてみてください。自分を褒めることで、「自分は頑張っている」「ちゃんとやっている」と意識することができるのです。

朝早く起きることができたとか、夜ご飯をコンビニ弁当で済ませずに自炊したとか、自分で小さく感じることでもいいのです。どんな小さなことでも、褒めることを意識して習慣化することには、とてもいいメリットがあります。

悪いことが起きたり失敗してしまったときにも、少し視点を変えて自分を褒めてみると、前向きに反省ができるようになります。誰も気づいてくれなくても、自分だけはちゃんと自分のことを見ているとわかることも褒めることのメリットです。

1
2

関連記事