友達の紹介で男性とLINE!?話題&付き合うためのポイントとは?

普段から何気なく使っているLINEでも、いざ知らない人との会話は緊張しますよね。
例え友達の紹介であっても、今までに交流がなければ「初対面」の相手です。そんな相手とLINEすることになれば、あれこれと不安を感じる女性も多いでしょう。

しかし、ここであたふたと慌てていても仕方ありません。ここは意を決し、紹介された男性とLINEを楽しもうと前向きに捉えてみましょう。
また、そんな女性の力になるべく、この記事では「友達の紹介で男性とLINEすることになったときのポイント」について紹介していきます。

失敗なくLINEしたい、恋愛に繋げたいという気持ちがあるなら、さっそく記事を読み進めてみましょう!

目次 [開く]

友達の紹介で男性とLINEすることになった!



友達の紹介で男性とLINEすることになると、いつも以上にドキドキするという女性も多いでしょう。自分の情報が少なからず伝わっているため、どう思われているか不安に感じますよね。また、自分も友達から情報を少なからず得ていると、相手に対する期待や不安で胸がさらに高鳴るでしょう。

しかし、ドキドキしているだけでは話は一向に進みません。相手と関係を深めたいと思うなら、自分から歩み寄り、話しかけるよう意識しましょう。楽しい相手だと思われると、向こうからも話を振ってもらえます。
特に、恋人ポジションを狙うなら、出だしも重要です。男性に「恋人にしたい!」と思って貰えるようなLINEを心がけましょう!

友達の紹介で男性とLINEをするメリット



友達の紹介で男性とLINEといっても、メリットがなければ乗り気になれない人もいますよね。自分にとって損なことが起きれば、後悔する恐れもあるからです。
そんな不安を押し退け、LINEを楽しむためにも、まずは友達の紹介で男性とLINEをするメリットについて知っておきましょう。

相手の素性がわかっているので安心



相手男性は友達の知り合いなので、少なからず情報が入ってくるでしょう。LINEを始める前にどんな人物であるか知れるので、親近感を持ちやすいです。

そのため、安心してLINEに集中できるでしょう。これが知らない相手となれば、警戒心から返信にも時間がかかります。全く知らない相手ではないため、LINEの始まりもぎこちなさをあまり感じません。

紹介してくれた友達に相談ができる



相手男性と何かトラブルがあっても、互いの知り合いという立ち位置に友達がいます。何かあった際には紹介してくれた友達に相談ができますし、仲裁役も担ってくれるでしょう。

また、男性を好きになった場合にも心強い味方になってくれる可能性があります。自分よりも男性との距離が近いとあれば、好みや家族構成などを友達から聞き出せるでしょう。

タイプの男性と付き合える可能性が高い



仲の良い友達の紹介なら、タイプの男性と付き合える可能性が高いです。自分の好みや性格を知っているからこそ、似合う人をチョイスしてくれます。また、事前に「こんな人がいいな」と要望を伝えておくことも大切です。

出会い系アプリやナンパで知り合うよりも、マッチする人物と巡り合いやすいといえます。自分のことを熟知している友達の紹介とあれば、話を受けてみましょう。

友達の紹介なのでトラブルになりにくい



友達の紹介で知り合うため、何かトラブルが起きては相手も困るでしょう。
このおかげで、相手とのトラブルが事前に防止されるメリットもあります。共通の知人がいるからこそ、相手も「トラブルを起こせば友達に迷惑がかかる……」と思ってくれるでしょう。

これに対し、出会い系アプリなどで知り合った人は、素性が分からないためトラブルが起こりやすいです。万が一の時には、自分だけで問題を解決する必要があります。

友達の紹介で男性とLINEをするデメリット



友達の紹介で男性とLINEをするといっても、多くの女性は不安を感じるでしょう。また、いくらメリットがあっても不安は不安として胸の中で膨らみます。
そのため、不安が大きいならデメリットについても知っておくべきです。

相手と合わなくても断りにくい



友達の紹介で男性と知り合うため、必ずしも好みや性格がマッチするとは限りません。実際にLINEをすることで、「聞いていたイメージと違う」と思うこともあるでしょう。また、人によっては出だしから「タイプじゃない」と理解する人もいます。

しかし、友達の紹介だと、合わないと感じてもやりとりを断りにくいです。特に、友達の顔を立てるなら嫌でも引き受けなくてはいけません。合わないと感じたからとすぐに断っては、友達の顔に泥を塗ってしまう可能性も……。

知られたくない過去が知られてしまう可能性がある



自分と距離の近い友達の紹介とあれば、知られたくない過去が知られてしまう可能性があります
特に、友達が口の軽いタイプだと、要らない情報まで知れ渡ってしまうでしょう。黒歴史と呼べる内容の過去が筒抜けになっている恐れもあります。

そのため、初めから恥ずかしい思いをする人も多いです。「そんなことまで伝わっているの?」と、今後の付き合いに不安を感じてしまうでしょう。

合わないと気まずくなる

 

相手男性と合わないと感じると、互いに気まずくなります。
特に、共通の話題がないとあれば、話は全く続かないでしょう。互いに連絡を躊躇(ちゅうちょ)するようになり、自然と関係が解消される恐れもあります。

そのため、気まずい関係になりたくないなら事前に友達にリサーチを入れましょう。「相手はどういった人物か」を詳しく聞くことで、自分と合うかどうか判断できます。話を聞いている時点で不安な要素が多いのであれば、男性を紹介してもらうべきではないでしょう。

合わないと友達に近状を報告しにくい



紹介してくれた友達は、当人たちが仲良くやれているか気になるものです。
そのため、ときに「最近どう?」「上手くやっている?」といった近状確認をしてきます。そんなときに、紹介してもらった男性とLINEが続いていないとあれば、友達に「こうだよ」と近状報告できません。

また、せっかく紹介してあげたのにと怒る人もいるでしょう。せっかく繋げてあげた縁を活かしてないとあれば、友情に傷がつく恐れもあります。そのため、合わない場合にはきちんと友達にも「合わなかった」と説明を入れる必要があるでしょう。

友達の紹介で男性とLINEするときの話題は?



友達の紹介で男性とLINEするときに、話題に困るという人も多いでしょう。
そこで、ここでは男性とLINEするときの話題について紹介します。話題作りに困った場合には、次のような話題で関係を深めましょう!

まずは軽く自己紹介をする



ある程度の情報を得ている状態でも、自己紹介は必要不可欠です。
自分がどういった人間なのか、またどんなものが好きなのか知ってもらうためにも、軽く自己紹介をしましょう。深く説明する必要はないので、年齢や好みだけでも知らせておきます。

また、自己紹介時に気になる部分があるなら訊ねてみましょう。例えば、「身長はどのくらい?」「どんな有名人に似てるって言われる?」など、興味を持っていることをアピールすると良いですよ。

仕事や趣味などお互いの生活について話す



軽い自己紹介が終わったら、仕事や趣味について話してみましょう。
互いにどんな生活を送っているか話すことで、より詳しく相手を理解できます。貰った情報を元に、「こんな人か」と想像することも大切です。

また、より距離を縮めたいなら与えられた情報に対して好意的な態度を示しましょう。「すごい!」「そうなんだ」など、男性の承認欲求を満たす反応をしてあげると効果的ですよ。

好きな料理などを聞いてみる



より相手のことを知りたいと思うなら、好きな料理などを聞いてみましょう。
相手の好みを知ることで、よりどんな人物かを想像できます。また、好みが同じとあれば、そこから話題を広げられるでしょう。

ただし、自分と好みが違うからといって否定してはいけません。男性は否定されることを嫌う人が多いため、できるだけ理解ある態度を示しましょう。
 
1
2
3