結婚式に行きたくないときの断り方&マナーは?注意点も要チェック!

幸せな結婚式へのご招待。おめでたいことだけど行きたくないな……、というときもありますよね。そんなときに助かる、大人女子らしい正しい断り方やそのマナーを紹介します。参加しなかったときの注意点も要チェックです。招待してくれた人と今後もよりよい関係を続けていけるような、スマートな断り方を学びましょう!



目次

結婚式に行きたくない…そんなときはどうしたらいい?


大人女子になると多くの人が経験するのが、結婚式に招待されること。華やかなお祝いの場に呼ばれるのはありがたいことですが、乗り気になれず断りたいと思うときもあるかもしれません。でも、どのように返事をしたらよいのか困りますよね。

ここでは、礼儀をわきまえた大人としての正しい断り方&マナーを徹底解説します。相手にも気持ちよく受け入れてもらえるような断り方をして、結婚式に出席しなくてもお祝いの気持ちが伝わるような工夫をしましょう。



結婚式に行きたくないのはなぜ?


そもそもどうして結婚式に行きたくないという気持ちになるのでしょうか?その理由をはっきりさせましょう。最終的に行くのか行かないのかを決めるための判断材料にもなります。自分の行きたくない理由に当てはまることはないか、確認しましょう。



あまり仲がよくない


そんなに話したことのない、友達と呼ぶにも疑問が残るような関係の知人から結婚式に誘われると、参加するかどうか迷ってしまいますよね。



「もしかして人数合わせ……?」と思ってしまう人もいるかもしれません。仮に参列しても、周りに自分と仲のよい人がいなくて「アウェーになったらどうしよう」と心配になり、余計に行きたくないなと思ってしまいます。

お金がかかる


ご祝儀だけでなく、ヘアメイクやドレス代、交通費など、女性は結婚式に参加するためにかなりのお金が必要です。金欠気味、お給料日前の時期はお財布にかなり響きます。



結婚式が同じ時期にいくつか重なると、さらに金銭面が厳しくなります。特に学生さんや一人暮らしの人だと、お祝いしたい気持ちがあっても金銭面が原因で行きたくないと思ってしまうことも多いようです。

イベントや目立つことが苦手


知人や友達を呼んだ結婚式は、みんなで盛大に新郎新婦をお祝いするスタイルが多いです。そのため、にぎやかな場が苦手だという人にとっては、行きたくないという気持ちが湧くでしょう。



また、目立つのが苦手という人の中には、式の途中のゲームやイベントで注目されたら困るという意見もあります。人見知りの人は、知らない人に話しかけられるのも嫌だと感じるでしょう。

失恋したばかり


大好きな人との恋愛が終わったばかりの時期に、結婚式に誘われるとなかなか乗り気になれないことがあります。幸せな2人を見ていると、楽しかった元彼との思い出が蘇り、悲しくなってしまうことも……。



傷心中に誘われた結婚式は、心からお祝いできる状態ではないので、行きたくないと感じてしまいます。落ち込んでどんよりした雰囲気を会場にもち込みたくないからと、断ってしまう人も多いです。

結婚に焦っている


周りはどんどん結婚しているのに自分だけそのチャンスがやってこない……。と、焦っている人は結婚式でさらにその不安が高まってしまうので、招待を断りたいと考える傾向があります。



これまでは、私もいつかこんな結婚式がしたい!と思っていたポジティブな気持ちが、何度か出席するうちに、私はいつになったらできるんだろうという心配に変わってしまうと、なかなか足を運ぶ気になれませんよね。

ゲストの中に会いたくない人がいる


心から2人を祝福したい!という気持ちはあるのに、自分と関係のよくないゲストが呼ばれていると参加したくない場合もあります。嫌な別れ方をした元彼や、昔大ゲンカをしてしばらく会っていない友達など、再会したら気まずくなるような人がいると、行くのをためらいますよね。



結婚式では、長い時間ひとつの会場に集まってみんなで温かく2人をお祝いします。会場の規模にもよりますが、会いたくない人を避けたり気づかれないようにすることは難しいので、最終的に欠席を選んでしまいます。

環境的に難しい


仕事が忙しい、子育てや親の介護でなかなか家を空けれない、体調が優れないなど、自分を取り巻く環境が結婚式に行きたくない原因になることがあります。慣れないパンプスにパーティードレス、久しぶりに会った友人たちと二次会、楽しみな気持ちとは裏腹に、疲労度はかなりのものです。



なんとか式に出席できても仕事のことが頭に過ぎったり、当日までに予定を急いで終わらせたことで体調が悪くなったり。不安要素があると、結婚式に集中できなくなってしまいます。

準備がめんどくさい


結婚式に参加するには、式場までの行き方を考えたり、ご祝儀を用意したりとやらなければならないことがたくさんあります。午前中の挙式だと、早起きしないといけません。



女性はドレスを用意したりヘアサロンの予約をしたりと、式が近づくと大忙しです。同じ友人が参加する式では「前とは違うドレスやヘアスタイルをまた考えないと」と、おしゃれにこだわる人もいるでしょう。それをめんどくさいと感じると、結婚式に行きたくないと思ってしまいます。

余興やスピーチをしたくない


結婚式には行きたいけど、余興やスピーチを頼まれたことで、行きたくないと憂鬱になる人もいます。人前に出るのが苦手な人は、自分の余興やスピーチが終わるまでずっと緊張状態が続きます。



失敗して式の雰囲気を乱してしまったらどうしよう……、と不安に思うかもしれません。当日いきなり司会者から2人へのメッセージを求められるなど、アドリブが必要な場面も人前で話すのが得意でない人にとっては大きな負担になります。

周りから自分の結婚について触れられるのが面倒


結婚式では、もちろん新郎新婦が話題に中心になりますが、出席者自身の結婚についての話になることもあります。そこで自分に話を振られると、面倒だと感じる場面があります。



いまは結婚したい気持ちがないのに結婚を勧められたり、婚活をがんばっているのに急かされたりすると、嫌な思いをしますよね。だから結婚式には行きたくない、という人もいます。

結婚式に行く?行かない?決める前に考えるべきこと


結婚式に行くかどうか迷っている人必見の、出欠席を決める前に考えてみたいポイントを確認しましょう。自分の本当の気持ちを確かめることや、出席することのメリットも踏まえた上で、決断をする際の参考にしてください。



笑顔で祝福できるか


結婚式に参加する人が一番大事にしたいことは、2人を心から祝福する気持ちです。式に参加するだけでなく、笑顔で直接お祝いの言葉をかけてあげることで新郎新婦にその思いが伝わります。



2人の幸せを目の当たりにしてあなた自身も幸せな気分になれれば、本当に2人を祝福しているという証になります。どこかモヤッとする気持ちが消えないときはその理由を探り、解決できることなのか考え、参加するかどうか判断しましょう。

心身ともに元気であるか


楽しみにしていた結婚式の招待でも、あなた自身が心身ともに健康な状態でなければ、楽しく参加できません。体調不良や心が不安定な状態では、主役の2人にも心配をかけてしまうでしょう。



結婚式までまだ時間があるときは、早めにコンディションを整えましょう。行きたい気持ちはあるのに、体調が整うか不安なときは素直にその理由を話して、返事をギリギリまで待ってもらうのもひとつの手です。結婚式には参加できなくても二次会に顔を出したり、個別にお祝いをしたりと方法はたくさんあるので、無理をせず自分の体を大切にしましょう。

独身女性の場合は新しい出会いがある可能性も


結婚式は新郎新婦の親戚や知人、友達がたくさん集まります。もしかすると、独身女性にとっては嬉しい出会いがあるかもしれません。結婚式で同じテーブルだった、ゲームでペアになったなど、初めて会う人と仲良くなる機会がたくさんありますよ。



新郎新婦のよく知った人が集まっているので、出会った人がどんな人なのかもすぐに聞けます。そこで出会った人と将来、招待してくれた新郎新婦の同じようにステキな結婚式をするかもしれませんね!

コミュニケーションを学ぶ場になるかも


結婚式には、性別や年齢、職業が異なる人たちがたくさん出席しています。そこでいろいろな人と関わったり、話を聞いたりすることはあなたにとってプラスになることも多いです。例えば、新郎新婦の上司のお祝いの言葉からは、人生において大事なことを学べるかもしれません。



新郎新婦とその両親とのやりとりに涙し、親子愛に感動する場面もあるでしょう。また、異性だけでなく同性の方と話すことで、女性として参考にしたくなる考えや生き方に触れられるチャンスもあります。

招待してくれた人と自分の関係を見直すきっかけになる


結婚式への招待を受けたとき、「行きたくないな」と感じたら、それはあなたとその人との関係を一度見直してみる時期が来たという合図です。出席できない理由が自分ではどうしようもできないことでも、本当に大切な人の結婚式なら出席したい気持ちは必ずあるはず。あなたはできる限りの努力をするでしょう。



なんとなく行きたくない、予定を少しずらせば参加できるけど乗り気じゃない……、それはその人との関係が深くない証拠です。精一杯のお祝いができるかもう一度よく考えて、出欠席を決めるのがいいですね。

1
2

関連記事