黒髪×インナーカラーがおしゃれ♡レングス・明るさ別の人気色を紹介

次美容室に行った時、どんなヘアスタイルにしよう?

女性ならきっと毎月のように考えますよね。自分のイメージを変えることができるヘアスタイルは女性にとってとても重要なもの。せっかくだから次はいつもとは違う自分に挑戦してみませんか?

学校やオフィスの規定が厳しくてあまり明るいカラーはできないけど、もっとおしゃれを楽しみたい方も、しっかり個性を出して自分らしいおしゃれを楽しみたい方にも、いろんなおしゃれを叶えてくれる黒髪×インナーカラーをご紹介します!


目次

さりげないおしゃれが可愛い!黒髪のインナーカラー



最近では校則やオフィスの決まりがあるからではなく、あえて黒髪でヘアスタイルのおしゃれを楽しんでいる女性が増えていますよね。「ずっと染めてたけど流行ってるし黒髪に挑戦しようかな」という方も、反対に「しばらく黒髪だったから少し飽きてきたな」という方にもおすすめしたいのがインナーカラーです!



インナーカラーって何?



インナーカラーとは髪の表面ではなく、髪の内側だけを染めるカラーリング方法のことです。耳元にほんの少しだけカラーを入れたり、襟足全体を染めたり、選ぶカラーやカラーを入れる範囲によって印象をガラッと変えることができます。ショートからボブ、ロングまでどんなヘアスタイルでも、おしゃれを楽しめるのがインナーカラーのいいところ。可愛らしいイメージや、大人っぽいモードなスタイル、やわらかい外国人風ヘアーなど自分に合ったインナーカラーを探してみましょう!

黒髪でも重たい印象にならない!



黒髪女子は、どこかミステリアスで清楚な印象が素敵ですよね。でもヘアスタイルやコーディネートによっては、重たい印象に見えがちなこともあります。また明るかった髪色から黒髪にチェンジする時には「今まで着ていた服が似合わなくなるかも」なんて不安もありますよね。

そんな方には黒髪を軽く見せてくれるインナーカラーがとってもおすすめです。黒髪の清楚な印象は残しつつ、インナーカラーのもつ透明感がおしゃれの幅を広げてくれますよ。


ヘアダメージが気になる方にもおすすめ!



全体を染めたり、ブリーチをしてしまったりすると何度も染め直すのが大変ですが、髪の内側だけを染めるインナーカラーは、頻繁に何度も染め直さなくてもいいというメリットがあります。カラーを入れた髪の根本は表面の髪が隠してくれるので、伸びてきても気になりにくいのも嬉しいポイント!

もちろんカラーの発色を綺麗に見せるにはブリーチが必要になりますが、全体ではなく部分的に染めるだけなのでダメージもそれほど気になりません。





黒髪×派手めインナーカラーで個性を出す!



ほかの人と差をつけたヘアスタイルを楽しみたいなら、髪を下ろしていても存在感のある大胆な派手めカラーがおすすめです。個性的なファッションのアクセントカラーにしたり、あえて普段のコーディネートとギャップのあるカラーをセレクトすることで、おしゃれ上級者になれますよ。ここからは、個性を表現できる可愛い派手めカラーをご紹介します。

パープルなら色落ちまで楽しめる





はっきりとした濃いめのパープルは、意外にも黒髪によく馴染むので派手めカラーの中でも挑戦しやすいカラーです。パープルは光に当たることで黒髪に透明感をプラスし、女性らしい魅力をアップしてくれます。

ブリーチでしっかりと色を抜いた後に、淡いアッシュパープルを重ねると儚げな外国人風ヘアーに。
ラベンダーやアッシュパープルなどのパープル系のカラーは、色が落ちていくにつれてホワイトやシルバーがかったカラーになっていくので、色落ちも楽しむことができる人気のカラーです。


グリーンでこなれ感を演出





黒髪にぐっと変化をつけたいなら、グリーン系のカラーに挑戦してみてください。人とかぶりにくいヘルシーなグリーンは頑張りすぎないこなれ感を演じてくれます。黒髪に入れるなら、明るいトーンがおしゃれなライムグリーンがおすすめです!爽やかなカラーで顔周りの印象も明るくなって、気分も上がりますよね。


多色使いでかっこいい&かわいい



人とかぶりたくない!一色だけじゃ物足りない!そんなおしゃれさんは、お気に入りのカラーを多色使いしてインナーカラーをカスタマイズしてみてはいかがですか?人気があるカラーはパープル×ピンクの可愛いカラーの組み合わせ。女の子らしい可愛いイメージが好きな方にぴったりです!

ほかにもブルー×グレージュのクールな大人めカラーの組み合わせや、ユニコーンのようなブルー×パープルの寒色系の組み合わせなど、組み合わせは人それぞれ。多色使いに挑戦するなら、カラーを入れる場所や配分にこだわって、とことん自分らしさを表現してみましょう。



黒髪×控えめインナーカラーは初心者さんにもおすすめ♡



学校やオフィスが厳しくて、なかなか憧れのカラーに染めることができない方でもインナーカラーは楽しむことができます。普段髪を下ろしている時には見えにくい位置にインナーカラーを入れて、お休みの日には耳にかけたり、思いっきりヘアアレンジを楽しんだり、控えめカラーでも印象を十分に変えることができます。

あまり派手めなカラーに馴染みのない方は、インナーカラーを取り入れてヘアスタイルにメリハリをつけておしゃれを楽しんでみてくださいね。

ベージュはどんなシーンにも合わせやすい



ベージュ系のインナーカラーは初めての方も挑戦しやすいカラーです。明るいトーンのカラーながら、肌なじみも良く黒髪をやわらかく優しく見せてくれる優秀カラーです。さらに大人っぽくきめるなら、ワンポイントになるように狭い範囲で、アッシュベージュをインナーに入れるのがおすすめです。アッシュベージュが黒髪のハイライトのような役割をしてくれるので、品のあるモードなヘアスタイルを楽しむことができます。


アッシュグレーでさりげないおしゃれを



主張しすぎないアッシュグレーなら、重たく見えがちな黒髪に程よい透明感を演出できます。ブリーチなしで入れた暗めのアッシュグレーならより自然に黒髪に馴染むので、学校やオフィスの規定が厳しくてなかなか髪を染めることができない方でも取り入れやすいカラーです。

さり気なく入れたグレーは光に当たることでこなれ感が出るので、黒髪に飽きてしまった方でも気分を変えることができます。やわらかいイメージをプラスしたいなら、グレーにベージュを混ぜ合わせたグレージュがおすすめです。外国人のようなくすみのあるカラーで、より女性らしいおしゃれヘアスタイルが実現しますよ。

落ち着いたネイビーブルーでかっこよさを



黒髪にネイビーのインナーカラーを仕込むことで、髪全体のツヤ感をアップすることができます。ブリーチなしの暗めのネイビーカラーでもこっくりとした透け感を楽しむことができるので、髪を痛めたくない方にもおすすめです。あまり明るくしなくても黒髪だけでは出せないアカ抜けたヘアスタイルになるので、ぜひ一度挑戦してみてくださいね。

ブリーチをしてから重ねた明るめのネイビーは透け感はもちろん、次第にシルバー系のカラーに変化していくので、色落ちしてきても魅力的です。


レングス別!黒髪のおすすめインナーカラー


インナーカラーはどんなヘアスタイルでも、そのスタイルに合わせた入れ方ができる、とっても優秀なカラーリング方法です。ショートからボブ、ロングなど髪の長さや、カラーを入れる場所次第で同じカラーを入れても雰囲気が変わって、違った印象になります。

ここからはレングス別におすすめしたいインナーカラーのご紹介です。

黒髪ショート×インナーカラー


ショートはアレンジが限られてるからインナーカラーには向いてないと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません!ショートだからこそミディアムやロングよりおしゃれ見えするインナーカラーで、誰もが振り向く褒められヘアを手に入れることができます。

ウルフカット×ゴールド



トレンドのウルフカットはレイヤーがたくさん入っているのでインナーカラーをしっかりと目立たせることで、より動きのある立体的なヘアスタイルを楽しむことができます。よく映えるゴールドを選ぶことで黒髪をより強調してくれるので、スタイリッシュで洗練された印象になります。かっこいいイメージが好きなら一度は挑戦してみたい憧れのヘアスタイルですよね。

ミニボブ×カシス



ミニマルな印象が可愛いショートボブにはカシスのインナーカラーがぴったりです。髪の内側の狭い範囲に入れることで、派手になりすぎず、髪を耳にかけた時にチラッと見えるカシスカラーがいつもとは違うガーリーな雰囲気を作り出してくれますよ。

ベリーショート×アッシュブラウン



思い切りクールなイメージを極めたいなら、かきあげバンクのベリーショートにアッシュブラウンのインナーカラーがおすすめです。アシンメトリーにインナーカラーを入れてあげることで、左右で少し違った印象にできるので、日によって分け目を変えてヘアスタイルのイメージを変えて楽しむことができます。


次のページ
1
2

関連記事