精神的に辛い時の対処法をご紹介!乗り越えて明るい人生を送ろう♡

仕事や恋愛、人間関係で悩みがある時には追い詰められたような気持ちになり、精神的に辛く気分も暗くなりがちです。
また、人生には苦しみも多く、乗り越えなくてならない苦難が訪れることもあることでしょう。

そんな時にはあなたを励ましてくれる対処法や考え方を見つけて、深く落ち込みすぎないようにしなくてはなりませんね。
辛い時に支えになってくれるのは、どのようなものでしょうか。
友人や家族の存在、先人の名言、元気が出る曲など、苦しい状況から立ち直り、明るく生きていくための対処法を紹介します。


目次 [開く]

精神的に辛い時の上手な乗り越え方って?


精神的に辛い時には、友人や家族など親しい人に話を聞いてもらって、自分1人で溜め込まないようにすることが大切です。
人生には、思い通りにいかない時や周りの人とうまくいかない場面もあります。

特に、自分は1人ぼっちで誰にも理解してもらえないと感じてしまう状況では、人知れず深く思い悩むことになります。
しかし、悩みを話せる人がいない、他人には相談しにくいなど、悩みを抱え込んでしまうこともあるのではないでしょうか。

辛い時を上手に乗り越えるには、どのようにしたらいいのでしょうか。
状況や具体的な手段を取り上げながら紹介していきます。

「精神的に辛い」と感じる時はいつ?


あなたが精神的に辛いと感じるのは、どんな時ですか。
「職場で自分の力不足を責められた」
「人間関係が上手くいかず孤独を感じる」
「彼氏や彼女と別れ、心に穴が開いたようだ」
など、精神的に辛い時には、その辛い出来事で心の中が埋め尽くされて、何をやってもぼーっとしてしまいます。
心ここにあらずという状態で、その気持ちからなかなか逃れることができません。


仕事が忙しすぎる時


毎日忙しく休む暇がないほど働いていると、心が擦り切れてしまいます。
「最近笑ってないな」と思ったら、それはあなたの心が辛いと感じているサインかもしれません。

ただ忙しいだけであれば充実感で満たされることもありますが、仕事の悩みは人に打ち明けにくく1人で溜め込んでしまいやすいものです。
時には、休んで穏やかな気持ちで過ごすことが必要ですよ。

人間関係にストレスを感じる時


人生におけるストレスは、その多くが人間関係によってもたらされます。上司やクライアントに叱られる、同僚や友達と仲良くすることができないなど、ちょっとした不安も自分にとっては大きな心配やストレスの材料になり、精神的に辛いと感じます。

人間関係で悩んでも、他人は思うように動いてはくれませんので、自分を追い詰めすぎないようにすることが大切です。

恋人と別れた時


彼氏や彼女と別れた時には、大きな喪失感を感じます。
たとえ自分から言い出した別れであっても、それまで楽しく過ごした思い出がよみがえってきて、胸を締め付けることもあるでしょう。

たとえ相手とこれまでとは違った関係になったとしても、あなたの人生はまだまだ続きます。あまり思いつめすぎないようにしましょう。

自分に自信がなく、不安ばかりを感じる


自分が他人より劣っていると感じる、叱られることが多く不安ばかりを感じるなど、周囲と比較するなかで自分の存在価値を見出せない時も、精神的に辛いと感じる場面です。
人はそれぞれ違っていて、得意や不得意があるのだと気づくことも大切です。


精神的に辛いと感じるワケ


精神的に辛いと感じるのは、どうしてなのでしょうか。
自分の心の中をよく知ることで、辛い気持ちへの具体的な対処法を見つけることができそうです。


すぐに自分を責めてしまう


あなたはよく反省をする、いい人ではありませんか。そして、すぐに自分を責めてしまう癖がありませんか。

普段から何でも人のせいにする人は、人にあまり好かれず、信頼されていないかもしれません。
一方、責任感があり、周囲の人の気持ちによく気付き、自分に厳しい人は、周囲に人に好かれていることでしょう。

しかし、自分を責めすぎてしまうと、精神的に辛い思いをすることで自分自身が参ってしまうことがあります。精神的に辛い時には、自分を責めすぎていないかチェックしてみましょう。

自分のことを理解してくれる人がいない


自分のことを理解してくれる人が周囲にいないと、その環境にいることそのものが辛いと感じます。
普段から1人で行動することが多く1人が苦痛ではない人であっても、日常を過ごす環境に心をゆるせる人がいないと、安心して過ごすことができません。

常に誰かと一緒にいる必要はありませんが、腹を割って話をすることができる友人や親しく話せる目上の人を作るのがおすすめです。そんな人がたった1人でもいることで、精神的な辛さは解消されるのではないでしょうか。

コンプレックスや力不足を思い知らされる


職場では、人前で叱られるようなことも起こります。周りの人にできることが自分にはできなかった時などは、コンプレックスや力不足を思い知らされて、辛い経験になることでしょう。

「その職場であなたは成長できそうですか」
「生きがいや目標を見出すことができますか」
自らの頑張りでその辛さを乗り越えることができれば、今の環境はあなたにとって学びの場となり、人生におけるまたとない貴重な経験をもたらしてくれます。

過去の思い出に執着している


「恋人と別れた」「大切な家族を亡くした」など、失ってしまった過去の記憶を胸に心を痛めながら日常生活を続けるのは、とても辛いものです。
本当は誰にも会いたくないほど落ち込んでいても、平気なふりをして過ごさなくてなくてはいけないこともあるでしょう。

しかし、あなたが今失ったと思っている思い出は、本当になくなってしまったのでしょうか。
忘れたいと思う思い出ほど、忘れることが難しいものです。
無理に忘れようとしなくても、その思い出はいつか心の痛みを感じるものではなくなり、大切な記憶になってくれます。

精神的に辛い時の対処法【仕事編】


精神的に辛い時にも、仕事にいかなくてはならないかもしれません
しかし、あまりに辛いと感じる時には、自分の心のメンテナンスが必要です。


仕事を少し休む


精神的に辛すぎる時には、仕事を少し休んで気分転換することも視野にいれます。

ちょっとくらいのストレスであれば乗り越えられますが、過剰に頑張りすぎてしまうと心のバランスを崩して、働くことができなくなる場合もあります。
精神的な限界を感じた場合には、自分の心を休ませることを意識して心のメンテナンスをするようにしましょう。

注意されても必要以上に落ち込まない


職場では、上司や先輩から叱られることがあります。真面目な人は、注意されたことを気にして必要以上に落ち込んでしまうことがあります。

しかし、職場で注意されることは業務上の行為です。自分の全てを否定されたように感じてしまってはいけません。
経験不足でできなかったのであれば、そこで求められているのは、仕事の仕方を見直して次にはミスをしないことです。
上司や先輩は、落ち込んで辛い気持ちにさせようと思って注意しているのではないことに気づきましょう。

職場の人間関係を円滑にする


職場はお金を稼ぐためだけの場所ではありません。同じ人と長い時間を過ごし共有することも多いので、上司や同僚との関係はとても大切になります。

毎日会う上司や同僚との関係が円滑であれば、職場に行くのも楽しくなります。
一方、「また怒られるのかな」「会話もないし、あの人とは会いたくないな」と思っている場合には、自分が思っている以上のストレスを日々感じているものです。

この場合、自分の中で「あの人嫌だな」と思っていることがストレスの源だと気付きましょう。
まずは「あの上司、意外と好きだな」と思いながら相手に接してみます。最初は相手の対応が思うようでなくても、自分の辛い気持ちは半減していることに気付きますよ。

仕事内容が自分に合わない


「希望する部署に配属されなかった」「仕事内容が自分に合っていない」など、仕事の内容について悩むこともあります。
理想の会社の希望の部署に就くことができれば幸運ですが、現実にはそうではないことも多いものです。
そして、たとえ自分の希望通りだったとしても「なんだか違う」と感じることもあるはずです。

あなたが新人であれば、どんな仕事内容でも経験になります。自分を鍛える勉強の場だと思って、まずは一生懸命取り組んでみませんか。様々な部署を経験することは、少なくとも経験と自信につながります。

真面目な人は頑張りすぎない


仕事に対する意識は、年齢や経験、責任の有無などによって変わってきます。
責任ある立場にありその仕事から逃げ出すこともできない場合にこそ、自分を追い詰めて精神的に辛いと感じる場面は訪れるのかもしれません。

社会人として経験を重ねると「誰かに弱みを見せる」「グチを言う」こともなくなり、何でも自分で解決しようとしてしまいます。
立場のある社会人にとっても、頑張りすぎて精神的なバランスを崩さないようにすることは大切です。

精神的に辛い時の対処法【恋愛編】


恋愛は夢のように幸せな気持ちにしてくれる半面、想像以上に辛い気持ちも教えてくれます。
たかが恋愛だと思いがちですが、精神的に辛い場面を乗り越えるのは大変なことです。


思う存分泣いてスッキリする


「失恋した」「恋人と別れた」「お互いに好きなのに結ばれない」など、恋愛で精神的に辛い思いをすることは多いものです。
そして、その感情を誰かに話すこともできずに胸に留めておくと、どんどん辛くなってしまいます。

感情や鬱積した気持ちを開放し、浄化することをカタルシスと言います。
時には思う存分泣いて心を開放しましょう。カタルシス効果で辛い気持ちが楽になっていることに気付くはずです。

1
2

関連記事