骨格診断ウェーブタイプの特徴って?ファッションポイントも大公開♡

あなたは普段、何を基準に洋服を選んでいますか?デザイン、柄、色、素材など、人によって重視する点は異なるでしょう。好きものを身につけるのも良いですが、せっかくなら自分に似合うファッションを見つけたいと思いませんか?

今回は、骨格診断で「ウェーブタイプ」になった女性に向けて、もっとおしゃれになるためのファッションポイントやおすすめコーデをご紹介していきます。



目次 [開く]

骨格診断でウェーブタイプに!似合うファッションが知りたい♡



骨格診断をしてもらった、あるいは自己診断をして自分のタイプがわかったら、当然それに似合うファッションが知りたいですよね。そう考えて、この記事にたどり着いた人もいると思います。

しかし、なかには「骨格診断って何?」という人もおそらくいるでしょう。そんな人のために、まず骨格診断の基礎から確認していきます。

そもそも骨格診断とは


骨格診断とは、体の質感やラインの特徴から骨格を割り出し、それに似合うファッションや素材、デザインを導き出す方法です。

たとえば同じシンプルなTシャツを着たとして、それだけでおしゃれに見える人もいれば地味に見える人もいますよね。あるいは、同じパンツをはいたとしても、スラッと足が長く見える人もいれば腰の位置が低く見えてしまう人もいます。こうした印象の違いは、おもに骨格の差から生まれるものです。

人はそれぞれ生まれ持った「骨格」があり、その骨格によって似合うファッションが変わります。それぞれの特徴を活かしたファッションをすることで、スタイルアップや着痩せ効果に期待できるのです。

骨格は3タイプにわけられる


骨格診断の結果は、一般的に「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の3つに分類されます。それぞれのタイプにそれぞれ違った魅力があるので、一概にどのタイプが良いとは言えません。

その中でも今回は、女性らしい華奢な体つきが特徴の「ウェーブタイプ」にフォーカスしていきます。

骨格診断ウェーブタイプさんの特徴



ファッションポイントやおすすめコーデを見ていく前に、ウェーブタイプさんの特徴を確認しておきます。いくつか特徴を列挙していきますが、そのすべてに当てはまる人はほとんどいません。3タイプの特徴を比較したときに、当てはまる項目が多いものを「自分のタイプ」として認識しておきましょう。

ウェーブタイプさん以外の特徴についても簡単にご紹介しますので、自分がどれに該当するのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

首が長い


ウェーブタイプさんの特徴1つ目は、首が長いことです。首の長さというのは、一般的にあご先から鎖骨までの長さを指します。女性の平均は9.4cmと言われているので、この数値以上であれば「首が長い」と思って良いでしょう。

男性と比べて女性の方が細く長い傾向にあるため、首が長いとより女性らしさが際立ちます。また、鎖骨は細めですが目立ちます。とは言え、悪目立ちしているのではなくキレイに浮き出ている場合が多いでしょう。

ほかのタイプの特徴


【ストレート】
・首は短め
・鎖骨は見えにくい

【ナチュラル】
・首はやや短め
・鎖骨は大きく、目立つ

バストトップが低め


ウェーブタイプさんの特徴2つ目は、バストトップが低めでデコルテにボリュームが出にくいことです。カップサイズの割に胸が小さく見えたり時間が経つとブラジャーがパカパカしたりする人は、骨格が原因かもしれません。

この点は、おそらく多くのウェーブタイプさんが悩むところです。胸元が寂しくなりがちなので、アクセサリーをつけるなどしてスタイルアップを目指しましょう。

ほかのタイプの特徴


【ストレート】
・バストの位置は高め
・ボリュームも出やすい

【ナチュラル】
・個人差が大きく一概には言えない

下半身に重心がきている


ウェーブタイプさんの特徴3つ目は、下半身に重心がきていることです。上半身が華奢な一方、下半身はややどっしりとした印象になりがちです。腰の位置も低めで足が短く見えてしまうというお悩みも、ウェーブタイプさんからはよく聞かれます。

また、下半身太りをしやすいという特徴もあります。体重が増えても、上半身は華奢なまま下半身だけに脂肪がつく、いわゆる「洋なし型」の太り方をする人が多いのです。

ほかのタイプの特徴


【ストレート】
・上半身にボリュームがある
・腰の位置が高い
・お腹周りから太る「りんご型」

【ナチュラル】
・重心の偏りがない
・全体的に脂肪がつく「バナナ型」
・太りにくい人が多い

筋肉よりも脂肪がつきやすい


ウェーブタイプさんの特徴4つ目は、筋肉よりも脂肪がつきやすいことです。日々トレーニングを頑張っているのになかなか筋肉がつかないと悩む人も多いでしょう。特に上半身の筋肉が大きくなりにくいと言われています。

しかし、やわらかくしっとりとした肌の質感は女性らしさを際立たせてくれます。筋肉をつけてムキムキになりたい!という人にとってはデメリットになってしまうかもしれませんが、ウェーブタイプ特有の女性らしさに憧れている人が多いのも事実です。

ほかのタイプの特徴


【ストレート】
・筋肉がつきやすい
・肌にハリや弾力がある

【ナチュラル】
・筋肉がついてもあまり目立たない
・肌はしっかりしていて固め

膝が出ている・膝の上に脂肪がつきやすい


ウェーブタイプさんの特徴5つ目は、膝が出ているということです。足全体の特徴で言うと、太ももが細めで膝下に脂肪がつきやすくなっています。また、筋肉がつきにくいためO脚の人が多いとも言われています。

下半身に重心がきているという特徴と相まって、華奢な上半身とのバランスが取りにくいと悩む人も多いです。バランス良く見せるコツはのちほどご紹介しますので、そちらをチェックしてみてくださいね。

ほかのタイプの特徴


【ストレート】
・膝の皿が小さい
・膝上に脂肪がつきやすい

【ナチュラル】
・膝の皿が大きい
・すねの骨やアキレス腱がしっかりとしている

骨格診断ウェーブタイプさんのファッションポイント



上記の特徴と照らし合わせて自分がどのタイプに当てはまるのか、だいたい理解できたでしょうか。今回は骨格診断ウェーブタイプさんにフォーカスした記事なので、ここからはこのタイプに合うファッションについて解説していきます。

まずは、必ず押えておきたい基本のファッションポイントから見ていきましょう。

女性らしい華やかなコーデを意識すると◎


3タイプの中で最も女性らしく、しなやかなラインを持っているのがウェーブタイプさんです。ピッタリとしたサイズや小ぶりなデザインのファッションはこの魅力を引き立たせますが、シンプルすぎると上半身が寂しくなってしまいます。

そこでおすすめなのが、フリルやレースなどの装飾を取り入れた華やかなコーデです。特に上半身にボリュームを持たせてあげると、全身のバランスが取りやすくなります。

下半身のボリュームが気になる人はXラインを意識しよう


ウェーブタイプさんの特徴として、「下半身に重心がきている」という項目がありましたよね。痩せ型であまり脂肪がない人は気にならないかもしれませんが、肉付きの良い人だと華奢な上半身と比べて下半身ががっちり見えてしまいます。

このお悩みを解消するには、Xラインを意識してみましょう。Xラインとはウエストをキュッとしぼったシルエットのことで、目線を上にもっていく効果があります。ウエストマークをすることで、脚長効果にも期待できます。

「レース」「花柄」「ドット柄」が似合う


フェミニンなコーデが得意な骨格ウェーブさんには、レース・花柄・ドット柄などの女性らしい柄がよく似合います。近寄って見なければ柄がわからないくらい細かなものを選ぶと、華奢な骨格とマッチして一体感が出ます。

また、ギンガムチェックやレオパード柄もウェーブタイプさんだからこそ似合う柄です。レオパード柄を身につけるときは、繊細な骨格との調和を考えてコントラストが弱めのものを選ぶと良いでしょう。

反対に、ワイルドさの出る迷彩柄やそのほか大きめの柄は避けるのが無難です。

やわらかく薄手の素材がおすすめ


やわらかい肌質が特徴のウェーブタイプさんには、やわらかく薄手の素材のものがおすすめです。シフォンやチュール、ベルベットやツイードなど、とろみのある素材を取り入れるとより一層女性らしさが引き立ちます。

また、カバンなどの小物は光沢感のあるものを選んでみましょう。エナメルやポリエステル、レーヨンなどの光るアイテムは、ウェーブタイプさんの優しい雰囲気にピッタリです。

アクセサリーは小ぶりで華やかさのあるものを選ぼう


ウェーブタイプさんは首が長くバストの位置が低めなので、デコルテ辺りが寂しくなりがちです。トップスにボリュームがあるものを選べばカバーできますが、シンプルなものを着たい場合にはネックレスなどを合わせて華やかさをプラスするのがおすすめです。

また、首が長いと顔周りから首にかけて間延びしがちなので、これを和らげるためにピアスやイヤリングも活用しましょう。似合うデザインについては、のちに詳しくご紹介します。

骨格診断ウェーブタイプさんにおすすめのファッションアイテム



骨格診断ウェーブタイプさんのファッションポイントをご紹介してきましたが、具体的にはどんなファッションアイテムがおすすめなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

〈トップス〉デコルテを強調できるもの


ウェーブタイプさんは首が長く、鎖骨は華奢ながらも目立つのが特徴です。そんなキレイな首回りを活かすためには、トップスはオフショルやスクエアネックなどデコルテを強調できるものがおすすめです。

ただし、デコルテが出るものであれば何でも良いというわけではありません。華奢な上半身にボリュームを持たせることを意識して、胸元にフリルや大きなリボンがついたものを選ぶようにしましょう。

ほかにも、首元が丸く開いたラウンドネック、やわらかいヒダが重なったドレープネック、首回りにフリルがついたフリルカラーなどがよく似合います。

〈ボトムス〉ウエストに切り返しがあるパンツ・スカート


上半身が華奢で長めのウェーブタイプさんは、ウエストに切り返しがあるパンツやスカートがおすすめです。ウエストを強調することで脚長効果や細見え効果に期待できます。

下半身の重心をカバーしたい人はボリュームのあるものを選ぶと良いですが、上半身とのバランスに注意が必要です。全体的にボリューミーだと太って見えてしまうので、ベルトでウエストをしぼってXラインを強調する、上下どちらかはタイトなものにするなど工夫しましょう。

スリムパンツやタイトスカートなど足のラインがキレイに出るものも似合うので、上半身にボリュームを持たせたい場合はこれらを合わせてみてください。

1
2

関連記事