彼女と別れたい男性が出すサインって?事前に知って円満な交際を!

「最近彼氏が冷たい気がする……」「あまり会ってくれないけどひょっとして浮気?」もしかしたらそれ、彼からの別れたいサインかもしれません。今回は、男性が彼女との別れを考えているときに出すサインについて、徹底解説していきます。



目次

男性は彼女と別れたい時にサインを出してる!?




「別れたいなら面と向かって言ってくれればいいのに!」と考える女性もいるでしょう。しかし、男性側にもさまざまな事情があります。彼女を傷つけたくない、別れ話が面倒だから彼女の方から振ってほしい、など……。もしかすると、まだ別れるべきか悩んでいる段階なのかもしれません。

男性が出しているサインに早く気づけたら、別れの危機を回避できる可能性もあります。ぜひ覚えておきましょう。

男性が彼女と別れたいと思う理由は?



男性の別れたいサインについて具体的に見ていく前に、まずは男性が彼女と別れたいと思う理由について見ていきましょう。きっとあなたの努力次第で回避できるものもあります。

彼女以外に好きな人ができた


たとえ付き合っている相手がいても、それ以上に惹かれる女性に出会うこともあります。女性としては信じたくないところですが、「ほかに好きな人ができたから彼女と別れたい」と考える男性は意外と多いようです。



一時の気の迷いという可能性もあります。しかし、本気で別の女性を好きになってしまった場合、もう一度彼女に気持ちを戻すというのはなかなか難しいものです。そこできっぱりと別れを切り出してくれるならまだ良いですが、なかには二股に走る男性もいるので注意しましょう。

マンネリ化してきた


長く付き合っているカップルほど避けて通れないのがマンネリ化です。彼女と話していてもつまらない、デートも行く気にならない、これでは付き合っている意味もよくわからなくなってしまいます。有効な打開策が見つけられずマンネリ状態が続くと、別れたいと思ってしまうのです。



付き合いが長くなればなるほど安心感を得られる一方、新鮮味がなくなってしまうのは仕方のないことです。しかし、そのまま放っておいたら破局まっしぐら……。そうならないためにも、適度な距離感を保ったり、今までにないようなデートプランを練ってみたりという努力はお互いに必要です。

価値観が合わない


違う環境で育ってきた者同士、価値観がまったく同じということはほぼあり得ません。ある程度はお互いを尊重して歩み寄っていくものですが、これだけは譲れないという価値観を持っている人も中にはいます。そこが彼女と合わないと、「この先やっていけないな……」と別れを考えるようになるのです。



ちなみに、カップル間で特にずれが生じやすいのは、金銭感覚や結婚に対する考え方です。この二つは非常に重要な点なので、ある程度付き合いが長くなってきたらさりげなく確かめておくと良いかもしれません。

彼女の欠点が許せなくなった


初めの頃は可愛く思えて許せていた彼女の言動も、二人の関係が落ち着いて倦怠期にさしかかると許せなくなることがあります。あるいは、お互いを深く知るにつれて相手の嫌な面が見えてくることもあるでしょう。



我慢できるならそれで良いですが、欠点ばかりが目につくようになると徐々にストレスが溜まってきます。彼女の些細な一言にイライラする、束縛が激しすぎる、毎回あちこち振り回されるなど、彼女の欠点が許せず精神的にも疲れてくると、別れたいと思ってしまうのです。

結婚を考えられない


彼女との結婚を考えられないときにも、男性は別れを意識します。これから先、彼女と何十年も共に過ごしていく姿を想像できないと、結婚願望の強い男性は「このまま付き合っていて良いのか?」と不安を感じるようになるのです。



恋愛と結婚は別とよく言いますが、男性の約7割がそのように考えているというデータもあります。仲良しでラブラブなのにいつまで経ってもプロポーズしてこない場合、このような考えを持っているのかもしれません。

また、まだ結婚する気がないのに彼女から執拗に迫られると、面倒くさく感じて別れたいと思ってしまう男性もいます。女性には出産のリミットがあるので焦る気持ちもわかりますが、露骨なアピールは返って逆効果になってしまう可能性が高いと言えるでしょう。

彼女の方が浮気をしていた


どんなに大好きな彼女であっても、自分以外の男と浮気した事実がわかると一気に冷めてしまいます。一途に愛していたからこそ、たとえ一度の過ちであっても許せない、という男性もいるでしょう。

もし許してくれたとしても、そこまで二人で築き上げてきた信頼関係は完全に崩壊します。一度失った信頼を取り戻すのはなかなか難しいものです。まだ彼女への愛情が残っていたとしても、「やっぱりもう付き合うのは無理だ……」と男性側が感じれば、行き着く先は当然破局でしょう。

男性が彼女と別れたいときに出すサイン




男性が彼女との別れを考えるおもな理由について確認してきました。では実際のところ、男性が彼女と別れたいときに出すサインにはどのようなものがあるのでしょうか。

「気がついたら自然消滅していた……」なんてことになってからでは遅いのです。別れたくないと考えているのなら、男性からのサインを見逃さないようにしましょう。

連絡頻度が減る


別れたいときの最も顕著なサインは、連絡頻度が減ることです。彼女に対して別れを匂わせようと意図的に行う場合もあれば、気持ちがない相手との連絡が面倒で無意識のうちに減ってしまっているという場合もあります。



LINEをはじめとする便利な連絡ツールが普及する現代において、毎日何十件もやりとりをしているというカップルは大して珍しくないでしょう。頻繁に連絡を取り合っていた彼氏からあまり連絡が来なくなった、あなたから話題をふってみても長く続かないなどという場合は要注意です。

会う回数が減る


別れを考えている状態でデートを楽しめるという人は滅多にいませんよね。相手に対しても失礼ですし、完全に気持ちが冷めていればデートにかける時間やお金すらもったいないと感じてしまいます。このような考えから、徐々に二人で会う回数が減っていくのです。



また、その日のうちに次回のデートの予定を決めるのが習慣だったのに、「先の予定がわからないからまた連絡するね」とあいまいな態度を取ることが増えた場合も注意が必要です。本当に忙しい可能性もありますが、デートの回数をなるべく少なくしようと考えているのかもしれません。

スキンシップが減る


男性は愛する女性を前にすると、「触れたい」「肌を重ねたい」といった欲求が自然とわいてきます。つまり、ボディタッチやセックスなどのスキンシップが減るというのは、彼女に対しての愛情が薄れてきている証拠なのです。

愛情がなくてもセックスできるという男性は多いですが、別れを考えている彼女とはなるべく体の関係を持たないようにします。「あのときキスしたよね?」「都合の良い女だったってこと!?」と女性側から責められて別れ話がこじれると面倒だからです。

家でのデートが多くなる


大好きな彼女の喜ぶ顔が見たくて毎回一生懸命デートプランを考えている、という男性は多いでしょう。しかし、別れを考え始めているとそんな気力もわきません。行き先を考えるのが面倒、そもそも出かけるのも面倒、そういった理由から家でのデートが多くなるのです。



もし男性側に気になる女性がいれば、デートしているところを目撃されたくないという心理が働いている可能性もあります。どちらにせよ、あなたが計画したデートプランや旅行にすら乗り気な態度が見られない場合、完全に気持ちが冷めてしまっている可能性が高いと言えるでしょう。

反応が薄くなる


彼女の話に対する反応が薄くなる、あるいは返事がテキトーになるというのも、男性がよく出す別れたいサインの一つです。そもそも男性の多くは、長話や中身のない話を面倒に感じます。彼女の話を愛想良く聞いて何かしらの反応を示すのは、彼女のことが好きだからこそというわけです。



彼女に対する愛情が冷めてくれば、当然その話に興味が持てなくなります。興味のないことを延々と聞かされるのは誰にとっても苦痛ですから、結果的に彼女の話を聞き流し反応も薄くなってしまうのです。

話しかけても上の空だったり、スマホを見ながら相槌を打ったりすることが多くなった場合には、黄色信号と捉えましょう。

「仕事が忙しい」と言い訳する


彼女と別れたいと考えている男性は、連絡頻度や会う回数が少ないことの言い訳として仕事を持ち出してくることがあります。もちろん、本当に忙しい時期もあるでしょう。しかし、彼女を心から愛しているのなら、連絡したりデートしたりする時間を無理にでも作るはずです。



そのような素振りがみじんも感じられないのであれば、別れを考えている可能性が高いです。仕事を口実に連絡やデートの回数を減らし、徐々にフェードアウトしようと企んでいるのでしょう。

ため息が増える


これは彼女への嫌味など意図的ではなく、無意識のうちにしてしまっている男性が多いです。別れを考えている彼女と一緒にいても楽しいと思えず、ついついため息をついてしまうのでしょう。

彼氏にそんな態度を取られたら、彼女の方もだんだんと腹立たしく思えてきますよね。そこからけんかに発展し、そのまま破局というパターンも考えられます。「つまらない」という感情を抑えきれないほど気持ちが冷めてしまっている場合、関係の修復は難しいかもしれません。

別れたいと切り出されたけど別れたくない場合



彼からの別れたいサインには薄々気がついているけど、別れたくないから見て見ぬふりをしている……。そんな女性もいるでしょう。

では、彼から別れ話を切り出されてしまったとき、どのような行動を取れば良いのでしょうか。絶対ではありませんが、別れを回避できる可能性もあるので覚えておきましょう。

話し合いを提案する


まず大切なのは、お互いが冷静に話し合える場を設(もう)けることです。大好きな彼氏から別れ話を切り出されれば誰でもショックを受けます。冷静な判断ができず取り乱してしまうこともあるでしょう。

しかしここで感情的になってしまっては一巻の終わりです。「別れたくない!」と大声を出したり泣き叫んだり、「あのとき私にこんなことしたよね!?」と過去の出来事を引っ張り出して怒ったり……。こうした行動は、相手の別れたい気持ちをより一層増大させてしまいます。

だからこそ、別れ話をされたら一度冷静になるために期間を空け、また別の日に話し合いをする機会を設けてください。相手の話に耳を傾けるのはもちろんのこと、自分自身の気持ちや意見を伝えることも大切です。

別れたい原因を知って改善する


彼と冷静に話し合いをすれば、別れたい理由も聞き出せるはずです。あなた側に問題があるのだとしたら、それを改善することで彼の気持ちを取り戻せる可能性があります。



自分の欠点をあれこれと指摘されるのは耳が痛いかもしれませんが、彼がどんなところに不満を感じているのかを正しく把握するのは非常に重要なことです。そこをきちんと理解して謝ったうえで、原因の改善に努めましょう。

冷却期間を設ける


話し合ってみても彼の気持ちに変化が見られない、そんなときは一度距離を置いてみてください。別れたい、別れたくないとお互いの主張を言い合ったところで、彼の心を取り戻すのは難しいものです。

冷却期間を設けて頭を冷やせば、だんだんと心も落ち着き冷静な判断ができるようになります。その状態で改めて二人の関係を見直すことで、あなたに対する愛情がよみがえってくることもあるでしょう。



冷却期間は2~3ヶ月ほどに設定するのが一般的です。人によっては心を落ち着けるのにもっと時間がかかる場合もありますが、期間を長くしすぎてはいけません。別れ話をするのが面倒だと感じている男性は、そのまま連絡を取らず自然消滅に持ち込むという可能性もあるからです。

冷却期間中は自分磨きに力を入れよう


彼と距離を置いている間は、悲しさや不安などの感情がこみ上げてきて無気力になってしまう女性もいると思います。しかし、ずっと落ち込んだまま時間を無駄に過ごしてしまうのは非常にもったいないことです。



別れの原因が自分にあるのだとしたら、その原因の改善に努めるのが最優先です。それをクリアしたうえで、新たな魅力を引き出すために自分磨きにも力を入れてみましょう。自分に似合うメイクやファッションを研究したり、ダイエットをしたり……。できることから始めてみてくださいね。

彼と別れる結果になってしまったとしても、次の恋愛で必ず武器になるはずです。

彼女と別れたいサインに気づいたら早めの対策を!




男性が彼女と別れたいときに出すサインについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

別れるかどうか悩んでいる段階だからこそ、はっきりと口にはせず、サインを出して様子見している場合もあります。その時点で彼の気持ちの変化に気づければ、別れを回避することもできるかもしれません。

彼の気持ちが完全に離れてしまってからでは遅いです。二人の関係が修復不可能になってしまう前に、サインをしっかり見極めて対策を考えましょう。

(まい)
1

関連記事