中学生カップルってどこまでしてる?恋愛あるある&長続きの秘訣も♡

付き合うのも別れるのも早い


中学生で恋人ができたことのある女性の経験を聞くと、付き合ってもすぐに別れる傾向にあるようです。中学生のころは一目ぼれですぐに好きになるので、熱しやすいけど冷めやすくもあるのでしょう。

勇気を出して告白したけど、付き合ってすぐに振られてしまったり、音信不通になったりという経験はこの年齢ではよくあることです。

近所のショッピングモールで目撃される



中学生カップルのデートの場として、お金がかからず家から近いショッピングモールは選ばれやすいです。中学生カップルがデートする場所は他の中学生が遊ぶ場所でもあるので、ショッピングモールでデートしているところを友達や同じクラスの人に目撃されたことや、逆に友達が彼氏と一緒にいたのを見たことがある人もいるでしょう。

彼氏がいることが友達にバレて、嬉しい反面からかわれたら嫌だなと複雑な気持ちになったことがあるかもしれませんね。

学校行事がきっかけで付き合う



体育祭や文化祭などの学校行事は、気になる人と近づくチャンスが作りやすいため付き合うきっかけが学校行事だったという人は少なくありません。文化祭の出し物の準備を一緒にしているうちに仲良くなって、付き合うのは王道ですよね。

大人になってから中学生で付き合っていたときのことを飲み会で話すと、学校行事がきっかけで付き合ったことがあるという女性の話をよく聞きます。

告白するときに友達についてきてもらう



告白するときに勇気が出ない、一人では振られたときに辛いといった理由で、告白するときに友達についてきてもらうという話は女性側の経験としてよく聞きます。

ですが男子側からすると、やっぱり友達がいるところで告白されるのは気まずいと感じるようです。大人になると男子の気持ちもわかりますが、中学生のころは自分が恥ずかしいという想いをなかなか捨てられなかったのではないでしょうか。

テスト前は二人で一緒に勉強する



テスト前になると、勉強が忙しくてなかなかデートができなくなります。勉強しなければいけないけど会いたいというカップルは、一緒に勉強することでデート気分を味わいませんでしたか?地方の中学生だとファミリーレストランは人気のデートスポットなので、ファミレスで勉強していた思い出がある女性は地方出身であるほど多くなります。

特に受験前の中学3年生のときに恋人がいると、「同じ高校に行こうね」と約束して二人で勉強を一緒に頑張ったという経験をした女性もいます。

一緒に登校しても学校の近くになったら離れる



中学生になると、一緒に登校したり学校内で喋っているとからかってくるクラスメートがいましたよね。一緒に登校しても学校に近くになると、離れて別々に学校に入るという経験をしたのではないでしょうか。

女子は学校の近くで離れるのは辛いと感じますが、男子が学校でからかわれるのを嫌がるので、女子側が彼のために仕方なく別々に学校に入る選択を受け入れていたようです。

二人の写真をスマホの待ち受けにする


二人で一緒に撮った写真をスマホの待ち受けにしていたことがあるという女性はかなり多く、二人で撮った写真をお互いが待ち受けにするだけで、特別感を得ることができます。

彼も同じ待ち受けを見ているんだな、と思うだけで会えなくても頑張れるのですね。特に一人でいるときに無意識にスマホを見てしまう人は、その度に笑顔になっていたことでしょう。

音信不通で別れることが多い



中学生で恋人がいた女性が経験したことのある別れのあるあるは、音信不通です。別れると言い出しにくい、そこまで本気ではなかった、他に好きな子ができた、といったときに男子は連絡を絶ってしまうという行動に出ます。

大人になるとそんなときもあったなと笑い話にできますが、中学生で恋人と音信不通になってしまうのはとても辛いですよね。たくさんの女性が別れの辛さを経験し、また新たな出会いをしています。

学校ではほとんど喋らない



学校で二人で喋っていると友達にからかわれることがあるため、カップルなのに学校ではほとんどらなかった女性も多いのではないでしょうか。女子は「誰と誰が付き合っているらしいよ!」、「○○ちゃんが○○くんのことを好きなんだって!」といったうわさ話が大好きで、付き合っていると知られたらからかわれてしまいますよね。

学校で喋ることができないから、学校から帰宅してからの時間に彼氏が自宅に電話してくれるのを待っていた女性もいるのではないでしょうか。

中学生カップルが長続きするには?


中学生カップルは、付き合うのも別れるのも早いのが特徴の一つです。せっかく付き合うことになったのですから、長続きさせたいですよね。

ここでは、中学生カップルが長続きする秘訣をご紹介します。

お互いをきちんと知る



中学生カップルは、顔が好き、外見が好きという素直な理由で付き合い始めるため、付き合ったときに相手のことをあまり知らないカップルもいます。ですが、恋愛を長続きさせるには、やはりお互いをきちんと知ることが必要不可欠です。

普段からLINEでメッセージをやり取りしたり、たくさん会話をすることで、少しずつ相手のことを知っていきましょう。そうすることで相手の喜ぶことがわかったり、居心地の良い関係を作ることができるようになります。

相手を思いやる気持ちを持つ



中学生カップルであっても、もちろん相手を思いやる気持ちを持つことはとても大切です。自分のことばかり考えていては、良い関係を続けていくことはできません。

いつでも相手のことを思いやり、優しい態度で接していくことが重要です。自分が相手のことを思いやることで、相手もあなたのことを思いやる気持ちを持って接してくれますよ。

相手に依存することをやめる


中学生カップルは、学校ではあまり喋らないようにして、放課後やデートのときにできるだけ長く一緒にいようとします。でも、あなたにも相手にも、友達と遊んだり家族と過ごす時間が必要です。

自分の気持ちを優先させて相手に依存(いぞん)するような付き合い方をしていては、長く恋愛関係を続けていくことはできません。時には一人の時間や家族・友達と過ごす時間を大切にできるような人になってください。

同じ目標を持つ



「テストで良い点を取る」、「同じ高校に行く」、「次の休みに遊園地に行く」など、二人で同じ方向を見て頑張れる目標を持つといいでしょう。その目標のために、お互いが努力したり励ましあったりしながら絆を深めることができます。

共通の目標があれば、お互いが同じ方向を見ることができるので、恋愛関係を長続きさせたい人はぜひ目標を二人で作ってみてください。

喧嘩をしたら謝る



長く付き合っていたら喧嘩をすることもあるでしょう。でも、喧嘩を長引かせるのはよくありません。自分が悪いと思っているならもちろん、早く謝ることを意識してみてください。

放っておいてしまうと、彼は音信不通になってしまうかもしれませんよ!

相手を思いやりながらさまざまな経験をしていこう!



中学生カップルの恋愛事情とあるあるを見てきました。中学生で彼氏がいると聞くと、まだ早いんじゃない?とハラハラしてしまう部分もありますが、一緒にいるだけでうれしいという恋心はかわいらしいですね。最近恋してないな……、という方、中学生の頃のときめきを取り戻せたでしょうか。

恋人がほしい!と考えている中学生は、今の時間を大切にしながらいろいろな恋愛を通して、さまざまな経験をしていってくださいね。

(まい)
1
2
3

関連記事