一人でできるスポーツ特集♡運動不足解消や趣味としてもおすすめ!

せっかくの休日なのに何をすればいいかわからなくて、気がつけばすぐに夜になってしまう……、なんてお悩みをお持ちの方はいませんか?暑い夏や寒い冬は特に、空調の整った部屋でダラダラと過ごしがちです。仕事や勉強、家事などを忘れ、ひたむきになれる趣味があれば……、と思うこともしばしば。

そんなあなたにおすすめなのが、ずばり「スポーツ」です!楽しいだけでなく、健康的な体を作るためにも、定期的に体を動かしていきましょう。



目次 [開く]

一人でできるスポーツは運動不足にも最適!


運動が体に良いのはわかるけれど、友達はインドア派ばかりで、一緒にやる仲間がいないという人もいますよね。なかにはやりたいスポーツがあるのに、メンバーが集まらないためにあきらめてしまっている人も。



しかし、一人でできるスポーツなら、メンバー集めに悩むこともありません。自分の好きなタイミングで、やりたいだけ楽しめるため、忙しい毎日を送っている人も時間を見つけてチャレンジできます。

また、なかなか体を動かす機会のない人にとっても、運動不足解消が期待できるためおすすめです。毎日少しずつ習慣化していくことで、健康的な体になれそうですね。

一人でできるおすすめのスポーツ【手軽・低予算】



道具を買ったり施設に通ったりといった手間がかけられないという人は、思い立ったらすぐにできる手軽なスポーツにチャレンジしてみましょう。短時間の積み重ねでも十分効果があるため、自分に無理のないペースで取り組めるのもポイントです。

なわとび



手軽な運動の代表格と言っても過言ではないなわとび。なわ自体も高価なものではなく、屋外にスペースがあればすぐに始められます。

さらになわとびは、筋肉を鍛えるだけでなく、体のバランスを保つ体幹(たいかん)を鍛えることにも繋がります。脂肪を落としたり筋肉をつけたりするのに加え、美しいボディバランスを兼ね備えた体を目指しましょう。

筋トレ



筋トレと言っても多くのメニューがありますが、道具を使わず体ひとつでできるものもたくさんあります。畳1畳分くらいの広さがあれば十分なため、筋トレ用に部屋を用意する必要もありません。

お腹に筋肉が少ない女性におすすめなのは、両脚をぴったりそろえて上げ下げする「レッグレイズ」や、通常の腹筋運動よりもお腹に負荷のかかりやすい「クランチ」などです。いずれも正しいやり方でやることが大切なため、書籍やネットで自分に合った方法を探しましょう。

ヨガ



体を動かすだけでなく、心もリラックスできるのがヨガのメリットです。筋肉にグイグイと負荷をかける筋トレとは異なり、体中の筋肉をしっかりのばしてあげるようなイメージで行いましょう。

普段あまり使わない筋肉も適度に刺激を受け、体に必要な分だけの筋肉が備わります。ダイエットはしたいけれど、ムキムキにはなりたくない!という女性にとって、ベストな方法と言えそうですね。

ダンス



経験のない人がいきなりダンスを始めるのは難しいように思えます。しかし、難しいテクニックやキレのある動きができなくとも、曲にのって体を動かすことで交感神経が高まり、カロリーを発散しやすい体になるのです。

ネットのダンス動画を参考にするのも良し、もちろんアーティストのダンスを真似るのも楽しいですよ。自分のお気に入りの1曲でチャレンジしてみましょう。

武道



小さいころから習っている人も多い「武道」は、日本ならではの柔道や剣道をはじめ、空手や合気道なども人気です。簡単にあきらめない精神と、瞬発力や筋力も備わるため、大人になっても続けているという人も少なくありません。

なかでも女性におすすめなのは、体中の筋肉をバランス良くつけられる空手や、護身術としても役立つ合気道など。しなやかな立ち居振る舞いが身につくため、日頃の一挙一動も美しくなりそうです。

ラジオ体操



誰もがやったことのある、もっとも有名な運動がラジオ体操ですよね。夏休みの朝、カードを持って集まったことを思い出します。適当にやるとすぐに終わるラジオ体操ですが、全力でやるとかなりのカロリーを消費するのです。

膝の曲げ伸ばしや腕を振る大きさなど、気を遣うポイントは盛りだくさん!毎朝の習慣にすれば、気持ちの良い1日の始まりを迎えられそうです。

一人でできるおすすめのスポーツ【屋外】



重たい腰を上げ、家の外に出てみましょう。緑の多い場所など、気持ちもさわやかになる場所で運動するのがおすすめです。家の中では吸えない新鮮な空気をしっかり取り入れ、いい汗をかきに行きませんか?

屋外でのスポーツになると、道具やウェアが必要なものも出てきます。レンタルはしているのか、自分に合った道具は何なのかなど、事前準備も念入りに行いましょう。

ジョギング



ジョギングとは、ウォーキングを少し早めた程度の、無理のない速度で走ることを指します。ランニングになるとさらに速度を増し、「走る」ことを意識した運動となります。

ジョギングで大切なのは、ゆっくりと長く走ること。周りの景色を見ながら走ることで、普段気がつけない素敵なスポットに巡り合えるかもしれませんよ。

ゴルフ



男性のイメージも多いゴルフですが、実は女性プレイヤーも多く、人気のスポーツとなっています。ラウンドと呼ばれるコースに出るのはもちろんですが、打ちっぱなしでひたすらにボールを打つのも爽快感を得られますよ。

ゴルフに必要なクラブやグローブ、ボールなどは、ゴルフ場でレンタルしていることがほとんどです。まずはレンタルで感触を確かめ、気に入ったものを購入するといいですね。

サイクリング



主に下半身強化に繋がるサイクリングは、風を切って走る爽快感がたまりません!マウンテンバイクやロードバイクなど、乗る自転車にこだわる人も多いですよね。最近は趣味としてだけでなく、通勤や通学にサイクリング用バイクを使用している人もいるようです。

街中を走るのもいいですが、各地にあるサイクリングロードを走るのも素敵ですよ。多くのサイクリングロードが自然豊かで眺めの良い場所にあり、運動しながら気持ちもリフレッシュできそうです。

バッティング



誰もが1度はストレス発散のために出かけたであろう、バッティングセンター。ヒットするといい音が響き、まさに嫌なことも忘れてしまいそうですよね。野球経験がない人でも、球速の遅いコースであれば安心です。

また、ゲームセンターに併設されていることも多いバッティングセンターは、夜遅い時間まで営業していることも。仕事帰りの空いた時間も有効活用できそうですね。

サーフィン



夏のスポーツと言えば、海で行うマリンスポーツが人気です。なかでもサーフィンは、波に乗れたときの達成感がたまらない、女性あこがれのスポーツの1つです。

サーフィンに必要なサーフボードは、アパートやマンションの限られたスペースに保管しておくのは難しい場合も多く、レンタルを利用する人も少なくありません。海に近い街ではサーフィンのレッスンも数多く行われているため、初心者でも取り組みやすいのもポイントです。

釣り



一見スポーツらしくない釣りですが、竿(さお)を構えてから釣り上げるまでの一連の行動には、全身の筋肉を使わなければなりません。長時間の格闘の末、釣り上げたときの達成感は計り知れないものがあります。

海や川など、釣る場所によっても捕れる魚が変わる釣りですが、初心者におすすめなのは「釣り堀」です。多くの魚が放たれているため、初めてでも成果を上げやすくなっています。釣り堀に慣れたら、ぜひ海や川にチャレンジしてみてくださいね。

1
2
3