バイトを休むときどうやって伝えたらいい?伝え方、注意事項を解説!

体調不良や急用などで、どうしてもバイトを休まないといけない場合もありますよね。しかしそのようなとき、バイト先にどのように伝えたらいいか分からないという人も多いでしょう。

後ろめたさがあって言いづらい……と思うかもしれませんがバイトをお休みするのならば、必ずバイト先に連絡を入れなければなりません。休むときに伝えるべきポインをしっかり確認して、バイト先へ事情伝てくださいね。マナーとして身につけておきましょう!



目次

勤労学生さん必見!バイトを休むときに最低限守るべきマナーとは?


学業と両立しながらアルバイトをしている学生さんは多いでしょう。アルバイトをする上で急な休みはなるべく避けたいですが、ときにはどうしても休まなければならない場合もありますよね。

バイト先に休みたいことを伝えづらい、自分が休むことで迷惑をかけてしまうかもしれない……。と後ろめたさもあるかもしれませんが、休むのであればバイト先にしっかりと事情を伝えましょう。



この記事では、バイトを休むときの主な理由や、バイトを休むときの注意点について紹介します。バイトを休むときの伝え方のポイントや具体的な例文も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

バイトを休むときの理由




体調不良や突発的な事情など、バイトを休む理由は状況によってさまざまです。どうしようもない理由であれば、休まざるを得ません。ここでは、バイトを休むときの主な理由を紹介します。

自分の体調不良


体調不良は誰もが起こりうることです。発熱、腹痛、頭痛、おう吐など、体調不良にはさまざまなものがありますが、けっして無理はしないようにしましょう。無理に出勤をして体調が悪化してしまったら、バイト先で迷惑をかけてしまうこともあります。



体調不良はよくある理由だからこそ、ずる休みなのではないかと勘違いされることもあります。だからこそ、しっかりと自分の今の状態を具体的に伝えることがポイントです。

また、インフルエンザやノロウイルスなど勤務停止になる病気や人に感染しやすいものなどもあるので、きちんとバイト先に説明をして休みをもらいましょう。その際は後日診断書をバイト先に提出したりすることも必要なので、診断書は捨てない様にしてくださいね。

家庭の事情




家族が事故に遭って病院に付き添いたい、祖母の具合が悪くて面倒を見なければならない、身内に不幸があったなど、家庭の事情はさまざまですが、このような突然のアクシデントが起こることもあるでしょう。

もし家庭の事情が長期的なものであれば、具体的に何日からバイトに復帰できそうなのかを伝えると、バイト先も日程を調整しやすくなります。

学校関係


学校関係でバイトを休む理由は、授業や実験が長引きそう、急遽実習が入ったのでバイトの日程を調整したい、必須科目の授業の予定が突然変更になった、などの理由が挙げられます。



学生の本業は勉学のため学業優先ではありますが、バイトを休む際には最低限のルールを守りましょう。また、何時までの授業がどのくらい授業が延びてしまったなど、具体的な時間や内容を伝えると良いでしょう。

大学3年生以降になると、就職活動で急な面接が入ることもあります。事前にバイト先に就職活動中であることを伝えておくのも、マナーとして大切なことです。事前に報告があればバイト先も柔軟に対応してくれるでしょう。具体的な日程が確定しているものであれば、その時点で速やかにバイト先に伝えましょう。

天災などによる公共交通機関の乱れ




台風、大雨、地震、沿線火災、人身事故など、天災などによる公共交通機関の乱れでバイトに行けない、遅れてしまうこともありますよね。

公共交通機関の再開目途がすぐに立てばいいのですが、まったく見通しが立たない場合もあります。どのようなことが起きて、公共交通機関が何時まで動かないのか、現時点での状態を具体的に伝えてくださいね。

理由別!バイトを休むときの伝え方と例文




休むことを決めて、いざ電話をしようと思っても何をどのように話せばいいか分からなくなってしまいますよね。ここからは、体調不良や学校の事情などの理由別で、バイトを休むときの伝え方のポイントと例文を紹介します。バイト先に電話をする前に、話すことを整理しておきましょう。

また、休みを了承してもらったときには「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。ありがとうございます。」と、誠意と感謝の気持ちを伝えましょう。今後もバイト先との良好な関係を築くためにも、お互い気持ちよく過ごせるような配慮をしましょう。

風邪で休むとき




風邪などの体調不良で休む場合、自分の今の状態を具体的に伝えることがポイントです。

「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、○℃の熱が出てしまい出勤できそうにありません。大変申し訳ありませんが、お休みをいただけますでしょうか?体調が戻りましたら改めてご連絡します。」

もし余裕があれば自分で代わりに出勤してくれる人を探すのも手ですが、体調が悪すぎて余裕がない場合はその旨も伝えておくといいでしょう。

インフルエンザやノロウイルスで休むとき


インフルエンザやノロウイルスなどの出勤停止の病気や感染症の場合は、いつ発症していつまで安静にしないといけないのかを明確に伝えましょう。

「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。本日、体調不良のため病院へ行ったところ、インフルエンザと診断されました。○日間は安静にするよう指示をされたので、○日の○時のバイトをお休みさせてください。○日頃には復帰ができるかと思います。」

このような症状のときは、たとえ勤務する人の人数が少なくてものちのちバイト先に迷惑がかかるので、無理をして出勤することができません。きちんと自分の状態を伝えてくださいね。

家族が急病で休むとき


家族が急病のときは、誰がどのような状態なのかをしっかりと伝えることがポイントです。さらに、家族の急病に対して、自分はどのようなことをしなければならないのかも伝えるといいでしょう。



「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、母の体調が急変したので、病院への付き添きそいが必要になりました。大変申し訳ありませんが、お休みをいただけませんでしょうか?」

デリケートな内容なのですべてを包み隠さず伝える必要はありませんが、急ぎで病院に行く必要があるということはきちんと伝えましょう。

身内の不幸で休むとき


葬儀などで実家に帰省する場合は、いつまで帰省する予定なのかを伝えておくと良いでしょう。

「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、祖母が亡くなってしまい、お通夜が明日行われることになりました。大変申し訳ありませんが、お休みをいただけませんでしょうか?○日まで帰省している予定ですので、○日からはバイトに復帰できるかと思います。」

帰省から無事戻ったら、一度バイト先に一報入れるとなおいいでしょう。

役所などの手続きに行く予定が入ったとき


急ぎの手続きが入ったり、予約の関係上バイトの時間と被ってしまうこともあるでしょう。急に休んでしまったことに対して、しっかりと謝罪と感謝の気持ちを伝えましょう。



「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、急きょ本日までに役所の手続きをしなければならなくなりました。急で大変申し訳ありませんが、お休みをいただけませんでしょうか?

事前準備を素早くしていれば防げるケースも多いので、このような場合は謝罪と誠意を忘れずに伝えてくださいね。

大学の授業が長引いたとき


学生の本業は勉学なので、バイトより勉学を優先させる場面が出てきてしまいます。連絡をする際には、どのような理由で休むのかしっかりと伝えましょう。また、何時までの授業がどのくらい延びた、急遽日程が変更になって今さっきその連絡がきたなど、具体的に時間を伝えると良いでしょう。

「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、大学の授業で○分延びてしまいました。大変申し訳ありませんが出勤時間にバイトへ向かうのが難しいため、勤務時間をずらすか、お休みを頂くことは可能でしょうか。」

授業中だと携帯を開くことが出来ない場合もあるので、なるべく早めの連絡を心がけてくださいね。

就職活動の面接が入ったとき


大学3年生以降になると、就職活動で急な面接が入ることもあります。予定が分かった時点で速やかにバイト先へ連絡を入れることがポイントです。



「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、就職活動で急な面談が入ってしまいました。大変申し訳ありませんが、お休みをいただけますか。」

卒業後の進路がかかっている大事な時期。どうしてもこの時期はバイト先には迷惑をかけてしまいますが無事に内定が決まったら、いままで休んでしまった分やシフトのカバーをするとバイト先も助かるかもしれません。

悪天候で公共交通機関が止まっているとき


公共交通機関が乱れているときは、どのようなことが起きて、公共交通機関何時まで動かないのか、現時点での状態を具体的に伝えることがポイントです。

「お疲れ様です。アルバイトの○○(名前)です。○日の○時にシフトに入っているのですが、大雨のため電車が動いておらず、○時まで運休をするようです。大変申し訳ありませんが、バイトに間に合いそうにないためお休みをいただけますか。」

電車やバスなど、別ルートが確保できそうな場合は調べてみましょう。何線の何駅に居るのかを伝えるなど、物理的な距離感が分かる伝え方をするのもいいでしょう。

バイトを休むときの注意点




学生とはいえ、バイトでは社会人としてのマナーをしっかりと守る必要があります。バイトを休むときは、以下のマナーを守って相手にしっかりと伝えましょう。ここからは、バイトを休むときの重要なことを紹介します。

無断欠勤は絶対にダメ!


休むことの後ろめたさから、バイト先に言いづらいと思うこともあるでしょう。だからといって無断欠勤は絶対にNGです!

何の連絡もなくバイトを欠勤するということは、その日の人員が足りなくなって多くの人に負担をかけてしまうことになります。また、何か事件などに巻きこまれたのではないかと、相手を心配させてしまうことにもなります。



無断欠勤は多くの人の迷惑となり、せっかく築きあげた信頼も一気に失うこととなります。きちんと事前に連絡をして、自分の気持ちを誠心誠意伝えれば、相手もちゃんと分かってくれますよ。

休むと決めたら迅速に連絡をする




バイトを休むことを決めたのなら、すぐにバイト先へ連絡を入れましょう。とはいえ、バイト先によっては忙しくて対応できない時間帯もあるでしょう。そのことに考慮したうえで、忙しい時間帯を外してなるべく早めに伝えることが重要です。

休むことを早く連絡することによって、店側も新たに人員を確保する、時間的余裕が生まれます。自身や家族の急病など突然の事情もあるかもしれませんが、なるべく早く連絡をするということを心掛けましょう。

休む連絡は必ず電話でする


休むときの連絡手段は、LINEやメールでなく電話を使いましょう。LINEやメールは、タイミングによっては相手が確認できない可能性があります。それにより無断欠勤を疑われたり、事故に遭遇したりしたのではないかと心配をかけてしまう恐れがあります。



また、電話で連絡をする際はバイト仲間ではなく、店長などの責任者と直接話して事情を説明するのが常識です。バイト先のルールにもよりますが、確実に電話で話せるよう、個人の携帯電話ではなくお店の固定電話に掛けるのが無難でしょう。電話をするときはきちんと自分の名前を名乗り、いつシフトが入っているかを伝えてから要件を話すとスムーズです。

休む理由をはっきりと伝える




休むときの連絡では、なぜ休むのか自分がどういう状況なのかを、正確にはっきりと伝えましょう。状況を説明できずにおどおどとしていたら、相手もあなたの事情を把握できず困ってしまいます。

とはいえ、緊張すると話せないこともあるので、あらかじめ言うことをメモで書き留めたり、頭の中で整理してから電話をするとスムーズに話せそうですね。

謝罪と感謝の言葉を伝える


仕方のない理由ではあるかもしれませんが、あなたが休んだことでバイト先に迷惑をかけてしまったことは事実です。したがって、電話で連絡をした際には必ず「ご迷惑をおかけして申し訳ございません。」と謝罪の言葉を述べましょう。そして休みを認めてもらえたことに対して、感謝の気持ちも述べましょう。



次回出勤した際には、迷惑をかけてしまった店長やバイト仲間に、直接感謝の気持ちを伝えると印象も良くなります。人間関係も円滑にして、楽しくバイトを頑張りたいですよね。

自分の言いたいことを事前にまとめておく


学生の中には、普段の連絡はLINEばかりで、あまり電話をする機会がないという人も多いでしょう。そのような人にとって、電話をすることはとても緊張するはずです。



電話をすることに緊張してしまって、自分の伝えたいことが上手く伝わらなかった、自分自身が何を言っているのか分からなかった、という人も多いのではないのでしょうか。

そのような心配がある人は、バイト先へ電話をする前に要点を事前にメモなどでまとめておきましょう。そのメモに目を通しながら電話をすれば、おちついて話せますよ。

休むときはしっかりとマナーを守って!




いかがでしたか?バイトを休むのは申し訳なさもありますが、誠意を込めて必ず連絡してください。しっかりとマナーを守り、誠実に対応すれば今後のバイトにも支障は出ませんよ。社会人のマナーのひとつとして身につけていきましょう!

(まい)
1

関連記事