痩せる方法が知りたい!自分に合ったダイエット法で効果的に綺麗に♪

「痩せて綺麗になりたい!」という願いをもつ女性はたくさんいますよね。そのお望みを叶えるべく、効果的な痩せ方について徹底解説します。

女性が太る原因や、ダイエットの準備でしておくべきこと、痩せる方法についての耳よりな情報が満載です。正しいダイエットを継続すれば、美ボディはもうあなたのものです!



目次 [開く]

効果的に痩せる方法が知りたい!どうやってダイエットしたらいい?


女性なら誰もが憧れる、キュッと引き締まったボディ。そんな美しい体を手に入れるために努力をしたことがあるという人は多いのではないでしょうか。でもその中には、ダイエットが継続できなかった、効果が見られないから諦めてしまった……、という経験をした人もいるでしょう。

また、ダイエットの仕方がよく分からず、始められないという場合もあるかもしれません。ここでは、これらの悩みをすっきり解決すべく、誰でも自分に合った方法が見つけられるような、ダイエットの秘訣について紹介します。自分にぴったりのやり方で、綺麗な体を手に入れましょう!



太ってしまう原因とは?


そもそもどうして、いらない無駄なお肉がついてしまうのでしょうか?その原因を探りましょう。太ってしまう原因の中に、自分の生活で当てはまることがないかチェックしてください。おのずとダイエット成功への鍵が見つかりますよ!



摂取カロリーに対して消費カロリーが少ない


ダイエットをするにあたり、よく聞く言葉の一つが「カロリー」です。女性の中には何かを食べるとき、このカロリーを気にする人もいますよね。カロリーとはエネルギーの単位です。人は食べたものからエネルギーを体内に取り込みます。そしてそのエネルギーのおかげで、毎日元気に活動ができるんです。



体を動かすとカロリーは消費されますが、それよりも摂取カロリーが多いと、消費されなかったエネルギーは、体の中に溜まったままになります。そしてそれが脂肪に変化して太ってしまいます。

寝る直前に食べ物を食べている


夕食と睡眠の間の時間が短い、寝る前に何か食べているという人は太りやすいです。寝ている間は、朝や昼よりも体を動かす量が少ないので、エネルギーの消費も減ります。そのため、寝る寸前に食べたものは、そのまま脂肪として体に残されるんです。



また、寝る前の食事は太るだけでなく、睡眠の質にも悪い影響を与えます。寝る前に何か食べてしまうと、体の中で消化活動が活発に行われるので、完全に落ち着いた状態での睡眠ができなくなります。

太る原因になるものばかり食べている


ファーストフードや、甘いものが大好きという人は、脂肪がつきやすい体質になってしまいます。これらの食べ物は、糖質や脂質をたっぷり含んでいるので、そのまま体に余計なお肉がつくことに直結します。



他にも、毎回の食事に欠かせない主食となるご飯やパン、麺の主成分である炭水化物も糖質たっぷりなので要注意です。食べ物だけでなく、飲み物に砂糖をたっぷり入れるという人も、知らず知らずのうちに太る原因を作っています。

睡眠不足


睡眠不足や食事の時間がいつもバラバラというのも太る要因の一つです。睡眠が足りないと、体の中で食欲を増進させる物質が増え、その反対に食欲を抑える物質を作り出す働きが鈍くなります。



睡眠不足の人は、日頃の疲れがなかなか取れず、体のさまざまな機能が低下するので、せっかくダイエットをしても脂肪燃焼の効率も悪いです。また、あまり睡眠時間をとらない人は、睡眠が十分とれている人に比べて、肥満傾向にあると言われています。

ホルモンの乱れ


女性特有の太る原因の一つになるのが、ホルモンの乱れです。「エストロゲン」と「プロゲステロン」という二つの女性ホルモンのバランスが崩れると、体はもちろん、精神面でも不調が見えます。



ホルモンバランスが乱れると、たくさん食べても満腹感が感じられず、どんどん食べてしまう、水分や脂肪が溜まりやすくなる、イライラして暴飲暴食に走るという状態になりがちです。短期間で一気に太ったり、食欲のコントロールができなかったりするときは、ホルモンバランスの崩れが原因かもしれません。

ストレス


ストレスを溜め込んでしまい、その発散方法として食べることを選択すると、太りやすくなります。たくさん食べることでストレスを解消しようとすると、自分が思っている以上に食べてしまい、気づいた頃にはびっくりするほど太っていることも考えられます。



ストレスで食べられず痩せてしまう人もいますが、それは健康的な痩せ方ではありません。それに元気になったときにその反動でたくさん食べれば、体が今まで足りなかったエネルギーを溜め込もうとするので、逆に太ってしまうこともありますので注意しましょう。

冷えやむくみ


冷えやむくみで悩む女性も多いのではないでしょうか。ダイエットとは無関係に感じますが、実は冷えやすい、むくみやすい人は、太りやすい人でもあるんです。



冷えやむくみは、血流が悪く、体の中の余分な水分が排出できていない状態です。スポーツで脂肪も燃やしたり、いらないものを体外に排出したり力も衰えているので、エネルギーの消費がうまく進まず、結果として太りやすくなってしまいます。

骨格のゆがみ


姿勢が悪く、骨格がゆがんでいるという人も太りやすい人と言えます。骨格がゆがんでいると内臓をうまく支えきれず、その機能を低下させてしまいます。

そうなると脂肪やいらないものが溜まりやすくなるんです。また、神経がゆがんだ骨格によって圧迫されるので、脳に満腹感を伝えるスピードが遅くなり、たくさん食べてしまいます。



他にも、ゆがみによって体の筋肉と脂肪のバランスが悪くなり、筋肉が欲しいところに脂肪がついたり、筋肉そのものが衰えてしまったりすることもあります。血液やリンパの流れにも悪影響です。

ダイエット前にするべきこと


次はダイエットを始める前にやっておくべきことを紹介します。ダイエットの準備として、以下のことに取り組んで、よりスムーズに憧れのボディに近づきましょう!



適正体重を把握したうえで、目標を決める


がむしゃらにをがんばって痩せすぎてしまったり、どのぐらいまで体重を落としたらよいのか分からず結局ダイエットが続かなかったりしたら、残念ですよね。そうならないためにも、自分の目標となる適正体重をダイエット前に調べましょう。



適正体重は「身長(m)×身長(m)×22」で調べられます。またBMI値という太りすぎでないかどうかという指数は、「体重(kg)÷(身長(m
)×身長(m))」で調べられます。この値が18.5から25までの間なら普通体重です。数値ではっきりした目標を作ることで、結果が見えやすくなります。また、過度なダイエットを防いだり、より自分に合ったダイエット法を見つけたりするのにも役立ちます。

ダイエット方法を決める


ダイエットはがんばって続けるほど効果が上がります。すぐに結果が出ないからといって、すぐに違う方法にコロコロと変えると、なかなか効果が見えず苦労するかもしれません。そうならないために、ダイエット前に、自分に合った方法をきちんと見極めましょう。



自分が太る原因を把握し、食事管理や運動の仕方、生活習慣の改善など、どこに重きを置いたダイエット法にするのか決めましょう。そして無理なく続けられる方法を見つければ、綺麗なボディへまた一歩近づきますよ。

リバウンドをしない方法を調べておく


せっかく痩せたのに、リバウンドしてしまっては今までの努力がもったいないですよね。ダイエット前からリバウンドをしないような行動を意識することも、いつまでも引き締まったボディをキープするためにとても重要なことです。



例えば、「短期間で急激に体重を落とさない」「減量ばかりにこだわらないで見た目の美しさも気にする」「忙しい日でもできるエクササイズをマスターする」などの方法がおすすめです。自分に合ったダイエット法と一緒にぜひ知っておきたいですね。

自分の体質を把握しておく


いろいろなダイエット法がありますが、その人の体質に合ったやり方を選ぶのが、一番効率的かつ継続できるポイントと言えます。体質によって食事で積極的にとるべき栄養素が変わってきたり、筋肉がつきにくいかどうかでエクササイズの内容が違ってきたりと、ベストな方法は人によって千差万別なんです。



遺伝子検査などのパーソナル診断をすると、自分の体質についてさらに細かく分かります。そこから、積極的に摂取すべき食べ物や体の鍛え方のヒントを見つければ、ダイエットをより効果的に進められます。

食事で痩せる方法


ダイエットでやることと言われて、一番に思い浮かぶのが食事制限ではないでしょうか。食べ物は体の源になるとても大切なものなので、ダイエット中も正しく摂取したいですよね。ここでは、食事を中心に健康的に痩せる方法を伝授します。簡単にできることばかりなので、さっそくやってみましょう!



一日の摂取カロリーを設定して、毎日レコーディングする


ダイエットで食事管理をする際に大事なのが、自分が普段どんなものを食べているのかを知ることです。意外とたくさん食べている、栄養が偏っているなど、自分の食事の改善点をしっかり掴みましょう。



女性の一日の摂取カロリーの平均は、アクティブな人なら2,000〜2,500キロカロリー、割と動いているという人は1,900〜1,800キロカロリー、運動量が少ない人なら1,600キロカロリーと言われています。自分の生活を振り返り、バランスのよい三食の食事と適度な間食でうまくこの値に当てはめましょう。

また、どんな時間に何をどれだけ食べたかを、ノートに書いて日々レコーディングすれば、自分の食事の傾向が分かり、その量や中身を調節しやすくなります。

糖質制限をする


炭水化物の一部である糖質を制限するダイエットも人気のダイエット方法です。糖質は体にとって大事なものなので、全くとらないのは危険です。チャレンジする際は、糖質控えめのメニューを選んで、適度に摂取することを忘れないでください。



ご飯やパンなどの主食を控えめにして、おかずをメインにしたり、糖質オフのスイーツを選んだりすれば、誰でも無理なく続けられるでしょう。この食生活を習慣づければ、血糖値の上昇が防げるので、脂肪がつきにくい体になれます。

手っ取り早く糖質をオフする方法の1つとして、置き換えダイエットが挙げられます。中でも『もぎたて生スムージー』は、健康的に置き換えダイエットをできるよう栄養素に気を配って作られています。
気になる方はぜひ、公式サイトもチェックしてみてください!

もぎたて生スムージー公式サイトはこちら!


1
2

関連記事