7トーンのヘアカラーはどんな色?メリット&垢抜けアレンジも必見♡

美容院に行ったとき、ヘアカラーのチャート表を見たことはありますか?チャート表には同じカラーでも明るさが異なるヘア見本があります。この明るさのことを「トーン」という単位で表します。

一般的には4~16トーンまでの領域が使用されますが、今回は「7トーン」という明るさについて解説していきます。7トーンのよさや、トーンの活きるヘアアレンジもご紹介しますね。



目次

ヘアカラーの7トーンって、実際どれくらいの明るさ?




ヘアカラーを決める際に、どの程度の明るさでどんな色味にするか悩んでしまうことも多いでしょう。そもそも、7トーンの明るさとはどの程度の明るさなのでしょうか。7トーンの明るさについて知り、「どうすれば使いこなせるんだろう?」という疑問も解決しますよ。

へアカラーの「7トーン」ってどんな色?




ヘアカラーで使用される4~16トーンは、4~5トーンが黒髪、15トーン以上はブリーチが必要になるほどの明るさになります。

この中で7トーンは、黒髪にとても近いカラーだということが分かるでしょう。一般的に日本人の肌質に合う髪色だと言われており、大和なでしこカラーとも呼ばれています。着物や和装にもぴったりのカラーとも言えるでしょう。

会社規定でよくある「7トーン」


社会人になると、職種や職場の雰囲気によって最適なカラートーンは異なります。一般的な会社規定で定められているのは、カラーチャートのレベルで7トーンまでが多いです。

初めて会う人に対して、誠実さや謙虚さ、真剣さなどのイメージを与えることができるカラーです。だらしなくない人という印象を与えるため、会社の看板を背負って仕事をする上では適切なトーンだと言えるでしょう。



実際、7トーンって暗いの?明るいの?


ヘアカラーは自身の髪質や髪の太さ、それまでのカラーリング状態などから同じトーンで染めても全く一緒の仕上がりにはなりません。

一般的には、地毛よりは少し明るく、室内で見れば黒髪に見えるカラーと認識しておくと良いでしょう。もともとの地毛が明るい方にしてみれば、カラーリングしない地毛よりも暗くなる印象を受けるかもしれません。



航空会社や化粧品販売員の髪色


老若男女、国籍問わず色々な人に接する航空会社や美容部員、鉄道会社の多くでは7トーン以下の規定を設けています。これらの会社は誰からも好感を持たれるような清潔感のある身だしなみを求めているところが特徴です。

また、美容部員でもスキンケアブランドでは6~7トーン以下と定めているところもあります。このように、不特定多数の人に接する職種では、日本人らしいナチュラルカラーとして7トーン程度の黒髪が求められています。

実は魅力たっぷり♡「7トーン」ヘアカラーのメリット




黒髪に近い、7トーンの魅力について探ってみましょう。今の髪色よりもトーンダウンする場合は、7トーンにするメリットを理解しておけばヘアスタイルを楽しむことも可能になりますよ。納得して7トーンのカラーリングを行い、ダウンカラーのヘアスタイルを楽しみましょう。

暗くしても重くなりにくい


黒髪と聞くと、重くなりがちで量が多く見えやすく、洋服とコーデしづらいなどのネガティブなイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

実際には黒髪と呼ばれるのは4トーンを指し、7トーンはさらに2トーン分明るくなるので、自然光を当てているかのようなほのかな明るさがあります。



ストレートにしても重たくなりすぎず、巻き髪にしても立体感があるカラーです。ベースとなるカラーをピンクやグリーン、グレーなど色々な色から選ぶこともできるので、ニュアンスカラーを実現することも可能ですよ。

色が長持ちする


ヘアカラーをした場合、少しでも長く色持ちして欲しいと思いますよね。色持ちというのは、髪に入れるカラー剤の量や髪から出て行くカラー剤の早さなどによって変わってきます。

7トーンのカラーリングのような暗めのカラーでは髪に入れるカラー剤が多くなるので、色が長持ちすると言われています。ただし、日頃のシャンプーやアイロンの使用頻度などのヘアケア、もともとのダメージなどによって個人差があるということを理解しておくことが大切です。



プリンが目立ちにくい


カラーリングして日にちが経つと、新しく伸びてきた髪とカラーリングした髪の色の違いが生まれ、プリン状態になりますよね。

日本人の地毛のトーンは4~6トーンが多いです。7トーンでカラーリングすれば、新しく伸びてきた髪の色と大差がないことが容易に想像がつくのではないでしょうか。明るいトーンのときは1カ月で美容院に行っていたとしても、トーンダウンして7トーンにすればもう少し美容院に行く頻度を遅くすることも可能になるでしょう。



海外の人にモテる♡


7トーンでカラーリングしても、第一印象は「黒髪」という印象を与えることができます。日本人らしい柔らかい黒髪に仕上げることができるので、黒髪が珍しく感じる海外の人には高い評価を得ることができるでしょう。

美しい7トーンのヘアスタイルというだけで、海外の方から声を掛けられる回数がグッと増えるかもしれません。交友関係の輪が広がるきっかけになるかもしれませんね。



乾燥が目立ちにくい


落ち着いた7トーンのヘアカラーなら、髪のパサつきや潤いが不足している状態を上手にごまかすことができます。枝毛やダメージが目立ってしまうのは、光を多方面へ乱反射してしまうためです。トーンダウンした髪は光を均一に反射させることができるので、枝毛やダメージなどが目立ちにくいのです。



肌が一番美しく見える


暗めの7トーンは、顔周りが引き締まって見え、影を作ってくれるので肌を美しく見せてくれます。7トーンのヘアカラーと肌色との間に明度差が生まれることで、肌が際立つ仕組みです。

素肌を美しく見せたい、美肌に見せたい、という方はぜひ7トーンのカラーに挑戦してみてはいかがでしょうか。肌を綺麗に見せるテクニックをヘアカラーで手に入れてみましょう。



和装に合う


日本人に似合う和装では、黒髪のまとめ髪をイメージする方も多いのではないでしょうか。もちろん、着物の色合いを際立たせるためにも黒髪はとてもよく似合います。

しかし、花嫁さんが着用する白無垢用のかつらも、少し茶髪になっているものがあります。黒髪に近い7トーンのヘアカラーなら、洗練された和装スタイルにも映えるのです。



男性が好きなド定番カラー


7トーンのヘアカラーは黒髪とは違うナチュラルな髪色なので、親しみやすさを演出してくれます。女性はもちろん、男性からもウケが良いヘアカラーと言えるでしょう。優しい色合いなので派手な印象にならず、さりげないアカ抜け感を出せるのが魅力ですよ。



髪がいたみにくい


たとえば9トーンと7トーンでは、薬剤が髪に与える影響力が違います。トーンが上がるにつれて薬剤の強さも上がります。薬剤量の違いは、ブリーチが必要なトーンと7トーンでイメージすると分かりやすいかもしれません。

本来の髪の色素を抜いてカラーを入れるため、トーンの数字が大きくなればなるほど本来の髪の色を失うことになり、ダメージにつながりやすくなります。



小顔効果期待大


暗いトーンは素肌との明度差が生まれるので、小顔効果が期待できます。メイクの際に、顔の輪郭に近い部分にシェーディングを入れることを想像すると分かりやすいかもしれません。素肌よりも顔周りのヘアカラーを落ち着いた色にすることで、引き締まった顔の輪郭を印象づけてくれるでしょう。

ヘアカラーを明るくしたいけれど顔が大きく見えそう……、と不安を抱えている方は、ぜひヘアカラー全体を落ち着いた色合いにしてくれる7トーンにしてみるのもおすすめです。



暗めのヘアカラーも工夫次第で♡「7トーン」の髪をおしゃれに見せる方法


トーンダウンカラーも、少しのアレンジでかわいいアカ抜け感を演出することができます。どんなお洋服とも合わせやすい点も魅力の一つです。自分だけのスタイルを手に入れましょう。



MIX巻きで軽さを出す


ミックス巻きとは、髪全体を6つ程度にブロッキングし、内巻きと外巻きを混ぜて作るヘアスタイルです。顔周りの巻き方を変えるだけで、全体の印象を変化させることができるのでマスターしておくと便利です。

クールでシャープな顔立ちに見せたいときは顔周りの髪を外巻きに巻いてみましょう。一方、可愛らしさやチャーミングな印象に仕上げたいときは顔周りを内巻きに巻くのがポイントです。



全ての髪の毛を巻き終わったらワックスやスプレー、オイルなどを馴染ませ、バランスを見ながら毛束感をほぐします。カールを長持ちさせるためにも、ワックスなどのヘアアレンジ剤は使用するようにしましょう。

かきあげバングですっきり


ナチュラルな優しい雰囲気を演出できる7トーンのへカラー。かきあげバングのヘアスタイルを作ると、自然な風合いに女性らしい色気をプラスすることができますよ。

いつもよりちょっと背伸びをしたいときや、色気をプラスしたいとき、短めヘアでもいつもと違った雰囲気を楽しみたいときなどに挑戦してみてはいかがでしょうか。



かきあげたときに、はらりと落ちる前髪が女性らしさをグッとアップしてくれるでしょう。顔周りに髪の毛がかからないので、すっきりとした印象に仕上がり、ヘルシーな色気を演出できます。少量のワックスを髪になじませ、ウェーブを描くようにコームでとかして、サイドの髪を自然な流れを作るだけで簡単にできますよ。

1
2

関連記事