若者が使う「わかりみ」ってどんな意味?使い方や類語も紹介♪

若者言葉である「わかりみ」という言葉をご存知でしょうか?以前からよくSNSなどで使われている言葉なので、さまざまな場面で耳にしますよね。しかし、ちゃんとした意味や使い方を知らずに使っている人もなかにはいるのではないでしょうか。

ここでは、若者言葉である「わかりみ」の語源や、どのように使うのかをしっかりと解説しています。どんな言葉か知りたい人は、ぜひチェックしてみてください。


目次

若者言葉「わかりみ」とは


「わかりみ」と聞くと、「わかる」という言葉と関係があるのかな?と気づくかと思いますが、実際にはどういう意味があるのか気になりますよね。「わかりみ」は、実は歴史的な人物も使っていた奥が深い言葉なのです。

「わかりみ」の意味と語源


「わかりみ」は、想像している通り、「わかる!」「そうだよね!」と共感や理解を表す言葉です。本来動詞である「わかる」に「み」をつけることで、名詞化させたのが語源だと言われています。

2016年頃から使われていたので、すでに自然と使っている人も多いでしょう。2019年には「わかりみが深い」という言葉がギャル語流行語大賞にも入賞し、さらに使われる頻度が増えました。

「わかりみ」は理解を意味する言葉


「わかりみ」は、「わかった!」や「了解!」のように、理解を意味する言葉です。理解の意味で使われる場合、もし意味を知らなかったとしてもニュアンスから理解してくれたんだな、と感じることができます。

しかし、「わかりみ」には、理解を意味する以外にもいくつか使い方があるので、どう使うのかちゃんとわかっていないという人は、このあとご紹介する例文もチェックしてみてくださいね。

「○○み」という表現は夏目漱石も使っていた!


「○○み」という言葉は、2016年頃から使われていたと言われていますが、なんとあの夏目漱石も使っていたという噂があるのです。実際に調べてみると、「一種の淋(さび)し味(み)さえ感じた」という文章が小説『道草』に使われていました。

『道草』は1915年から朝日新聞に掲載されていた長編小説です。そんなに古くから使われていたことも、「わかりみ」という言葉に違和感を覚えない人が多い理由なのですね。

「バブみ」という言葉が「○○み」のはじまり



「バブみ」というのは、赤ちゃんの「バブバブ」から来ている言葉ですが、母性を感じたりかわいいと感じたりしたときに使われます。「わかりみ」など「○○み」という言葉は、この「バブみ」からはじまったのではと言われています。

「わかりみ」に対してネガティブな意見も


若い人を中心に、コミュニケーションやSNSで使われている「わかりみ」という言葉ですが、この言葉に対してネガティブな意見を持っている人もいます。本来の日本語ではないと日本語の乱れを指摘するなど、悪い言葉使いだと認識している人もいるのです。


もちろん、職場の上司や目上の人に対して「わかりみ」を使う人はいないと思いますが、若者言葉を使う場合はしっかりと時と場所をわきまえたうえで使うほうがいいでしょう。

「わかりみ」の使い方を例文で紹介


それでは、「わかりみ」の使い方について、いくつか例文とともにご紹介していきます。SNSなど気軽なコミュニケーションの場で、この言葉を使ってみたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。

共感したとき


「わかりみ」は、共感したときによく使われます。「テスト勉強面倒くさいんだけど」「わかりみ」というように「共感」を表現することができますよ。

共感を示す場合には、ほかにも「わかりみが深い」という言い方もあります。「○○みが深い」という言い方は、「とても○○だと思う」という意味で「わかりみ」以外の言葉でも使われることがあり、とても汎用性が高い表現です。

理解したとき



共感だけではなく、理解したという意思表示にも使われます。「明日朝7時に電話で起こしてくれる?」「わかりみ」というふうに、「了解」の意味で使われることもあります。

相手に確認するとき


相手に何かを確認するときは、使い方が変わってきます。たとえば相手のアルバイトの予定を尋ねたいときに、「来週のシフトわかりみ?」「来週は月曜日が休みだよ!」と、「来週のシフト『わかる』?」という意味で使用できるのです。

相手を肯定するとき



相手の言っていることや出来事に肯定を示すときにも「わかりみ」が使われます。この場合、疑う余地がないことや、それ以外には考えられないなど、とても強く思っているという度合いを表すために、「わかりみしかない」という表現が用いられることが多いです。

相手の言ったことに対する相槌で「わかりみしかない」と言うと、「本当にそうだと思う」という強さのある肯定になります。「わかりみ」の後につく「~しかない」の部分で肯定や理解の強さを表しています。

Twitterでは、肯定したいツイートに引用リツイートをして「わかりみしかない」「わかりみが深すぎる」と肯定しているものをよく見かけますね。

「わかりみ」のバリエーション


このように「わかりみ」にはさまざまな意味があり、使い方のバリエーションもとても豊富です。シチュエーションに合った使い方をしてみましょう。

わかりみが深い



「深い」という言葉で、共感の度合いがかなり深いことを表すことができます。相手の意見に対してとても共感したと伝えたいときにぴったりですね。

さまざまなバリエーションのなかでも、使われる頻度がとても高いフレーズです。

わかりみが強い



「わかりみが強い」は、「わかりみが深い」と同じように、共感度合いの強さを表しています。別の言葉で言いかえると、「めっちゃわかる」が同じ意味ですね。

「強い」「深い」というワードは何かを強調したいときに使えるので、いろいろな場面で使うことができます。使いこなすことができれば、「わかりみ」を用いた表現にも幅が出るでしょう。

わかりみしかない


「わかりみしかない」というフレーズは、すでに例文でもご紹介したように、度合いの強さを示したいときに使えます。強い表現を使うと、相手に対して心から共感していることや、理解の深さを伝えることができますよ。

誰かと会話しているとき、自分の話に共感してもらえると、もっとその人と会話を続けたくなりませんか?共感や理解で相手の気持ちに寄り添うことで、より会話をはずませることができるでしょう。

わかりみがある



「わかりみがある」と言うと、これまでと違って、若干意味合いを弱めることができます。「わかると思う」「わかるような気がする」くらいの、理解はするけど激しい同意ではないことが感じとれますよね。

会話の中で、「私はそう思わないけど、そういう考え方もあるよね」という、対立せずにスムーズに会話を進めることができる潤滑剤のような意味を持っているのです。

わかりみがすごい


「わかりみがすごい」というのは、驚きの感情も入れることができる便利なフレーズです。「あまりにも共感が強くてびっくりした」「こんなに共感できると思わなかった」という気持ちを含ませることができます。

「わかりみ」の類語


相手への共感や理解を示す「わかりみ」という言葉ですが、ほかにも似たような若者言葉はたくさんあります。普段SNSをあまり見ない人や、若い人と関わる機会がない人は、知らない言葉もあるかもしれません。

知らないと話題についていけないこともあるので、自分では使わなくても意味だけは知っておくと役に立ちますよ。ぜひチェックしてみてくださいね。

「りょ」・「り」



「りょ」「り」というとても短い言葉。一見すると意味なんてないように思えますが、しっかりと意味がありますよ。これは「了解」の頭文字をとって略した言葉で、意味もそのまま「了解」です。

主にLINEの返信などでよく使われています。文章を最後まで打つ必要がなく、変換もしなくていいのでとても便利です。文字だけでなく会話で使う人もいるので、知らないと驚いたり聞き返したりすることがあるかもしれません。

「あーね」・「それな」


「あーね」はもともと福岡の方言ですが、現在は全国的に使われることが増えています。「なるほどね」という意味で、納得や同意を示すことができます。また、「へー」や「ふーん」などの軽い相槌としても使えますよ。さらに略して「あね」と言う人もいます。

「それな」も同様に、共感や同意の意味があります。相手へのごく軽い返答として使えるので、気軽に口にする人も多い言葉ですよ。

「おけまる」



「おけまる」というのは、OKの意味があり、「OK」と句点の「。」をそのまま読んだ言葉です。肯定的な意味合いを持っています。

また、24時間営業の居酒屋である「磯丸水産」とかけあわせて、「おけまる水産」という使い方も流行りました。この「○○水産」には、ほかにも「あざまる水産」があり、人気YouTuberが使ったことで広まったと言われています。

「○○み」という言葉はほかにも!


時代とともに新しい言葉がどんどん出てきますが、「わかりみ」のように語尾に「み」をつけて使う言葉は、ほかにもたくさんあります。

SNSで見たことのある人が多いかもしれませんが、2016年頃から若者の間で使われはじめた言葉なので、テレビのクイズ番組でも「どういう意味でしょう」という問題として取り上げられることもあるようです。「○○み」はほかにどんなものがあるのか、さっそく見ていきましょう!

つらみ



「つらみ」は、「つらい」に「み」を合わせた言葉で、精神的・身体的につらいことを表すときに使われます。「彼氏と別れてつらみ」「お金ない、つらみ」という使い方ができる言葉です。

過去には「つらたん」という言葉も流行りましたが、さらに進化して「つらみ」を使う人の方が多くなっています。

やばみ


「やばみ」は、「やばい」に「み」をつけた言葉ですが、元の「やばい」と同様、嬉しい感情もつらい感情も表すことができるので、さまざまなシチュエーションで使えます。特に、自分の感情を表すときによく使われていますね。

ご飯が美味しかったときや、かっこいい男性を見かけたとき、かわいい洋服を見つけたときなど、ポジティブなシーンはもちろん、体調が悪いとき、不運なことがあったときなど、ネガティブなシーンでも、自分の状況を「やばみ」と表現できます。この言葉ひとつで幅広い表現ができるのが最大のポイントですよ。

ねむみ



自分が眠いときに使えるのが「ねむみ」です。「昨日寝るの遅かったからねむみ」や「ご飯食べすぎてねむみを感じる」といった使い方ができます。

よさみ


「よさみ」は、「よさそう」「好ましい」など、自分がいいと思ったときに使うことができます。「良さみ」と漢字を使う人もいるようです。

若者言葉「わかりみ」は状況に合わせて使おう



「わかりみ」をはじめ、よく使われる若者言葉をたくさんご紹介しました。状況によっては使わないほうがいいシチュエーションもありますが、関わる相手によっては、若者言葉を使うことで親しみやすくなる場合があります。

ぜひ「わかりみ」をマスターして、たくさんコミュニケーションを取ってみてくださいね!

(まい)
1

関連記事