話が通じない人ってどんな人?その原因&上手な対処法を徹底解説!

あなたの周囲に話が通じない人はいないでしょうか。あるいは誰かに「あなたって人の話を聞かないよね」と言われてしまったことはありませんか?

人間関係において誰かとスムーズに対話することはとても重要なことです。しかし、どうしても話が通じないときもありますよね。


目次

話が通じない人とどう接していけばいいの?



話が通じない人とどのようにコミュニケーションをとっていけばいいのでしょうか。まず、コミュニケーションをとるのが難しいと感じる原因を探っていきましょう。

多くの場合、原因は話し方にあります。話し方や言葉の選び方をきちんと理解すれば状況を改善することができます。まずは原因を突き止め、じっくり解決していきましょう。

話が通じない人の特徴は?


いくら言葉を交わしても話が噛み合わない人にはどのような特徴があるのでしょうか。特徴を分析することで会話がうまくいかない原因を知ることができます。一つずつ紹介しますね。

人の発言に対して否定的なことが多い



雑談でも議論でも、とにかく自分以外の人の発言を否定してしまうのは話が通じない特徴と言えるでしょう。たとえアドバイスや正論を言われたとしても「でも」「それはそうなんだけど」と否定してしまうのです。

他人の意見を受け入れることに対する苦手意識が原因になっている可能性があります。すぐには受け入れられなくても、人のアドバイスや意見を取り入れることでどのような効果があるか前向きに考えてみましょう。

感情的になりやすい



ついカッとなってしまったり、思わず泣いてしまったりと感情的になりやすいのも特徴の一つです。感情的になると冷静な判断ができません。勢いに任せて話してしまうと、意思疎通がしづらくなります。

怒ったり涙を流したりすると会話を一時中断せざるを得ません。話が途切れてしまうと会話はスムーズに進みづらくなってしまいます。

意見を強く持っている



「あれは○○だ」「△△に決まっている」と強い意見を持っている相手と接するときは緊張してしまうものです。自分の意見を受け入れてもらえるか不安になり、失言してしまうことを怖れるからです。

人は譲れない気持ちが強ければ強いほど他の意見を聞き入れる余裕がなくなります。お互いの価値観が違いすぎると意見交換は難しくなるでしょう。

話の途中で余裕がなくなったと思ったら深呼吸してみてください。一息つくことで気分転換になり、心にも余裕が生まれますよ。

自分の考えを優先してほしいと思っている



何がなんでも自分の考えを押し通そうとすると、周囲の人は困ってしまうかもしれません。自己主張は大切ですが、同時に他人の主張にも耳を傾けることも忘れないようにしましょう。

誰の意見がベストなのかは話を聞くまでわかりません。会議や意見交換の場ではお互いの発言内容をメモし、よく理解した上で意見をまとめるようにしましょう。

何を伝えたいのかが見えてこない



相手が何を伝えようとしているのかがわからないとき、どんな返し方をすればいいのか悩んでしまいますよね。言いたいことはあるものの、表現や言い回しに気を使ってしまい肝心の内容が伝わりづらくなっているのでしょう。

何か言いたげだけど、話がわかりづらい。そう感じた場合、こちらから言葉をかけてあげるとよいでしょう。「もしかして○○じゃない?」と提案しつつ確認するのです。一緒に適切な表現を探していきましょう。

話題がすぐにズレる



話が盛り上がるとつい話が脱線してしまうのはよくありますよね。たとえば「リンゴの話をしていたはずなのにミカンの話になっていた」「Aさんの話題だったのにいつのまにかBさんの話題に変わっていた」というように、本人も気づかないうちに話題が変わってしまうのです。

話題がズレてしまうと困るかもしれません。しかし、それだけ会話が楽しい証拠でもあります。話が脱線してしまったら一言謝り、元の話題に戻せば大丈夫です。「楽しくてつい話題が逸れちゃった」と理由を添えるのもいいですね。

会話に主語がない



主語とは「何が」「誰が」の部分です。それを伝えずに会話を進めてしまうと話が通じにくくなります。会話では何について話すのかを事前に伝えることが大切です。

「○○のことなんだけど」と前置きすれば話も理解しやすいですよね。もし話の主語がわからなくなったら「○○の話だよね」と確認しましょう。その後の話もスムーズに進みますよ。

話が通じない人の原因


話が通じない人の特徴は見えてきました。では、なぜ話が通じなくなってしまうのでしょうか。それは話し方に原因があるのかもしれません。ここからは話が通じない原因について解説していきます。

人の話に耳を貸さない



周囲の言葉に耳を貸さないのは話が通じない大きな原因になります。ですが、言葉を理解する能力は人それぞれ違います。もしかすると人の話を聞くのが苦手なのかもしれません。

自分は理解できていても他人も理解してくれているとは限りません。会話の内容が難解であったり、難しい言葉が使われていないか振り返ってみてください。

伝わりにくい話し方をしてしまっている



会話する意思はあるものの、伝わりにくい話し方をしてしまっているのも原因の一つです。

たとえば目の前にリンゴがあることを人に伝えようとする場合、そのまま「目の前にリンゴがある」と言うなら相手も理解しやすいですが「目の前に赤くて丸い食べ物がある」と伝えてもリンゴだと判断できません。

回りくどい言い方をするのも話を理解されない原因になってしまいます。正しい日本語の使い方を調べたり、国語辞典や類語辞典を引いてみるとよいでしょう。これまで知ることのなかった新しい表現力が身につくかもしれません。

思ったことをそのまま言ってしまっている



思いついたことをすぐに言ってしまうのも話が通じない原因です。「やばい」「ショック」「嬉しい」といった結論だけ伝えても、人によってはなんの話をしているのか理解できないことがあるでしょう。

「寝坊してショックだった」のように順序だてて伝えると聞く人も理解しやすいですよね。疑問も同じです。「○○のことなんだけど」と前置きして質問するよう心がければ伝わりやすくなりますよ。

考えをまとめるのが苦手


自分の考えをまとめるのが苦手だと、人と意見交換するのが難しいことがあります。食べたものや観た映画の感想を言うのが苦手という人は多いですよね。自分の気持ちを表現するのが得意ではない人は案外多いです。

感想や感情表現が苦手なら日記をつけてみてはいかがでしょうか。短い文章で構いません。何に対してどう思ったのかを日々書きとめていきましょう。自然と考えをまとめられるようになりますよ。

擬音を多く使う



論理的に説明するのが苦手で、つい擬音を多用してしまう人がいます。他にふさわしい言葉が思いつかないため、「パパッと」「ガーッと」など曖昧な表現をしてしまうのでしょう。

擬音でもなんとなく意味が通じることはありますが、多少の誤解や認識のズレは生まれてしまいがちです。「パパッと」は「手早く」、「ガーッと」は「勢いよく」のように言い直すだけでも印象は変わりますよ。

語彙力がないだけかも


語彙力とは表現に使う言葉の引き出しのこと。語彙力がないと自分の気持ちや考えを他人に伝えることは難しいでしょう。語彙力があれば自分の気持ちを上手に言える上に、伝わりやすい話し方もできます。

思いついた言葉の他に、より伝わりやすい表現がないか調べてみましょう。類語を検索するのもオススメです。わかりやすい言葉に言い換えられる部分があるかもしれません。

他人の気持ちに鈍感



他人が何を思っているか察するのは難しいですよね。他人の感情や気持ちを完璧に察することはできません。ですが「相手が笑っているのはどうしてなのか」「どんな理由で泣いているのか」というように理由を探ることはできます。

他人の気持ちを知るために言葉をかけることから始めてみましょう。「どうしたの?」と一言聞くだけでも喜ばれますよ。

話が通じない人への上手な対処法


原因さえわかっていれば、話を聞いてくれない人に上手な対応をすることができます。話の内容を文字で書き起こしたり、話し方に少し工夫をすれば大丈夫です。困ったときの参考にしてみてくださいね。

正しく伝わっているか確認しながら話す



こちらの言ったことが正しく伝わっているか、その都度確認しながら話してみましょう。待ち合わせなら「明日の午前10時に○○駅の△△出口で待ち合わせるんだよね?」というように、できるだけ内容がわかりやすいように質問をします。

言われた内容を復唱するのも有効です。「じゃあ、明日の午前10時に○○駅の△△出口で待ってるね」と繰り返すように伝えてみましょう。

会話の内容をメモにして渡す



話が通じているか不安なら、会話したことをメモして渡すのもいいでしょう。頼み事や作業に欠かせない要件はノートやメモ帳に書いておくことをオススメします。

後から「あの話ってどんな内容だったっけ?」と聞かれても文章に残っていれば安心ですよね。SNSのDM機能やノート機能を使ってメモを共有しておくと便利です。いつでも確認できるように準備しておきましょう。

要件を短く伝える


人の話を聞くのが苦手な人には短い言葉で伝えるようにしましょう。一文一文を短く区切るのがオススメです。「お腹が空いたからどこかでご飯食べない?」より、「お腹が空いた。どこかでご飯食べない?」というように、言葉の途中で一呼吸置くように話してみましょう。

論点を明確にする



自分たちが今なんの話をしているのかをハッキリさせておくのも大切です。一人がAについて話しているつもりでも、もう一人がBのことを話していると勘違いしてしまうと誤解が生まれてしまいます。

論点がズレていると感じたらいったん話を中断しましょう。そして「○○について話してるんだよね?」と確認すれば誤解も解消されますよ。わからないことは正直に質問することも大事です。

相手が言いたいことを推測する



会話につまづいたら、話し手が言いたいことはなんなのか想像してみましょう。自分の気持ちや考えをうまく言葉にできずにいる可能性があります。

状況を整理すれば相手が言おうとしている内容のヒントが得られるかもしれません。「こういうことを言いたいのかな?」と確認しながら話を進めてみてください。

相手が困った顔をしていたら、「何か手伝おうか?」と声をかけてあげてくださいね。

第三者を交えて話す



「もしかすると話が通じないのは自分に原因があるのかも?」と心配になることもあるでしょう。そんなときは第三者に会話へ入ってもらうと解決できるかもしれません。自分たちの会話をチェックしてもらうのです。

会話に参加してくれる人へ前もって相談しておけば全員が安心できます。「私の話し方に問題があるかもしれないから会話の様子を見ていてほしい」と伝えておきましょう。

1
2

関連記事