もう何もかも嫌!人生に疲れたと感じる原因やおすすめの対処法を紹介

忙しい毎日、なかなかうまくいかない人間関係……。「もう何もかも嫌!」「人生に疲れた……」と思っている人はいませんか?そんな人のために、もうダメだと思ったときの深層心理や原因を詳しく紹介します。

毎日を明るく過ごすために有効な対処法も、きっと落ち込んだときに役立ちますよ。ここでの情報を参考に、傷ついた心を癒しながら、元気を取り戻しましょう!



目次

何もかも嫌になった経験はありませんか?


めまぐるしい毎日や複雑な人間関係で疲れ切ってしまうことってありますよね。そんな日々が続くと、「最近何もかもうまくいかない……」「すべてのことに疲れてしまった……」と思うでしょう。

常にストレスがつきまとう現代社会では、誰もがこのような状況に直面する可能性があるんです。この状態が続くと、何も手につかず、長期間の心身の病気へとつながることも。そうならないためにヘコんでいる原因をしっかりと確認し、そこから正しい対処法を身につけましょう。

気持ちを一新し、キラキラした毎日へつなげるための参考にしてくださいね!



何もかも嫌になったときの心理状態は?


まずは、「もう人生に疲れた……」と思ったときの心の奥底を覗いてみましょう。落ち込んでいる人は自分に当てはまることはないかチェックして、自分の理解へ役立ててください。それが明るさを取り戻す第一歩です。



現実逃避したい


「毎日毎日辛いことの繰り返し……」「いつも失敗ばかり……」など厳しい現実に直面している人は、目の前の現実から逃げたいと思うでしょう。「自由になりたい」「早く解放されたい」という気持ちもあるかもしれません。



しかし、学校や仕事など、どうしてもやらなくてはならないことばかりだと、なかなか逃げ出せず、モヤモヤとした気持ちを我慢しながら日々の生活を送らなくてはいけません。それが限界に達すると、もう人生が嫌だという思いへとつながってしまいます。

人生に疲れた


忙しくて、いつも帰ればクタクタ。もう何かしたり、考えたりする気力もゼロ。そんなことが続くと、慌ただしく大変なことをしている真っ最中というピンポイントの時間だけでなく、常に疲れた状態になります。



この状況がいつまで続くのかという先が見えないことへの心配も重なると、心が余計に不安定になり、体にも悪影響が出てきます。そして漠然とこれから先の人生についても悲観しがちになるでしょう。

自分を責めたくなる


自分のミスで辛い状況になってしまった、それに対する誰かの反応で傷ついた、ということは誰にでもあります。でもそれが度々起こる、大きな事態に発展するなど、自分を追い込む原因になってしまったら「もう何もかも嫌!」と考えてしまうでしょう。



そうなると、心の中で自分をどんどん責め、否定するようになります。そしてさらに落ち込んでしまうと、自分の存在についても悩んでしまうほどに。失敗だけでなく、自分のした決断を後悔し、このような状態になってしまう場合もあります。

周りの人も嫌になる


なかには人間関係のもつれから、人生に疲れたと感じてしまう人も。そうなると「もう誰とも話したくない!」「自分を理解してくれる人はいない」という考えに陥ってしまいます。



誰かが優しい言葉をかけてくれたり、心配してくれたりしても、「放っておいてほしい」と拒む態度をとってしまうでしょう。そうなると周りの人もどんどん離れてしまい、一人ぼっちになり、自分の殻に閉じこもってしまいます。

何もかも嫌になってしまう原因は?


どうして「もう何もかも嫌だ!」と考えてしまうのでしょうか?大きなトラブルがあったときだけでなく、特に決定的な大きな出来事があった訳ではないのに、そう思ってしまう人もいるでしょう。

実は、そこには毎日の過ごし方や悩みへの対応の仕方が大きく関わると言われています。これから紹介するさまざまな原因の中に、心当たりはないか確認してくださいね。



心に余裕がない


仕事や恋愛、友人関係など、毎日いろいろなことに一生懸命になりすぎてバタバタしていると、次第に心に余裕がなくなります。誰かと話していても上の空だったり、常に時間に追われる感覚になってしまったりするでしょう。



心の余裕がなく、いっぱいいっぱいの状態だと、すぐに怒る、泣くなど、情緒も不安定になりますよね。そして人と関わるのが億劫になり、一人で考え込みやすくなってしまうのです。そこから、もう何もかも嫌だという気持ちが湧いてきます。

ストレスが溜まっている


誰かに叱られた、苦手な人と関わらなければならないなどの小さなストレスがどんどん溜まっていくと、最終的にそれが爆発して、「こんな人生嫌だ!」という気持ちになってしまいます。



こうなってしまう人は、自分の意見を表に出せず我慢する、ストレスの発散方法がうまくできていないことが多いです。ストレスが溜まっていることに自分が気づいておらず、突然プツンと糸が切れたかのように何もかも投げ出してしまうこともあります。

嫌なことが重なった


大きなトラブルがあった訳ではないけれど、毎日ついてないことが重なると、「これからも悪いことばかり起きるのかな?」とネガティブに考えてしまいます。



その心配がどんどん大きくなると、積極的に何かにチャレンジする姿勢や失敗を恐れない気持ちがかき消され、最終的に自分の人生に疲れたと感じてしまうでしょう。

一人で悩みを抱え込んでいる


何もかも嫌と思ってしまう人の中には、一生懸命で真面目な人がたくさんいます。そういう人は壁にぶつかったときも誰かに頼らず、無理にでも自分で乗り越えようとしてしまいます。



でもどうしても周りの協力が必要なときも出てきますよね。でもそんなときも誰にも気づかれないように一人悩んでしまうので、最終的によい解決方法が見つからず、何もかも嫌になってしまうのです。

何もかも嫌になったときの対処法【行動編】


全てが嫌だと思ってしまったときは、まず何か行動をしてみることが大切です。辛い時期かもしれませんが、勇気をもってアクションを起こしましょう!そうすれば自ずと笑顔が戻ってくるはずです。お悩み解決のための、おすすめの行動を紹介します。自分に合った対処法を見つけて、ぜひ試してくださいね!



仕事で悩んでいるときは転職する


上司や同僚とうまくいかない、仕事が楽しくないという人は、思い切って転職するのもありです。人間関係で悩んでいるなら、今と同じ、または関連のある職種につけば、これまでのキャリアも活かせます。そこでまた、新たなよい人間関係を作りましょう。

ミイダスで無料適性診断♡


仕事が自分に合っていないことで困っている人は、新しい分野にチャレンジしてみてはどうですか?あなたの隠れた才能が開花して、大活躍できるかもしれませんよ!仕事がうまくいくことで、毎日が生き生きとして、人生が嫌だと思うこともなくなるでしょう。

何もせず休む日を作る


毎日「何かしなくちゃ」と、忙しくしている人は、一人でゆっくり何もしない日を作るのもおすすめです。何かをしていないと不安になるようなアクティブだった人も、人生に行き詰まったときは、一度心身ともに解放してあげることが必要です。



自分の部屋など、くつろげる場所でお気に入りのお菓子を食べながらのんびりお茶する、ベッドでゴロゴロするなど、存分に自分を甘やかしてあげましょう。元気なときならもったいない過ごし方のように思えますが、心も体も疲れ切った人にはすごく有意義な時間になるはずです。

遠くに旅に出る


毎日同じ生活の繰り返しでハリがない、忘れたいぐらい嫌なことがあったというときは、遠くに旅に出て、非日常を楽しみませんか?自分が今まで見たことない景色を見たり、初めての体験をしたりすることは、心を晴れやかにするだけでなく、物事をみるときの新しい視点を与えてくれるでしょう。ステキな出会いもあるかもしれません。

ANAスカイツアーズでお得に旅行する♡



忙しい毎日を送ってきた人は、のんびりできる自然に囲まれた場所で癒されてくださいね。アクティブな体験ができる場所は、淡々とした毎日に嫌気がさした人にぴったりです。遠出ができない人は、観光なしで高級ホテルに一泊するだけでも、明日からへの活力をゲットできますよ。

SNSを見ない日を作る


今では、SNSも人の気持ちに大きな影響を与えます。SNS上での心ないコメントで傷ついたり、たくさんの情報に戸惑ったりして、もう嫌だと塞ぎ込んでしまった人もいるのではないでしょうか。SNSでの、友達の楽しそうな姿と自分を比べてしまい、さらに落ち込むこともあるでしょう。



人生に疲れてしまったときは、SNSに触れない日を作るのも、立ち直るために効果的な方法です。今までSNSに使っていた時間を、自分の置かれた状況を把握し、それについて正しく対処するための時間として使えます。周りの信頼できる人の言葉に耳を傾けるためのよい機会にもなりますね。

専門家に相談する


何もかも嫌だという気持ちをもう一人じゃどうしようもできない、周りの人にも言えないというときは、プロの力を借りましょう。カウンセラーや専門家なら、あなたの思いに共感しつつ、いろいろな角度から客観的に的確なアドバイスをくれます。



心のケアができる人とつながれることは、とても心強いことです。今の状況が乗り越えられた後も、その人から学んだことは、きっと今後の人生でもあなたを助けてくれるはずです。

元気が出る名言を調べる


もう何もかも嫌と思えるような体験を乗り越えた人の名言は、まさに今辛い時期を過ごしている人の心にリアルに響くでしょう。そんな名言を知ることもよい対処法の一つです。



名言集やエッセイ、漫画から世界的に有名な歴史上の人物、芸能人やアスリートなど、たくさんの人の考えに触れてください。インタビューからもピンとくる話が聞けるかもしれません。きっと印象に残るお気に入りの名言が見つかるはずです。悩みを乗り越えた後も、その名言があなたの心に残り、元気をくれるでしょう。

1
2

関連記事