男女の肩幅の平均を年代・身長別に公開!肩幅を広く&狭くする方法も必見

オシャレ好きな女性にとっては、季節によって異なるファッションアイテムを選ぶのも楽しみのひとつですよね。しかし、試着して鏡を見ると全然似合っていなかった……、ということはありませんか?実はそれ、肩幅が原因の可能性があります。

男性の中には肩幅を敢えて広く見せようと鍛えている人もいますが、女性のファッションを決める上で肩幅は見逃せないポイントのひとつです。自分にぴったり似合うコーディネートを楽しむためにも、自分の肩幅についてチェックしていきましょう。



目次

私の肩幅って広いほう?狭いほう?


自分の体をまじまじと鏡で見ても、肩幅の広さがいまいちわからない場合もあります。周りと比べてみても、大きく変わっているようには見えないし……、という人も少なくありません。一体どのくらいから「肩幅が広い」あるいは「狭い」と言えるのでしょうか?



肩幅の正しい測り方


まずは自分の肩幅を実際に測り、数字に表してみましょう。見た目だけではわかりにくい場合も多いですが、数字にすることで比べやすくなります。

より正確に測れるよう、誰かの手を借りて測ってもらうことをおすすめしますが、手伝ってくれる人がいない場合も大丈夫!自分で簡単に測れる方法も併せてご紹介します。



誰かに測ってもらう場合


アシスタントとして誰かに測ってもらえるのであれば、より正確な数字が期待できます。肩の形が出やすいぴったりした薄手の服装を着用し、誤差の出ないように気をつけましょう。

測り役に背を向けてまっすぐに立ち、頭だけを少し前に出すと、首の後ろにポコッと出っ張っている骨が見つかります。これは「頸椎(けいつい)」という首の骨で、これを目印にしてメジャーを当てていきましょう。肩のカーブに合わせて測れるように、やわらかいタイプのメジャーを使ってくださいね。

頸椎にメジャーの「0」を合わせたら、そこからどちらかの肩の端にむけてまっすぐに測ります。測れたら次は逆の肩を測り、出た数字を合算してください。

1人で測る場合


1人で測る場合もやり方は同じですが、手探りでやるとメジャーがゆがんで数値が大きく変わってしまうことがあるため注意しましょう。用意できる場合は2枚の鏡を向かい合わせにした「合わせ鏡」を使うと、自分の背中がよく見えるためおすすめです。

【年代別】男女の肩幅の平均




自分の肩幅が測れたところで、実際に平均と比べてみましょう。肩幅のサイズはさまざまな要因によって変わりますが、年代別でも大きな違いがあることがわかっています。

年齢が上がるほど肩幅は狭くなる




一般的に、歳をとるにつれて肩幅はどんどんと狭くなっていきます。骨密度の低下により骨が細くなり、腰や背中が曲がるためです。何か特別な対策をしなくても、年齢が上がると華奢な肩になれる可能性もありそうですね。

男性の平均


まずは男性の平均を見てみましょう。経済産業省が発表したデータによると、20歳から79歳までの数値が詳細に調べられているのがわかります。

20〜24歳=44.9センチメートル
25〜29歳=46.0センチメートル
30〜34歳=46.6センチメートル
35〜39歳=46.5センチメートル
40〜44歳=46.5センチメートル
45〜49歳=46.3センチメートル
50〜54歳=45.9センチメートル
54〜59歳=45.3センチメートル
60〜64歳=44.0センチメートル
65〜69歳=43.8センチメートル
70〜74歳=43.2センチメートル
75〜79歳=42.3センチメートル



45センチメートルは、小学校の頃に教室で使っていた机の横幅とおなじくらいです。当時とても大きく見えた学習机ですが、大人になると肩幅の方が大きくなるようです。

女性の平均


次に女性の平均をご紹介します。あなたはどこに当てはまりますか?また、これから歳をとるにつれ、このような経過を辿っていくことが予想されます。

20〜24歳=40.8センチメートル
25〜29歳=40.7センチメートル
30〜34歳=40.6センチメートル
35〜39歳=40.7センチメートル
40〜44歳=41.1センチメートル
45〜49歳=40.6センチメートル
50〜54歳=40.8センチメートル
55〜59歳=40.7センチメートル
60〜64歳=40.8センチメートル
65〜69歳=40.7センチメートル
70〜74歳=39.8センチメートル
75〜79歳=39.0センチメートル



一般的に売られている針金のハンガーは、40センチメートル程度に合わせて作られています。女性の肩幅にしっかりフィットするようにできているのは嬉しいですね。

【身長別】男女の肩幅の平均




年齢だけでなく、身長も肩幅に大きく影響してくる要因の1つです。肩幅と同じく、悩みを抱える人が多い背の高さ。高い人は低く、低い人は高くなりたいと憧れを持ちますよね。しかし、それぞれの身長には素敵な魅力があり、高さによって抱くイメージも変わります。自分の身長を活かしたコーディネートを心がけたいですね。

身長が高いほど肩幅も広くなる




身長が高ければ高いほど、比例して肩幅が広くなります。頭の重さを支えたり、バランスをとったりするために肩回りが大きくなるようです。身長が低い人は可愛らしく、高い人はスラリとクールに見えますよね。身長別の肩幅は、それぞれのイメージにぴったり合っているとも言えそうです。

男性の平均


高い人では180センチメートルを超えることもある男性の身長。身長が高い人が魅力だという人もいれば、低い人に愛しさを感じる人も少なくありません。



160センチメートル=37.60センチメートル
165センチメートル=38.77センチメートル
170センチメートル=39.95センチメートル
175センチメートル=41.12センチメートル
180センチメートル=42.30センチメートル

こちらが男性の平均値です。160センチメートルと180センチメートルでは、肩幅は5センチメートルほど差ができています。身長が高く肩周りがガッシリした男性には、強くてパワフルなイメージを抱くことも多いですね。

女性の平均


では、女性はどうなのでしょうか。170センチメートルを超えてくると、まるでモデルのようなプロポーションの人も少なくありません。また、150センチメートルくらいの女性は、思わず守りたくなる愛らしさを秘めていますよね。



150センチメートル=33.75センチメートル
155センチメートル=34.87センチメートル
160センチメートル=36.00センチメートル
165センチメートル=37.12センチメートル
170センチメートル=38.25センチメートル

こちらが女性の平均値です。身長と肩幅は比例するので、女性でも170センチメートルの人は男性と同じくらいの肩幅になるようです。自分に当てはまる欄を見た後は、平均と比べてどのくらいの差があるかで肩幅の広さを判断してみましょう。

肩幅を広くする方法とは




平均から大きく外れていたり、パッと見てもわかるくらいに肩が目立ったりする人は、さまざまな方法で解決できる場合があります。まずは肩幅をもっと広くしたいと思っている方向けの情報をご紹介します。どの方法もすぐに効果が出るわけではないので、気長にコツコツと続けてみてくださいね。

次のページ
1
2
3

関連記事