【手相占い】結婚線の見方を大公開!手の平が示す恋愛・結婚運とは?

女性が自分の将来を考えたときに、特に気になるのが結婚についてですよね。そんな自身の結婚について、手相から探ってみませんか?結婚線から、思い描く理想の結婚やゴールインの時期、結婚後の未来などいろいろなことがわかります。手相占いから、結婚に向けての恋愛運アップの秘訣を見つけましょう!



目次 [開く]

結婚して幸せになりたい!自分で結婚線をチェックしてみよう


多くの女性が憧れる、大好きな人との幸せな結婚。そんなステキな結婚が将来できるのか、自分は誰といつ結婚するのかなど、結婚について知りたいことは山ほど出てきますよね。

ここでは、手相を元に、自身の結婚にまつわる傾向や予兆をチェックする方法をご紹介します。長さや向き、濃さや模様など、結婚線の状態を丁寧に分析して、より詳しい占い結果を確認しましょう!まだ結婚の予定はないけれどいつかは結婚したい人、既婚の人も興味をそそられる情報がたっぷりです。楽しみながら見てくださいね!



【基本】結婚線について


手相占いにおいて、結婚について知りたいときに役立つのが「結婚線」です。最初に結婚線についての基本的な情報を掴んで、詳しく分析するための準備をしましょう。



結婚線はどこにある?


結婚線を調べたいときは、小指の付け根のすぐ下に注目してください。その部分にある、手の平の外側から内側にかけて伸びる短い線が結婚線です。数や濃さ、長さは人それぞれで、その違いを元に結婚運を占います。



右手と左手どちらで見ればいい?


手相を占う前によく挙がるのが、「左右のどちらの手の平で占った方がよいのか」という疑問です。多くの場合、左手は生まれたときから与えられた運命、右手は今やこれからの未来を表すと言われています。つまり、左右どちらの結婚線にも、いろいろな意味が含まれていると考えられます。そのため、両方の手を見て判断しましょう。



左手と右手が全く異なる手相だという人は、自分の行動で運勢を変化させた人と考えられますね。また、右と左がほぼ同じ場合は、生まれもったものと現状のバランスがよく、安定した運勢をキープできます。右手の結婚線の本数は自身が本気で結婚を望んだ回数、左手は誰かから結婚したいと思われた回数とも言われます。

結婚線がある位置でも意味が変わる?


結婚線が手の側面のどこから出ているかにも、大きな意味があります。結婚線の位置から分かるのは、何歳ぐらいで結婚できるかということです。小指の下にある、横に伸びる長くて濃いめの線「感情線」と小指の間を見て、どの位置に結婚線があるのか調べましょう。



結婚線が感情線に寄っていたら、10代や20代前半で、早めに結婚をすることを意味します。感情線と小指の真ん中あたりの結婚線がある人は、30代周辺で結婚する可能性があります。小指寄りだと、40代以降で結婚する時期がやってくるでしょう。

【長さ別】結婚線の見方


初めに、結婚線の長さにポイントを置いて、手相を占いましょう。結婚線の長さは、小指の真ん中のところを基準に考えてください。自分の結婚線がその部分より長いかどうかを確認できたら、さっそくチェック開始です!



結婚線が長い


結婚線が小指の隅まで伸びている人は結婚線が長い人です。長い結婚線をもつ人は、結婚についてじっくりと真剣に考えている人だと考えられています。結婚相手のタイプや、将来どんな結婚生活を送りたいかという展望が明確なので、自分にぴったりの相手を見つけることや、結婚を決めるまでの道のりを歩むのにとても慎重です。



また、薬指まで伸びるほど長い結婚線は「玉の輿線」と言われるラッキーでレアな結婚線です!裕福な相手と巡り合えるかもしれませんね。ほかにも結婚線が長い人は、結婚をすること自体が幸運を呼び込むことになるので、よい相手が見つかったらすすんで結婚の話をするとよいでしょう。

結婚線が短い


短めの結婚線がある人は、結婚についてそこまでこだわりがないことが多いです。結婚の話が出てから、ようやく現実のこととして受け止め、考えだすでしょう。交際期間が短かったり、突然の結婚をしたりして、周りを驚かせるかもしれません。



長い場合よりも、結婚運はありませんが、すぐに別れてしまうという意味ではありません。だからあまり結婚に華やかなイメージばかりをもつのではなく、子育てや経済面など、現実にも目を向ければ、安定した家庭を築けるでしょう。2人で将来のビジョンをしっかり話し合って、同じ方向を向くことが大切です。

【向き別】結婚線の見方


次は結婚線がどの方向に伸びているかで、どんな意味があるのかを紹介します。小指に向かっているか、感情線に向かっているかで大きく意味が変わるので、とても興味深いですよ!

 

結婚線が上向きに伸びている


小指の方にグッと伸びた結婚線は、その線の見た目通り、恋愛運が上昇している証拠です。バッチリのタイミングで、好きな人とハッピーな結婚ができることを表します。



結婚後は穏やかで幸せが溢れる家庭を築けるでしょう。自分の結婚線がこのような場合でなくても、パートナーがこの手相であれば、この強力な結婚運を共有できちゃいます。とても羨ましい手相ですよね!

結婚線が下向きに伸びている


下に向いた結婚線は、望み通りの形とかけ離れた結婚をするかもしれないという暗示です。相手が本当に結婚したい人ではなかったり、周りの結婚に焦ってよく考えずに結婚したりする可能性があります。



また、結婚に対してマイナスイメージがある、すでに結婚を諦めている人もこの手相になりやすいです。既婚の人は、夫婦関係が悪化していないか、今一度お互いに本音を語り合った方がよいかもしれません。

【濃さ別】結婚線の見方


あなたの結婚線は、遠くからでも見えるほどくっきりしていますか?それともうっすらとぼんやりしていますか?そんなところからも結婚運が分析できます!濃さによってどんな意味があるのかしっかりチェックしましょう。



結婚線が濃い


はっきり深く刻まれた濃いめの結婚線がある人は、位置や向きが表す運勢が現実により現れやすくなっていると考えられます。まさに強い力をもった結婚線と言えるでしょう。また、結ばれた相手との絆も深くなることを意味します。



理想的な相手と出会ったり、恋人との結婚が近づいたりすると、さらに線が濃くなることもありますよ。濃い結婚線をもつ人は、結婚することでさらに充実した毎日が送れるので、結婚が決まったら2人の将来についての夢をどんどん広げて、家族でいろいろなことにチャレンジしてくださいね。

結婚線が薄い


存在感のない、あまりよく見えない結婚線の場合、誰かと恋愛関係になっても、最終的に結婚までつながらないという結果になりやすいでしょう。結婚のチャンスがやってきても、気づかずに終わってしまうこともあります。



また、結婚線が薄い手相は、今は結婚するべきタイミングではないという暗示と考えられています。でもまだ諦めてはいけません。これから結婚線が濃くなることも十分にありえます。あなたの行動によっても運命は変えられます。人との出会いや恋人との関係を大切にして、日々自分を高めていけば、きっと素晴らしい結婚のチャンスが舞い込んできますよ。

【模様・形別】結婚線の見方


よく見ると、結婚線に特徴的な模様や形が見えている人もいるのではないでしょうか。そのような結婚線にもいろいろな意味が隠されています!結婚線以外の手相を見るときにも役立つ、手相特有の模様や形を知り、自身の結婚についてもっといろんな発見をしましょう。



1
2

関連記事