気持ちの切り替え方がわからない人必見!おすすめの方法を徹底解説♪

悲しいときや悩みがあるときは、気分もふさぎがちになりますよね。落ち込みすぎて何もかもが嫌になってしまわないように、自分の気持ちをどうにかコントロールしたいと思うこともあるのではないでしょうか。

「この気持ちをどうにかしなくてはと思うけれど、うまく切り替えることができない」
そんなときにも上手に気分をリフレッシュすることができれば、前向きな気持ちを取り戻して日々を過ごすことができます。

ここでは落ち込んでしまいそうなときに、うまく気持ちの切り替えるためのおすすめの方法を紹介していきます。


目次 [開く]

気持ちの切り替えが苦手で引きずってしまう……


「失敗を指摘されると、自分を責めて落ち込んでしまう」「人間関係がうまくいかなくて、職場にいるのが苦しい」「失恋して、その人のことばかり思い出して辛い」など、不安やネガティブな気持ちで心の中がいっぱいになってしまうことはありませんか。

反省するのはいいことなのですが、それを気にしすぎて不安感が強くなってしまうと、自分の判断で何もできなくなってしまうことがあります。また、失恋をして気分が落ち込んで塞ぎ込んでしまうと、仕事や勉強をしていてもそのことばかりが思い浮かんで、何も手につかなくなってしまうこともあるでしょう。

「なかなか眠れない」「何を見ても面白く感じない」と感じて日常生活に支障をきたしてしまいそうなときには、上手に気持ちを切り替えられるようになりたいですよね。

気持ちの切り替えが苦手な人の特徴


気持ちの切り替えが苦手な人とは、どのような人なのでしょうか。ここでは何事にも深く思い悩んでしまいがちな人の特徴を紹介します。

完璧でないと気が済まない


完璧主義な人は何事に対しても高い完成度を求めているため、深く考え込んでしまう傾向にあります。

何でも完璧でないと気が済まない人は、自分の行動だけでなく仕事や人間関係、周囲の状況についてもより良い状態であることを望みます。高い目標をクリアするために行動しているため、おおよそうまくいったという程度では満足できないのです。

仕事で「本当はもっといいものができたのではないか」「商談相手はあのときどう思ったのか」と、夜寝る前に考えてしまうことは、しょっちゅうあることでしょう。完璧主義の人は、できなかった部分を悔やんでいつまでも気にする傾向があるのです。

人に気を使うことが多い


人に気を使う人も、思い悩むことが多いです。他人に対して気を使う人は、どんな場面でも周囲の状況や人の動きや気持ちを気にしています。

常に周囲を気にして行動しているため、場の雰囲気や状況を判断する能力が高く、場違いな言動で人に嫌われるようなことはありませんが、その反面、たとえ親しい友人と話しをしていても気を許すことができず、実は気疲れしているようなこともあるのがこのような人です。


マイナス思考でネガティブ気質


物事をネガティブに捉えがちな人も、マイナスな気持ちを引きずりやすい人でしょう。失敗してしまったことを悔やみ、必要以上に自分を責めてしまう傾向のある人です。

ネガティブな人は、誰かと交わした会話を後から思い起こして「あの言葉の本当の意味は?」と言葉の端々を捉えて不安になります。「あの人は嫌な気持ちだったのではないか」「自分は嫌われているのではないか」と思い悩んで負の感情にとらわれてしまうと、そのことが気になって仕方がなくなるのです。

気持ちの切り替えをするときのポイント


悩みや不安から気持ちを切り替えるには、どうしたらいいのでしょうか。ここでは、気持ちの切り替えが苦手な人が、悩んでしまう気持ちを切り替えて心をいい状態に保つための秘訣を紹介します。


現状や自分の素直な気持ちを認める


失敗をして誰かに怒られたような場面では、自分の置かれた状況を冷静に捉えて反省することは大切なことです。自分の失敗をきちんと受け止めることなく現状を甘く見ていると、同じ失敗を繰り返して周囲から見放されることもあるでしょう。

しかし、起こったその出来事を反省して、自分の素直な気持ちを認めたら、その後は気にしすぎないようにしましょう。

相手がいる場合には、素直に謝るという行為でけじめをつけることもできます。「もう十分考えた」「自分の素直な気持ちはこうだ」と不安は心の中に仕舞い、一区切りつけることで、きっと前向きな気持ちに切り替えることができますよ。

起きてしまったことは仕方ないと考える


何かに悔やんでそこから抜け出せないときには「起きてしまったことは仕方がない」と考えてみましょう。終わったことに対していつまでも悩んでいても、状況は何も改善しません。不本意な出来事は自分の中で消化し、どうしたらいいかを客観的に考えつつ次の一歩へと進み出す行動を起こすことが大切です。

悩みや失敗を糧にして、前向きに次の行動を起こすことは、感情をコントロールすることにつながります。不安な気持ちを振り切って自分の実力を出すことに集中することで、マイナスの気持ちをプラスの行動に変えることができますよ。

人の目を気にしすぎない


うまく気持ちを切り替えることができない理由に、人の目を気にしすぎているということがあります。

「あの人はこう思ったのではないか」「どうしてあんなことを言ったのだろう」と深く思い悩んでしまう人は、普段から周囲の人の気持ちを一生懸命に考えて、相手に嫌な思いをさせないようにと気を配っている繊細な人です。

しかし、周囲の不本意な出来事はすべてあなたのせいではありません。人の気持ちは、その人やその場の状況によって違ってきますので、あまり人の目を気にしすぎないようにすることが大切です。

ちょっとした工夫で気分が変わる!気持ちの切り替え方


仕事や人間関係で「なんだかうまくいかないな」と感じるときには、行動を変えることで、自分の気持ちを変化させることができます。ここでは、ちょっとした工夫で気分を変える具体的な方法を紹介していきます。

大きく息を吸って吐く


精神的に落ち込んでいるときには、体も前屈みになっています。気づくと下を向いていることも多くなっていませんか。悩みに押しつぶされそうになりストレスを感じているときには、人は呼吸が浅くなっています。

悩みで自分の心が不安定になっていることに気づいたら、まずは深呼吸をしてみましょう。姿勢を正して、大きく息を吸って吐くことを意識するだけで、心身をリフレッシュすることができます。深呼吸をすると、呼吸だけでなく精神の状態も安定し、目の前が開けてくるような気持ちになるはずです。

お茶やコーヒーを飲む


仕事や勉強に煮詰まって気分転換をしたいときには「とりあえず、ひと息つこう」とひと休みするようにしましょう。辛い出来事があって出口が見えなくなってしまったときにも、ひとまず休むことが効果的です。

お茶やコーヒーに含まれているカフェインには、交感神経を刺激して、集中力を高める効果があることが知られていますので、気分転換にはぴったりです。コーヒーの香りにもリラックス効果がありますので、悩んだ心も休ませてあげませんか。

また、甘い物にもリラックス効果があるため、少し休んでおやつの時間を取るのもおすすめです。ただし、甘い物は、ストレス解消と称して食べすぎてしまうと逆効果なので気をつけましょう。

考えが行き詰った場面では、まずは緊張状態から自分を解放してリフレッシュすることを心掛けましょう。ひと息つくことで、次の行動へのモチベーションを高めることができますよ。

気の合う友人と会う


仕事や人間関係がうまくいかないと感じているときには、気の合う友人と会って話しをすることで、気分が晴れることがあります。

友人は、何か具体的なアドバイスをしてくれなくても、その存在だけで励まされるものです。「友人と話しをしていたら、悩んでいたことを忘れてしまった」ということはよくあることです。

ペットに触れる


犬や猫を飼っている場合には、ペットに触れることで自分が癒されていることに気づくのではないでしょうか。「幸せホルモン」とも呼ばれる脳内物質オキシトシンは、スキンシップや親しい人との会話などで分泌されることが知られていますが、ペットとの触れ合いでも分泌されます。

強いストレスを感じているときには、ペットをやさしく撫でてみましょう。心を癒し、痛みなどもやわらげる効果があるこの脳内物質を生かして、幸福感で自分自身を満たして心を整えることで、気持ちを切り替えていきましょう。

周りの人も不安を抱えていることに気づく


あなたが、もし人間関係に不安を感じて悩んでいたなら、その悩みは自分だけがもつものではないことに気づきましょう。

職場や学校をはじめ多くの人と関わる場面では、人は皆、周りの人の気持ちを気にしながら過ごしています。人はいつも自分の内面の気持ちとばかり向き合っているため、自分だけが他人に気を遣って神経をすり減らしているように感じますが、実は、多くの人が同じように人に気を遣いながら暮らしているのです。

「もしかしたら、相手も人間関係で悩んでいるかもしれない」「自分とのかかわり方でストレスを感じているかもしれない」と相手の立場に立って考えてみることで、上手に気持ちを切り替えられるかもしれません。

人間関係に悩んだら距離感を見直す


人間関係に悩みがあるときには、その人との距離感が適切ではない場合があります。近づきすぎても、離れすぎても、人間関係はうまくいきません。

「この人、嫌だな」と感じる場合は、お互いが干渉しすぎていることが多いので、まずはその人との距離感を見直してみましょう。

人間関係では近づきすぎると嫌な面ばかりが目につき、何をしても気に障るようになります。お互いに相手のことを考えすぎている状態です。そんなときには「好きになろう」「理解しよう」と努力するよりも、適度な距離感を取ること意識することで、ストレスのない人間関係をつくることができるかもしれませんよ。

状況を冷静に捉えて人生の糧とする


日常の大半を過ごす職場や学校の環境でうまくいかないことが続くと、何もかもが嫌になって、落ち込んでしまうことがあるかもしれません。

たとえ誰かに評価されなかったとしても、それはその人の立場から見た評価に過ぎません。上司や先輩の性格や考え方によって、好ましい人材や求められる性格は変わるものなのです。

地道に努力している姿は、誰かが見ているものです。必要以上に自分を否定せず、置かれている状況を冷静に捉えて前向きに努力することで、きっと道は開けます。

休日にできる!リフレッシュも兼ねた気持ちの切り替え方


「もう落ち込んでどうしようもない」というときには、どうしたらいいのでしょうか。誰かに相談しても解決しない悩みもあるかもしれませんね。

そんなときには、休日にできる自分にぴったりなリフレッシュ方法を知っていると、辛い気持ちに押しつぶされることなく、スマートに気持ちを切り替えることができますよ。

泣く、笑う


なんだか心の中がモヤモヤするときには「思いっきり泣く」「大声で笑う」など、感情を表に出してみませんか。心の中に悩みを抱えているときには、泣ける映画や笑えるテレビを観て、泣いたり笑ったりしましょう。

涙を流して抑圧していた感情を開放すると、カタルシス効果で気分がすっきりします。一方、笑ってみると、脳が楽しい気分であると誤解して、モヤモヤしていた気持ちがどこかへ消えていることもありますよ。

旅行をする


悩みから気持ちを切り替えたいときには、旅行をするのもおすすめです。旅行先では、目に映るものは新鮮なものばかりです。自分の行きたかった場所に行き、自分の好きなものに出会って、楽しみながら時間を過ごすことがで気分転換ができますよ。

旅行をすると、そこに暮らしている人に出会います。自分が狭い世界で暮らしていたこと、自分の日常以外にも世界はあることに気づくことで、新たな視点も生まれるかもしれませんね。

運動をして体を動かす


運動をして体を動かすことは、体だけでなく心の安定にも効果的だと知っていますか。試験勉強で煮詰まったときに「気分転換に運動しよう」と体を動かしていた人もいるかもしれませんね。

体を動かすと脳内物質エンドルフィンが放出されて、落ち込んでいた気持ちが晴れます。エンドルフィンは、運動のほか入浴することでも出ることが知られています。脳内物質を上手に使って、ストレス緩和に役立ててみましょう。

時間を気にせずぐっすり眠る


時間を気にせずぐっすり眠ったら、過去の出来事はもちろん、これからしようと思っていたこともすっかり忘れてしまったということはありませんか。疲れを解消するためにゆっくり眠ることは、悩みの解消にも役立ちます。

悩みがあって落ち込んでいるときには、なかなか眠れなくなることもありそうですが、眠っているときには、脳が記憶や感情の情報を整理しています。意識して理想的な睡眠を取ることで、悩みやストレスを解消することができますよ。

切り替え上手になるメリットとは?


ストレスや自分の負の感情に飲み込まれてしまうと「辞める」「諦める」という選択肢しか見えなくなることもあるでしょう。必死に努力していたことであっても、困難に直面したことで心が折れてしまうこともあるはずです。

そんなときに気持ちを前向きに切り替えることには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、途中で投げ出さずに乗り越えることで生じる心の変化について紹介します。

1
2