自己肯定感が低い人の特徴は?原因や自己肯定感を高める方法をご紹介

「どうせ私なんか……」「自分は何をやっても無理!」なんていつも感じている人はいませんか?そんなお悩みを抱える人は見逃せない、自己肯定感をアップさせる方法を徹底解説します。自己肯定感が低い原因や自己肯定感を高めるメリットも一緒に確認しましょう。毎日自信をもって過ごせる秘訣がたくさん知れますよ。自分をいっぱい認めてあげて、内側からキラキラ輝く女性になりましょう!



目次

自己肯定感が低いとどうなる?高める方法はあるの?


自分の言動に自信がもてず、ネガティブになってしまう人。そんな人は今、自分を心の底から元気にしてあげるために、自己肯定感を高めることが重要です。

ここでは自己肯定感とはなんなのか、それが低下している原因や高め方まで詳しく紹介します。積極的に自己肯定感について学び、自身と向き合い対策を練れば、ずっと下を向いていた自分にさよならできますよ。自己肯定感を高めて、明るく変身した自分に会いましょう!

 

自己肯定感とは?


「自己肯定感」という言葉の意味について、詳しく知っていますか?日常でそこまで頻繁に使うことはない言葉ですが、会話の中や心理について学ぶ場で聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。まずは自己肯定感とはどのようなことを指すのか確認しましょう。

自己肯定感の意味


皆さんは今の自分が好きですか?また、自身の長所を認められていますか?実は、その答えがまさにその人が今もっている自己肯定感そのものと言えます。つまり、ありのままの自分の姿を認め、その存在を肯定する感覚を「自己肯定感」と呼ぶのです。人と比べてどうこうではなく、かけがえのない一人の人間として自身のことを考えられるかで、自己肯定感があるかどうかを判断できます。



自尊心との違い


自己肯定感との違いが分かりにくい言葉の一つが「自尊心」です。自尊心は、自身の人格を大事にすることに加え、周りからの否定的な意見があっても、それをプライドによって跳ね除けるという心も含まれています。

自己肯定感は、自分で自分をどう評価するのかに重きをおいています。でも自尊心はそれに合わせて、周りからも肯定されることも大きく影響していると考えられます。



他人から批判されても、自己肯定感があり、自尊心もある程度安定している人は、言われたことをいつまでも引きずりません。「直すべきところはそこなんだな」と適度に相手の言うことを受け入れます。

でも自尊心だけが高すぎると、「プライドが傷つけられた」と感じて、モヤッとした気持ちが残るでしょう。謙遜したにもかかわらず、周りがそれに同調すると怒る人はこのタイプです。相手もその突然の反応に困ってしまうことがあります。

自己肯定感が低い人の特徴


実際に自己肯定感が低下している人に見られる特徴をチェックしましょう。最近周りとうまくいかない、気分が落ち込んでいるという人は、当てはまる兆候がないか確認してくださいね。

他人への依存度が高い


人の言うことばかりを気にしたり、決断を迫られたときにすぐに誰かに頼ったりしようとする人は、自己肯定感が低いと言えます。意見や考えが他人にどう思われているのか、下した判断で物事がいけない方向へ進んだらどうしようかと不安になってしまうこともよくあります。



自信がなくネガティブ思考


「でも」「どうせ」「だって」など、マイナスの言葉をよく発する人は、ネガティブ思考になって自信を喪失している状態です。周りの人だけでなく、自分自身にもその言葉をかけることが増え、「私がダメな人間なんだ」と考えてしまい、自己肯定感が減少します。



すぐに「できない」と決めつけてしまう


新しく始めることだけでなく、少しがんばれば簡単にできそうなことでも、自己肯定感が低い人はすぐに「できるわけがない」という先入観をもちます。そしてなかなかやろうとしません。失敗することへの恐れ、それによる周りから受けた評価が気になって仕方がないのでしょう。



物事に本気で取り組めない


全力で何かに取り組むのを避けるのも、自己肯定感の低い人によく見られる傾向です。「本気を出していなかった」と言えば、例えミスをしたとしても「真剣にやったらできたんだけど」と言い訳ができるからです。そうやって自己防衛をすることで、心の安定を保とうとします。



褒められるのを嫌だと思う


周りの人が予想以上にすごく評価してくれることもありますよね。でも周囲の人が容姿や性格、仕事などで褒めてくれたとき、自己肯定感が低い人は謙遜する以上にそれを否定します。「本当にそんなこと思っているの?」と卑屈に考えてしまうことも。心の底から褒めてくれた人としては、そんな態度をされたら悲しくなってしまいますよね。



すぐに謝る


誰かにお礼をするとき、その人に対して「ありがとう」ではなく、「ごめんなさい」とすぐに言ってしまう人は、心の中に「自分なんかのために申し訳ない」という気持ちがあるのではないでしょうか。自己肯定感の低さから、相手に対する感謝の気持ちよりも、悪いという思いが先行してしまいます。また、相手がなんとも思っていないことにも、必要以上に謝ってしまうこともあります。



自己肯定感が低い原因って?


周囲とのコミュニケーションや心身の健康にも影響を及ぼす自己肯定感の低下。では、その原因はどこに潜んでいるのでしょうか?その原因は実にさまざまです。心当たりがあれば、自己肯定感を高めるきっかけとして活かしましょう。

過去に経験した失敗や挫折


昔体験した失敗や挫折が原因で、自己肯定感が低くなる可能性もあります。そのショックを引きずったままだと、ミスをする、諦めるというイメージが頭に残ったままになり、自己肯定感が徐々に下がってしまいます。



また、そのときの状況や気持ちや感覚を鮮明に覚えていると、それがトラウマとなって心の中に常に潜んでいる状態になります。似たような状況に出会ったときには、「自分はもうダメだ」と逃げ出してしまうかもしれません。

周囲と比較してしまう


何かしら周りの人と比べてしまうことも、自己肯定感の低下に大きな影響を及ぼします。常に周りを基準にして、自分を見ているので、劣等感を感じて凹むことも多いでしょう。このタイプの人は、誰かに言われたことを気にしすぎて自信をなくしてしまうことも多いです。



否定されてばかりで育った


家庭環境も、実はその人の自己肯定感に大きな影響を与えています。幼少期に親から「こんなこともできないの?」「そんなことやれて当たり前」というような言葉をかけられることがよくあった、がんばっても褒めてもらえなかったという人は、低い自己肯定感が形成されてしまいます。出来のよい兄弟姉妹といつも比較されていた人も、同じ状態になりやすいです。



次のページ
1
2
3

関連記事