ツンデレの特徴やモテる理由を徹底解説!恋愛に活かすコツも必見♡

あなたの周りには、普段はツンとしてトゲがあるけど、たまにデレっと可愛い一面を見せる人はいませんか?それは「ツンデレ」と呼ばれる性格で、実は男女共に人気でモテるのです!なぜその性格がモテるのか、気になる人もいますよね。

今回は「ツンデレ」について詳しくご紹介します。これを読めばツンデレな人がモテる理由を知ることができるでしょう。もしかしたら気づいていないだけであなたもツンデレの可能性も……!ぜひ参考にしてくださいね。



目次

ツンデレは男女ともに大人気♡その理由が知りたい!


そもそも「ツンデレ」とは、どんな意味なのでしょうか。言葉は聞いたことがあっても、意味がわからないと具体的に想像できませんよね。まずは「ツンデレ」の意味についてご紹介します。

そもそもツンデレってどんな意味?




クールで少し接しずらい性格や態度のことを「ツンツンしている」と表します。そして、普段ツンツンしているけど、たまににデレッとした甘えた行動や好意的な態度を示す人のことを「ツンデレ」と表現します。恥ずかしがり屋な性格からツンとした態度を取ってしまう、いわゆる天邪鬼タイプです。

ツンツンとした姿とデレっとした姿という2つの顔を持っているため、「ツンデレ」と言われるようになりました。元々はアニメキャラの性格に使われることが多かったのですが、現在は3次元の男女にも使われる言葉になったのです。

人気のアニメキャラにも意外とツンデレが多い?




アニメキャラの性格によく使われ、人気を博しています。代表的なキャラは涼宮ハルヒの憂鬱の「涼宮ハルヒ」、化物語の「戦場ヶ原ひたぎ」エヴァンゲリオンの「アスカ・ラングレー」です。クールな姿と可愛らしい性格のギャップ、素直になれない不器用さが微笑ましく、さまざまな表情を見せてくれるため、魅力にひかれる人が多くいます。

ツンデレに共通する特徴


ここからは、男女共にツンデレな人に共通する特徴をご紹介します。どんな性格で、どんな態度を見せてくれるのかご紹介します。

弱い部分を相手に見せるのが苦手




ツンデレの人は普段は「1人でも全然大丈夫!」と、頼もしく強い姿を見せてくれます。しかしそれは素直になれない気持ちから、自分を強く見せようとしていることも。誰にでも弱い部分はありますが、素直になる方法がわからないため、人に弱さをさらけ出すことに躊躇してしまいます。

「何か困ってない?」と聞かれても、ついつい強がって隙を見せません。本当は助けてほしいのに、なかなかうまく伝えることができず、1人で悩んでしまうこともあります。

2人きりのときだけ優しい




好きな人にはとてもかわいらしい姿を見せてくれるのも、特徴のひとつ。人がいる場所ではクールなのに、2人きりになるといきなり優しさを見せます。普段まったく笑わず、冷たい表情をしていても、好きな人の前では笑顔を見せることも多いです。

素直になれない性格であっても、好きな人と一緒にいれば自然と顔がゆるんでしまいます。人前では気を張ってクールにしていても、2人きりなら素直になれます。誰にも見せない、かわいらしい姿のギャップに驚くこともあるでしょう。

意地っぱり




強がりゆえに、人に優しくされてもすぐに意地を張ってしまうことも多々あります。素直に甘えることができず、親切にされたことは嬉しいのに相手の気持ちを受け取るのが照れくさくなってしまうのです。

また、プライドが少し高い部分もあり、相手に頼ることで自分が弱く見えてしまうのではないか?と、心配になってしまいます。相手からの好意を強くはねのけてしまうこともあるので、その意地っぱりが原因で関係が悪くなってしまうこともあります。

文句を言いながら手を貸してくれる




実はツンデレな人は面倒見が良く、頼りがいがあります。そのため、困っている人に助けを求められると文句を言いつつもフォローしてくれるのです。「これくらい自分でやりなよ」と、口ではきつい言葉を言っても、困っている人の力になってくれますよ。

クールでツンとした印象とは裏腹に、根は優しい部分を持ち合わせています。頼られることも少し嬉しく感じていて、その本心を悟られないように文句を言って照れ隠しをするのです。しかし文句を言うことで、嫌々やってると勘違いされることも。親切心を持っているのに、それに気づかれないこともあるのです。

実は嫉妬深い




恋人ができてもツンとした態度でいることが多いため、あまり嫉妬しないと思われがちなツンデレさん。しかし、本当は嫉妬深く、異性が好きな人に近づくと不安になってしまうのです。でもその気持ちを恋人に素直に言えず、1人で抱え込んでしまいます。

寂しがり屋で甘えん坊な一面もあるので、恋人には自分だけを見ててほしいのです。しかし強い人と勘違いされてしまうことが多く、嫉妬はしないだろうと思われてしまいます。そこを察してほしいのに、あまりうまく伝わらないのがもどかしいですね。

本音とは真逆の言葉を言う




言葉と気持ちが比例せず、なかなか気持ちをうまく伝えられない不器用な性格でもあります。すごく嬉しい!と思っても感謝の気持ちを素直に言えず、ちょっと不満そうな態度や言葉を発してしまうこともしばしば。本当はすごく嬉しくて、喜ばしいのにそれを伝えるのが恥ずかしいのです。

そのため、何をやっても喜んでくれない……、と相手に勘違いされてしまうこともあり、それが原因で喧嘩になることも多いでしょう。本音と真逆の言葉を言ってしまうのもツンデレの特徴のひとつ。少し気難しいですが、天邪鬼な性格を理解することで勘違いが生まれず、良好な関係を作ることができます。

ツンデレはモテる♡その魅力とは?


なかなか本音が見えにくいツンデレさんですが、実は結構異性にモテるんです。なぜモテるのかも知りたい部分ですよね。ツンデレの魅力とは何か、ご紹介します。

ツンとデレのギャップに心が掴まれる




1番魅力はギャップです。普段はツンとしていてクールな印象をなのに、実はかわいい部分もある。そこが大きなギャップであり、魅力的に感じる部分なのです。言葉とは裏腹に行動や態度、表情はとても素直で人間味のある姿にキュンとしてしまいます。

嬉しいときは、嬉しくないような態度を見せながらも笑顔がこぼれてしまいます。困っている人には文句を言いながらも手を貸してくれるため、不器用ながらも優しい心を持ち合わせていて、愛らしく感じてしまうのです。もっと素直になればいいのに、と微笑ましい気持ちになれる姿が魅力を感じる瞬間なのでしょう。

一緒にいて飽きない




優しさや感情を素直に表に出せる人ももちろん魅力的ですが、行動や言葉が把握できてしまうためギャップはあまり感じません。しかし、ツンデレな人は自分が想定しないような行動や言葉を言ってくれるため、驚かされることが多いのです。そして気分屋な一面もあり、コロコロと変わる表情や行動も愛おしく感じるのです。

想定外のことをしてくれるため「今日はどんな顔を見せてくれるんだろう」とわくわくしてしまいます。気まぐれに悩まされることもありますが、それもかわいい部分で、魅力的なところです。いろんな姿を見せてくれるからこそ、一緒にいても飽きないで毎日が新鮮に感じられますよ。

自分にしか見せない顔がある




好意を持っている人にしかデレる姿をを見せないのもモテる理由です。「自分にしか甘えてこないんだな」と思うと、独占欲が湧いてきます。特別感を感じられるのが、嬉しいのですね。

周りには絶対に見せない笑顔、甘えた姿、恥ずかしがっている姿が恋人側からしたらかわいく、独占したくなります。自分に心を許してくれているのが伝わることで、今後も大事にしていきたいと思わせるため、そこがモテる理由なのです。

恥ずかしがり屋で寂しがり屋な一面




素直ではなく、自分が褒められることに慣れていない恥ずかしがり屋な一面も、モテる理由のひとつでしょう。そして1人でも強く生きていけそうな凛とした雰囲気があるのに、実は寂しがり屋。本当は弱い部分があるのに人前では見せないなんて、それを知った男性は守りたくなってしまいますよね。

口では寂しくないと言いつつも、本当の姿を知っているからこそ構ってあげたい、甘えさせてあげたいと感じます。性格や容姿を褒めても素直に認めず照れ隠しをする姿もかわいくて、ついつい褒めちぎってしまうでしょう。

ツンデレには短所もある?


内面を知らず、表面上だけ見られると短所が多く感じるツンデレ。どんなところが短所になってしまうのか、こちらも確認していきましょう。

冷たい人だと勘違いされやすい




普段はツンとしているので、あまり関りがない人からしたら「冷たい人だな」と思われてしまいます。本当は優しさや親切心があるのに、深く関わらないと見えてこない部分のため、表面上のツンとしたところが目立ってしまいます。そのため、人に冷たくドライな性格と勘違いされてしまうのです。

少しずつ関わっていけばデレの部分もわかり、そのイメージはなくなるかもしれません。でもツンの部分だけを見ている人からしたら近寄りがたいオーラ全開のため、せっかくの良いところを分かってもらえないのです。そのため壁を感じ、接しにくいと感じてしまうのです。

めんどくさい人と思われやすい




素直に自分の気持ちを言葉にすることができないため、そこが少しめんどくさいと思われてしまいがちです。嬉しい気持ちはあるのに素直になれずツンとした態度を取ってしまうと、相手に心の内が伝わらず何を考えているか分からない人だな、と解釈されてしまいます。

ツンデレな人だと事前に理解されていれば、喜んでいることも照れくさくて誤魔化していることも、おのずと分かってもらえます。しかし関りが浅いと「なんかめんどくさい人だな」と思われ、距離を置かれてしまいがち。ツンデレな性格だと相手に知られていなければ、恋愛が進展しないこともあるのでちょっと損をしてしまいます。

気持ちをわかってもらえない




行動と言葉がかみ合っていないので、どうしても気持ちが伝わりづらいです。本心を隠すために真逆の言葉を発してしまうので、それをストレートに受け止められてしまうと誤解を与えることになります。言葉の裏を察してほしいのに、それが伝わらないと関係が崩れてしまうことも。

本当は素直になりたいのになれない、強がってしまうことで相手に自分の本音が伝わらず、喧嘩になることも多いでしょう。ツンデレを理解できない人にとっては関わっていくことがすこし難しいかもしれません。

ツンデレな性格を恋愛に活かすコツ


では、どうしたらツンデレでもうまく恋愛をしていくことができるのでしょうか。モテる要素はたっぷりあるので、コツを活かせば楽しく幸せな恋愛をゲットすることができますよ。

好きな人にはなるべく素直に




なかなか素直になれない気持ちもわかりますが、頑張って素直になる意識を心がけましょう。好きではない人に愛想を振りまく必要はありませんが、親友や彼氏など、好きな人には素直でいることが大切ですよ。ツンとし続けると、相手になかなか気持ちが伝わらず、人間関係も恋愛もうまくいかない原因になります。少し素直になり、甘えることや本音を言うことを心がけてみてください。

素直になり過ぎて逆に嫌われてしまうのでは?なんて心配もありますが、そんなことはありません。あなたが頑張っている姿、恥ずかしそうにしつつも素直になろうとしている姿に相手はきっと心を打たれます。

ツンを出したらデレでフォロー




ツンデレの魅力は、ツンとデレのギャップです。そこをしっかりと活かすことで、誤解されず飽きさせない彼女でいることができます。少しツンとしてしまったら、すぐにデレてフォローしましょう。

例えば、彼にプレゼントを貰った場合。ツンとしてしまうと「別に欲しいって言ってないじゃん!」とうっかり本音と真逆の言葉が出てしまうことも。そのままで終わってしまうと、彼を悲しませることになります。

その言葉のあとに必ず、嬉しい気持ちを伝えましょう。直接言葉で伝えるのが一番ですが、伝えるの恥ずかしければ帰宅後にLINEやメッセージで伝えるのもいいですね。デレッとした姿をみせることで、あなたの本心はしっかりと伝わるのです。自分の気持ちをわかってもらいつつ、彼の笑顔もみれるので一石二鳥ですね。

1
2

関連記事