【夢占い】財布の夢が暗示するものは?状況・行動別の意味を徹底解説

財布の夢を見たあなた。その夢には、どんな意味が隠されているのでしょうか?財布が出てくる夢には、状況や行動によって良い予兆である「吉夢」、不吉な予兆である「凶夢」などそれぞれの意味が違います。あなたの見る夢が何を表すのか、夢のパターン別に紐解いていきましょう。

目次

財布に夢が出てきた!夢占いではどう見る?



夢から目が覚めたとき、やたら印象深く夢の内容を覚えていることってありますよね。ましてやその内容が、私生活において大切な「財布」だった場合、その夢の意味が気になってくるものです。

お金と深く関係のある財布ですが、夢に出てきたときはどんな意味を持つのでしょうか?夢占いの観点からみていきましょう。

そもそも夢占いとは?



そもそも夢占いとは何か。それは、夢の中で起こっている状況や人、場所などからみて、本人の自覚がない部分である「潜在意識」を表していくものになります。奥底に眠る本当の自分に気づき、知っていくことで自身や周りの人、状況と向き合うためのヒントが得られます。

また、自分の深層心理だけでなく、これから起こりうる未来への暗示という意味もあります。夢の内容が、現実でどう影響していくかも特に注意してみておきたいですね。では、さっそく「財布が出てきた夢」の基本的な意味からみていきましょう!

財布の夢の基本的な意味って何?



財布が夢に出てきたときに、意味することは2つあると言われています。

1つ目は、財運・金運



「財布」と「お金」については、夢だけでなく実際においても深く関係がありますよね。夢の中で財布がどのような状況で現れたかによって、見た人の金運、これから起こりやすいことがわかると言われています。

2つ目は、愛情・恋愛運



こちらは意外に思う方も多いのではないでしょうか。「お金」と「愛」は、比較されるほど相対するものととらえられていますよね。

実は、夢占いの中では「お金」「財布」は大切なもの。生きていくためには必要不可欠という人の認識から、「愛情」を示す夢とも言われているんです。夢の中での行動や、登場してくる人たちが、現実でも大きく関係してくる場合があります。また、家庭運や夫婦関係としての意味も持ちます。

財布の夢は、逆夢も多い



夢占いの意味をみるときには、「正夢」と「逆夢」と2つの見方で分かれています。正夢は、見た夢の内容が現実でも起こること。正夢については、知っている方も多いのではないでしょうか。

続いて逆夢は、正夢の反対の意味になります。「あっ財布にお金が入ってない……」という夢でも、現実では「宝くじ当たった!」など、夢での出来事とは逆の出来事が起きることを意味します。財布に関する夢を見たときには、この逆夢が多いのですよ。

もっと詳しく占いたい人は『ヴェルニ』もおすすめ♪

夢占いで財布が表す意味【自分の行動】



財布が出てくる夢占いには、主に「金銭面」「対人関係」が表れます。ただ、その夢もシチュエーションによって意味が大きく違ってきます。あなたが見た夢は、どんな場面で財布が出てきたのでしょうか?行動別に、夢が教えることをみていきましょう。

財布を拾う夢



自分が財布を拾っている夢は、二つ意味があります。

一つ目は、金運



こちらは、拾った財布によって意味が違います。

・綺麗な財布を拾った場合
手入れの行き届いた綺麗な財布を拾った場合、あなたの金運が上昇している兆しです。臨時収入があったり、給料が上がったり、現実でも金銭面で良いことがありそうです。

・古い財布を拾った場合
あなたの金運は、今低下しているかもしれません。手入れがきちんとされていない財布を拾った場合、汚れていたり、傷が付いていたりと財布の状態がそのまま、あなたの金運へ影響していると考えましょう。今は、お金が出ていきやすい時期です。急な出費が出る可能性も考え、お金を使うのはしばらく控えておいたほうが賢明です。

二つ目は、恋愛運



財布を拾う夢は、実は幸せの兆しと言われるほどの吉夢です。人との関係において、何をやるにもスムーズに物事が進みそうです。仕事でも恋愛でも上手くいきやすい時期となります。

特に影響が大きいのは恋愛運で、気になる相手がいる方は関係が進展しやすい時期ですよ。周りの人からの協力を得られることで物事が上手くいく時なので、グループで食事をしたり、共通の知り合いに相談してみたりするとより良い方向へ。恋人や夫婦関係も円満にいきやすい時期ですので、お互いを思うことで関係が深まります。「運気が良いから大丈夫」と過信せず、今の関係を大切に過ごしましょう。

財布を購入する夢



財布を購入する夢は、金銭面でのトラブルに遭いやすい時期となります。特に新品の財布が出てくる夢は、詐欺に遭いやすい予兆となるので、当分の間はお金の貸し借りは控えましょう。

購入する財布を悩んでいる



どの財布を買おうか迷っている夢は、自分の心に迷いがあることを指します。それは、仕事をこの先どうしたいかであったり、恋人との関係性、将来的な不安であったり……。自覚がない方は、今の現状に「本当はこうしたい!」という自分の本心が隠れているのかもしれません。

財布を人に預ける夢



財布を人に預ける夢は、吉夢です。特に、人間関係が良好な兆し。夢の中での財布は、自分の大切なもの、または心として表れています。「財布を預ける」という行動には、自分の大切なものを人に預けられる、任せられることを意味するのです。

近いうちに、心から信頼できるような人が現れる素敵な暗示です。夢の中で財布を預けた相手が、キーポイントとなりますよ!現実では、どうでしょうか?もしかすると、もう出会っているのかもしれません。

財布を探す夢



財布を探す夢は、今の現状を変えたいという思いを表しています。「財布=大切なもの、心」を探している夢は、心の奥底で何らかの変化を求めているとき。まずは、自分の隠れている気持ちを知って、素直に行動してみてはいかがでしょうか。

探している財布が見つかった場合



探して探して、ようやく見つかった財布。スッキリするような夢ですね。この夢は現実でも同じように、長年抱えてきた不安や迷いからスッキリ解放されるサインで、とても吉夢なんです。先のことへの不安や迷いは人それぞれですが、この夢を見たときは、心思うままに進む方が良い選択となりそうです。

見つかった財布が小銭入れだった場合



昔、人に貸したお金が元に戻ってくる予兆です。自分の抱えるモヤモヤの意味なども含め、あなたの今までの出来事や考えが清算されるでしょう。リセットした状態で、もう一度スタートできる時期なので、特に、転職などを考えている方は、この夢を見た今がベストタイミングですよ。

財布を捨てる夢



財布を捨てる夢は、逆夢でお金への執着が強くなっている意味があります。この夢を見たときは、お金を追い過ぎてしまうと悪い結果へと繋がりやすいので、ほどほどに。浪費癖(ろうひぐせ)がある方は、金銭管理の見直しが開運のポイント。

今の第一優先が、「お金を稼ぐこと、増やすこと」となってしまっている場合は、今優先すべきものは何かをもう一度考えてみるとおのずと自分の目的もわかるはずです。

財布を整理している夢



財布の整理整頓(せいりせいとん)をしている夢は、お金に関する悩みを解決したいことを表しています。

整理ができた



財布の整理がし終わった夢は、金銭面での悩みが解決する兆し。夢の中でいるもの、いらないものと分別できたとき、お金の使い道もハッキリ見えてきます。

整理ができない



整理ができない場合は、金銭面での悩みが続きそうです。ただこの夢を見たときは、一人で悩みを抱えていても解決できそうにありません。人に相談することで解決の糸口が見えてくるので、親しい知人や家族に相談してみてはいかがでしょうか。ただ、「お金を借りる」という直接的な意味ではなく、違う方向から解決できないかを意識して相談することがポイントです。

財布の中を何度も確認する夢



夢の中で、財布の中身を何度もみてしまう。そんな夢を見たときは、今からはじめようとすることへの注意として受け取ってくださいね。新たなことへチャレンジするのは、とても大切です。ただ、そのタイミングは今ではありません。念入りに準備をしてから始めた方がスムーズにことが進むようです。

夢占いで財布が表す意味【シチュエーション】



次は、夢の中でのシチュエーションについてです。行動と違い、シチュエーションは自分の意志とは違う動きをみせることがありますね。夢の中での場面は、現実ではどう関係してくるのでしょうか。

財布が盗まれる夢



財布が盗まれる夢は、あまり目覚めの良い夢ではありませんが、実は吉夢です。この場合は逆夢としてみるので、「盗まれる」とは逆で金運が上昇することを意味します。

また、人間関係も良好となる兆しが出ているので、人付き合いも積極的にしていくことで開運に繋がるでしょう。夢に出てきた方が、今のあなたに必要な存在かもしれません。知人が出てきたとしたら、その方との繋がりを大切にしましょう。

盗まれた財布を取り戻す夢



盗まれた財布を取り戻す夢も、良好な人間関係のサインとなります。特に、関係の修復の兆しが出ているので、疎遠になっている知人がいる場合、ひょんなことからまた関係が復活するかもしれません。気まずいまま話せていない知人がいるなら、この夢を見たタイミングで共通の知り合いに関係を取り持ってもらうなどアクションを起こすと良いでしょう。

財布を盗む夢



自分が財布を盗む夢は、現状に満足していないことの表れとなります。夢の中での財布は、「大切なものや、心」。人の大切なものを盗むということは、他人が妬ましく、今置かれている現状に不満があるということ。

誰でも、何かを羨ましく妬ましく思うことはあります。ただ、そればかりを強く思ってしまうと悲しいですね。今一度、自分は何が不満で、何を求めているのか問いただしてみてくださいね。

財布をなくした夢



財布を無くした夢は、要注意です。前述でもありましたが、大切なものや心を表した財布。無くすということは、自分にとって大事な何かを失うという意味です。大切なものとは、人や場所、ものなども指します。それらを失う暗示となっているのです。

あなたにとって、大切なものとはなんでしょうか?この夢は、今のあなたへの忠告。特に、夫婦関係や恋人とは、思いやりが欠かせない時期です。また、あなたの失うことが怖いという不安からことが悪化してしまうことも……。執着心を持ちすぎぬよう、注意してくださいね。

財布を忘れる夢



財布を忘れた夢は、対人関係の運気が低下してしまいます。夢に出てきた場所に繋がる人との関係が悪化する恐れがあります。家や職場などが出てきたときは、接し方に気を配るよう心がけましょう。

財布を置き忘れた夢



財布をどこかに置き忘れてしまった夢、こちらも注意が必要です。今まで自分が築いてきたものが崩れてしまう暗示が出ています。全てのことに手を尽くし過ぎることが原因となってしまうため、今は何を最優先すべきか見極めましょう

今、あれこれ手を出してしまう行動は控えるべきです。家族や職場、今大切にしていることがあるのなら、そちらに目を向けてみてくださいね。

財布を落とす夢



財布を落としてしまった夢は、逆夢としてみます。ここでとらえる財布はお金を表しますので、お金が自分のもとに回ってくるという意味となります。ただ意識しておきたいのが、一時的な金運の上昇ですので散財は控えておきましょう。

人間関係については、逆夢ではありません。信頼や大切なことを見落としやすい時期で、人との接し方に十分気をつけましょう。失恋の兆しも出ているため、恋人との会話にも気を配る必要がありそうです。
1
2

関連記事