イライラしたときの対処法や考え方を紹介!ストレスフリーで生きる♡

あなたは日常の中でイライラしてしまったとき、どのように対処していますか?自分の思い通りにいかなかった、他人から嫌なことを言われたなど、イライラの原因はさまざまですが、その感情を上手に落ち着かせることも大切です。

イライラがどうしてもおさまらなくて困っているという人は、この記事を読むと考え方が変わるかも知れません。今回はイライラの対処法や、イライラしたときの感情の変換の仕方を紹介します!



目次

イライラしたときって一体どうすればいいの?



イライラしたときに、感情が制御できずに人に当たっていませんか?自分で感情をコントロールしたくてもできなくて、悩んでいる人も多いでしょう。

ここからは、イライラしたときに気持ちを落ち着かせる方法や、役立つ考え方、ストレスの対処法を紹介します。また、イライラしない人になるには、日々どのように過ごせば良いのかもまとめました!ぜひ参考にしてくださいね!

そもそもイライラする原因ってなに?



そもそも、どのようなきっかけでイライラするのでしょう。まずは、イライラする原因を探ってみましょう!

自分が許せない行動を相手が行った





自分の決めたルールや、自分の価値観に反することを相手が行った場合などに、イライラの感情が生まれます。例えばグループで何かを作り上げるときにサボっている人がいると、その人に対してイライラしてしまうでしょう。

「グループ活動では、みんなで一緒になって作り上げていくもの」という価値観をもっているため、グループを乱されてイライラする感情が生まれるのです。このように、自分に対してのことだけでなく、第三者に向けてむかついたりイライラしたりすることもあるでしょう。

思い通りの結果にならなかった



自分が思い描いている通りにならず、悔しい結果となった場合にイライラの感情が生まれます。例えば、あなたが職場で後輩に仕事を振ったとして、後輩が自分の指導通りに仕事をせずに我流で進めて、その結果失敗をしてしまい、あなたも後輩と一緒に上司から叱られてしまったとします。

そんな状況になったら、なんで自分の指示通りに従ってくれなかったのかとイライラしてしまいますよね。自分の予想に反した行動を相手がとり、自分の想像通りにならなかった際にこのような感情が生まれます。

後ろめたいことに対して指摘された





自分自身が罪悪感やコンプレックスをもっていることに対して指摘された場合に、イライラの感情が生まれます。

例えばあなたが婚活をしていて、自分は必死に頑張っているにも関わらずご縁がなく、結果に繋がらないということもありますよね。そんな状態で第三者から、「まだ結婚しないの?」「良い人見つからないの?」「早く結婚した方が良いよ」などと気持ちを逆なでされたら、悲しさとともにイライラした感情が湧いてくるでしょう。

結婚したくてもできない、というコンプレックスを刺激されたことによって、このような感情が生まれるのです。

やるべきことが多すぎる



今しなければならないことが溜まりに溜まっていて、追い詰められているときにイライラの感情が生まれます。

例えばあなたに子どもがいるとしましょう。子育てをしながら家事をこなし、さらに日中は仕事もしなければなりません。仕事がやっと終わって帰宅し、子どもの世話や掃除、洗濯、食事の準備など、やることが山積みな状態だと、頭がパンクしてしまいますよね。

このように、今やるべきことが多すぎて処理しきれず、心に余裕がない状況でイライラしてしまいます。

イライラしたときに試したい!心を落ち着かせる方法





毎日を楽しく過ごしたいところですが、人生いろいろある中で、負の感情になってしまうことは仕方がありません。そのような状況でも、すぐに心を落ち着かせる方法があります。

大きく息を吸って吐く



イライラしているときは、気持ちが高ぶっている状態です。そのような場合は深呼吸をしてみてください。深呼吸には、気持ちを安定させる力があります。深く息を吸い込み、体全体を使って息を吐くよう意識して行います。

深呼吸することで心を落ち着かせ、感情がリセットして、コントロールできるようになります。冷静さを取り戻すために、深く呼吸をしてみましょう!

自分の感情や状況を客観視してみる



イライラしているときは、第三者として、自分の今の状態を少し離れた場所から見ている人になりきりましょう。

「なぜ私は今イライラしている状態なのだろう。」「その結果どうなるんだろう?」と、いま自分に起きていることを客観的に見てみます。

そうすることで、なんだか他人事のように思えて、気持ちが冷静になりませんか?視点を変えることで気分も変わるかもしれません。

6秒間耐えてみる



怒りの感情は突発的なもので、人間の怒りの感情のピークは、約6秒で過ぎ去ると言われています。したがって、イライラしたらすぐに何も考えないようにして、6秒間を心の中で数えてみましょう。心を「無」にさせることがコツです。

イライラの感情が重なって、感情的になってしまうこともあるでしょう。そのような場合は怒りの感情のピークが過ぎ去るまで待ってみてください。

場所を変えて気分転換する





負の感情のままその場にとどまっていても、イライラが募る一方です。さらにその場の空気も悪くなりますよね。そのような場合は、いったんその場から離れてみましょう。体を動かしたり、場所を移したりして、頭を冷やす時間を設けてみてください。

景色が変わると気分も変わります。開放的な場所で深呼吸をしてみてください。イライラの感情から解き放たれ、気持ちがリフレッシュされますよ。

紙に書き出してみる



自分の感情を客観視するための手段として、自分の気持ちを言葉にして整理する方法があります。頭の中で言葉に変換して、それを紙に書き出すのです。

イライラする理由は何だったのか、なぜイライラが収まらないのか、殴り書きでも構わないので、思いの丈を書き出してみましょう。気分が晴れずにイライラが全く収まらないところで、このように感情を客観視すると、不思議と感情が落ち着いてくるはずです。

そのことについて考えるのをやめる





イライラしたまま行動を続けると、上手くいかなかったり、感情に左右されたままに思ってもいないことを発言したりしたことありませんか?イライラを長引かせても、あまり良いことは起こりません。

イライラしてしまったら、まずその事柄に対して考えることをやめましょう。瞑想をして「無」の感情にするのも良いし、楽しかった思い出や面白い話などの別の事柄を考えてもOKです!頭の中を違うことにすり替えると、感情も変化していくはずですよ。

水を飲む



水には心を落ち着かせてくれる「鎮静効果」があります。怒りなどで興奮したときに水を飲むと、脳に集まった血液を胃や腸に流し、体の緊張をほぐしてくれるのです。

「水でも飲んで頭を冷やしてみたら?」などというフレーズを聞きますが、これはあながち間違っていないのです。水を飲んで一息ついたら、不思議とイライラとした感情が収まっているでしょう。

イライラしたときにしてはいけないことは?





イライラしているときは周りが見えなくなり、突発的に行動しがちです。しかし、イライラの感情が続くとは正常な判断ができない状態にあるため、良い方向にはいかない場合があります。

悪い方向へ向かわないために、イライラしたときにしてはいけないことを、心の隅に置いておきましょう!

自傷行為をする



自傷行為とは、髪の毛を抜く、体に傷をつける、爪を噛むなどといった、身体を傷つける行為を指します。

イライラがつのって、負の感情を紛らわすために自傷行為を行うことが多いようですが、この行為は絶対にやめましょう。一度やってしまうとクセになり、また繰り返してしまう恐れがあります。

暴飲暴食をする





イライラしてストレスがたまると、食に逃げたくなるときもありますよね。しかし、暴飲暴食は禁物。また、お酒も控えめにできると良いでしょう。

暴飲暴食により体調を悪くすることはもちろんのこと、暴飲暴食をしてしまったことに対して自己嫌悪に苛まれるなどの、精神的な面でも負の状態に陥ります。

自分を責める



イライラしているのは自分のせいだと、自分自身を責めてしまっていませんか?きっとあなたは責任感が強いので、そのような感情が生まれるのでしょう。しかし、そのように自分を責めていては、自分自身が傷ついてしまいます。

イライラの感情が生まれることは仕方のないものなのだと、開き直ってみるのはどうですか?少しだけでも気分が楽になるはずですよ。

人や物に八つ当たりする





イライラしているときに感情的になり、人や物に当たりたくなることもありますよね。しかし、周りの人に暴言を吐いたり、近くにあるものを投げたり壊したりすると、あなた以外の人や物も傷つけてしまいます。

さらにあなたが冷静になったときに、その言動に対する後悔により、さらにあなたを追い詰めてしまう恐れもあります。

重要なことを決定する



イライラしているときは突発的に行動しがちで、正常な判断ができない状態になっています。そのような状況で重要なことを決めようとすると、いつも自分ではしない決定をしてしまう恐れがあります。

重要なことを決定しなければならない際は、気分を変えて一度冷静になってから、改めて考えた方が良い方向に進むかもしれませんね。

イライラしたときに役立つ考え方





イライラすることに対して、根本から考え方を変えてみるのはどうですか?イライラすることに対して、見方を少し変えると、違う世界が見えてくるかもしれません。

イライラしても自分が辛くなるだけ



イライラしているときは、「楽しい」「面白い」と感じることはないはずです。むしろマイナス思考になってしまい、どんどん辛くなってしまうでしょう。

マイナスの感情になる時間をなるべく控えて、自分が楽しいと思える時間を増やした方が良いですよね。

イライラしている時間がもったいない





イライラしているその瞬間も、楽しいと感じている瞬間も、すべて時間は平等に進んでいってしまいます。そのように考えると、イライラしている時間はもったいなく感じてしまうでしょう。その時間を、少しでも楽しいことを考えた方がお得ですよね。

イライラすることのメリットはない



イライラしたことに対して、後で冷静になって考えてみたら大したことではなかった、ということはあるのではないでしょうか。このように、イライラしたことに対してメリットがない場合が多いのです。

少し考えたらイライラのメリットがないことがわかるので、それまで感情を我慢して、心が落ち着くまで待ってみてください。

イライラしない人になるには?





イライラすることに何のメリットがない、ということがわかったところで、続いてはイライラしないためにはどうすれば良いのか説明していきます。

1
2

関連記事