イライラしたときの対処法や考え方を紹介!ストレスフリーで生きる♡

自分と他人を比べない



他の人は簡単にできているにもかかわらず、どうして自分はできないのだろうと、自己嫌悪に陥ってしまうこともありますよね。

しかし、人間誰しも得意不得意があります。あなたにも得意な分野や良い所があるはずです。人と比べることをなるべく控えるようにして、自分自身を認めて、褒めてあげてください。

定期的にストレスを解消する時間を作る





心に余裕がなくなっているとき、ちょっとしたことに対してもイライラしてしまいますよね。定期的にストレスを発散させて、ストレスを蓄積しないようにしましょう。自分がリラックスできる空間を作って、心や体を癒してあげましょう。

何にイライラしてしまうか把握しておく



自分が何に対してイライラしやすいのか、考えてみましょう。自分のイライラの傾向がわかると、事前に何か対策できるはずです。

怒り以外の感情に変換する





相手に対してイライラしている場合は、ただ怒りを伝えるのではなく、自分の本心を伝えてみるのはどうでしょうか?

自分の気持ちを話して、相手に理解してもらえれば、「なんで私の気持ちをわかってくれないの?」とイライラすることが少しでも減るかもしれません。

イライラしたときのストレス解消法





イライラしたときは、心と体を休めましょう。イライラした際に効果的なストレス発散方法を紹介します。

まったりお風呂に入る



お風呂にはリラクゼーション効果があり、心を休ませます。また、入浴の際の浮遊作用により筋肉や関節を緩め、体の緊張もほぐします。さらに、脳の緊張や疲れも和らげる効果もあるようです。

毎日シャワーで済ませている人は多いでしょうが、ストレスを解消させるためには、きちんとお湯につかることが大切です。

思いっきり歌う





ストレス発散方法として、カラオケなどで思いっきり歌うことも挙げられます。大きな声を出すことで、気分がすっきりとしますよね。自分の好きな曲を、思う存分歌ってみましょう。自分の中に抱え込んでいる感情を、発散させてください。

気が済むまで寝る



しっかりと寝ることで心と体の両方を休息させ、回復させることができます。ストレスを抱えているときは、アラームをかけず、思いっきり気が済むまで寝てみてください。

朝起きたら、スッキリとした気分で目覚めることができ、イライラの感情も収まっているでしょう。睡眠不足はイライラを悪化させてしまいます。十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

お茶を飲んでリラックスする



自分の感情がコントロールできない場合は、何か飲み物を飲んで一息ついてみましょう。お茶を飲んで休憩をはさむことで、体の力が抜けて心を落ち着かせることができます。

飲み物は緑茶や紅茶、コーヒー、ハーブティー、炭酸飲料なども良いでしょう。カフェインの強いものを大量に摂ると、睡眠の妨げとなるため注意が必要です。リフレッシュして気分を入れ替えてから、行動してみてください。

趣味に没頭する





イライラのストレスから逃げるためには、他の事柄に没頭するのも良いでしょう。特に、趣味などの自分の好きなものに取り組んでみましょう。好きなことに集中して取り組むことで、負の感情を忘れられます。

体を動かしてみる



運動をすることで体の血の巡りが良くなり、心も体も晴れやかになります。気分もスッキリとしますよね。イライラした際には、体を動かして、外の空気を吸ってみてください。

普段家にいることを好む人も、たまには気分転換として外に出て軽い運動をしてみてはいかがでしょうか。

ストレス解消にはヨガがおすすめ♡



イライラすることが増えたり、どんな運動をしたらいいかわからなかったりする人には、ヨガがおすすめです。特にオンラインヨガなら自宅ででき、他人と関わらず一人で行うことができます。

ヨガには運動効果だけでなく、自律神経や心を整える効果があると言われています。また、初心者用のクラスや、レッスンではなく動画を見ながら自分のペースで進められるものも。特別なアイテムを用意しなくてもお家ですぐに始められるので、運動へのハードルも下がるのではないでしょうか?

SOELUでオンラインヨガを始める♡

気の合う友人に話を聞いてもらう





イライラとした気持ちを誰かに吐きだしたい、誰かに聞いてもらいたい、誰かに認めてもらいたい。そのような気持ちになったことはあるのではないでしょうか。イライラの感情が収まらず、自分ひとりで処理することが難しいこともあるでしょう。

そのようなときは、あなたが心から信頼している家族や友人に話してみましょう。認めてもらうことで安心できたり、別の視点からのアドバイスが貰えたりするかもしれません。一人で抱え込まず、周りの助けも借りてみましょう!

イライラをおさえられる言葉



イライラが重なって感情がどうしてもおさえられない場合、ここで紹介する言葉を何度か心の中で唱えてみてください。少し気持ちが楽になるかもしれませんよ!

「まぁいいか」





イライラしたことに対して、後で冷静になって考えてみたら大したことではなかった、ということはよくありますよね。

したがって、イライラした際には「まぁいいか」とすぐに気持ちを切り替えて、悩みに対して見切りをつけてみましょう。ささいな悩みに対してイライラを長引かせても、自分が辛くなるだけなのです。

「大丈夫」と認めてあげる



物事がうまくいかずイライラしてしまったときは、「大丈夫」と言い聞かせ、自分自身を信じてみてください。

まずは自分を一番に認めてあげるのです。ネガティブな気持ちが、徐々にポジティブになっていくでしょう!

「なんとかなる」





どう頑張っても上手くいかずにイライラしてしまう時に、「なんとかなる」と自分自身に声をかけてみましょう。一度冷静になって考えてみたら、解決方法が見つかるはずです。「なんとかなる」とポジティブに言い聞かせて、自信をつけましょう!

イライラしたら一度冷静になろう





イライラしたときの対処法や、イライラしないための考え方を紹介しました。イライラした際には一度心を落ち着かせて、感情を自分自身で対処できるようになると良いですね!

自分を責めるのではなく、認めてあげるとだんだんプラス思考になっていきますよ。イライラしてしまいそうなときには、イライラをおさえられる言葉を心の中で唱えてみてください。

(まい)
1
2

関連記事