足が臭くなる原因とは?正しい足の洗い方や改善法で臭いにサヨナラ!

家に帰ってきて靴を脱いだら嫌な臭いがした!自分の足が臭い!とびっくりしてしまう経験をしたことがあるかたも多いでしょう。夏場の蒸れは仕方ないし、誰でも汗をかけば汗臭くなると思っているかもしれません。でも夏だけではなく年中足が臭くて困っているという女性も実は多いんです。

足をしっかり洗っているはずなのにどうして?と疑問に思いますよね。もしかしたらあなたのケアの仕方が間違っていたり、健康面で問題があるかもしれません。どうして足は臭くなってしまうのでしょうか?


目次

ケアしているつもりなのに…どうして足が臭くなるの?


足の臭いには気をつけている、しっかりケアをしている!それなのに足の臭いがきつい……。と困っているかたも多いです。ケアをしても足はどうして臭くなるのか、何がいけないのかと悩んでしまいますよね。誰かの前で靴を脱ぐのが怖いと思っているかたもいます。

足の臭いの悩みがすぐに解消されればこんな思いをしなくて済むのに……。と考えてしまいますよね。どうして足が臭くなってしまうのかその原因を今から解説していきます。

足が臭い!その原因って?


足から嫌な臭いがモワッとするのはとても不快ですよね。自分でも思わず鼻を押さえてしまうほどの悪臭です。靴をしっかり洗えば臭いはとれる、靴を変えれば臭いがとれると思っているかたもいることでしょう。

実はそれは間違いで、足が臭ってしまう原因を知らない間に自分自身で作りだしているからなのです。原因は?足が臭くなってしまうのはどうしてなのか、まずはチェックしていきましょう。あなたにも当てはまるものがあるかもしれません。

雑菌


どんなかたの足にも皮膚常在菌というものが潜んでいます。この皮膚常在菌は肌にいい働きをしたり、悪い働きをしながら存在しているものです。でもこの皮膚常在菌が雑菌となって臭いの元になってしまうことがあります。

長時間靴を履き続けることで汗は靴下や靴の中でどんどん蒸れていきます。その汗や蒸れている状態の足が皮膚常在菌と混ざることで臭いを発生される原因になってしまうのです。

角質


要らなくなった角質は汗をかいたり、摩擦などによって剥がれる仕組みになっています。薄い角質であればアカになる量も少ないのですが、足の裏の角質はとても厚いのでアカの量も多くなります。

汗や摩擦によってアカが剥がれる量も多いとその分皮膚常在菌と混ざりやすくなり臭いの原因の元となってしまいます。かかとが硬くなっているのは古い角質が溜まっている証拠です。古い角質も臭いの原因になるのでしっかりケアしてあげなければいけません。

ストレスや疲れ


ストレスや疲れがどんどん溜まっていくと体からでる汗の臭いがきつくなったり、緊張したりすることで汗の量が増えていきます。

ストレスや疲れが多くなってくると疲労臭という臭いを発生させるようになります。精神的なストレスで出る汗は精神性発汗といい、自律神経などの乱れによって多く汗として体から出ていきます。ストレスを発散することができれば汗や臭いをなくすことができますよ。

こんな行動がさらに足が臭くしているかも!



足の臭いの原因を知り、しっかりケアをしているはずなのに、どうしても臭いがとれないと悩んでいるかたもいるでしょう。もしかしたらケアの方法が間違っているのかもしれません。

どんな行動が足の臭いをひどくさせるのでしょうか?あなたの足のケアの仕方や行動を見直していきましょう。

毎日同じ靴を履く


どんなコーディネートにも合わせることができるスニーカーや、仕事で履くパンプスなどは平日は毎日同じものを履いているというかたは多いでしょう。仕事用で一足を履きつぶしているというかたもいるかもしれません。

朝から夜遅くまで履いて次の日にまた同じ靴を履くと湿気が残ったままになり取りきることができないまま履き続けてしまうことになります。湿度の高い場所を菌は好むので雑菌の繁殖も早くなるので、できるだけ日替わりで靴を変えるなどして靴もしっかり休ませてあげることが必要です。

ストッキングなどを履く


ストッキングやタイツを履くことも足の臭いがひどくなる原因の一つです。ストッキングやタイツはナイロンやポリエステルなどの素材できており、汗を吸収しにくいものになっています。

ストッキングを履いたまま靴を履き続けると足が蒸れて雑菌が繁殖し臭いに繋がります。こまめに履き替えたり、靴を脱ぐ時間を作ってあげましょう。

足の爪が伸びっぱなし


黒い靴下を履くと足の爪に靴下の繊維が挟まっているという経験をしたことがあるかたも多いでしょう。足の爪が伸びっぱなしになっているとその中にゴミや爪垢などの古い角質が溜まっていきます。

親指はとくに内側に溜まりやすくなっているので臭いの原因になってしまいます。爪は伸びっぱなしにするのではなくいつでも綺麗に切り揃えておくようにしましょう。

足を覆うような靴を履いている


ブーツやヒールは足がしっかり覆われていて密封された状態になっています。密封されていると通気性も悪く靴の中に湿気がどんどん溜まっていき、最終的に湿度は100%近くに上がってしまいます。

女性はブーツやパンプスを履く機会も多いのでしっかり靴の湿気を取ってあげる、靴を脱ぐ時間などを作って湿気を溜めないようにしましょう。

足の臭いを改善する方法【正しい足の洗い方】


足の臭いをひどくさせてしまう行動に当てはまったものがあったかたもいるでしょう。キツイ足の臭いを改善するためには正しい足の洗い方をすることが大切です。ボディーソープでゴシゴシ洗っていたり、さっと流すだけで終わったり洗い方はさまざまです。どうすれば足の臭いを改善できるのか、足の洗い方を一度見直してみましょう。

洗い方1 角質をリムーバーなどで取り除く



まずは足の古い角質を取っていきましょう。専用の角質リムーバーややすりがおすすめです。角質を取るときは乾いた状態の足にするのが基本です。濡れた足にリムーバーを使うと必要以上に角質を取ってしまい乾燥がひどくなったり、水虫を引き起こす原因になります。週に1~2回を目安に乾いた足に使いましょう。

洗い方2 足をお湯につけてふやかす



角質を取った後は洗面器などにお湯を張って足をつけましょう。足にしっかり水分を吸わせると足の角質が柔らかくなり汚れも落ちやすくなります。足湯をしながら髪の毛を洗ったりすればお風呂時間を有効に使うことができますね。

洗い方3 薬用石鹸を使って洗う



足の角質が柔らかくなったら薬用せっけんや足専用の石鹸を使って洗っていきましょう。臭いを取るためにゴシゴシ洗うのではなく、しっかり泡立てて優しく揉みこむように洗っていくのがポイントです。

体と一緒にボディーソープで洗っているという人もいるでしょう。ボディーソープは保湿成分が含まれており、足を洗うと蒸れや汗の原因になってしまいます。足を洗うときは石鹸を使うようにしましょう。

洗い方4 爪や指の間もしっかり洗う



足の甲や裏側を洗った後は爪や指の間もしっかり洗っていきましょう。爪や指の間は蒸れたり、古い角質や繊維などの汚れ溜まりやすい場所です。伸びた爪の間は専用の爪ブラシを使えば細かい部分もしっかり洗うことができますよ。臭いが溜まりやすい場所なので汚れをしっかり落とすようにしましょう。

洗い方5 しっかりすすぎ乾かす



石鹸で洗い終わったらしっかりすすいでいきましょう。石鹸カスの残りも足の臭いの原因になるので指の間などもしっかりすすいでいきます。すすぎ終わったら足に水分が残らないように水気をしっかり拭き取りましょう。

お風呂上りにスリッパを履いている人もいますが足の臭いを改善させるには、お風呂上りは足が完全に乾くまでスリッパは控えようにしましょう。

足の臭いを改善する方法は?【その他】


正しい足の洗い方を取り入れるだけでも臭いを改善することはできますが、それ以外にも日常的なケアをプラスすることでより臭いを抑えることができます。臭いの元から改善したいですよね。日常的なケアにも力を入れて臭いとさよならしましょう!

匂いを徹底ケアしたい方はこちら!『デオシークシリーズ』

通気性のいい靴下に変える



お洒落な靴下もいいですが、足の臭いを改善するためにもできるだけ通気性のよい靴下を選ぶようにしましょう。ランニングやウォーキング用の靴下を使ったり、指の間の通気性をよくする5本指ソックスなどもおすすめです。履いた靴下はそのまま洗濯機の中に入れるのではなく手洗いで一度洗うことで臭いをしっかり取ることができますよ。

重曹を使う



足の臭いがきつい……という場合は重要を使ってみましょう。重曹は臭いの元を中和させる働きがあるので臭いをしっかり取りたいというかたにおすすめです。やり方はとても簡単で洗面器いっぱいのお湯に大さじ2~3杯の重曹をいれるだけでできあがりです。臭いが特に気になる時は数日実施してみましょう。

汗をかいたらこまめに拭く



たくさん汗をかいたとき汗を抑えたり、臭いを抑えるためにボディーシートで体を拭くことがありますよね。脇や体だけを拭いて終わりというかたがほとんどだと思いますが、足も専用のフットシートを使って拭いてあげましょう。嫌な臭いや汗を拭き取ることができますし、さらさら状態を保つことができるので蒸れも防ぐことができますよ。

ストレスを溜めない



ストレスも足の臭いの原因になるのでストレスを溜めない生活をすることが臭いの改善に繋がります。リラックスできる時間を作ったり、夜は早めの就寝を心がけたり、趣味を楽しむ時間を作ればストレスを解消させることができますよ。足の臭いがストレスになってしまうこともあるのであまり意識しないことも大切です。

足の嫌な臭いにサヨナラ!おすすめの消臭アイテム5選


足の臭いを改善させるために消臭アイテムを取り入れることも大事なポイントです。消臭アイテムを使えば足の臭いをより改善させることができます。商品のいいところをまとめたのでぜひ参考にしてみてくださいね!

ティノン(tinon)



足の匂いやむれ、汗のケア特化で作られたティノンは、厚生労働省有効成分認可済みの信頼がおける商品です!制汗と殺菌に加えて、足の「乾燥」にアプローチ。スプレーやクリームで効果が感じられなかった人でも、効果を実感しやすいと評判になっているんです。
詳しい口コミ等、公式サイトでチェックしてみてください。

【公式】ティノン(tinon)を詳しくチェック♡

Dr.Scholl(ドクターショール) 『消臭・抗菌 靴スプレー 無香性タイプ』


こちらの消臭・抗菌靴スプレーは372種類の細菌や強力なカビに作用して足の臭いを99%抗菌してくれるスプレーです。瞬間消臭なのに効果が長続きしてくれる優れものです。鞄に入れておけば足の臭いが気になったときにサッとスプレーすることができますよ。簡単にケアできるのもおすすめポイントです。

Dr.Scholl(ドクターショール) 『消臭・抗菌 靴スプレー 無香性タイプ』
Amazonはこちら♡


グランズレメディ『グランズレメディ』


ニュージーランド生まれのグランズレメディは足元の嫌な臭いを天然成分の純白パウダーで徹底的に除去してくれる優れものです。付属のスプーンで約一杯ずつ靴の中に振り入れ、軽く揺すって置いておくだけで効果を実感することができます。振り入れてそのまま履くこともできますし、夜に入れて朝そのまま履いてでかけることでより消臭効果を実感することができます。

グランズレメディ『グランズレメディ』 Amazonはこちら♡

足の臭いにさようなら!



足の臭いって自分だけではなく周りの人にも迷惑をかけてしまうこともありますよね。靴を脱ぐのも嫌になるほどです。でも足の臭いの原因を知り、正しい方法で足を洗ってケアすれば誰でも足のきつい臭いも改善させることができます。体だけではなく汗をたっぷりかく足にも丁寧にケアしてあげましょう。自信の持てる足を目指しましょう!

(まい)
1

関連記事