ショート・ボブさんに似合うハイライトカラーを紹介♡アレンジも必見

見た目もさわやかなショート・ボブヘア。かわいらしく人気のヘアスタイルですが、髪が短くなってしまうためアレンジの種類が少ないのが難点ですよね。そこでおすすめなのがハイライトカラー!部分的に明るいトーンのカラーを入れることで、立体感や透明感をアップさせることができます。

この記事ではハイライトの種類から実際のヘアスタイル、またハイライトを生かしたアレンジの方法までご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

ショート・ボブさんはハイライトに挑戦してみない?



ショートやボブヘアをもっとかわいくしてみたい!そんな女性の願いをかなえてくれるのが、ハイライトカラーです。劇的なイメチェンが難しいショートヘアでも、ハイライトカラーを取り入れるだけでガラリとイメージを変えることができます。普通のカラーだけではもの足りない、個性的なアレンジがしてみたいという方などにおすすめです。

そもそもハイライトとは



ハイライトカラーとは、ベースのヘアカラーよりも明るいトーンのカラーを部分的に入れるカラーリングのことをいいます。ハイライトカラーをすることでヘア全体に立体感や透明感を演出することができ、動きのあるヘアスタイリングも可能になりますよ。また、ハイライトにはさまざまな種類があり、なりたいスタイルや雰囲気に合わせて選ぶことができます。

ハイライトの魅力



動きのあるスタイリングやメリハリのあるヘアスタイルを作ることができるのが、ハイライトの魅力的なポイント。また部分的にヘアカラーを入れるため、明るい髪色にしたいけど派手になりすぎないか心配……。という方でも安心です。透明感やツヤ感を自然に演出することができ、オフィスなどでも取り入れやすいのが特徴。

また部分的なブリーチで済むため、ブリーチ剤による髪の傷みが心配という方でも気軽に明るいヘアカラーを試すことができます。重たくなりがちなボブヘアでも、ハイライトカラーを入れることにより動きのある軽やかなスタイリングに。白髪とのなじみもよく、白髪対策にも効果的です。

ハイライトの種類



ハイライトとひと言でいっても、自然でナチュラルなものから明るく個性的なものまで種類もさまざま。なりたい雰囲気やスタイルによって、選ぶべきハイライトの種類も異なります。ここでは代表的なハイライトの種類を5つご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

バレイヤージュ



髪の表面にハケで入れるハイライトカラーのことを、バレイヤージュといいます。カラーの量を微調整できるため、ナチュラルから個性的なハイライトまで幅広く取り入れることが可能。毛の流れをきれいに見せてくれて、自然な立体感を演出してくれます。毛先の動きだけでさまざまなアレンジができるため、マンネリ化しがちなショートヘアの方におすすめです。

グラデーションとの違いは、トップも明るく入れられるところ。トップと毛先を明るいカラーにすることで、立体感や動きのあるヘアスタイルができあがります。

シークレットハイライト



通常より極細のハイライトで、ナチュラルに仕上がるのがシークレットハイライトです。糸のように細いハイライトなので、ブリーチ剤を使用した明るいカラーでも自然に取り入れることができます。派手にならないか不安……。という方でも安心してできるハイライトカラーなので、初心者さんにもおすすめ。ほかのハイライトと比べて、さりげない透明感や立体感を演出できます。

ナチュラルな仕上がりになるため、派手なカラーでもベースの髪になじみやすく、試しやすいのがうれしいポイント。今の髪型にちょっとしたアクセントを加えたいという方に、ピッタリのハイライトカラーでしょう。

ハイライトグラデーション



トップが細く、毛先に向かって広がっていくのが特徴のハイライトグラデーション。明るくなる範囲が大きくなるためナチュラルさには欠けますが、明るいヘアカラーにイメチェンしてみたい!という方にはおすすめのハイライトカラーです。雰囲気がガラリと変わるため、劇的なイメチェンができますよ。

あこがれのの外国人風ショートヘアーが叶うのも、このハイライトグラデーション。ショート・ボブヘアとこのハイライトグラデーションを合わせることで、垢抜けた印象になれるのがうれしいですね。

インナーハイライト



インナー部分に入れるハイライト。スタイルによっては、髪をおろすことでハイライト部分を隠すことができるのが大きな特徴です。オフィスではあまり明るい部分を見せたくない……。と悩む方でも取り入れやすいのがうれしいポイント。完全なインナーカラーとは違い、インナーの一部分にのみ入れるハイライトなので、ナチュラルで自然になじみます。アイロンなどで巻くと、裾からカラーがちらりと見えておしゃれですよ。

ブラウンカラーなどの自然なカラーもかわいいですが、赤・青・ピンクなどの派手なカラーを入れてみてもいいですね。まわりと被りたくない個性派の方はぜひ試してみてください。サイドのインナーに入れるハイライトなら、耳に髪をかけたときにカラー部分がちらりと見えて、さりげないおしゃれを楽しむことができますよ。

ローライト×ハイライト



ローライトとはハイライトとは逆で、部分的に暗いカラーを入れるカラーのこと。このローライトとハイライトを組み合わせることで、通常よりも奥行きがでるため動きや立体感がアップします。

メリハリのあるハイライトカラーなので、アレンジが難しいショート・ボブヘアでもしっかりと作りこんだようなスタイリングが可能です。細かく入れることでよりエアリー感が増し、軽やかなヘアスタイルを作ることができますよ。


ショート・ボブさんへのおすすめハイライトカラー《暗めヘア》


ショート・ボブヘアの方におすすめのハイライトカラー。ここからは初心者さんでも取り入れやすい、暗めのカラーをご紹介します。オフィスでも取り入れやすいナチュラルなハイライトなど、さまざまなカラーがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

黒髪×ハイライトで黒髪の重さをカバー



重たくなりがちな黒髪ショート・ボブヘア。ハイライトを入れることにより、軽やかさや動きのあるショートヘアにすることができますよ。また明るいハイライトを入れると奥行きがぐっと出るため、メリハリがでていいですね。ゆるく巻いて軽くワックスで整えるだけで、しっかりとキマるので毎日のアレンジが大変……。という方におすすめです。

グレージュ×ハイライトで大人っぽく



透明感があり落ち着いた印象のグレージュカラーに、ナチュラルなハイライトをプラスしたヘアスタイル。1色だけのヘアカラーでもいいですが、ハイライトカラーを入れることでおしゃれをより一層楽しむことができますね。ベースのカラーに合ったハイライトを選ぶと、ナチュラルな立体感が演出できます。オフィスなどでも取り入れやすい大人っぽいカラーリングなので、幅広い方におすすめです。

黒髪×ほんのりピンクで春色をプラス



黒髪にほんのりピンク系のハイライトカラーを入れた、季節感あふれるカラーリング。ほかにも青や赤などのカラーをハイライトとして入れることで、季節感を味わえる楽しいヘアカラーになりますよ。ふんわりとハイライトを入れることにより、黒髪でもしっかりとなじみます。

アッシュ×ハイライトでツヤと透明感を演出



アッシュカラーにハイライトをプラスすることで、透明感とツヤ感がアップ。かなり短いショートヘアでも、垢抜けた印象にすることができますよ。丸みのあるボブヘアは厚ぼったいイメージになりがちですが、アッシュ×ハイライトのヘアカラーを入れることで、軽やかで涼しげなヘアスタイルになれますね。

ベージュカラー×ハイライトで女性らしいやわらかさを



やわらかい印象のベージュカラーとハイライトを組み合わせることで、女性らしいガーリーな印象に。暗めのカラーでもベージュ系なら、暗く重たい印象にならずにかわいらしいヘアカラーにすることができます。ナチュラルなカラーリングなので、オフィスなどでも安心。ガーリーな服装などと合わせることで、より女性らしい印象になれますよ。


ショート・ボブさんへのおすすめハイライトカラー《明るめヘア》


ここからは、個性派の方におすすめの明るめのハイライトカラーをご紹介します。重たくなりがちなショート・ボブヘアでも明るめのハイライトカラーを取り入れれば、より軽やかで明るい印象のヘアスタイルになりますよ。

ミルクティーベージュ×ハイライトは透明感抜群



透明感があるミルクティーベージュとハイライトの組み合わせです。明るいへアカラーは派手なイメージが強いですが、透明感のあるミルクティーベージュをベースにすることで、垢抜けた雰囲気にすることができます。ハイライトを入れることにより、軽やかさがアップ。毛先の動きを見せることで、ナチュラルな印象を演出することもできますね。

ピンクアッシュ×ハイライトで個性的ヘアに



明るめのピンクアッシュに、ハイライトカラーを合わせたボブスタイル。アッシュピンクなので透明感があり、派手になりすぎないのがポイント。ベースにしっかりとなじんでいるハイライトカラーが、程よい立体感を演出してくれています。ピンク以外にも青やオレンジなど、自分の好きなカラーでチャレンジしてみても楽しいですね。

細めのハイライトで派手になりすぎない



細めのハイライトを入れることにより、明るいカラーでも派手になりすぎず、やわらかい雰囲気にすることができます。ゆるく巻くことでさらにふんわり感がアップ。思いきって明るいカラーにイメチェンしたいという方は、ぜひお試しください。

オレンジブラウン×ハイライトで外国人風ショートに



髪色を明るくしたいけど、金髪のように明るすぎるのはいやだ……。そんな悩みを持つ方におすすめのハイライトが、こちらのオレンジカラーを取り入れたものです。ベースのオレンジブラウンだけでもおしゃれなカラーですが、ハイライトを入れることで外国人風ショートヘアに変身。毛先を外ハネに巻けば、元気で明るいイメージのヘアスタイルになりますよ。派手になりすぎない明るさなので、初心者さんでも手が出しやすいハイライトカラーです。

1
2