化粧がよれる原因は?崩れにくいメイクテクや化粧直しのポイントも♡

朝早く起きて一生懸命頑張って化粧したのに、昼頃になると化粧が崩れていることに気づき、慌ててメイクルームで直したことはありませんか?化粧を直すためにファンデーションを重ねれば重ねるほどしわが目立ちやすくなったり、毛穴にファンデーションや皮脂がつまってニキビになってしまったという人もいるのではないでしょうか。

せっかく頑張って化粧したのですから、塗りたての綺麗な状態をキープしたいですよね?そこで今回は化粧がすぐによれてしまう原因と化粧を直す際のポイントをご紹介します。



目次

せっかく化粧をしたのによれてしまう……!防ぐ方法が知りたい!




毎朝化粧水でしっかりと保湿をして化粧下地にファンデーションなど色々重ねてしっかりメイクをしているのに、なぜか昼ごろになるといつも崩れてしまう。その崩れてしまう原因は「あること」に気を付けていないからかもしれません。そのあることとは一体何でしょうか。
 

化粧がよれる主な原因は?




化粧が崩れてしまう理由は何かわかりますか?汗や皮脂、乾燥や湿気など色んな理由がありますよね。確かに皮脂が分泌されれば、ファンデーションがよれてしまいますが、それ以外にもこんな理由があります。
 

暑い季節などに大量にかく汗


夏の暑い日は少し外に出ただけでも大量の汗をかきます。この汗が原因で化粧が溶け、口元や目元などのほうれい線に溜まってしまいます。ここにまた上からファンデーションやアイカラーなどの化粧を重ねてしまうと、どんどんよれてしまうので逆に老けて見えてしまいます。

 

肌質に合わない化粧




人間の肌は全員が同じ肌質というわけではありません。Tゾーンは皮脂でベタベタなのに頬は乾燥している混合肌、肌全体が乾燥している乾燥肌、全体が脂っぽい脂性肌など、人によって肌質は異なります。そのため自分の肌質にあった化粧品を使う方が、肌トラブルは起こりにくくなるでしょう。ですが、自分の肌質に合わない化粧品を使うと化粧が崩れやすく、肌トラブルも起こりやすくなります。

例えば、脂性肌の人が乾燥肌用の保湿力がある下地やファンデーションなどを使うと、皮脂やファンデーションのオイルで余計に化粧がよれやすくなります。ですから脂っぽくなりがちの人は、皮脂を抑えるような化粧品を選ぶことが大切です。肌質に合ったものを使わないとよれやすくなるので、まずは自分の肌質は何かチェックし、そのうえでお肌に適した化粧品を選んでください。

 

化粧水や乳液を付けた後すぐに化粧をしている




朝は自分の身支度だけでもバタバタしますが、お子様がいるご家庭は子供の身支度もあるので更に時間がなくなりますよね。とにかく女性は朝から大忙しなので、自分の身支度にかける時間を少しでも短縮したいという人が多いです。そんなとき、毎朝のスキケアを簡単に済ませていませんか。

化粧水や乳液を付けた後すぐに化粧をしてしまうと、まだ肌の上に化粧水や乳液の水分が残っています。この状態でファンデーションを乗せても水分や油分で肌にしっかり密着しないため、よれの原因になるのです。

ファンデーションののりが悪いという人は、化粧水や乳液がまだ肌に馴染んでいない可能性が考えられます。綺麗にファンデーションを塗らないと化粧のよれや色むらができやすくなり、実年齢より老けて見えたり疲れて見えたりする原因にもなってしまいます。

ベースを使わずに化粧をしている




朝は忙しくてスキンケアにあまり時間をかけられないという人もいらっしゃるでしょう。そんなときはオールインワンコスメで時間を短縮したり、慌てていて化粧ベースを塗るのを忘れてしまったりということもありますよね。しかし化粧よれを防ぐには、きちんと化粧ベースを塗ってからファンデーションを塗るようにしましょう。

化粧ベースには、スキンケアで整えた後のお肌とファンデーションを密着させる重要な役割があります。ベースでお肌を滑らかにしてからファンデーションを塗れば、しっかりと密着しているため時間が経ってもよれが起こりにくくなるのです。

下地とファンデーションが合わない




下地をしっかりと使っているのになぜかファンデーションがよれてしまう。それはきっとファンデーションと下地の相性が悪いのかもしれません。例えば下地はマットで皮脂を抑えるタイプのものを使っているのに、ファンデーションはつや感のあるしっとりタイプのものですと当然相性が悪いので、よれやすくなります。

どんなに値段の高いファンデーションや下地を使っても、お互いの相性が悪いと意味がありません。下地とファンデーションは同じ肌質タイプのものをチョイスするようにしましょう。

化粧がよれるのを防ぐ方法【スキンケア編】




化粧がよれてしまうのには毎日のスキンケアにも原因があるのかもしれません。特に秋冬にかけては、空気も冷たく乾燥しがちです。スキンケアは季節ごとに合わせて化粧水や乳液を変えるのが重要です。肌質別とシーズンごとにスキンケアを変えることで、化粧崩れを防ぐことができます。

 

オイリー肌だからこそ保湿を!



オイリー肌だと皮脂の分泌が多いので、化粧水を塗った後のべたつきが気になるのでは?そのため、いつもさっぱり系の化粧水や乳液を付けたり、化粧水だけ付けて乳液は付けないというスキンケアをしたりしている人もいるかもしれません。実はオイリー肌になる原因は乾燥です。皮脂が出る理由は、肌の乾燥を防ぎ埃や乾燥から肌を守るために分泌されているのです。

さっぱりし過ぎた化粧水や乳液では保湿力が足りないので逆効果です。肌表面は脂でベタベタですけど、肌の奥は乾燥状態。オイリー肌の人こそ、普段からしっかりと保湿をすれば皮脂の過剰分泌を抑えることができ、べたつきや肌のテカリが気にならなくなります。

 

〈乾燥肌〉メイク前にしっかりうるおいを




皮脂が少なくかさつきやすい乾燥肌は、メイクの前にしっかりとお肌にうるおいを与えましょう。どんなに高いブランドコスメを使っていても、お肌の上にのせるだけでは保湿が十分にされていないかもしれません。

手のひらに化粧水をたっぷり取り、人肌くらいに温めて、それから手のひらで化粧水を押し込むようなイメージで馴染ませていきます。こうすることで肌の内部までしっかりとうるおいを届けることができます。クリームもしっかり塗ってうるおいを密封させたら完了です。5~10分くらい置くと化粧水やクリームが浸透し、肌が落ち着くので、それからメイクをすると化粧崩れを防ぐことができます。

 

〈敏感肌〉成分に注意して!




敏感肌の人は化粧品の成分には特に気を付けましょう。化粧品の中にはエタノールやメチコンやジメチコンなどのシリコン油、香料に石油系界面活性剤などの肌への刺激が強い成分が含まれています。

これらの成分が配合された化粧品を使うと、湿疹ができたり赤くなってしまったりと肌トラブルになることも珍しくありません。そのため化粧品を購入する前には、まずは商品の裏にある成分表示を確認しましょう。敏感肌用と書いてあっても、刺激のある成分を多少使っている化粧品もあるので要チェックです。

化粧がよれるのを防ぐ方法【化粧下地編】




化粧をする上で重要な化粧下地。プチプラコスメからデパコスまでたくさんあるので何を選べばいいのか迷ってしまいますよね。化粧下地は高ければいいというわけではありません。自分に合った化粧下地選びがポイントになります。
 

肌質に合った下地を使う




脂性肌、乾燥肌、混合肌など、まずは自分の肌質をしっかりと理解することが重要です。自分の肌質に適した下地を使うことで化粧崩れを防ぐことができます。化粧品は肌に合っていることが重要で、値段が高ければ効果があるとは限りません。プチプラコスメの中にも、化粧崩れを防ぐ効果が高いものがたくさんあります。まずは自分に合った下地を見つけて使いましょう。

La Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 『UVイデア XL プロテクショントーンアップ』



La Roche-Posay UVイデアXLプロテクショントーンアップ Amazonはこちら♡

混合肌におすすめの化粧下地です。独自のマルチプロテクションテクノロジーで紫外線以外にも気になるPM2.5などの外的要因からもお肌を守ってくれる優れもの。光を反射して肌を綺麗に見せるトーンアップテクノロジーで、気になる肌のくすみをカバーしてうるおいとツヤをキープします。

PAUL&JOE(ポールアンドジョー) 『モイスチュアライジング ファンデーション プライマー』



PAUL&JOE モイスチュアライジングファンデーションプライマー Amazonはこちら♡

まるで美容液のような保湿力で、肌を満たす贅沢なうるおい感で透明感あふれる肌つやを実現します。肌をトーンアップするので、気になる肌のくすみをしっかりカバーしてくれます。

SOFINA(ソフィーナ) 『プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地』



SOFINA プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 Amazonはこちら♡

汗・皮脂に強く、気温や湿度が高い日でもテカリのないファンデーションの仕上がりを持続させます。時間が経ってもファンデーションが取れにくく、綺麗な仕上がりを維持することができるでしょう。気になる小鼻もテカりにくく、SPF20と紫外線カット効果も期待できます。

部分的によれる人は部分用下地を使って




朝はファンデーションが綺麗にのったのに、時間が経過すると小鼻やおでこが皮脂でテカる。目元のアイシャドーやアイライナーがいつもよれてパンダになってしまう。そんな人は部分用下地を使いましょう。意外と部分用下地を使っていると答える人は少なく、顔全体の下地をそのまま小鼻や目元などに使っている人が多いです。

もちろん、顔全体の下地を使ってもいいのですが、より崩れを防ぐためには部分用下地を使ったほうが時間が経っても小鼻やおでこなどの皮脂を抑えて綺麗を保つことができるので、ぜひ使っていただきたいアイテムです。

ETVOS(エトヴォス) 『ミネラルポアレススティック』



ETVOS ミネラルポアレススティック Amazonはこちら♡

細いスティックで小鼻の周りも塗りやすく、柔らかいテクスチャで毛穴の凹凸もしっかり穴埋め。ほんのりベージュカラーで黒ずみもしっかりカバーします。汗や皮脂で崩れにくくなっており、油性肌の人にもぴったりです。

JILL STUART (ジルスチュワート)『スムージングフラット プライマー』



JILL STUART スムージングフラットプライマー Amazonはこちら♡

柔らかいテクスチャで少量でも伸びがよく、つや感のある仕上がりになります。瞬時にサラサラになるので時間が経ってもテカりににく崩れにくい化粧下地です。美容成分配合で気になる部分の肌悩みをカバーしながらスキンケア効果もあり、フラットで滑らかな肌に仕上げてくれます。

WHOMEE (フーミー)『スムーススキンベース』



WHOMEE スムーススキンベース Amazonはこちら♡

乾燥や年齢が原因でくすんでしまった肌色を補正しながら、肌を整える秘密のスムース下地です。肌を引き締めて見せて、毛穴の凹凸もしっかりとカバーします。

化粧がよれるのを防ぐ方法【ファンデーション編】




あなたが普段使っているファンデーションには、化粧がよれるのを防ぐ効果はありますか?ただ値段が安いから、ハイブランドだからという理由で使っている人は、もしかしたら自分の肌に合っていない可能性もあります。

 

リキッドファンデーション




リキッドファンデーションは液状のファンデーションで、保湿力が高いので乾燥肌におすすめのファンデーションです。美容成分も入っており、少量でも伸びるので経済的でカバー力がしっかりあるタイプを選べばニキビ跡やくすみなどの肌トラブルをしっかり隠すことができます。

KATE (ケイト)『シークレットスキンメイカーゼロ(リキッド)』



KATE シークレットスキンメイカーゼロ Amazonはこちら♡

毛穴凹凸を一気にカバーし、肌にみるみる馴染んで厚塗り感も無くナチュラル肌に見せることができます。カラーは全部で6色あるので、自分の肌に合うカラーが見つかるはず。赤みや色むらをカバーして肌トーンがアップしたように見せてくれます。

COFFRET D'OR(コフレドール)『ファンデーション ヌーディカバーモイスチャーリクイドUV』



COFFRET D'OR ファンデーション ヌーディカバーモイスチャーリクイドUV
Amazonはこちら♡


乾いた肌や毛穴の凹凸、色むらまでヌーディにカバー。肌にツヤを与えるので乾燥肌の人におすすめのリキッドファンデーションです。カラーは7色、とろけるオイルを採用することで乾いた肌に吸い付くように密着し、スッと馴染むのでべたつきも気になりません。10時間色持ちするのでメイク直しの手間も省けます。

REVLON(レブロン)『カラーステイメイクアップ』



REVLON カラーステイメイクアップ Amazonはこちら♡

独自のロングラスティング処方で24時間落ちにくい・崩れにくい・ふわっと軽いファンデーションです。リキッドなので滑らかに伸びて、快適なつけ心地を維持します。肌の凹凸を補正し、毛穴や色むらをしっかりカバー。6つのうるおい成分配合で乾燥を防ぎつつ仕上がりはソフトマット仕上げます。ツヤがあまり好きではない、マットすぎるのもちょっと苦手という人に適しています。
 

パウダーファンデーション




コンパクトタイプで持ち歩きやすく、いつでもサッとメイク直しもできるのがパウダーファンデーションのメリットです。サラッとした軽い仕上がりのものから乾燥肌向けのしっとりしたタイプ、カバー力が高いものなど色々ありますよね。パウダーファンデーションもお値段と関係なく、肌質に合ったものをチョイスしましょう。

Christian Dior(クリスチャンディオール)『ディオールスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロール』



Christian Dior ディオールスキン フォーエヴァーコンパクトエクストレムコントロール
Amazonはこちら♡


驚くほど軽いパウダーが皮脂をコントロールし、マットな肌を12時間キープします。使い続けるほどポアレスな素肌を叶える、スキンケア効果を兼ねたファンデーションです。

SOFINA(ソフィーナ)『プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション』



SOFINA プリマヴィスタ きれいな素肌質感パウダーファンデーション
Amazonはこちら♡


毛穴の目立つ頬やざらつく小鼻など毛穴が目立たなくするパウダーファンデーションです。最長10時間塗りたてをキープし、汗・皮脂にも強いので夏の汗ばむ時期でも安心して使えます。独自のスキンフィット設計で、より自然にムラなく伸びてピタッと密着します。誰でも簡単に素肌質感に仕上げることができるでしょう。

MAQuillAGE(マキアージュ)『 ドラマティックパウダリーUV』



MAQuillAGE ドラマティックパウダリーUV Amazonはこちら♡

美容液水とパウダーのふわふわ感が気持ちいい、ムース生まれのパウダリーファンデーションです。13時間化粧崩れを防ぎ、汗・皮脂でも崩れにくくカバー力も高いのが特徴です。シミやくすみなども簡単に隠すことができ、オールシーズン使えるのも魅力の1つです。

肌質別!よれるのを防止するおすすめのコスメ♡



プチプラアイテムでもっと手軽にファンデーションのよれを防止したい!そんな人におすすめの、プチプラアイテムの中でも特に人気のアイテムをご紹介します。

 

乾燥肌さんにおすすめ


乾燥肌の人は皮脂の分泌が少なく、しわにファンデーションが溜まってしまう……。そんな乾燥肌の悩みを解決するには、ファンデーションの塗りたてをキープしつつうるおい補給ができるアイテムを選びましょう。

クラブ『エアリータッチミスト』



クラブ エアリータッチミスト Amazonはこちら♡

シュッとするだけでお肌の乾燥を防ぐミルクエッセンスinのミストです。与えたうるおいを逃がさず、もちっとした透明感のあるお肌をキープします。メイク直しでも大活躍するだけでなく、ラ・フランスの甘い香りで気持ちもリフレッシュできるでしょう。

makegenic(メイクジェニック) 『メイク直し用乳液コットンシート』



makegenic メイク直し用乳液コットンシート Amazonはこちら♡

メイク直しの際、お肌の上にポンポンするだけのコットンシートです。乳液ベースのシートを肌に馴染ませるだけで、メイク崩れを取り除きファンデーションがピタッと密着させます。メイクのりアップ成分のリピジュアが朝イチ肌へと導きます。肌に必要な水分や油分を取りすぎない乳液タイプなので、乾燥肌さんでも安心して使えるアイテムです。

 

オイリー肌さんにおすすめ




オイリー肌は、インナードライが原因で皮脂が過剰に分泌されている状態です。皮脂が過剰に分泌された上にファンデーションを使ってもすぐによれてしまいます。なので、余分な皮脂を吸着しサラッとした肌を維持するアイテムがおすすめです。

Fujiko(フジコ)『あぶらとりウォーターパウダー』



Fujiko あぶらとりウォーターパウダー Amazonはこちら♡

5種類の保湿成分が配合されており、うるおいを与えながらよれたファンデーションを自然にリペアします。小鼻やTゾーンのテカリをなんとかしたい、化粧崩れがひどくても一からやり直せない時、直すたびに厚塗りになってしまうという人にぴったりです。

コーセーコスメニエンス 『メイク キープ ミスト』



コーセーコスメニエンス メイクキープミスト Amazonはこちら♡

サッと吹きかけるだけで化粧崩れがしなくなるミストです。メイクコート成分の配合で顔の動きに合わせて伸縮するので、時間が経ってもメイクがよれず綺麗をキープしてくれます。汗・皮脂プルーフ、保湿成分などが配合されているので、ファンデーションのテカリやにじみはしっかり抑えつつうるおいも与えるので乾燥からも肌を守ります。

化粧がよれてしまった時の上手なお化粧直し方法は?




化粧がよれていることに気づくと、ほとんどの女性の人がメイク直しをしますよね。毛穴が気になってファンデーションを何度も重ねると、厚化粧になって逆に肌が汚く見えることも。毛穴にファンデーションもつまるのでニキビの原因にもなります。メイクを直すとき、ただファンデーションを重ねるのではなく少し工夫をすることで綺麗にメイクを直せます。

 
1
2

関連記事