メイクの正しい落とし方を徹底解説♡種類別の特徴やおすすめ商品も!

大人の女性なら毎日しているメイク。でも、あなたはメイクの正しい落とし方を知っていますか?実は間違った落とし方をしている女性が多いんです。

そこでこの記事では、肌を美しく保つためのメイクの正しい落とし方を詳しくご紹介します。きれいに落として、今よりもっとメイクを楽しみましょう!



目次

メイクの正しい落とし方を知っていますか?


毎日のメイクには時間とお金をかけても、メイク落としにまで注意を払っている女性は少ないかもしれません。一日働いて疲れているのに、帰ってからメイク落としにまで時間をかけたくないという気持ちは、女性なら誰でも感じることでしょう。

でも、正しいメイク落としをすることは、メイクを楽しむ女性にとって重要なことです。その方法を知っていると、今よりもっと魅力的になれるでしょう。



どうしてクレンジングが必要なの?


人の肌は、メイクや皮脂などによって毛穴に脂汚れが溜まってしまいます。しかも、水と油が交わらないのと同じで、肌の脂汚れも水洗いや洗顔料のみの洗顔では落とし切れません。毛穴に残った汚れをそのままにしておくと、肌トラブルの原因になります。

そんな厄介な脂汚れも、クレンジングをすることで溶かして浮き出させることが可能です。毛穴の奥まできれいに洗浄できるため、肌にうるおいを与える化粧水の浸透を促してくれます。

つまりクレンジングは、スキンケアの第一段階です。美しい肌を保つために必要不可欠の工程といえます。



間違ったメイク落としは肌の大敵!


クレンジングは重要な役割を果たしますが、どんなやり方でもすればいいというわけにはいきません。間違った落とし方では、メイクを落としきれない場合があるからです。

さらに、注意していないとメイク落としで肌トラブルを生んでしまうこともあります。いくつになっても悩みのない肌を維持するには、メイクだけでなくメイク落としも正しく行いましょう。



あなたに最適なタイプは?メイク落としの種類や特徴


一口にクレンジングといってもさまざまな種類がありますが、何となくで選んでしまっていませんか?使うコスメや肌質によって、自分に合うものを選ぶことがメイク落としの始まりです。6つのタイプの特徴をまとめました。



オイルタイプ


クレンジングオイルは名前の通り、オイルがベースです。界面活性剤も多く含んでいて、メイクとクレンジングの油分を水に溶けやすくする効果があります。クレンジング剤の中でも特に種類が多く、多くのメーカーで扱われていますよ。



トップの洗浄力!


脂汚れによくなじんで浮き上がらせるため、数あるクレンジング剤の中でもトップクラスの洗浄力を誇ります。カバー力の高いリキッドファンデーションや、汗・水に強いウォータープルーフのコスメもすっきり落とせるのが魅力ですよ。

しっかりメイクの人におすすめ


洗浄力の高さから、普段しっかりメイクをすることが多い人にぴったりです。短時間でもきちんとメイクを落とし切り、さっぱりとした洗い上がりが実感できます。ポイントメイクもファンデーションも一気に洗えるのが助かりますね。

リキッドタイプ


クレンジングリキッドは、基本的にオイルフリーで水分量が多いです。化粧水のようにシャバシャバな液体のものや、少しとろみがついたローション状のものも、大きくリキッドタイプに分類されます。コットンに沁み込ませて使うことが多いです。



サラッとしていて使い心地がいい


テクスチャーはサラっとしているのに、高い洗浄力を有しています。肌へのつけ心地も洗い上がりもさわやかで、一切べたつきを感じません。オイリー肌でも心地良く使えて、クレンジングによる肌トラブルを回避できるでしょう。

マツエク愛用者におすすめ


マツエクに使われる接着剤は油分に弱い場合があるため、愛用者ならリキッドタイプを使ってみてください。濡れた手でも使える製品が豊富で、マツエクを労わりながらも手軽なメイク落としができます。

ジェルタイプ


クレンジングジェルは、ぷるっとしたジェル状のクレンジング剤です。オイルタイプやリキッドタイプに比べると洗浄力は劣りますが、ジェルの弾力によってメイク落としの際の摩擦を軽減してくれます。



幅広い種類で選びやすい


種類が幅広く、自分好みのものを選びやすいことが特徴です。たとえば敏感肌にもやさしい水性ジェル、洗浄力を高めた油性ジェル、肌なじみが良いホットタイプなどがあります。自身にとって使い勝手の良いものを選んでくださいね。

毛穴汚れが気になる人におすすめ


毛穴汚れや角栓詰まりによって、鼻がザラつくいちご鼻に役立つアイテムです。固形のため流れてしまわないので初心者でも扱いやすく、毛穴の奥にまで入り込んで汚れをかき出してくれます。

クリームタイプ


クレンジングクリームは、もったりとしたクリーム状のクレンジング剤です。洗い流すタイプと拭き取るタイプがあり、どちらもスパチュラで取って使います。それぞれ成分構成が異なるため、求める使用感に合わせて選んでください。



肌への負担なくメイクが落とせる


クリームの厚みがクッションとなって摩擦を抑えるため、肌への負担を最小限に抑えてくれます。洗浄力も適度で、メイクはきちんと落としつつも必要な皮脂を落としすぎない点で優秀です。

敏感肌・乾燥肌の人におすすめ


摩擦や配合成分による刺激に弱い敏感肌や、カサつきやすい乾燥肌に最適。たっぷりの保湿成分がうるおいを閉じ込めてくれるので、より効率的なスキンケアができますよ。

ミルクタイプ


クレンジングミルクは、乳液のようなとろっとしたテクスチャーをしています。洗浄力はクレンジング剤の中で最も弱いですが、その分肌あたりがなめらかでなじみやすいですよ。



肌に優しくしっとりとした洗い上がり


刺激となる洗浄成分が控えめで、肌への優しさが大きな魅力です。さらに、肌が本来持っている保湿成分を守りながら洗うため、つっぱり感のないしっとりとした洗い上がりになります。

ナチュラルメイクの人におすすめ


普段ナチュラルメイクが多いなら、ミルクタイプの洗浄力で十分です。他のクレンジング剤では洗浄力が高すぎて肌が乾燥しやすくても、きちんとうるおいが残るのを実感できるでしょう。肌トラブルが多い人も、保湿力でバリア機能が正常に整います。

シートタイプ


クレンジングシートは、拭き取り用シートにクレンジング剤が染み込んでいるタイプです。洗浄力が強すぎない成分でメイクを浮かし、汚れをシートに吸わせることでオフできます。



洗い流し不要で使い勝手がいい


メイクを拭き取るだけで落とせて、洗い流す必要がないことが特徴です。洗面台まで行かなくてもメイク落としができるため、疲れた日でも次の日までメイクを残してしまうことがなくなります。

お泊りで簡単にメイク落とししたい人におすすめ


拭き取る際にどうしても摩擦が起きやすいため、毎日クレンジングをシートタイプのみに頼るのはリスクが高いです。お泊りのときや外出先でのお直しなど、簡単にメイク落としをしたい場合の非常時用として活用してみてください。

ココがポイント♡メイクの正しい落とし方


選んだクレンジングを使い、正しい手順と方法でメイクを落としていきましょう。8つの工程と落とし方のポイントをご紹介します。

使用方法に従って使うのがとても大切!


使用するクレンジング剤によって、使い方が異なるということを覚えておくべきです。2枚目の画像にあるように、クレンジング剤の裏面には使用方法が記載されています。クレンジング剤を変えたら、洗い始める前に必ず一度は確認しておいてくださいね。



きれいな手でクレンジングをする


すぐに顔を洗い始めたくなりますが、まず手洗いから始めます。手を洗っていないと、手の雑菌が毛穴に入り込み、ニキビなどのトラブルの原因になりますよ。石けんやハンドソープで入念な手洗いをしましょう。



次のページ
1
2
3

関連記事