留袖に合う髪型・ヘアアレンジをご紹介♡基本のマナーやNGヘアも!

着物、とりわけ「留袖」においては、普段はあまり馴染みのない方も多いのではないでしょうか。いざ留袖を着ることが決まり、衣装はレンタルしたとしてもヘアスタイルをどうしたらいいのか分からない!そんな方のために今回は留袖に合う髪型・ヘアアレンジをご紹介していきたいと思います。

実は、留袖ヘアには厳格なマナーが存在します。基本のマナーをしっかりと押さえて、自信をもって留袖を着こなしてくださいね。



目次

留袖に合う髪型が知りたい!


兄弟や親せきの結婚式などで留袖を着ることが決まったら、悩むのがヘアスタイルですね。その前に留袖について知っておきましょう。留袖とはどんな着物で、誰が、どのような時に着用するものなのでしょうか。

そもそも留袖ってなに?



「留袖」とは女性がフォーマルな場で着用する礼装の着物の事です。着物の裾部分にのみ柄が入っていて、上半身には「紋」が入ります。「紋」とはそれぞれの家の家紋の事です。この紋の数はフォーマル度に合わせて変わります。

背中に一つだけの「一つ紋」、背中と両袖に紋が入った「三つ紋」、背中と両袖・両胸の辺りに合わせて5つの紋が入った「五つ紋」の3種類に分けられます。紋の数が多いほどフォーマル度は高くなります。

また、他の着物ではあまり見られない「比翼」が付いているのも特徴です。衿元と上前に白い布地が付いていて、白い着物の上から留袖を着ているように見えるのが「比翼」です。

留袖にも種類があることを覚えよう


留袖は色によって2種類に分けられ、それぞれ着用できる場面も異なります。一目見ただけで分かる違いなので、知っていれば間違えることはありません。ここではそれぞれの留袖について違いを見ていきましょう。

黒留袖



黒留袖とは、「既婚女性の第一礼装」、つまり結婚している女性が着る最も格の高い着物です。文字通り真っ黒の着物で、正装であることから五つ紋が入っています。生地は地模様のないちりめんでできています。

色留袖



色留袖は、黒以外の留袖を指します。こちらは既婚女性だけでなく、未婚でも着る事ができます。紋の数は「一つ紋」・「三つ紋」・「五つ紋」とあり、五つ紋の色留袖は黒留袖と同じ格で着られます。三つ紋や一つ紋になると少し格が下がりますが、フォーマルな場面で着用する着物に変わりはありません。

留袖はどういう場面で着るもの?



第一礼装として着用する黒留袖は、主に結婚式や披露宴で、新郎新婦の母親や姉妹、祖母といったごく近い親族や仲人婦人が着用します。この場合の黒留袖には、お招きしたゲストに礼儀を尽くし、敬意と感謝の気持ちを表すという意味合いがあります。逆に、来賓や友人として招待された側が着用するのはマナー違反になりますので注意しましょう。

色留袖はもう少し着用範囲が広く、親せきの結婚式に出席する際やホテルなどで行われる格式の高いパーティー、お茶会などに適した着物です。また、叙勲や園遊会などで皇居に参内するときに留袖を着る場合は色留袖になります。紋の数は、TPOに合わせたものを選ぶようにしましょう。

留袖の髪型の基本的なマナー


留袖は正装に位置する装いなので、たくさんの決まりごとがあります。髪型に関しても例外ではなく、着物の格に合わせたヘアスタイルにします。フォーマルな着物ですので、正統派のアップスタイルにするのが基本です。

すっきりとしたアップスタイルに



まとめられる髪の長さがあるなら、すっきりとしたアップスタイルが基本です。櫛目の通った上品なアップスタイルにすると、格式の高い装いにピッタリです。

また、アップにする高さが高いほど若々しく、低ければ落ち着いた印象になります。黒留袖は既婚女性の正装なので、低めの位置で落ち着いた印象に仕上げると良いでしょう。

トップにボリュームを出す



裾部分にのみ柄が入っている留袖は、タイトなアップスタイルにしてしまうと、全体的にボリュームの足りない貧相な印象を受けやすくなります。かといってふわふわのボリュームヘアは留袖にはNGです。トップにボリュームを出すことで、全体のバランスを調整しましょう。

サイドはスッキリとまとめて


サイドにおくれ毛を作る、いわゆる触覚ヘア。普段から取り入れている人もいるかもしれません。小顔効果のある触覚ヘアですが、留袖を着るときには封印しましょう。

留袖を着用している時は、お辞儀をしたりする機会も多いものです。顔に髪がかかり、そのたびに手で払いのける仕草はスマートとは言えません。お辞儀をした際に髪が垂れてこないよう、サイドの髪はスッキリとまとめましょう。

前髪は目にかからないようにしよう



前髪が目にかかってしまうと、表情が暗く見えてしまいますし、なにより清潔感に欠けて見えます。留袖を着たるときは写真を撮影する機会も多いので、両目がしっかりと見えるように前髪の長さを調整しましょう。

長い場合はサイドに流してしっかりと固めるとフォーマルな印象になりますよ。思い切っておでこを全部出したスタイルにしても良いでしょう。

留袖の髪型でやってはいけないこと



留袖に合わせる髪型として基本的なマナーが少し分かってきたところで、次に留袖ヘアでやってはいけないことをご紹介します。普段のヘアアレンジで何気なく取り入れているスタイルも、留袖着用時にはマナー違反となってしまうこともあるので注意が必要です。



ほつれやおくれ毛のあるヘアアレンジ



ゆるふわなヘアアレンジはガーリーでとっても可愛いですよね。黒留袖はなんだか地味だから、せめてヘアスタイルだけでもガーリーにしたい……。そんな風に思うかもしれませんが、ほつれやおくれ毛はNGです。おくれ毛が出ないように、きっちりとまとめましょう。

また、アレンジでなくてもほつれやおくれ毛はNGです。思わぬ強風でヘアが乱れてしまった!という事のないように、ヘアスプレーなどでしっかりと固めておきましょう。

華やかすぎるアクセサリー



キラキラと輝くラインストーンが入ったものや、揺れる飾りがついたヘアアクセサリーはマナー違反になりますので使用しないようにします。振袖の時に合わせるような大きな花飾りや羽飾りもNGです。それ以外でも、大ぶりで存在感のある髪飾りは派手になりすぎるので使用しないようにしてくださいね。

セミロング以上のダウンスタイル


留袖ヘアの基本は上品なアップスタイルです。ショートやボブなど、アップにできない場合はダウンスタイルでも構いませんが、肩に付く長さの髪でのダウンスタイルはマナー違反にあたります。

肩に付かない長さの場合は迷いますが、襟足の髪が上げられる長さがあれば、アップ風のヘアアレンジが可能です。担当の美容師さんに相談してみてもいいでしょう。

高い位置でのアップヘア



振袖の時には高い位置でアップし、より豪華に華やかに装う事もありますが、留袖では正統派の上品さが求められています。華やかになりすぎるアップスタイルはやめておきましょう。

20代~30代前半くらいの世代では耳と同じ高さから少し上くらいまで。少し年齢を重ねた女性であれば、もう少し下の位置でまとめると上品で落ち着いた印象に仕上がります。

黒留袖に合う髪型・ヘアアレンジ



留袖ヘアの基本のマナーとNGマナーが分かってきたところで、黒留袖には具体的にどんな髪型が合うのかをご紹介します。黒留袖は胸から上がほぼ黒一色になるので、シンプルすぎる髪型よりも少しボリュームのある髪型がおすすめです。既婚女性の第一礼装ですので、とにかく上品に装いましょう。

後頭部にボリュームのある夜会巻き


フォーマルなヘアスタイルの定番ともいえる夜会巻きですが、もちろん留袖にもよく合います。黒留袖は色味もあいまってタイトなシルエットになりやすいので、後頭部やトップにボリュームを出して全体のバランスを取るようにしてください。襟足におくれ毛が出やすいので、ヘアスプレーで固めるなどして対策をしておきましょう。

下にボリューム感のあるシニヨン



低めの位置でシニヨンを作るヘアも、清楚で上品な雰囲気になるのでおすすめです。逆毛を立てたりカール感を出したりすることはせず、櫛目を通して美しい毛流れを作ります。低い位置で、と言っても衿にかかってしまうようなヘアスタイルは避けましょう。

シニヨン位置はセンターが基本ですが、サイドに作るのもアリです。片側だけが重い感じになってしまわないよう、サイドのアレンジや髪飾りの配置などで左右のバランスを取るようにしてみてくださいね。

黒髪ボブのダウンスタイルもアリ



アゴくらいの長さのボブなら、ダウンスタイルでも構いません。毛先を少し内側にカールさせ、全体的に丸いシルエットに近づけるとより上品で清楚な雰囲気になります。髪色は落ち着いた黒か暗めの茶色くらいがよいでしょう。風が吹いて激しく乱れてしまわないよう、セット後は忘れずにヘアスプレーで仕上げを行ってください。

色留袖に合う髪型・ヘアアレンジ



色留袖に合うスタイルは基本的には黒留袖と同じです。ただし三つ紋や一つ紋など、セミフォーマルとして着用する際はもう少しアレンジの幅が広がります。

また、着物自体に色があり華やかなので、黒留袖より少し華やかなヘアスタイルにしてもマナー違反にはなりません。色留袖に合うヘアアレンジをいくつかご紹介しますので、黒留袖との違いも確認しながら。

三つ編みを活用したアップスタイル



サイドに三つ編みや編み込みを作ったアップスタイルは、可愛らしく華やかな印象になるので20代~30代前半の女性にピッタリです。おくれ毛が出ないよう、ヘアスプレーなどでしっかりと固めておきましょう。アップする位置はマナー通り、少し低めの位置が適しています。

毛先をゆるめに巻いたアップスタイル



黒留袖の場合は、櫛目を通した面の綺麗なアップヘアが基本でしたが、色留袖の場合は少し毛先を遊ばせても良いでしょう。上品さを優先させ、控えめにするのがポイントです。こちらも20代~30代の若い世代に良く似合うヘアスタイルです。

サイドアップでアシンメトリーに



シニヨンの位置を中央ではなくサイドに持ってくるのもアリです。片側だけが重い印象になってしまわないよう、髪飾り等でバランスを調整するようにしましょう。

1
2

関連記事