デートの頻度が少なくて不安…ベストな間隔や長続きのポイントを解説

ずっと憧れていたあの人とのお付き合いがスタート!次のデートが待ち遠しいけれど、忙しくてなかなか会えない毎日……。会う回数が少なすぎると、自然消滅してしまわないか不安ですよね。とはいえ、会うのは相手に飽きられない程度が長続きするの?と考えたり……。

この記事では、お互いが「ちょうどよい!」と思えるデートの頻度や間隔、さらには好きな相手と長続きするために押さえるべきポイントもご紹介します!

目次

デートの頻度ってどれくらいがいいの?



デートの頻度は具体的にどれくらいが適切なのでしょうか?デート回数や頻度は、カップルの生活スタイルや立場によっても異なります。そこで年代や状況別に分けて調査しました。

年代別!気になっている彼とのデート頻度


「大好きな彼とは毎日会いたい!」と答える女性もいますが、男性は女性に比べて「恋人と会う頻度はそれほど多くなくてもよい」と考えている人が多いようです。冷めているようで寂しい……。と思うかもしれませんが、そんなことはありません。逆に言えば、あまり会う機会がなくても恋人だと思っている証拠でもあります。それでは具体的なデートの頻度を見ていきましょう。

学生は週に2日以上でも◎



学生は社会人に比べて時間にゆとりがあることから、デートの頻度は多めでもよいと考える男性が多数でした。週に2日以上、中には「空いている時間ならいつでも会いたい」と答える熱い声もありました。

高校生カップルなら学校帰りの放課後と週末のデートで、週に2日程度のデートが可能です。大学生は授業の合間の時間を有効活用した、自宅やカフェでのまったりデートのほか、夜のドライブなど、ちょっとした空き時間に会えるため、カップルの都合に合ったデートの頻度が確保できますね。

ただし、就職活動の時期や卒論のシーズン、ゼミやラボの学会発表などの忙しい時期もあるので注意が必要です。特に就活は合同説明会や面接で休みが潰れることも多いため、長期的に会えないこともあると覚悟しておきましょう。

20代:社会人は1~2週間に1回のペースがベスト


学生と違って自由な時間が確保できない社会人は、1~2週間に1回のペースがちょうどよいと感じるようです。ただし、土日や連休などを活用した週末お泊まりデートなどで丸1日を恋人と一緒に過ごすのが人気です。会う頻度は学生に比べて減りますが、長い時間を共有できる傾向にあります。

30代以上:3週間~月に1回の頻度でもOK


30代を超えると仕事の都合だけでなく、恋愛に対する気持ちそのものが落ち着いてきます。そのため「月に一度会えれば十分」といった意見もありました。しかし、次に会うまでの間隔が長いのは決して冷めているからではありません。年齢を重ねると共に、恋人に求めるものが恋愛だけではなく、信頼関係へと変わることも要因の1つです。
 

状況別!彼氏との理想のデート頻度



カップルの会う頻度を左右するものは年代のほか、カップルの関係性や環境、状況にもよります。そこで、カップルの状況別の理想のデート頻度を調査しました。

〈学校や職場が同じor家が近いカップル〉週に1~2回


もっとも会う頻度が高いカップルは、やはり近距離恋愛カップルです。例えば学校や職場が同じ場合は、ほぼ毎日顔を合わせることができます。また、家が徒歩圏内や数駅程度といったご近所カップルも、仕事のタイミングさえ合えば気軽に会えますので、デートは週に1~2回可能です。待ち合わせしやすいため、一緒に帰ったり、食事や飲みなどのライトな寄り道デートも楽しめます。

〈休みが違うor家が遠いカップル〉月に2~3回



一方、会える頻度が減ってしまうカップルは休みが異なるすれちがいカップルや、遠距離恋愛中のカップルです。休みが異なる場合は、休暇が合った時にしかデートができず、仕事の都合次第となります。また、遠距離カップルもデートに時間やお金がかかるため、頻度も少なく月単位になるようです。

〈学生×社会人or他校の学生カップル〉1~2週に1~2回


1~2週に1~2回はデートができるため、意外にデート頻度が高いのが学生×社会人カップル、他校の学生カップルです。学生は時間にゆとりがあるため、忙しい社会人とも都合が合わせられるようです。また、同じ学校の学生カップルほどではないにしろ、他校カップルも週1程度のデートが楽しめる余裕があります。

〈お付き合いの長いカップル〉会う頻度がまばらでもOK



付き合って1年以上たつ熟練カップルは会う頻度にこだわらない傾向にあります。そのため、月に何度もデートしなくても平気、といった落ち着いたカップルもいます。「会えるときに会えればいい」と聞くと冷めているようにも感じますが、実際は長い年数による厚い信頼があるカップルだからこそ、大人なお付き合いができるのです。

デートの頻度が少ない!頻度を上げる方法とは?



「今のデート頻度では満足できない!」「もっと恋人と会いたいな……。」と、デートの頻度に不満を感じてしまうあなたに、デートの頻度を上げる方法をいくつかご紹介します。

女性側からデートプランを提案する


デートはいつも男性におまかせしていませんか?デートプランをまかせっぱなしにしてしまうと、男性も行き先が思いつかなくなり、面倒や負担に感じてしまいます。

そこで、女性側からデートプランを用意してみましょう!「期間限定イベントに行ってみない?」「気になるお店があるんだけど、一緒にどう?」と、女性から積極的にお誘いされると、男性もうれしいはずですよ。男性に比べて女性はお店の情報をおしゃべりで仕入れるのが上手です。時間管理能力などもあるため、男性まかせよりもスムーズに行くことも多いので、ここはあなたが一肌脱いでみましょう。

イベントにこだわらない!お金のかからない安価デートに切り替える



デート=何かをすることだと思っていませんか?イベント参加やおでかけも楽しいですが、お金がかかりますよね。デート費用がかさむとデート回数も制限されてしまいます。

一緒にいるだけでも恋人同士であれば楽しいものです。そこでおうちデートやお散歩、公共機関デートなどの安価なデートに切り替える日を作ってみましょう。

おうちデートならDVD鑑賞、スポーツ鑑賞や宅飲みもできます。ご近所や公園でのお散歩やちょっとしたスポーツも人気です。さらには図書館や市民プール、動植物園、近場の名所巡りなどの公共機関デートもコスパがよいのでおすすめです。

お金のかからない安価デートはイベントデートと異なり、時間にゆとりがあることから会話が増えます。日常生活に近い雰囲気のデートなので、いつもと違った彼の一面も見られます。日常を共に過ごせるカップルは長続きしやすいので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

スキマ時間を利用した超短時間デート



何時間も会えるわけではないけれど、ほんの数分なら時間がとれるときは、1時間未満の時短デートをしてみましょう。会う場所は問わずに、会社帰りのコンビニのイートインで一緒にアイスを食べたり、授業の合間に学食でおしゃべりなど、スキマ時間を有効活用します。

移動を上手に使ってデート化の工夫を!ついでデートで時短


通勤の方角が同じカップルにおすすめなのが、通勤通学や車移動のときに、少し遠回りをして恋人と落ち合わせる方法です。朝の電車を早めて、通勤電車を恋人と乗り合わせられるものに変えてみたり、帰りの電車の数分だけでもお互いに時間を合わせるなど工夫します。「朝が早くなるのはきつい」と思ってしまいがちですが、仕事前に恋人の顔が見られると1日のやる気が出てきますよ!

TV電話などを利用したリモートデートにチャレンジ



いつでもどこでもできるリモートを使ってのデートも人気です。スマホのTV電話ひとつで、彼のとなりにいる気分を味わえます。リモート飲みやオンラインゲームを一緒に楽しむのもおすすめです。そのほか一緒に料理したり、リモート博物館などのリモート鑑賞もできます。

リモートデートなら自宅で気軽に参加できるので、お互いが好きなタイミングではじめられます。外出デートに比べて準備も簡単なので、くつろぎながら楽しめます。手軽でお金もかからないため、最近では評判のデート方法です。

デートの頻度が少なくても長続きするコツ



どんなにデートの頻度や回数を増やそうとがんばっても、仕事や都合で不可能なときもあります。会う回数が減ってくると、相手の気持ちが見えなくなり、不安やストレスでお付き合いが長続きしなくなることも……。そこで、デートの頻度が少ないカップルでも長続きできるコツを調査しました。

恋人に無理に会おうとしない


無理に恋人と会おうとしすぎないことが大切です。仕事や学業が忙しくて疲れているときに顔を会わせても、笑顔を作ったり、優しくする余裕がないのです。逆に喧嘩が増え、会うこと自体が負担となります。恋人とデートや会うことばかりに注力するのではなく、メールや電話で連絡を取るようにしましょう。相手の状況を気遣える関係を作ることで、次に会ったときに笑顔が増えるカップルになれます。

自分の時間を大切にする



恋人と一緒にいる時間は確かに楽しいものですが、そればかりになるとマンネリ化してしまい、重たい彼女と思われることもあります。思い切って、会えない時間を自分の時間として楽しみましょう!同僚や女友達と遊びに行く、趣味を増やす、資格や勉強や仕事に励む、自分磨きをするなど時間を埋める方法はいくらでもあります。

自分の時間を楽しむことで、次のデートや電話の時にも話題が増えます。また、自分に依存されすぎないことで「付き合いやすい女性だな」と感じて二人の将来を見据えられると、長いお付き合いを前向きに捉える男性も多いのです。

会ったときの会話やコミュニケーションを大切にする



お付き合いを長続きさせるためには、会えないときに「またあの子に会いたいな」と思わせる必要があります。そこで、デート中の会話やコミュニケーションを少し気遣うようにするとよいでしょう。

会ったときは必ず「あなたと会えてうれしい!」とアピールしましょう。自分とのデートを喜んでくれる恋人の姿を見ることは、誰しもがうれしいものです。ほかにも、デート中はできるだけマナーモードにしてスマホを見ないようにするなど、デート中は相手との会話やコミュニケーションを最優先しましょう。

基本的なことですが、会話するときはきちんと相手を見るようにする、笑顔で話を聞く、自分の気持ちを押しつけないなど、お付き合いするうえで大切なことです。慣れた相手の前だと、意外に基本的なマナーを忘れがちなのです。

デート頻度が少ないカップルの場合、次に会うまでの離れている間、最後のデートの印象が頭に残りつづけます。デート中の印象が悪いと、会えない間はあなたのイメージも悪くなってしまい「別れてもいいかな」と考えたり、自然消滅してしまうこともあります。少ないデートの機会だからこそ、相手にいい印象を与えて、また会いたいと思われるよう、会っている時間を大切にしましょう。

会えないときこそお互いを思いやる



都合が付きにくいカップルは会える日よりも会えない日の方が多くなるため、相手のイメージは最後のデートの記憶で左右されてしまいます。しかし、会えないときでも挽回できるチャンスはもちろんあります。それは、メールや電話、TV電話などです。

ここで注意したいのは、会えないときこそ思いやりの心が大切だということです。恋人に会いたいからと、電話の度に「次のデートはいつ?」と聞いてばかりでは、男性も疲れてしまいます。次に会えることばかりを考えるのではなく、電話やメールで楽しめるよう雑談したり、相手のタイミングに合わせて連絡を取るなどの工夫が必要です。

とはいえ、会えないことであなたが我慢や無理をして相手に合わせすぎても、疲れたり愛情が薄れたりと、上手くいかなくなってしまいます。長くお付き合いをするには互いに寄り添うことも大切です。現代では、離れていてもフェイストゥフェイスができるTV電話があります。たまには顔を合わせて愛情を伝えるなどして気持ちを表すとよいでしょう。Tリモートならどんな距離でも顔を合わせられるため、「会いたい」という気持ちが少し和らぎますよ。
 

実はメリットも!?デートの頻度が少ないからこそ得られること



そもそも、デートの頻度が少ないことはデメリットばかりなのでしょうか?いいえ、実は会える頻度が少ないことをメリットに変えられます!

会える時間をより一層大切にできる


恋人同士なら一緒にいる時間は大切に使いたいところでですが、そんな時間も長くなりすぎると、時間の長さに甘えてしまいがち。気づけばただ単に一緒にいるだけになってしまうことも。会える時間に限りがあるカップルだからこそ、一緒にいられる時間を大切に使おう!といった気持ちでいられるのです。

デートが毎回新鮮でマンネリ化しない



どんな仲良しカップルでも、毎日会っているとマンネリ化してきます。お付き合いが長くなると、デートの行き先も限られてきてしまうものです。一方で、デートの頻度が少ないカップルは一緒に行きたい場所やしたいことがたくさん浮かんできますので、お出かけ先が豊富です。

さらに、月に数回のデートであればお互いに話したいことがたっぷりある状態で会えるので、話題が尽きません。お付き合いが長くなっても、新鮮さを保つことができるのはデートが少ないカップルだからこその魅力です。

会えるタイミングに合わせたスケジュール管理でプライベートが充実する



会う頻度が高いカップルのデメリットは、一人でいる時間や自分に使う時間が少なくなってしまい、プライベートの時間をついつい相手に使ってしまいがちなことです。しかし、会う頻度が低いカップルの場合は、恋人とのスケジュール調整を上手くすれば、プライベートの時間を充実させられます。時間を縛られることなく過ごせるため、自由な時間が長くなるのは大きなメリットです!

結婚したい!と思うきっかけになる



例えば同棲などをすると、婚姻関係を結ばなくても常に一緒にいられるので「結婚しなくても、このままの関係でもいいかな」と感じてしまう男性もいます。そして結婚が遠ざかってしまうことも……。

あまり会えないカップルの場合、寂しさや不便さを感じるのは女性だけではありません。その結果「もっと一緒にいたいから結婚しよう!」と一気に結婚まで進むことも多々あります。特に遠距離恋愛のカップルに多いパターンです。会う頻度の低さが結婚への足がかりにもなることもあるのです。

デートの頻度は関係ない!長続きのポイントは会う度に一緒にいたいと思わせること



デートの頻度に関するお話をつづりましたが、カップルの関係性はデートの頻度や回数だけで左右されるものではありません。カップルが長く続く最大の秘訣はお互いに一緒にいたいと思えることです。

次に会う約束などしなくても、自然に「また会いたい」「もっとこの人と一緒に過ごしたい」と思われる女性になることが大切です。そのためにはデートの頻度に悩むよりも、彼が居心地よい最高のパートナーだと感じられる女性でいることが、長いお付き合いができる関係になれるでしょう。

(まい)
1