振った元カノのことが気になる!?男性の心理や別れを後悔する瞬間を解説

彼氏だった人が元カレに変わる瞬間はせつないですよね。別れたいと言っている男性を一方的につなぎとめておくわけにいかないけど、簡単には思いを断てない女性も多いでしょう。

ですが、あきらめるのはまだ早い!自分から別れを切り出したのに、時間が経ってから元カノのことが気になってしょうがないという男性もいるようです。今回は、振った元カノのことを気にしてしまう男性心理と、振ったことを後悔する理由を解説します。



目次

振ったのに元カノのことが気になる男性の心理が知りたい!


振っておきながら元カノのことを意識する男性は、なぜ、あとになって気になり出すのでしょうか?そこにはどんな心理や理由があるのか知りたいですよね。もし元カレの中に未練があってのことなら、彼女に返り咲く道も見えてきます。



振った元カノのことが気になる男性の心理や理由とは


それでは、振った元カノを気にする男性に多い心理パターン、その心理状態を引き起こす理由をご紹介します。

振ったことを後悔している


失ってみてから大切なものに気づくことがあります。「彼女を振ったのは間違いだった」と後悔する男性は少なくありません。愛情がなくなったわけではないのに、ちょっとしたすれ違いから衝動的に振ってしまった……。そんな男性は強い未練を感じていますから、関係修復の可能性は十分です。



ただ、終わったことだからこそ「もし、あのとき○○していたら」という“たられば”思考におちいるのもよくある話です。元カレが二人の関係を前向きに考えているのか、後ろ向きに悔やんでいるのかは、復縁を考えるならしっかり見極めたい点です。

これまでの元カノへの態度を反省している


離れてみてから、交際中の彼女への態度を反省する男性は少なくないものです。面倒でLINEを既読スルーにした、疲れていておざなりの態度で接してきた、仕事を優先してデートが少なかった……。恋がうまく行かなかった原因は自分にあった、と反省する場合もあるでしょう。

思い出を大事にしている


元カノとの思い出を、ずっと大事にしている男性もいます。女性なら去った男性のことは忘れたいと考えがちですが、男性は思い出を胸の内にしまっておきたがる傾向が見受けられます。いつかは、元カノと「あのときは楽しかったね」と笑って話せるような関係を目指しているのかもしれません。



今の状況が気になる


未練のあるなしに関わらず、男性が元カノの今の状況を気にかけるのはよくあることとも言えます。元カノは、たくさんの時間を共有して深い関係に至った存在です。別れを選んだその日から、相手のことをいっさい考えなくなるものでもないのでしょう。ちなみに、元カノの近況を気にかける男性は、恋愛感情が消えてからも元カノに感謝していることが多いです。

友好的な関係を築きたい




男性が元カノのことを気にする理由には、今後は友好的な関係を築きたいということもあります。元カノと家が近い、学校や職場が同じ、行動範囲がかぶっているなど、これからも顔を合わせる機会があるなら、友好的に接するのが大人の態度です。

本命彼女から遊びの相手に格下げしたい


本気でつきあう気はないけど、やっぱり可愛い女性にはそばにいてほしい……!元カノを遊びの相手にと考える、ズルい男性もいないわけではありません。安易に相手の要求に応じると、振られる前より格下げされかねないので注意が必要です。



出会いがないから


もっといろんな女性と知り合いたいのが本音でも、出会いに恵まれない男性も珍しくないもの。学生時代はサークルやバイトで同世代の女子が身近にいても、社会人になると人間関係は意外と限られます。新しい彼女ができそうになく、結局は元カノしかいないと判断する男性もいます。

今の彼女に不満があるから




今の彼女に不満があると、元カノと比較する心理がはたらきやすいものです。元カノならもっと言葉遣いが丁寧だった、気配り上手だった、約束を守るタイプだった、相性がよかった、ママのウケもよかった……!現状への不満からこんな風に比較する男性心理は、今カノが知ったらショックでしょうね。


元カノは自分の所有物だと思っている


元カノは自分の所有物だと思っている
男性の中には、元カノは自分のものだと認識している人も少なくありません。一度自分を受け入れた女性は、そのままずっと自分のことを好きなはずだと思いこんでいるのです。もうつきあっていないのに、元カノに対する自分の影響力を保とうとして、自分を忘れさせないようにふるまうこともあります。


振った元カノのことを思い出すタイミングは?




続いては、男性は振った元カノのことをどんなタイミングで思い出すのかをご紹介します。これがわかれば、タイミングよく再会を果たして彼女に戻れるかもしれません。

思い出の場所に行ったとき


まずは、二人にとっての思い出の場所に行くと、そのタイミングで元カノのことを思い出しやすいですね。旅行先やデートで入った店、待ち合わせの場所を訪れると、甘酸っぱい思い出がよみがえってきますよ。



街で偶然見かけた瞬間


偶然元カノを街で見かけた瞬間も、思い出がよみがえりやすいです。駅の反対側のホーム、道路の向かい側といった、話しかけられない位置関係で元カノの姿を見つけると、出会ったころのもどかしい距離感を思い出す男性もいます。

元カノにまつわるアイテムを見たとき




モノには思い出が宿ります。元カノからプレゼントされたモノ、部屋に忘れていったモノが目に入ると、元カノの不在が現実として胸に迫ってきます。外出した先でも、元カノが好きだったモノ、欲しがっていたモノが視界に入った瞬間、つきあっていた頃を思い出す男性もいます。

記念日


二人が出会った日、誕生日、バレンタインデー、クリスマス、そのほか記念日関係にも、思い出はよみがえります。当時は「記念日なんてめんどくさい」としか思わなかった男性も、離れてみるとその日を一緒に祝ったこと、プレゼントをもらったことなどを思い出すものです。



SNSなどで見かけたとき


このほか、SNSなどで元カノの投稿を見かけるのも、思い出さずにはいられない瞬間です。元カノの魅力的な笑顔の写真、楽しそうな話題が流れてくると、心が揺らぐのではないでしょうか。彼女の隣に自分はもういないことを実感するときです。

男性が元カノを振ったことを後悔する瞬間


「どんな感情も否定してはいけない」と聞いたことはないでしょうか?「元カレのことが許せない!」「私を振ったことを後悔させてやる!!」といった負の感情も一旦は認めてみることで、つらい思いを手放すコツが見えてくるかもしれません。



ここでは、男性がどんな瞬間に自身の選択を後悔するのかをご紹介します。

前より綺麗になっていたとき


振った女性が前より綺麗になっていると、ハッとして「早まったかな」と後悔する男性もいます。あのとき振らずにおけばずっと可愛い彼女とつきあっていられたのに……!それに、美人の彼女を周りに自慢できたのに、といった後悔が湧き上がってきます。素敵な女性になることこそが、振った男性への優雅な復讐です。

違う男性と幸せになったのを知ったとき




元カノが新しい彼氏を作って幸せになったと知った瞬間も、悔やむ気持ちは起きやすいです。自分が幸せにできなかった女性を、ほかの男が満足させているという事実に、男としてのプライドが傷つくのです。振った男よりもっといい男とつきあうことは“最幸”の復讐です。

一人でさびしい


男性が女性を振ったあとで後悔するパターンとしては、一人で過ごすさびしさが身にしみるときというのも挙げられます。スマホの着信音が鳴らなくなり、休みの日にはまったく予定が入らず、おしゃれなスポットに出かけると周りはカップルだらけ……。



つきあっている間は想像もしないでしょうが、元カレを思いっきり楽しませて輝く思い出を作っておくと、別れたときに思わぬ復讐になることがあるのです。

励ましてくれる人がいないつらさを知ったとき


恋人を振ってしまうというのは、自分を応援してくれる人が減ることを意味します。これまで夢に向かって努力しているとき、仕事に打ちこんでいるとき、いつも言葉や笑顔で支えてくれた可愛い味方がいなくなります。どれだけ元カノが気遣い、励ましてきたかを知らずに振ってしまった男性は、そのことに気づいてから猛烈に後悔するのです。

振ってしまってから元カノへの愛情に気づいたとき


男性というのは不思議なもので、自分が彼女のことをどう思っているのか、自覚していないことがあります。交際中は元カノがそばにいることがあまりにも自然すぎて、彼自身の気持ちに向き合う機会がなかったのかもしれません。距離を置いてみてからやっと、「この人は自分にとってかけがえのない存在だった!」と気づき、後悔することもあります。


どうして?振った元カノに連絡をする男性の心理とは?




自ら振ったわりには元カノに声をかけてくる男性は、どのような心理状態にあるのでしょうか?ここでは、振った女性に連絡してくる男性にあるあるな心理パターンを挙げます。

1
2

関連記事