ピン留めアレンジ特集♡ショートもロングもおしゃれヘアに早変わり!

その日のファッションや出かける場所に合わせて、髪型も変えたい女性は多いですよね!しかし、限られた朝の時間でヘアアレンジをするのはなかなか大変……。そんなときは、ヘアピンを使って前髪やサイドの髪を留めるだけで、イメージをがらりと変えてみましょう。ここでは、ピン留めを使った簡単にできるおしゃれなスタイリング方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



目次

ピン留めアレンジでいつもの髪型をワンランクアップしよう♡


ヘアピンを使えば、前髪やサイドの髪をまとめるだけで、いつもの髪型をかわいらしくも大人っぽくもできます。さらに、モチーフ付きのものを使ったり、ねじりを加えたりすればイメージ通りの華やかさを手に入れることも可能です。ピン留めを使って、いつものスタイルをワンランクおしゃれにセットしちゃいましょう。

ヘアピンの基本的な使い方


ヘアピンは昔からなじみのあるヘアアイテムであり、1度は使ったことがある人が多いのではないでしょうか。しかし、ついつい同じ場所にばかり使ってしまい、最大限に活かしきれていないことも…。まずは、基本的な使い方をおさらいしていきましょう。


ヘアアレンジの固定として


せっかく時間をかけてセットしても、日中パラパラと髪が崩れてきてしまうことはありませんか?そんなときにヘアピンをうまく使ってまとめ髪や前髪部分を固定していくと、崩れにくいスタイルが完成します。髪で隠れるように留めてもいいですが、あえてアクセントになるようにたくさん重ね付けするのもおしゃれです。


前髪を留めるために


伸ばしかけの前髪はうっとうしく、ついつい我慢できずにカットしてしまう人もいます。長くて邪魔な前髪はヘアピンをうまく使ってアレンジしましょう。

前髪をサイドに流したり、オールバックにしてポンパドールを作ったりスタイリング方法はいろいろありますよ。前髪の形を変えるだけで、印象もがらりと変わり飽きがこないヘアスタイルが楽しめます。


サイドに留めるだけ


時間がない人や、髪が短くてヘアアレンジを諦めている人は、サイドに留めてアクセントをつけていくと華やかさが加わります。また、サイドの髪をおさえるだけでシルエットが変わり、大人っぽい印象になりますよ。


髪型のアクセントとして


シンプルなまとめ髪も、お気に入りのヘアピンをプラスするだけで華やかな仕上がりに。大ぶりなものをサイドに付けたり、ゴールドピン重ね付けしたりしてアクセサリー感覚で楽しむのもいいですね。

バランスを取るためには、そのときの髪型に合わせて大きさや付ける位置を変えていくことが重要です。アクセントとして使うときは、TPOに合わせてぴったりなものを見つけてください。


ピン留めアレンジを前髪に使ってみよう!


カットしてしばらく時間が経つと、前髪はあっという間に伸びてきてしまいます。邪魔な前髪をどうにかしたくてもやり方がわからなくて困ってしまうときもありますよね。

ここでは、印象ががらりと変わるおしゃれな前髪アレンジを詳しく紹介していきます。うっとうしさを解消しながらおしゃれも手に入れていきましょう。

サイドに流してピン留めすれば流し前髪に


前髪をサイドに流して留めるだけの簡単アレンジです。忙しい朝でもこれならあっという間にできそうですね。斜めに分けた前髪が女性らしく、おでこをチラ見せすることでキュートな雰囲気に。

このとき、前髪が長い場合は少し髪をたるませて曲線を描いてあげると上品さがアップし、落ち着いた印象を演出できます。トップの髪と隙間ができないように調節しながら作ってみてくださいね。


前髪をねじって留めておでこをすっきり見せる


おでこを出すように前髪をねじって固定していきます。前髪が短すぎてスタイリングがマンネリ化していた人も、ねじりを加えれば短い毛が中に入り込んでまとまりやすくなりますよ。最後にトップにボリュームが出るように髪を引き出すと、クラシカルでレディライクなスタイルが完成します。


編み込みなら顔周りも一気に華やかに


前髪を編み込みながらピンで留めてあげれば、ほどよいボリュームが出て顔周りが華やかな印象に仕上がります。また、顔周りもすっきりさせてくれるので、明るくかわいらしい雰囲気さも演出できます。メンズライクになりやすいショートヘアの人が実践すれば、一気にかわいらしさが出てイメージをがらりと変えられるでしょう。


センター分け前髪をたくさんのピンで留めて大人かわいく


センターパートで分けた前髪を複数のピンで留めたスタイルは、大人っぽさのなかに遊びを演出できます。ストレートヘアならクールな雰囲気に、パーマヘアならキュートな雰囲気になるでしょう。ゴールドピンを使って作るのが主流ですが、個性を出したい場合は存在感のあるクリップピンやパッチン留めを使ってみてくださいね。


前髪の外側のみをピンで留めてシースルー風に


人気が高いシースルーバングに憧れていても、似合わなかったときのことを考えると挑戦しづらい人もいるのではないでしょうか?そんなときは、即席のシースルーバングを楽しみましょう。

バランスを見ながら少しずつ前髪の外側の髪をすくい、サイドに流して留めるだけでOKです。残った前髪は軽くコテで巻いてあげるとなじみやすくなります。


ざっくり留めてこなれ感を出す


あえてきっちり前髪を分けず、バランスを見ながら1束取って頭の後ろやサイドに流してざっくり固定していきます。ゴールドピンを複数付けたり、パッチン留めやバレッタなどをランダムに付けるとラフ感が出てきます。

また、おでこをちらっと見せるだけでも顔周りが明るくなるので、前髪なしならいつもより軽やかな印象になるでしょう。そして、ランダムに髪を取っているため、後れ毛が顔にかかりアンニュイでセクシーな魅力もあります。


【レングス別】簡単ピン留めアレンジ


いつもの髪型も、前髪を留めるだけで雰囲気はガラッと変わることがわかりました。そして、髪の長さに合わせてスタイリング方法を変えれば、さらに素敵に見せることもできますよ。ここからは、レングス別に簡単なセットの仕方を紹介していきます。

〈ボブ・ショート〉サイドを耳にかけてピンで留めればクール度アップ


髪が短いボブやショートの方も、髪を耳にかけてあげるだけで印象はずいぶん変わります。サイドの髪がおさえられ、すっきりとしたメリハリのあるスタイルに。さらに、ゴールドやシルバーのピンをランダムに重ね付けすれば顔周りの華やかさもアップするでしょう。

大ぶりのアクセサリーと合わせても顔周りがうるさくなることなくバランスもとりやすいですよ。このとき、ピンとピアスの色を合わせてあげれば統一感も高まります。



〈ボブ・ショート〉ちびポニーテールは魅せるピンで固定する


ボブやショートヘアで作るポニーテールは、毛先がコロンとしたかわいらしいフォルムが魅力です。しかし、どうしても髪が足りないのでふんわり感が出にくくひっつめ髪に見えてしまうこともあるかもしれません。そんなときは、後れ毛でガーリーさを意識しながらほつれ髪を固定し、ゴールドピンで華やかさを出すといいですよ。



〈ミディアム〉ハーフアップにピンを複数留めしてガーリーに


いつものハーフアップも、ピンを加えるだけでさらにかわいらしくガーリーな印象に。最初にコテで全体を軽く巻いてからふわふわに仕上げておくときっちりしすぎずラフに仕上げられます。

ハーフアップにまとめたら、サイドに何本かゴールドピンを刺してアクセントにしてあげましょう。時間がない日や、可愛いゴムが見当たらないときにも使えますよ。


〈ミディアム〉ダウンスタイルには大きめピンでアクセントをプラス


緩く巻いたダウンスタイルも、大きめのピンで留めるだけで、全体が引き締まりメリハリのあるスタイルに。髪を耳に欠けながら固定すれば、顔周りがすっきりして印象も明るくなります。不器用で髪をセットするのが苦手でも、チャレンジしやすいですよ。


〈ロング〉編みおろしヘアをさらに華やかに


ロングの髪の長さとボリュームを活かしてできる編みおろしヘアは、見ためは複雑に見えますが、実際はくるりんぱや三つ編み、ツイストを組み合わせて作れます。ほどよくボリュームを出しながら編みおろしを作ったら、仕上げにヘアピンを使って飾り付けをしていきましょう。ゴールドピンだけで大人っぽく仕上げてもいいですが、大小さまざまな種類をランダムに使ってあげるとゴージャスな雰囲気になります。



〈ロング〉重たくなりがちなまとめ髪もピンを使えば軽やかに


ロングヘアの場合、まとめ髪をすると全体が暗くなったり重たく見えたりすることもありますが、ランダムに留めていくと華やかさが加わり軽やかな印象に仕上がります。同時にアレンジ崩れを防止できるので、1日きれいな状態をキープできますよ。



【シーン別】簡単ピン留めアレンジ


出かける場所や合う人に合わせて種類や留め方を変えると、さらにイメージに合ったヘアスタイルが完成します。ここからは、シーン別にできる簡単なアレンジを見ていきましょう。

【デート】巻き髪×バッテン留めはキュートな洋服にもぴったり


彼とのお出かけには、女性らしさを感じさせるダウンスタイルにヘアピンを合わせていきましょう。2本をバッテンの形に留めてあげればトレンド感もあって、かわいらしさがアップします。このとき、前髪をあげれば顔周りが明るくはっきりするので好印象を与えられますよ。



1
2

関連記事