貧乳のメリットとは?男性が感じる魅力&バストアップ方法をご紹介♪

プロポーションを気にする女性たちにとって、一番の強敵とも言える「バスト」。形はもちろん、サイズだって気になりますよね。コンパクトなバストを、もっと大きくしたいと悩んでいる人も少なくないはずです。

しかし、そんな「貧乳」にも、素敵な魅力がたくさんあるのをご存じでしょうか?自分にとってのメリットがあるのはもちろん、貧乳こそ素敵だと感じる男性も多いのです。自分のバストに自信を持つためにも、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。



目次

「貧乳」にも魅力があるって本当?



日頃からバストサイズに悩んでいる人にとっては、貧乳の魅力と言われてもピンとこない場合があります。叶うならば「谷間のある豊満なバストになりたかった……」と感じている人も少なくありません。

しかし、普段気がついていないだけで、日々の生活に貧乳の魅力やメリットはたくさん潜んでいます。まずはどんなバストが貧乳に当てはまるのかを確認し、世間一般に言う「貧乳」の定義をおさえておきましょう。

貧乳の定義



「貧乳」という言葉には、「貧しい」というマイナスなイメージの漢字が使われているため、よい印象を受けにくくなってしまいます。その名の通りバストが小さいことを指す言葉ですが、社会的に広く浸透したのは1990年代だと言われています。

大きいバストが魅力的だと言われるようになったのは、ごく最近のことです。古い時代の日本や欧米では、貧乳こそが女性らしさの象徴と言われていました。つつましく清楚な雰囲気になる貧乳は、日本女性の憧れであった「大和撫子(やまとなでしこ)」のイメージにも当てはまります。

無乳との違い



貧乳よりもさらに胸が小さいのが「無乳」です。「無」は存在しない、ということであり、ほとんどふくらみがないバストを指します。貧乳と同じで悩んでいる人が多く、「AA」や「AAA」などのサイズになるためぴったり合う下着がなかなか見つかりません。

そもそもどこからが貧乳?



では、どのサイズからが「貧乳」と呼べるのでしょうか。左右のバランスや形、ハリなどでサイズは違って見えることがありますが、一番基本となるのがカップサイズです。バストトップとアンダーの差から簡単にわかるため、自分のカップサイズを正確に測っておくと便利ですよ。

自分で測るのが難しい場合は、ランジェリーショップなどで店員さんに測ってもらうのもおすすめです。自分が思っていたサイズと違うことも多く、ぴったり合う下着選びに役立ちますよ。

バストのサイズがBカップ以下が貧乳傾向にある



AカップやBカップが貧乳に当てはまるという声が一般的です。CカップやDカップは標準的、Eカップ以上になると誰から見ても大きいと言えるサイズになります。現代の日本人女性の平均はBからCカップと言われており、貧乳であっても標準サイズから大きくかけ離れているわけではないのです。

バージスラインの有無



バージスラインとは、胸と体の境目にできる線のことです。ブラジャーをよく見てみると、重みを支えるために丈夫に作られているのがわかります。バストサイズが大きいと、バージスラインも深くはっきりと見えるようになりますね。

貧乳や無乳の場合、胸部分に脂肪が少ないため、バージスラインがはっきりと浮かび上がってこない場合があります。普段あまり意識しない部分ですが、気になる場合は一度鏡の前でチェックしてみてください。

貧乳さんのお悩みあるある



体についての悩みはデリケートなため、周りになかなか打ち明けられない人も多いものです。本当はあなたの周りにも、同じように悩んでいる人がいるかもしれません。周りと悩みを共有することで、一人で悩むよりもポジティブに考えられますね。

コンプレックスになる


貧乳を気にしている人の中には、コンプレックスとして深く悩んでいる人もいます。さまざまなケア方法を試し、効果が出ずに落ち込んでいる場合も少なくありません。容姿にコンプレックスを持っていると、せっかくのおしゃれを心から楽しめなくなってしまう場合も考えられます。

水着姿に自信が持てない



夏になると、海やプールに出かけたくなりませんか?しかし、いざかわいい水着を買おうと思っても、バストが気になってしまうとなかなか購入に踏み切れません。思い切って出かけたにもかかわらず、Tシャツを着てビーチで待機するなんて切ないですよね。

スタイルにメリハリが出ない


きゅっとしまったウエストやボリューミーなバストなどは、全身のバランスを整えてくれます。コーディネートにもメリハリが生まれ、脚長効果や着痩せ効果が期待できることも。そのため、胸元のボリュームがないことで、コーディネートがいまいち決まらないと悩んでいる人もいるのです。

女性らしさが足りない気がする


メイクやヘアスタイルなどに気をつけてみても、友達と比べて女性らしさが足りないように見えることはありませんか?女性の特権とも言えるバストには、男性にはない魅力があります。そのため、大きいバストこそが女性の象徴だと感じる人もいるのです。

幼く見られがち



スレンダーでクールな印象の貧乳女性がいる一方、顔立ちや身長によっては幼く見られてしまうと悩んでいる人もいます。お酒の席で頻繁に年齢確認をされたり、友達や彼氏から子ども扱いされたりすると、大人としての魅力がないのかと心配になってしまいますよね。

好きな人との関係が縮まらない


貧乳を気にしていると、好きな人に胸元をさらけ出すのが怖いと感じる場合があります。何か言われるのではないかと不安になり、密着することを避けがちになってしまう人も少なくありません。彼にとって大した問題ではなくても、女性にとっては大きな勇気が必要な問題なのです。

貧乳はいいことも!!貧乳のメリットとは?



デメリットばかりを気にしがちな貧乳ですが、今までに気がつかなかったようなメリットがあるのも事実です。普段の生活を振り返ってみると、貧乳ならではのメリットがたくさん潜んでいたことに気がつけるのではないでしょうか?

細身の服が似合う


すらっとしたタイトな服装が似合うのも、貧乳の特権と言えます。もちろんオーバーサイズのアイテムも、ゆったり着こなせておすすめですよ。バストを気にせず、どんなコーディネートも楽しめるなんて素敵なことですよね。

セクハラを受けにくい


バストが大きく強調されてしまう人は、それだけ人の目にもつきやすくなってしまいます。周りから「大きいね」などと言われるのは一種のセクハラですが、まだまだ気軽に口にする人も多いのです。こういったセクハラを比較的受けにくいのも、貧乳のメリットと言えますね。

胸の重みで肩がこる心配がない



Fカップにもなると、メロンほどの重さを肩だけで支えていることになります。当然かなりの負荷がかかり、肩がこる原因になってしまうのです。

一方Aカップは、両手におさまるみかんほどの重さしかありません。肩への負担も最小限で済むため、肩こりなどの不調を感じにくいのも嬉しいですね。

将来形が崩れにくい


胸が大きいということは、それだけ重さがあるということです。胸を支えている筋肉や筋、じん帯などは、歳を取るにつれて老化してしまい、将来胸が垂れ下がる原因になりかねません。胸が小さく軽い貧乳は形が崩れる心配が少ないため、プロポーションを維持しやすいのが特徴です。

運動しやすい


激しく揺れると痛みを感じる人も多いバストは、大きければ大きいほどに揺れやすくなります。胸の大きい人にとって、走ったり跳んだりといった激しい運動はなるべく避けたいところ。貧乳ならば、体育の授業や趣味の運動も胸の痛みを感じることなく楽しめますね。

ウエストの細さが強調される



貧乳の人は、同時に細身である場合が多いのではないでしょうか。当然ウエストもスリムな人がほとんどで、ボディラインが出るようなぴったりした服装もばっちり着こなせます。着物や浴衣など、古風な服装が似合うのも嬉しいポイントです。

好きな下着をつけられる


ランジェリーショップなどを見ても、デザインにバリエーションがあるのは大きくてもFカップまでがほとんどです。大きすぎたり、逆に小さすぎたりすると種類が少なく、限られた中から選ばなくてはいけません。せっかくの下着ですから、お気に入りのものを身につけたいですね。

清楚で大人しい印象を与えられる


体の細さや華奢なイメージから、「大人しそう」「真面目そう」といったイメージを抱かれるのも貧乳の特徴です。女性らしさも抜群で、性別を問わず人気者になれますね。

貧乳好きの男性は多い!男性が感じる貧乳の魅力とは?



男性といえば大きな胸を好むと思われがちですが、貧乳の方が好きだという男性も少なくありません。次にご紹介するのは、男性目線から見た貧乳の魅力です。貧乳好きの男性となら、バストを気にすることなくお付き合いができるかもしれません。

1
2

関連記事