黒髪にもカラーバターは使えるの?使い方やおすすめカラーをご紹介♡

自分で気軽に髪の毛を染められるカラーバター。カラーバターを使ってカラーチェンジをしてみたいけれど、黒髪でもきれいに染まるのか不安な人も多いでしょう。

カラーバターは黒髪の人でももちろん使えるのですが、きれいに染めるために、いくつかの注意点を説明していきます。さらに、黒髪の人がおすすめなカラーも紹介しちゃいます!

長期間髪の毛を染められない人は、ぜひカラーバターを使って、手軽にイメチェンしてみましょう!



目次

カラーバターを使ってみたい!でも黒髪でも使えるの?



ヘアカラーをすると髪の毛が傷みそうで不安……。近々黒髪に戻さないといけないから、ヘアカラーをするのをためらってしまう……。そんな悩みを抱えている人は、カラーバターを使ってみてはいかがでしょうか?

この記事では、そもそもカラーバターとは何なのか、カラーバターは黒髪でも使えるのか、カラーバターの使い方&染め方について紹介していきます。

さらに、黒髪に合うカラーは何?カラーバターで染めた髪の毛の色持ちはどのくらい?色を長持ちさせるにはどうすればいい?など、さまざまな疑問にも答えちゃいます!

そもそも「カラーバター」ってどんなもの?





手軽に自宅で髪の毛を染められるカラーバターですが、そもそもカラーバターとはどのようなものなのでしょうか。カラーバターが人気である理由について説明します。

カラーバターとは



カラーバターとは、カラーの入ったトリートメントです。通常のヘアカラー剤は、髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうので、髪の毛が傷んだりごわごわしたりすることがあります。

しかしカラーバターを使えば、髪の毛のきしみやパサつきなどを気にする必要がありません。ケアをしながらカラーが楽しめるのは良いですよね。

カラーバターの魅力



手軽で髪の毛にも優しいカラーバターですが、2020年の現在、SNSなどでも大流行中なのです。なぜそこまで流行しているのか、カラーバターの人気の理由を探っていきます!

髪の毛が傷まない





先ほど述べたとおり、カラーバターはカラーの入ったトリートメントなので、髪の毛を傷める心配がありません。

高ダメージを受けた髪の毛にも使用可能で、むしろ使用前より使用後の方が、トリートメント効果によって髪の毛がサラサラになります。

さらにダメージの強い髪の毛の方が、カラーが出やすいようです。ヘアケアをしながらカラーで遊べるのはとても魅力的ですよね。

短いスパンでのカラーチェンジを楽しめる



カラーバターは、色落ちが数週間から1ヶ月程度と比較的早いのも特徴です。そのため、短いスパンで髪の毛を痛めることなく、カラーチェンジすることが可能なのです。

カラーバターは毎日のシャンプーで自然と髪色が戻っていきます。日々のトリートメントに、カラーバターを代用して使用すれば、ダメージケアとヘアカラーが同時に楽しめます!

豊富なカラーバリエーション





カラーバターはピンク系、赤系、青系、紫系、オレンジ系、緑系、アッシュ系、シルバー系などと、流行に合わせて、さまざまなカラーが販売されています。派手なカラーも手軽に試せるのも魅力ですね。

オリジナルのカラーを作れる



さまざまなカラーが発売されているカラーバターですが、カラーを混ぜ合わせることで、自分の好みの髪色に染めることができることも魅力の一つです。

例えば、ピンクとブラウンを合わせることでピンクベージュにしたり、パープルとシルバーを混ぜ合わせることでライトパープルにしたり、組み合わせは無限大なのです!

カラーバターは黒髪でも使える?ブリーチは必要?



黒髪も素敵ですが、たまにはカラーチェンジしたいときもありますよね!カラーバターは黒髪の人でも使用できるのでしょうか。黒髪で染めるときの注意点と、おすすめの染め方も交えながら紹介していきます。

黒髪だと染まりにくい





やはり黒髪には染まりにくく、はっきりとしたカラーは出ないことが多いようです。

その理由として、カラー履歴のない健康的な黒髪の人は、もともとダメージが少なく染まりにくいことと、そもそも髪色が暗いからわかりにくいということが挙げられます。また、カラーバターには髪の毛の色素を抜く効果もありません。

黒髪の人がカラーバターを使ったときの仕上がりは、光に当たるとニュアンス程度で、なんとなくカラーが出るような感じになります。

ただ、就職活動やバイトなどが控えていて、常に黒髪でないといけない場合もあるでしょう。そのようなときにカラーバターで軽く色を入れるだけでも、短期間の気分転換にはなるかもしれません!

ダメージのある髪なら多少染まることも



強いダメージを受けた髪の毛は、茶色になることがありますよね。そのような状態の髪の毛には、カラーが入ることもあります。トリートメント効果でサラサラにもなりますし、一石二鳥です!

毛先を染めるのがおすすめ





カラーバターはダメージを受けた髪の毛にも使用可能で、ダメージの強い髪の毛の方が、カラーが出やすい特徴があります。さらに、トリートメント効果によって髪の毛がサラサラになります。

したがって、髪の毛は特に毛先が傷みやすいので、ダメージの強い毛先を染めるのがおすすめです!より染まりやすいですし、毛先だけを染めるのもおしゃれですよね。

ブリーチをするor明るめの髪色なら綺麗に染まる♡





どうしてもきれいな色に染めたい、という人はやはり元の髪の毛を明るくするしかありません。ブリーチはもちろん、明るめの髪色に染めた上からカラーバターを使えば、よりきれいに仕上がります。

黒髪でも大丈夫♡カラーバターの使い方&染め方をご紹介



カラーバターの使い方と、具体的な染め方を紹介します!事前に用意するものは、薬局や100円ショップなどで手軽に購入できます。

用意するもの





・ビニール手袋
・ワセリン
・ダッカール
・目の粗いコーム
・汚れてもいい服
・イヤーキャップ
・サランラップ

下準備



カラーバターはトリートメントとはいえ、カラーが手についてしまうのでビニール手袋を着用した方が良いでしょう。また、顔周りなどにワセリンをあらかじめ塗っておけば、カラーがついたときも洗い流しやすくなります。

ダッカールは、髪の毛にムラなくカラーバターをつけるために、ブロッキングするためのものです。目の粗いコームも一緒に使うことで、よりムラにならずきれいに染められます。

染めるときは汚れても良い服やケープなどをかぶると良いでしょう。シャンプーした後そのままお風呂場で染めてもOK!壁や床などにカラーバターがついたら、すぐに洗い流すようにしましょう!

黒髪でも大丈夫♡カラーバターの使い方&染め方



ここからは実際に、カラーバターを使った髪の毛の染め方を説明していきます!

シャンプーをした後にタオルドライをする





カラーバターは乾いた髪の毛でも使用できますが、色ムラ防止のため濡らした髪の毛の方がおすすめです。また、シャンプーをして余計な油分や整髪料を落とし、髪の毛を清潔な状態にしておきましょう。その後、軽くタオルドライをします。

髪の毛の一部にカラーバターを塗ってチェック



カラーバターがどのように発色するのかを確認するために、髪の毛の一部にカラーバターを塗ります!目立ちにくい内側から髪の毛の束を取り、カラーバターを塗って5分置いてください。5分経ってティッシュなどで拭きとり、カラーを確認します。

染まり具合がOKなら全体にカラーバターを塗る





カラーがOKなら、髪の毛全体に塗っていきます。カラーバターは惜しみなくたっぷりと使いましょう!

ダッカールや目の粗いコームを使いながら、ムラにならないように塗ってください。トリートメントなので、頭皮についても大丈夫!もみこみながら、塗り漏れが出ないようにしましょう。

15~20分放置する



きれいに塗れたら髪の毛全体をサランラップで覆い、乾燥しないようにします。そしてそのまま15~20分置きます。よりカラーを強く入れたいときは長めに放置すると良いでしょう。

カラーバターを流す





髪の毛にカラーが入ったら、カラーバターを流していきます。何度も言うようにカラーバターはトリートメントなので、洗い流した後にシャンプーをする必要はありません。カラーバターの染料がお風呂についたときは、速やかに洗い流してください。

髪の毛を乾かす



最後にしっかりと乾かしていきます。すすいだ後にタオルドライをすると、タオルにカラーがついてしまうことがあるので注意してください!乾かしていくと、カラーバターのトリートメント効果により、髪の毛が染める前よりサラサラになっているはずです!

黒髪から好きなカラーにチェンジ♪おすすめの髪色




黒髪でも楽しめるカラーバターですが、どのカラーが人気なのでしょうか。ここからは、黒髪の人に特におすすめのカラーを紹介していきます。

赤系は肌なじみがいい





黒髪に赤カラーをプラスすると、ワインレッドのような深みのある赤味に仕上がります。

黒髪と赤カラーの組み合わせは非常に肌なじみがよいため、日本人は特に似合いやすいのです。かわいい雰囲気にもなり、ガーリーなファッションに合わせやすそうですね!インナーカラーとして使ってもOKです!

グレーで透明感





黒髪にグレーのカラーをプラスすると、髪の毛の透明感がアップして見えます。黒髪にグレーを入れても何も変わらないのではないかと、心配する人もいるでしょう。

黒髪で使うグレーはその色味を出すためではなく、透け感をアップさせるために使用します。光の当たり具合で透明感が変化するので、飽きのこないカラーになっています。黒髪と比べると見た目が軽やかな印象になりますよ。

次のページ
1
2

関連記事