『バブみ』の正しい使い方が論争に発展?元ネタから意味・例文まで♡

「あの人にはバブみを感じる」などというように使われる言葉が「バブみ」です。聞きなれないという人もいるかもしれませんが、バブみという言葉はもともとネットから派生した言葉で、若い世代を中心に浸透しています。

でも、実はその「バブみ」の使い方をめぐって論争が起きていることもあるのだとか。一緒に詳しく見ていきましょう!



目次

「バブみ」はネットスラングから誕生した言葉♪





バブみという言葉は2ちゃんねるなどのネット掲示板から生まれた言葉、いわゆるネットスラングの一つで、使われるようになったのは2014年の中頃くらいからと言われています。

バブみという言葉が最初に使われたのがどのような文脈だったのか、時期がいつだったのかはまったくわかりませんでした。後で述べますが「バブみを感じる」と話題になったキャラクターが出ているオンラインゲーム『艦隊これくしょん』のサービス開始が2013年の4月なので、おそらくその後ではないか?と想定されます。

バブみという言葉自体は生まれてから5、6年くらいしか経っていないにも関わらず、多くの人々が今や使うようになっています。ネットの影響力はすごいですね!

バブみの意味をチェック!



ここでは、バブみという言葉の意味についてまとめてみました!

母性を感じる女性に対して使う言葉





バブみ、は赤ちゃんのあげる「バブバブ」という泣き声に由来し、思わず自分自身が「バブバブ」と言いたくなってしまうような、母性を感じさせる女性に対して使います。ただ、母性を感じるときは対象の女性が年上なことが多いと思い一方で、バブみの対象となる女性は、自分よりも年下の女性になります。

バブみは年下の女性が対象





バブみという言葉は、母性を感じさせる女性かつ、自分よりも年下の女性、少女に対して使う言葉です。ちなみに自分より年上の女性に母性を感じる、甘えたいと感じる場合は、バブみという言葉は使わないそうです。そのような場合は、姉萌えか、マザコンなどを使う方が良いそうです。なかなか奥が深いですね。
 

女性が「バブみ」を使うのはアリ?



バブみという言葉は本来の意味からすると、主に男性が女性に対して使う言葉です。しかし、近年、女性がバブみを使う場合も増えてきました。ただその場合、バブみのニュアンスが変わってくるようです。

バブみがある男性ってどういう意味?





女性が男性に対して、「バブみがある」と使う場合があります。この場合、その男性の容姿や言動などに、母性をくすぐられるものを感じたときに使うようですね。

男性が女性に対して使う場合は、女性に母性を感じる場合に使います。しかし、女性が男性に対して使う場合は、自分の母性を刺激させられる男性を形容するときに使うのですね。

バブみの使用法をめぐってSNS論争勃発!





女性と男性でバブみの意味や使用法が違うことで、どちらのバブみが正しいのか、その使い方は間違っている!といった論争が起こったこともありました。

現在も時折使用法をめぐって軽く論争になりかけることはあるようですが、「どちらでも良いのでは」「そもそも論争するほどのことではない」と考える人も多いため、そこまで大規模な論争にはなってはいません。

どちらの使い方が正しいの?





本来の言葉の成り立ちを考えるならば、男性が母性を感じる年下の女性に対してバブみと表現する使い方が正しいとも言えるでしょう。

でも、言葉の意味は時代の流れによって変化していくものです。現在は、女性が母性をくすぐられる男性に対してバブみと表現する使い方も増えてきています。そのため、どちらの使い方も正しいと言えるのではないでしょうか?
 

「バブみ」の使用例♡ 実際に使ってみよう



ここでは、実際に「バブみ」という言葉をどのように使うか、どのような意味になるのかを、例文を出してまとめました。
 

「〇〇にバブみを感じる」





この場合、○○には人やキャラクターの名前が入ります。また、○○が男性か、女性かによって意味が変わってくるので注意しましょう。

対象が女性の場合、彼女は自分よりも年下だけれども、とても優しくて母親みたいだといったニュアンスがあります。一方、対象が男性の場合、彼の行動は幼いけれど可愛らしくて、自分の母性が刺激されそうだといった意味です。

「バブみがある彼女が欲しい!」





これは男性が使う場合ですね。この場合、母性を感じさせるような優しくて甘えさせてくれる、年下の彼女が欲しい!といった意味になるのでしょう。

「○○はバブみが強い」





バブみを感じる、と少し似ていますが微妙に意味が変わります。この場合も、○○には人やキャラクターの名前が入ります。また、○○が男性か、女性かによって意味が変わってきます。

対象が女性の場合、彼女は強く母性を感じさせる年下の女性といった意味になります。また、対象が男性の場合、彼はとても子供っぽくて可愛らしいので、強く自分の母性が刺激されるといった意味になります。

男性が「バブみ」を感じる有名人・キャラクターは?



男性が「バブみ」を感じる有名人・キャラクターについてまとめました。

ナウシカ(『風の谷のナウシカ』)





『風の谷のナウシカ』のヒロイン・ナウシカは風の谷の族長の娘で、映画の時点での年齢はわずか16歳です。しかしまだまだ若い身でありながら、彼女は風の谷の人々を守り導いていきます。さらに人間以外の動物はもちろん、人間の敵ともなりうる腐海の蟲(むし)たちにも深い愛情を注ぐ少女です。

作中で風の谷の子ども達から「姫姉さま」と慕われる彼女はまさにバブみを感じるキャラクターですよね。

ララァ・スン(『機動戦士ガンダム』)





ララァ・スンは、『機動戦士ガンダム』の敵役・シャア・アズナブルにとって、特別な女性でした。また、シャア・アズナブルとアムロ・レイの確執にかかわるキーパーソンでもあります。

ララァ・スンはシャア・アズナブルより3歳年下で、アニメ中で亡くなった時には17歳でした。シャア・アズナブルはララァ・スンの死後に、「ララァ・スンは私の母になってくれるかもしれなかった女性」だとララァ・スンのことを表現しています。シャア・アズナブルはララァ・スンにバブみを感じていたんですね。

雷(『艦隊これくしょん』)





おそらくネット上で「バブみ」というワードが広まったのには、彼女の存在が大きいのではないでしょうか?

雷は、大人気オンラインゲーム『艦隊これくしょん』に出てくるキャラクターです。彼女は見た目は小学生くらいの少女の姿をしているキャラクターです。しかし彼女はその見た目に似合わず、プレイヤーを「そんなんじゃダメよ」「私がいるじゃない」と時には叱りつつも励まし、「もっと私に頼っていいのよ」と甘えさせてくれるキャラクターです。

少女でありながら、彼女の優しく、そして母性を感じさせる言動に、ネット上ではバブみを感じる男性が多く現れました。
 

女性が「バブみ」を感じる有名人・キャラクターは?



一方、女性が「バブみ」を感じる有名人・キャラクターは誰なのでしょうか?

宇野昌磨(フィギュアスケート選手)





平昌オリンピックで銀メダルを獲得した、フィギュアスケート選手・宇野昌磨選手はバブみを感じさせる男性だとSNSなどで話題になりました。宇野昌麿選手は、平昌オリンピックでは、優雅でありながらも男性的な力強いスケーティングで人々を魅了しました。

一方で私生活は天然な性格であることでも知られます。偏食が激しいところや、ゲームが大好きで練習時間外はスマブラやオンラインゲームに熱中することは有名ですよね。また、オリンピックで銀メダルを取った後に表彰式ではどうするのかを聞かれて、「表彰式があるんですか?」と答えたりしています。

このような天然な言動は女性ファンの母性を非常にくすぐったようで、平昌オリンピック後に宇野昌磨選手にバブみを感じた人が多く見受けられました。

知念侑李(Hey!Say!JUMP)





Hey!Say!JUMPの最年少メンバー・知念侑李さんもバブみを感じさせるとTwitterなどのSNS上で話題になりました。知念侑李さんは運動神経が良く、また圧倒的なダンススキルを持っており、ダンス中はとにかく格好良いです。顔だちはどちらかというとベビーフェイスで、時にはあざとさも感じられるところが女性の母性をくすぐるようです。

一方でかなり天然なところもあります。テレビ番組に出た際に、クイズに答えた後はその場で待機しなければいけないのに間違ってどこかに移動してしまう、運動神経はかなりいいはずなのになぜかスキップができないというあたりがカワイイエピソードとしてあげられています。

天然ではなくて計算では?と言う人もいるようですが、Twitter上ではそんなところも含めて知念侑李さんにバブみを感じている女性が多くいるようですね。

十四松(『おそ松さん』)





大人気アニメ『おそ松さん』に出てくる十四松にもバブみを感じる……、という声がSNS上で見受けられました。十四松は六つ子の五男で、とてつもなく明るい性格です。兄弟の中でもじっとしていられなくて動き回る、元気のあり余ったキャラクターとして描かれています。また着ているパーカーの袖も常にだらんと長くて萌え袖状態です。すでに成人しているにも関わらず、サンタさんを信じているなどとてもピュアな性格でもあります。

一方でアニメ中である女性に恋をするも、その女性が故郷に帰ることになってしまった後、迷いながらもその女性の見送りに行くなどの感動エピソードの持ち主でもあります。とても明るくかつピュアな性格と、相手のことを思いやる優しさのWパンチで十四松にバブみを感じた女性がSNS上に大量発生しました。


バブみには複数の意味がある!その場に応じて意味を考えよう!





バブみ、という言葉は本来母性を感じさせる年下の女性に対して男性が使う言葉でした。でも時間がたつにつれて意味が変化し、女性が母性をくすぐられる男性に対して使う言葉にもなりました。それをめぐって一時期論争が起きたようですが、現在はどちらの意味も共存して使われているようです。バブみ、という言葉はその時の状況に応じてどちらの意味なのか、しっかりと考えて使うようにするのがおすすめです!
 
(まい)
1

関連記事