黒髪×メッシュがおしゃれ♡メッシュの入れ方&おすすめカラーを紹介

清楚な雰囲気も残しつつ、おしゃれ感も演出できる黒髪メッシュ。一度はチャレンジしてみたいという女性も多いのではないでしょうか?しかしどんな風にメッシュを入れたら良いのか、自分に似合う色は?など、わからないことがたくさんありますよね。そこで今回は、おしゃれ女子になれるメッシュの入れ方やおすすめのカラーをご紹介していきます!

目次

黒髪×メッシュは相性抜群!


黒髪とメッシュと聞くと、対照的なイメージなので相性が良いのか不安になってしまう人も多いですよね。ですが、実は黒髪×メッシュは相性抜群。ベースの髪色を黒にすることによって、明るいカラーで入れたメッシュをより引き立ててくれる効果があります。しかも、黒髪の清楚さや落ち着いた雰囲気を残しつつ、メッシュのおしゃれ感や垢抜け感もアピールできる一石二鳥のヘアスタイルなのです!

メッシュってどんな髪色?



メッシュとは、部分的に髪色を違うカラーに染めたり脱色したりするカラーリングの手法のこと。入れる場所や面積は人それぞれで、ワンポイントだったり細い毛束をいくつか作ったりさまざまです。クールな印象にしたいのか、柔らかい雰囲気にしたいのか事前に決めておいて、美容師さんに相談するとスムーズですよ!

ハイライトとローライト


ハイライトとローライトは、メッシュより細めに筋状のカラーを入れて立体的に見えるよう作ります。黒髪と対照的な明るいカラーのハイライトは、全体的に軽くしたい人やおしゃれを楽しみたい人にピッタリです。反対に黒髪と近いダークカラーのローライトは、落ち着いた雰囲気や大人っぽい印象に仕上げることができます。

メッシュの魅力


メッシュと聞くと、ハードルが高そう……、と思ってしまいましたか?でも、メッシュにすることでさまざまな利点があることをご存知でしょうか。一度メッシュを入れると、その魅力にハマってしまう人は多いですよ。ここでは、メッシュの人気の秘密を解説していきましょう。

髪の毛への負担が少ない


ベースにカラーを入れず、地毛を生かしてメッシュを楽しむことによって髪への負担を最小限に抑えることができます。髪が細い人や乾燥しやすい人は、カラーによる髪のダメージを受けやすいですよね。メッシュであれば、カラーを入れる面積が小さいので髪の痛みが気になる人でもチャレンジしやすいでしょう。

とはいえ、メッシュでもある程度髪は傷んでしまいます。カラーを入れる方は、ヘアオイルなどのアフターケアも欠かさず行うようにしましょう◎

カスタマイズヘアオイル『MEDULLAヘアオイル』もチェック♪

メッシュは髪型を選ばず、ショートでもロングでも入れることができます。自分のヘアスタイルに合わせて、メッシュを入れる位置やカラーを自由に決めてアレンジすることが可能!自分にピッタリのメッシュスタイルを見つける楽しみが広がります。

さりげないおしゃれになる


メッシュを入れる位置や分量を調整することによって、印象を変えることができます。細めのメッシュを部分的に入れてあげたり、無造作な感じで入れるとさりげないおしゃれ感が出るでしょう。太めのメッシュはインナー部分に入れることによって、動いたり風が吹くとカラーがのぞくため派手になりすぎない印象になります。

この写真は、正面から見た1枚目と、バックショットの2枚目では全く印象が変わっていますよね。メッシュを入れることで髪に透明感と軽やかな抜け感も演出されています。

レングス別!黒髪さんのメッシュの入れ方


どんな髪型でも、黒髪は清楚感や大人っぽさがありますよね。そんな黒髪ヘアに、メッシュをプラスすることで一気におしゃれ度が上がります。おすすめしたい黒髪×メッシュのヘアスタイルを、レングス別にご紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

ショート



黒髪ショートは、メンズライクな印象を与えたい女性にピッタリのヘアスタイルですよね。だけど短いゆえにちゃんとスタイリングしないとカッコがつかなかったり、女性らしさを出すのが難しかったりしませんか?そんなときにメッシュが入っていると、こなれ感が出て軽やかな雰囲気を漂わせることができます。ブラウン系のローライトを無造作に入れてあげるとショートスタイルに個性が出て、頭の形も綺麗に見せることができますよ。

ボブ



ボブと言っても、内巻きボブや外巻きボブなどさまざまなスタイルが存在します。可愛らしい印象にしてくれるボブですが、子供っぽく見えてしまったり扱いが難しくて悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを、メッシュを入れることで解消することができます。黒髪にはグレージュ系のメッシュを入れてあげると、地味になりがちなボブが一気におしゃれ上級者ヘアに様変わりします。ワックスなどで毛先に束感を出して、いつものおしゃれをワンランクアップしましょう。

ミディアム



ミディアムヘアは、髪を巻いたりしばったりアレンジが豊富で楽しいですよね。そんな毎日のアレンジが、メッシュを入れることでさらに楽しくなりますよ。学校や職場の決まりが厳しくなければ、明るいハイライトをいれてあげると髪が多い方でも軽い印象になります。髪をアップにしても毛先を巻いてあげても、外国人のような雰囲気が演出できるうえに小顔効果も期待できますよ。

ロング



黒髪ロングの、ナチュラルで女性らしいスタイルも素敵ですよね。しかし、もしかして周りに重たいと思われてないかなと心配になることもあるのではないでしょうか?部分的にメッシュをプラスすることによって、程よいアクセントになり、動きが出て軽やかさが生まれます。カラーはしたいけど、痛むのは嫌だという女性もメッシュならダメージが少ないですよ!ブラウン系のローライトは髪をまとめると目立たないので、職場の雰囲気にもなじんでくれるでしょう。

黒髪×メッシュのおすすめヘアスタイル【暗めカラー】


派手なメッシュは入れられない、抵抗があるという女性には暗めカラーのメッシュがおすすめ。ベースとなる黒髪との差がそこまでないダークな色味なら、自然な雰囲気を残しつつメッシュを楽しむことができます。黒髪スタイルになじむ、暗めカラーのメッシュスタイルをご紹介します。

黒髪×グレーメッシュ


クールな雰囲気を演出したい人にピッタリなのがグレーメッシュ。透明感を演出してくれるグレーは黒髪との相性も抜群で、写真は2枚目、3枚目の方が黒髪とのコントラストがわかりやすいです。光の加減でキラリと輝くグレーが、動くたびにアクセントになって柔らかさを醸し出してくれるでしょう。シンプルコーデだけでなく、ガーリーなコーデを好む女性にもよく似合います。

黒髪×ブラウンメッシュ



あくまでナチュラルさを残したい人は、暗めのブラウンメッシュなら自然な印象に仕上がります。黒髪にもなじんでくれて女性らしさもプラスされます。茶髪にするまでではないけど、黒髪に飽きたというときにちょうどいいカラーです。顔周りに入れてあげると、輪郭との境界があいまいになるので小顔に見せてくれますよ。

例えばミルクティブラウンというカラーは、ブラウンだと暗すぎるしベージュだと明るすぎるという人にピッタリです。ブラウンよりもメッシュが映えてベージュよりは落ち着いた色味になります。まろやかな女性らしい雰囲気が漂い、清楚な黒髪におしゃれさや抜け感が加わります。色落ちしても透明感が残るので、長く楽しむことができるでしょう。男性ウケも抜群にいいですよ。

黒髪×ラベンダーメッシュ


黒とパープルは、とても相性のいい組み合わせです。パープルといってもラベンダー系のカラーなら、派手になりすぎないあなただけのスタイルが完成します。周りと差をつけたい人やミステリアスな雰囲気を出したいという人にふさわしいカラーです!大人可愛いファッションにもよく似合います。

黒髪×ボルドーメッシュ



赤メッシュを入れるには少し勇気が足りない……、という人は、ボルドーメッシュはいかかでしょうか。ボルドーは、赤よりもくすみがかってパープル寄りの色味でもあるので、派手になりすぎません。しかも、女性らしさやセクシーさがあるので、メッシュが悪目立ちするようなこともありませんよ。みんなとは違うカラーに挑戦してみたいけど奇抜すぎるのはちょっと……、という女性にピッタリです。

赤みのあるメッシュなら、ピンク系も人気が高いです。ピンクメッシュはさすがに抵抗がある……、という人にはブラウン系のピンクなら派手になりすぎませんよ。ブラウンメッシュより甘い印象になり、そこまで派手さもないので、程よい大人可愛さが演出できます。黒髪にもなじみがよく、とくにボブやミディアムスタイルとの相性は抜群です。大人の女性にも似合うので、いつものカラーに飽きたらピンクブラウンからチャレンジしてみてはいかかでしょうか。

黒髪×ブルーメッシュ


ブルーメッシュは、派手になってしまうのではと不安になる人もいますよね。ですが、ネイビー系の深いブルーをチョイスすることによって黒髪になじみやすくなります。そのため、一見メッシュが入っているとは分からず、光の加減によってブルーの鮮やかさが際立つのです。透明感を演出したい女性にピッタリですよ!

青系だと、ブルージュという、ブルーとベージュが合わさったようなカラーがあります。ブルーは好きだけど、メッシュとして入れるのには抵抗があるという人にはブルージュが最適です。暗いところだと黒髪そのものに見えますが、光が入るとブルーが際立ってくるのがポイント。黒髪が透けて見えて、透明感のあるブルーが爽やかな印象を与えてくれます。アッシュカラーと呼ばれ、2020年のトレンドカラーになっています。

黒髪×マットアッシュ



マットアッシュとは、人気のアッシュカラーをマットな質感に抑えたカラーのこと。アッシュには憧れるけど、派手になりたくないし控えめなカラーが好きという人に適しています。甘すぎない女性らしさも保ちつつ、クールな雰囲気も同時に楽しむことができるので、色々なファッションを好む女性にもピッタリ。ショートからロングスタイルまで、黒髪に透明感を出してくれますよ。

黒髪×メッシュのおすすめヘアスタイル【明るめカラー】


次は、せっかくメッシュを入れるなら、明るめカラーを入れて思いきり楽しみたい!という人におすすめのカラーを紹介します。明るめカラーは印象も華やかになるので、おしゃれ度が上がること間違いなし。カラーのバリエーションも豊富なので、色味を迷っている人もきっとお気に入りが見つかりますよ。2020年に人気のメッシュカラーをご紹介します!

黒髪×ピンクメッシュ



ピンクメッシュと聞くと派手なピンクを思い浮かべてしまいますが、2020年秋はくすみピンクが流行中。くすみピンクなら黒髪でも浮いてしまうことはなく、程よいアクセントになってくれます。できるだけ自然な感じにしたいというなら、耳の脇辺りにポイントで入れるだけでも、アップアレンジにした際に、メッシュ部分がちら見えするのもおしゃれですよ!

黒髪×金メッシュ


黒髪に金のメッシュがキラリと光るのは、とてもスタイリッシュです。あなたの髪に周囲の視線が注がれることでしょう。細く無造作に入れてあげれば、こなれ感が出て派手になりすぎません。写真2枚目の方が色の違いがわかりやすく、大人の女性だからこそ楽しめる組み合わせです。

外国人ヘアに憧れている人は、ベージュメッシュでも似た風合いが出せますよ。黒髪を柔らかく見せてくれて、さらに透明感が増すでしょう。とくに肌の色が白い女性に相性抜群で、ゆるいパーマをかけたらより外国人風になります。ナチュラルメイクや、コットンなど、天然素材の服が好きな女性によく似合うでしょう。

黒髪×赤メッシュ



どうせメッシュを入れるなら、一度は赤に挑戦してみたいという人も多いのではないでしょうか?特にベースが黒髪の女性は茶髪や金髪に比べて赤メッシュがよく映えます。黒髪を生かした鮮やかな赤で一気にイメチェンしてみませんか?そこまで目立たせたくないという人は、耳の脇などにワンポイントのインナーカラーとして入れてみましょう!

黒髪×ペールグレーメッシュ


ペールグレーとは、英語のpaleからきている薄めの明るいグレーのことです。どちらかというと白っぽい色味になるので、ブリーチをするとしっかりカラーが入ります。黒髪とは対照的なカラーを入れて、メッシュを目立たせたい人にはおすすめです。ただし、ブリーチは髪に負担をかけてしまいます。ダメージを最小限に抑えたい人は、インナーに一本太く入れるか、毛束を細く取って数本入れるなどで楽しみましょう。

黒髪×グリーンメッシュ



メッシュにチャレンジしたい人に意外と人気なのがグリーンメッシュ。奇抜ですが、案外黒髪になじみがよく季節を選ばず楽しむことができるカラーです。髪に手間のかかるアレンジをしなくても、無造作にかき上げたり横に流すだけでおしゃれに決まるのが嬉しいポイント。メイクはグリーンと相性のよいオレンジ系にすると、一気におしゃれ上級者の仲間入りです。

黒髪×シルバーメッシュ


グレーメッシュよりも毛流れが鮮明に映えるのが、シルバーメッシュです。男女共に人気の高いカラーで、ヘアスタイルにメリハリが出てかっこいい印象になります。シンプルな服装やストリート感のあるカジュアルなファッションが好きな女性によく似合います。ストレートでもパーマでも、アップにしても様になってくれるのでアレンジするのが楽しくなりますよ。

黒髪×イエローメッシュ



一度は強めのメッシュを入れて楽しんでみたい!という好奇心が旺盛なあなたには、イエローメッシュはいかがでしょうか。黒髪にイエローが綺麗に映えるので、茶髪や金髪よりもコントラストを楽しむことができます。ただし、あまり入れすぎると近寄りがたく思われてしまうかも?無造作に数カ所にとどめておくことがポイントです。元気さいっぱいのこのカラーは、夏が近づくと、ファッションもお出かけも気分が上がること間違いなしです!

黒髪×オレンジメッシュ


ブラウンメッシュだと物足りない……、でも温かみや柔らかい雰囲気がほしいという女性にピッタリなのがオレンジメッシュ。室内ではブラウンメッシュにも見えてそこまで派手な印象は与えないものの、光の加減で鮮やかにオレンジが輝いてくれます。軽くウェーブがかった黒髪に、顔周りなどにさりげなく入れてあげると抜け感がありフェミニンさが出ます。大人の女性でも楽しめる、チャレンジしやすいカラーメッシュです。

黒髪×グラデーションメッシュ


いくつかのカラーを組み合わせて、グラデーションのようにメッシュを入れてあげるのも可愛いですよ!写真2枚目だと色の違いがよくわかりますが、ワンカラーだけでなく何色も入れるやり方もあります。

例えば、グリーンメッシュに興味があるけど勇気がない……、といった場合も、相性のいいベージュやグレーなどと一緒に入れると思っているほど奇抜になりません。インナーに入れてあげれば、さりげなく見え隠れする色味に周囲の視線も集まることでしょう。ぜひ、チャレンジしにくかったカラーを選んでみてください!

黒髪×メッシュにチャレンジしてみよう!



黒髪メッシュのメリットやおすすめの入れ方などをご紹介させていただきました。気に入ったスタイルやカラーはありましたでしょうか?メッシュは入れてみたいけど、あと一歩踏み出せないという人も一度は勇気を出して入れてみてください!

きっとメッシュの魅力や楽しさに気づいて、いろんなバリエーションを試してみたくなりますよ。黒髪女子の皆さん、ぜひ黒髪メッシュにチャレンジしてみてください!

(まい)
1

関連記事