パワーワードって?意味や使い方、話題のワードをジャンル別で紹介!

TVやインターネット上でよく見聞きする「パワーワード」という言葉ですが、実際意味を知っている方は少ないのではないでしょうか。「あなたにとってのパワーワードは?」と聞かれたときにどのように答えるべきか悩む方もいるでしょう。

今回はパワーワードの意味や使い方、話題のワードを含めてご紹介します。ぜひ、ご自分のパワーワードを見つけてくださいね。



目次

最近よく聞く「パワーワード」について知りたい!


パワーワードと聞いてすぐに意味が通じる方もいると思います。また、その言葉を初めて聞いたという方もいるでしょう。「言葉は生き物」というフレーズがあるように、言葉は時代によって変化していきます。今どのような言葉が流行っていて、どのように使われるのかをしっかり確認して会話に取り入れてみてください。



確認しないで使ってしまうと、意味を間違えて覚えていたために笑われた……、なんて恥ずかしい経験をしてしまうこともあります。そのようなことにならないように、しっかりと言葉の意味を理解しておきましょう。

パワーワードって一体なに?


パワーワードには意味がいくつかあります。一般的に使われている場合とは別に、ビジネス上やインターネット上での意味は少し変わってくるようです。基本的な意味を把握しつつ、ビジネスやネットでの使い方も理解しておきましょう。

パワーワードの基本的な意味


英語で書くと、力という意味のPowerと、言葉という意味のWordとなります。この意味の通り、パワーワードの基本的な意味は「力のある言葉」や「インパクトがある文章やフレーズ」というものです。力やインパクトを与える言葉なのですが、ポジティブなことだけでなくネガティブな影響を与えるときにも使われます。

ビジネスシーンでのパワーワードの意味




ビジネスシーンでパワーワードと言うと意味合いが少し変化します。仕事上で自分に力を与えてくれる言葉という意味で使われることが多いようです。ニュアンスとしては「この言葉が私の背中を押してくれた」や「この言葉があるからいつも前向きに取り組める」など、ポジティブな表現として使用されています。誰にでも自分を鼓舞してくれるパワーワードが1つはあるかもしれませんね。

ネットやSNS上でのパワーワードの意味




Twitter(ツイッター)では140文字という文字数制限がありますし、ほかのSNSでも短いワードでいかに人の関心を引くことができるかが重要になります。そのため、特に意味はなくても面白いことや「そんな考えは今までなかった」や「そうきたか」と思わせる言葉がパワーワードとして定着しました。SNS上では「パワーワードすぎる」とか「これってパワーワードじゃない?」など、インパクトがある言葉という一面が特にクローズアップされて使われます。

多くの人が影響を受けたパワーワード集


良くも悪くもそのインパクトからさまざまな影響を与えるパワーワード。今まで話題になったワード集とその意味をご紹介します。記憶に新しいものもあるかもしれませんね。

「面倒だ信じてしまおうWikipedia」




ネット上の辞典として多くの人から親しまれているWikipedia(ウィキペディア)が入ってるパワーワードです。すぐ調べたいときに便利ですよね。でも、誰もが観覧できる反面で、誰でも編集や修正ができてしまいます。そのため、なかには信頼性の低いものや明らかに間違っている情報もあるようです。

このパワーワードは「それでも調べるのは面倒だからWikipediaの情報でいいか」という意味です。たしかに、忙しいときやそれほど重要ではない調べ物の際には「これでいいか」となってしまいますね。日本人に馴染みがある五七五で作られているので、耳に残りやすいのも話題になった要因かもしれません。

「一日一生」


座右の銘に挙げられることも多い「一日一生」という言葉は、一日一日を大切に生きるため、今日一日を生涯最後の日と思って精一杯生きるようにという意味になります。気が引き締まる言葉ですね。これこそまさに自分を奮い立たせるポジティブなパワーワードでしょう。

「まず心の中のデブを殺せ」




インパクトの強い言葉ですよね。こちらは30キロも減量してムキムキになった男性が言った言葉で、男性のビフォーアフターと合わせてダイエットしている人の心に響いたようですね。ダイエット中の人を力づけるワードです。お腹が空いていないのについついお菓子に手を伸ばしてしまうときに思い出してくださいね。誘惑を断ち切るのに一役買ってくれるでしょう。

採用条件「人類」


仕事を探している人がこの採用条件を見つけたらついつい応募してみようかなと思いますね。これは実際に単発のバイトを探していた方が発見したものをTwitterにあげて、斬新さがウケてパワーワードとなったものです。とりあえず人類であれば年齢も学歴も関係ない!との意味だったようです。

「筋肉は裏切らない」




2018年からNHKで定期的に放送されている『みんなで筋肉体操』の中で、近畿大学の谷本教授がみんなを励ますために「筋肉は裏切らない」と声をかけたのが話題になりました。この番組から影響を受けて筋トレを頑張ろうと思った方も多いことでしょう。

「先生ってイケメンだったらかっこいいよね」


こんなこと言われたら、喜んでいいのか悲しむべきなのか迷います。生徒が先生の顔ではなく、性格や内面の良さをかっこいいと褒めた言葉ですが、「イケメンだったら」と前置きがあるため悪口にも聞こえてしまいますね。先生からしたら忘れることのできないパワーワードとなったでしょう。

「ぼくさかな、きのう海、きょうはかまぼこ」




切なくなると話題になったフレーズです。新鮮さをアピールしたかったと思いますが、かまぼこを食べるたびに昨日までは海で泳いでいたのかと考えるとちょっと悲しくなりますね。「泳げたいやきくんみたい」という声もありました。

「カステラはギュッとしたらカロリーゼロ」


芸能人好感度ナンバーワンを3年キープしている、サンドイッチマンのツッコミ担当伊達さんがCMで唱えているカロリーゼロ説が面白いと話題になりました。『アメトーク』で2017年、2018年流行語部門第1位を獲得しています。



カステラだけでなく「ドーナツは穴が空いていてゼロという形をしているからカロリーゼロ」や「カロリーは熱に弱く110度に耐えられないので揚げ物などにカロリーはない」「カロリーには色が付いているので、お米などの白いものはカロリーなし」などたくさんあります。もちろんカロリーゼロ説に根拠はありませんが、多くの人を笑顔にするパワーワードですね。

「タピオカカメラ、耳からウドン」




知らない人が聞いたら「どんな状態なの?」と不思議に思うはず。一度聞いたら忘れられないワードですね。こちらは『iPhone11』のカメラのレンズがタピオカに似ていることと、ワイヤレスイヤホンの『AirPods(エアーポッズ)』をつけると耳からウドンが出ているように見えることからできたパワーワードです。

「大人女子」


大人気アニメの『鬼滅の刃』のファン層が30代から40代が多いことから生まれた言葉です。後ほど取り上げますが鬼滅の刃には読者が感情移入できるセリフが多いのも人気の秘密と言えます。何歳になっても夢中になれるものがあるというのは良いことですね!


多くの人が影響を受けたパワーワード集【アニメ編】




多くの人がアニメから感動や勇気をもらっています。背中を押されて明日も頑張ろうという気持ちになる方も多いはずです。アニメの中にもインパクトのあるパワーワードがたくさん取り上げられています。そのなかでも、今回は4つのアニメからご紹介いたします。

『鬼滅の刃』より



鬼滅の刃 1巻(ジャンプコミックスDIGITAL)Amazonはこちら♡
先ほども取り上げましたが、2020年において誰もが知ることとなったナンバーワンアニメと言ったら『鬼滅の刃』を取り上げる人が多いのではないでしょうか。鬼滅の刃は2016年から『週刊少年ジャンプ』で連載され、今では映画化もされている人気コミックです。そのなかでも多くのパワーワードが生まれてきました。

「失っても失っても生きていくしかないです。どんなに打ちのめされようと」


主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が婚約者が鬼に食べられてしまった青年に言った言葉です。自身も家族を失ったことから、その痛みが分かるゆえの言葉と考えると胸に突き刺さる言葉ですね。悲しい現実は変えることはできないが、絶望せず生きていこうと鼓舞されます。

「人は心が原動力だから。心はどこまでも強くなれる!!」


こちらも主人公の炭次郎の言葉です。「強い願いがあれば体はついてくる」と励ましています。夢や目標に向かって一生懸命頑張っている人にとって大きなパワーとなる言葉でしょう。

『スラムダンク』より


『SLAM DUNK (スラムダンク)』は高校生のバスケットボール部を題材にした大人気アニメです。1990年から1996年まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、多くの少年達がバスケットを始めるというブームを巻き起こしました。


SLAM DUNK(スラムダンク) コミック 全31巻完結セット
Amazonはこちら♡

マンガ本は31巻発売されました。全巻揃って購入することもできます。

「あきらめたらそこで試合終了ですよ……?」


「スラムダンクといえばこの言葉!」と多くの方がすぐに言えるほどのパワーワードですね。最後の最後まで希望を捨ててはいけないという意味です。これは、試合だけでなく恋愛や仕事、目標に関しても共通して言えることですね。人生で大切なことを教えてくれる一言です。

「『負けたことがある』というのがいつか大きな財産になる」


絶対王者のチームが初戦で負けたときにコーチが選手たちにかけた言葉です。負けたり、失敗したりしたくはないですが、そうした経験から学べることはたくさんあるはずです。落ち込んで終わりにしてしまうのではなく、そこから成長していこうという向上心にあふれた言葉ですね。

『ドラえもん』より


『ドラえもん』は誰もが一度は見たことのあるアニメでしょう。何をやってもうまくいかないのび太くんを助けるために、未来からやってきたドラえもんが助けていくというストーリーです。一見ほのぼのとしているマンガですが、人生に役立つパワーワードがたくさん散りばめられています。


ドラえもん1巻(てんとう虫コミックス)Amazonはこちら♡
こちらの第一巻から読み始めるとドラえもんとのび太くんの関係性をしっかり理解できますよ。

「どっちも、自分が正しいと思っているよ。戦争なんてそんなもんだよ」


この言葉だけを聞くと、本当に子供向けのマンガかな?と思ってしまうほどの名言です。今でも国同士の戦争や、身近な喧嘩は大義名分のもと行われることが多いですね。耳に残る深いドラえもんのセリフです。

「毎日の小さな努力のつみ重ねが、歴史を作っていくんだよ!!」


ドラえもんがのび太くんに、毎日の努力なしに成功はあり得ないと教える場面です。今、できることは小さいことかもしれないけど続けていくことが大切だと、多くの三日坊主の人の胸に刺さったパワーワードですね。

「一生けんめいのんびりしよう」


のんびりすることが大好きなのび太くんらしい言葉です。いざのんびりしようと思っても、多くの人は忙しい毎日を送っていますから、頭の中でいろいろ考えてしまったり、せっかくの休日にも家の掃除をしてしまったりと休まず働いてしまうでしょう。でも、ときには何もせずのび太くんを見習って一生けんめいのんびりしてみるのもいいかもしれませんね。

パワーワードを見つけてみよう




パワーワードの意味や使い方を知ることはできましたか?今この瞬間にもインパクトのあるワードは次々と生まれています。ご自身が好きなパワーワードをぜひ見つけてください。仕事においては自分や仲間を鼓舞するものとして、プライベートでは友人と楽しく過ごす言葉として取り入れていきましょう。

(まい)
1

関連記事