見逃さないで!彼氏が彼女にする愛情表現をご紹介♡愛されるコツも

大好きな彼氏の愛を感じる瞬間はとても幸せですよね。しかし、彼氏の愛情表現が少ないことで不安な気持ちでいる、心が満たされていない、という女性もたくさんいるでしょう。

ここでは、言葉や行動・LINEでのやりとり別に、彼氏から彼女に向けての見落とせない愛情表現を詳しく紹介します。今まで気づけなかった彼氏なりの愛情表現を見抜いて、もっと仲良しなカップルを目指しましょう!



目次 [開く]

彼氏が愛情表現をしてくれない!?実は見逃しているだけかも!


彼氏に「好き」という言葉をかけられたり、キスやハグをされたりすると、「愛されている」という実感が湧きますよね。彼氏の愛情表現は2人の仲を深め、彼女の自信を高めるのにも大きな力を発揮します。

でも愛情表現をあまりしない傾向の彼氏だと、彼女は「本当に私のこと好きなのかな?」と心配になったり、不満を感じたりするでしょう。



実は彼氏の愛情表現は、普段の生活のいろいろなところに隠れています。ここで紹介するたくさんの愛情表現を知ることで、「彼氏からすごく愛されていたんだ!」と2人の絆を再確認できますよ。人によって愛情の表現の仕方に違いがあることも理解しながら、お互いの愛をたくさん感じられるカップルを目指しましょう!

彼氏が彼女にする愛情表現【言葉編】


女性は、恋愛において言葉での愛情表現を重要だと捉える傾向があります。実際に彼氏からはっきりと「好きだよ」「愛してる」と言われたら、すごく嬉しいですよね。

しかし愛情が表れている言葉はそれ以外にもたくさんあります。愛情表現と捉えられる他の言葉をチェックして、彼氏の愛情に気づける女性になりましょう。



「ありがとう」と言ってくれる


誰もが言われて嬉しい言葉の代表と言えば「ありがとう」ですよね。この言葉が言える彼氏は、彼女との関係をこれからも良好に保ちたいという思いをもっています。彼女が見せる何気ない優しさにも、すぐに感謝の気持ちを表現し、日常的に愛を示してくれるでしょう。



「かわいいね」と言ってくれる


彼氏の「かわいいね」という一言は、彼女の気分を一気に上げる魔法のような言葉です。見た目のことだけでなく、彼氏への真摯な対応や絆を深めようとがんばる姿に対してかけることもあるでしょう。「愛おしい」という意味も含んだ愛情たっぷりの言葉です。



「付き合えてよかった」と言ってくれる


彼女との出会いや、今の幸せな現状に満足感を得ていることがわる言葉ですよね。これまでの思い出、安心感や楽しさ、未来への希望を踏まえて彼女とさらに親密になりたがっていることを意味します。



彼氏が彼女にする愛情表現【行動・態度編】


言葉よりもわかりにくいかもしれませんが、彼氏が行動や態度で彼女に愛情を見せることもあります。男性の愛情ある行動や態度を紹介しますので、ぜひ彼氏の日頃の言動を思い出しながら確認してくださいね。きっと心当たりのある行動・態度が見つかるでしょう。意外なところで、あなたへの愛があふれていることがわかりますよ!



悩みや相談を真剣に聞いてくれる


彼氏は大好きな彼女が困っていたら、力になってあげたいと思います。悩みや相談を真剣に聞いてくれたなら、それは彼氏が愛情表現をしていると考えましょう。

アドバイスをくれたり、苦しい気持ちに共感してくれた場合、彼氏はより強い愛情を見せていますよ。「いつでも頼りにしていいからね」「また話を聞くよ」と安心させる言葉をかけてくれたときも、愛されていると感じてOKです。



彼の友達や家族に会わせてくれる


彼氏が彼女を友達や家族に会わせてくれることも、彼女への愛情表現と言えます。本当に好きな相手ではなかったら、男性はわざわざ身近な人に女性を会わせません。

大事な人だからこそ、自分の周りの人にも知ってもらいたい、仲良くなってほしいと思うのです。彼氏は彼女ともっと深い仲になること、将来的にも長く関係を続けることを望んでいます。

何気ない言葉を覚えてくれている


彼女が大好きな彼氏は、愛情表現の一つとして話を丁寧に聞き、彼女自身が忘れてしまうような些細な発言でも心に留めようとします。「そんなことまで覚えていてくれたの?」と驚くと同時に、すごく嬉しい気持ちになりますよね。



健康を気遣ってくれる


彼女にはいつも元気でいてほしいという、彼氏の心温まる思いを感じられるのが健康を気遣ってくれたときです。「大丈夫?」「疲れてない?」と労り、病気のときは優しく看病してくれるでしょう。回復を強く願う姿からも愛情を感じられますね。

彼女の予定を把握しようとしてくれる


「明日は仕事だったよね」「週末は友達と会うんだっけ?」など、適度に彼女の予定を把握しようとする彼氏は、「一緒にいないときも何しているか気にかけているよ」いうサインを出しています。

別々の時間を過ごしても過度に詮索するのではなく、後で「どうだった?」と自然に聞いて彼女のことを知りたいという気持ちを表します。



急なデートのキャンセルにも快く対応してくれる


愛情深い彼氏だったら、彼女の急な予定変更にも誠実に対応してくれます。怒ったり責めたりせず、彼女の置かれた状況や気持ちを汲み取り、また次の機会を楽しみにしてくれるでしょう。

何かトラブルによる予定変更があった場合は、連絡をくれる、次にあったときに心配してくれるなど親身になってくれます。



会える時間を作ろうとがんばる


忙しい毎日のなかでも、彼氏が彼女と会える時間を少しでも作ろうとしているのなら、それは愛情表現の一種だと考えてください。疲れているときでも「彼女と一緒に過ごしたい」という気持ちを決して忘れずに、行動してくれるでしょう。短い時間でも、2人で楽しいひとときが過ごせますよ。



名前をたくさん呼んでくれる


なかなか気づきにくいかもしれませんが、彼氏が彼女の名前を呼ぶ機会がたくさんあることも愛情表現と言えます。名前を呼ぶことは、その人の存在を大切に思っているということです。「ねえ」「おい」ではなく、しっかりと名前を呼ばれるほうが嬉しいですよね。



見た目のちょっとした変化にも気づく


彼氏が彼女の少しのイメチェンにもすぐに気づいてくれる場合、愛情があると捉えられます。男性は興味のない女性の変化には無頓着ですが、好きな彼女のことなら細かいことにも敏感です。「前よりかわいいね」「イメチェン成功だね」と褒める言葉も付け加えてくれるでしょう。



さりげないレディーファースト


彼氏の行動を思い浮かべると、そういえばいつも歩くときは必ず車道側を歩いてくれる、重たい荷物をもってくれる、カフェやレストランではソファ席を譲ってくれるなど、レディーファーストが徹底していることに気づく人はいませんか?

それらはあなたを彼女として守ってあげたいという愛情の表れです。意識せずにしている彼氏もいるかもしれませんが、自然と彼女を大切にする気持ちが行動に出ていると思ってよいでしょう。

彼氏が彼女にする愛情表現【LINE編】


恋愛を成就させるために今や欠かせないLINE。恋人になってからでも、LINEは欠かせない重要なツールの代表ですよね。わかりやすい愛の言葉でなくても、彼氏から愛情を伝えるLINEが常日頃届いているかもしれませんよ。



他愛のないLINEをしてくれる


LINEを単なる連絡手段と見なす男性が多いなか、スタンプやふざけた会話も交えながら、彼氏と他愛のないLINEが続いた場合、それは彼氏が彼女に大好きだという思いを表現しています。くだらないやりとりでも、彼氏にとっては大好きな彼女との貴重な時間と言えます。



仕事終わりなどに「おつかれさま」とLINEをくれる


がんばった日の終わりに彼女にちゃんと「おつかれさま」とLINEを送ってくれる彼氏は気遣いのできる人でしょう。「いつも見守っているよ」という大好きな彼女への愛情表現です。その細やかな気遣いは、彼女への熱い思いがあってこそですね。

返事は必ず返す


普段の返信の頻度や内容に個人差はあれど、必ずLINEの返事を返すことは彼女を思っての行動といえます。返事が遅くなってしまう、短くなってしまうこともあるかもしれませんが、好きな彼女とのコミュニケーションを大事にしたい、返事がないことで彼女に心配をかけたくないと考えて、忘れずに返信します。



彼氏が愛情表現をしてくれない!その心理とは?


「いつも私から愛情表現してばかりで、彼氏からは全くなし……」と、嘆いている人はいませんか?では、なぜ彼氏は愛情表現をしないのでしょうか?彼氏と今後よりよい恋愛を進めるためのヒントをゲットしてくださいね!



1
2

関連記事