仕事が楽しい人っている?特徴や理由からやりがいを見つける方法♡必見

みなさんは仕事を楽しいと感じていますか?仕事=つらいものとなってしまっている人も多いと思います。でもどうせなら、仕事だって楽しい方がいいですよね。今回は、仕事を楽しんでいる人の特徴や、楽しむための方法をお伝えします。今、仕事がつらくて苦しい人は、ぜひ読んでみてくださいね。



目次

仕事が楽しいなんてあり得る?


「仕事を楽しめないなんて当たり前。仕事が楽しいなんてあり得るの?」そんなふうに考えている人も多いのではないでしょうか。ですが、実際に仕事を楽しいと思いながら、日々を暮らしている人もたくさんいます。

生活とは切っても切り離せない仕事。どうせなら、つらいよりも楽しい方が、より良い毎日になる気がしませんか?仕事を楽しめるようになって、ストレスから解放されましょう!



仕事が楽しい!?そう感じる人の特徴とは


仕事がつらいと感じている人は、仕事を楽しんでいる人を想像することも難しいかもしれません。まずは、仕事を楽しいと感じているのはどんな人なのか、その特徴からお話ししていきます。



自分がやりたい仕事をしている


自分がやりたいと思った仕事をできている人は、仕事を楽しいと感じている人が多いです。自分のやりたい仕事のためであれば、つらいことや苦しいことがあっても、やりがいに感じることができるからです。

大人になってから見つけたやりたい仕事でもそうですし、さらに、もし子どもの頃から憧れていた仕事をしている人であれば、仕事を楽しいと感じる人はもっと多くなるでしょう。

自分が得意なことを仕事にしている


自分がやりたい仕事をしている人が仕事を楽しんでいるとお話ししましたが、やりたいことと得意なことが一致しないこともありますよね。実は、やりたい仕事ではなく、得意なことを仕事にしていても、仕事を楽しいと感じる人は多いのです。

得意なことを仕事にしていると、仕事をすること自体が苦にならないので、ストレスが少なくすみ、楽しいと感じることができるんですね。



休むときと仕事をするときのメリハリがある


休むときは休む、仕事をするときは仕事をする、としっかりメリハリをつけた生活を送っていることも、仕事を楽しんでいる人の特徴です。

休みのときも仕事のことを考えてしまうと、生活のすべての時間が仕事のための時間になってしまい、仕事を楽しめない原因になります。休みと仕事のメリハリをつけることで、しっかりとリフレッシュができ、仕事に対しても「がんばろう!」と前向きな気持ちが湧いてくるのです。

人間関係を築くのが得意である


良好な人間関係を築くことが得意な人は、ほとんどの仕事を楽しむことができる人と言えるかもしれません。理由は、良好な人間関係があれば、つらいことや嫌なことも分かち合うことができ、ストレスを溜めにくいからです。

人間関係が良好であれば、仕事中に職場にいることも楽しくなりますし、仕事の後の食事や飲み会などのリフレッシュの機会も増えるでしょう。



他人と自分を比較しない



他人と自分を比較しない性格をしている人も、マイペースに仕事をすることができるため、楽しめる仕事が多くなります。たとえば学歴などのキャリアや、仕事の成績などで他人と自分を比較してしまうと、自分が劣っているような気がしてネガティブな気持ちになってしまったり、常に上位で居続けなければと気を張って、無駄なストレスを生み出す原因となります。

他人と比較せず、自分のペースを維持することができると余裕も生まれ、ストレスを溜めにくく働けるのです。また、他人が競争相手になってしまうと、仕事仲間が敵になってしまい、良好な人間関係も築きにくくなってしまうこともあります。


常に目的を持って行動するタイプである



たとえば事務仕事をするときに「お昼までにこの仕事は終わらせよう!」といった小さな区切りとなる目標を持って行動するタイプの人は、仕事を楽しむことができます。

理由は、このタイプの人は、自分で目標を立てて仕事をすることで「目標を達成できて嬉しい」という達成感を持ち続けて仕事をしているからです。常に小さな達成感を積み重ねながら仕事をすることで、仕事が自分にとって楽しい作業になるのです。

自分から進んで行動するタイプである


誰かの指示を待ってから行動するのではなく、自分から進んで行動するタイプの人も仕事を楽しめる人の特徴に当てはまります。

誰かに言われたことをこなしているだけでは、当然楽しくはありません。自分から行動すると、自分の思う通りに行動できることが増えます。さらに、仕事の結果が自分の評価につながりやすいので、仕事を楽しめるということにつながるんです。



仕事が楽しいと思う理由は?


仕事を楽しめる人の特徴をお伝えしてきましたが、仕事を楽しめないと思っている人は、特徴だけでは仕事を楽しんでいるという状況を想像しにくいかもしれません。では次は、仕事を楽しいと思う理由をさらに詳しく考えてみましょう。



ずっとやりたかった仕事ができている


特徴のところでも少しお話ししましたが、「ずっとやりたいと思っていた仕事ができている」というのは大きな理由のひとつです。夢見て憧れていた仕事をできているのであれば、仕事の内容は関係なく、ただその仕事をできているという事実だけで、満足することができるからです。

あこがれていた仕事についている自分を想像してみてください。想像したときに心に生まれる幸せな気持ちを、夢を叶えた人たちは仕事中にも持つことができるんです。

仕事で結果を出すことや達成感が好き


仕事で結果を出したり、結果を出すことで得られる達成感そのものが好きであることも、仕事を楽しいと思う理由になります。

仕事内容や業界を好きではなかったとしても、毎日の仕事をする中で「今日はこれだけのことができた!」「前回よりも上手く仕事をこなせた!」と思えることが楽しい気持ちを生み出して、仕事が楽しいと思えるのです。



仕事に将来性を感じている


携わっている仕事の内容や業界に将来性を感じることができれば、毎日の仕事も楽しいと思うことができます。将来性というのは、たとえばキャリアアップできる会社のシステムだったり、自身のスキルを磨ける職場の環境だったりします。

将来の自分を思い描けたり、自分の将来に希望を持てることで、毎日の仕事にも前向きに取り組めるようになるんです。今日の努力が、未来のレベルアップした自分につながると思うことができれば、やりがいも生まれ、楽しい気持ちになりますよね。

自分が主体となって仕事に取り組める環境である


指示された仕事をこなすだけでなく、自分で考えたり、自分で考えた通りに仕事に取り組める環境も、仕事を楽しむことにつながります。

自分で考えて行動したり、自分の考えや意見が周りに認めてもらえると、やっぱり嬉しいですよね。自分を評価してもらえることにもなり、やりがいやポジティブ思考が生まれるとても良い環境であると言えるでしょう。



仕事を楽しいと思えない原因を分析


次は、仕事を楽しめない原因を分析してみましょう。今の状況を変えるためには、まず原因の分析が必要です。いくつか例を挙げますので、当てはまるものがないかどうか考えてみてください。



人間関係がうまくいっていない


職場での人間関係はうまくいっていますか?また、トラブルは無くても、笑顔で話せるような相手は職場にいますか?

仕事をするだけなら、人間関係など無くてもいいと思う人もいるかもしれません。ですが、職場は1日のうち、長時間を過ごす場所。何時間も近くで過ごす人たちに気を使い続けるのは、ストレスや疲労になり、仕事を楽しめない原因になってしまいます。

本当にやりたい仕事じゃない


今の仕事は「やりたい」と思って自分で選んだ仕事ですか?やりたくないことを毎日仕事として強制されていては、楽しめなくて当然です。

自分の中の前提として「やりたくない仕事をイヤイヤしている自分」という思いがあるので、もし仕事の中で良い出来事や楽しい出来事があったとしても、素直に受け取ることができず、楽しみを逃してしまう原因になります。



職場がネガティブな雰囲気である


自分がどんなに仕事を楽しもうと思っていても、職場がネガティブな雰囲気であれば、楽しむことはできません。ネガティブな雰囲気というのは、たとえば愚痴や陰口を言う人が多かったり、ハラスメントのある職場だったりする例があります。

気にしないようにしようとしても、周りの雰囲気を感じてしまったり、嫌な話が聞こえてくることもあるでしょう。自分ではどうしようもない環境そのものが原因となっている可能性も十分にあります。



他人と比較されることが多い


たとえば営業職や販売職の人など、仕事の成果を他人と比較されることが多いというのも仕事を楽しめない原因になります。また、仕事の成果だけでなく、すぐに部下の優劣をつけたがる上司がいるなど、職場の環境で他人と比較されていて、仕事を楽しめない人もいるかもしれません。

他人と比較されて評価されるというのは、褒められれば嬉しい出来事かもしれませんが、常に勝たなければならないという気持ちに追い立てられて、精神を消耗してしまいます。また、他人より劣っていると言われれば、自己評価が下がり、苦しい気持ちになります。勝っていても負けていても、他人と比較され続ければ心が疲れてしまうのです。

仕事を楽しいと思えるようになる方法は?


どうすれば、仕事を楽しいと思えるようになるのでしょうか?自分でできることだけでも、仕事を楽しめない状況から脱出する方法はたくさんあります。試せる方法がないかどうか、ぜひ参考にしてくださいね。



今の仕事で成功体験を作る


一つめは、今の仕事で成功体験を作っていくという方法です。内容は仕事のことでも、仕事に関わる人間関係でも、どんなことでも構いません。

成功体験は、人を嬉しい気持ちにさせ、達成感を与えてくれます。そして達成感は仕事を楽しめる理由になります。また、一つでも成功体験ができれば、さらに次の成功体験を作ることができるかもしれないという希望にもつながり、ポジティブな気持ちで仕事ができるようになっていきますよ。

自分の得意なことを見つける


今している仕事の中で、何か得意だと思えるものはありませんか?仕事を楽しめないときは、仕事の何もかもに対して後ろ向きな気持ちになりがちなため、本来であれば得意なことも見落としている可能性があります。

一度、仕事に対する後ろ向きな感情を忘れて、仕事内容とだけ向き合ってみてください。仕事内容をひとつひとつ客観的に見て、得意だと思えるものを探してみましょう。得意な作業をするというのは、気分の良いものです。仕事を楽しむための手がかりになりますよ。



人間関係を良好にする


仕事の内容は変わらなくても、人間関係が変わるだけで、仕事を楽しめるかどうかは大きく変わる可能性があります。今、人間関係がうまくいっていない人は、とくにその可能性が高いです。人間関係は、職場の居心地の良さに大きく影響します。居心地が良い空間の方が仕事もはかどりますし、気分も良いですよね。さらに、仲の良い人ができたりすれば、雑談がリフレッシュになり、ストレスを減らす効果もあります。

人間関係を良好にするためには、コミュニケーションが必要不可欠です。ただ、突然コミュニケーションを取ろうとしてもきっかけ作りが難しいですよね。そんなときは、いつもより笑顔を意識して挨拶やお礼を言ってみるなど、普段の中にあるコミュニケーションから少しずつ変えていくだけでも効果は期待できますよ。



仕事でできることを増やす


今よりも、仕事でできることを増やしてみるというのも方法の一つです。自分で勉強したり、新しい仕事の内容にも挑戦していくことで増やすことができます。

また、できる仕事が増えるようになると、以前よりも周りから評価されたり、頼られるようになります。そうすると自分に自信がついたり、気分よく仕事ができるようになったりして、仕事を楽しめるようになるんです。

1
2

関連記事