憧れの小顔に♡リンパマッサージの基本から部位別のやり方・注意点まで

雑誌やテレビを観て「顔が小さくていいな」と思うことはありませんか?顔が小さいと可愛く見えるし、全体的にも華奢に見えます。小顔になりたくてダイエットをしても、胸だけ痩せてしまったりして、顔はすぐに痩せにくいですよね。

そんな人におすすめしたいのがリンパマッサージです。リンパマッサージをすることで顔に溜まった老廃物を流してスッキリとした小顔になれます。今回は小顔になれるリンパマッサージを紹介します。


目次

簡単にできるリンパマッサージのやり方ってある?



リンパマッサージというと、難しくて専門の知識や技術がなければできない感じがしそうですが、実はやり方も簡単で誰でもできるマッサージがあります。自分で覚えると気になったときにササっとマッサージできるので便利ですよ。

リンパマッサージを試すときの注意点



手軽にできるリンパマッサージですが、施術を行う際に注意をしなければいけない人もいます。次に該当する人はマッサージを控えるか医師と相談をしてから行いましょう。

 

妊娠中・持病のある人は注意



妊娠中はお腹が大きくなり、妊娠前と比較して血液の量も増えるのでむくみやすくなります。臨月の場合は子宮収縮を促すのでOKとされていますが、まだ初期や中期の妊婦さんがそのツボを押すと早産になる危険性が高くなるのでおすすめしません。自分で行う際はどのポイントを押してはいけないのか、きちんと確認をした上で行いましょう。

また、心臓疾患やぜんそくなど、いくつかの疾患はリンパマッサージにより病状の悪化が心配されるため、厳禁となっています。持病のある人は、医師と相談をした上で行うようにして下さい。
 

マッサージ前後の飲酒は控える



マッサージを行うと血液の流れが良くなります。この血液の流れが良くなっているときにアルコールを飲んだり、飲んで間もなくマッサージを行ってしまうと、酔いが回って体調が悪くなることもあります。もしマッサージを行う場合は飲酒をしてから2時間空け、体調が良いことを確認した上で行って下さい。

必ずオイルやクリームを使いましょう



クリームやオイルで肌の滑りを良くしないでマッサージを行うと、肌に余計な負担がかかるためシワやたるみの原因になります。特に顔をマッサージする場合、しっかりオイルやクリームを使わないと目のシワやたるみができてしまいます。手のひらでクリームやオイルを温め、軽く滑らせるように行いましょう。

リンパマッサージの効果とは?



リンパマッサージを覚えると体や心にとっていいことがたくさん。仕事でイライラしている、疲れが溜まって何となく体がだるい、食べすぎたわけでもないのに顔がパンパン。そんな悩みを抱えている人たちに、リンパマッサージがおすすめな理由を紹介します。

自律神経が整いストレス軽減につながる



マッサージを行うと気持ちよくてリラックスしますよね?リラックスすることでストレスが緩和され、乱れた自律神経が整います。副交感神経が優位になるので、肩こりなどの不調も軽減されますよ。カモミールやオレンジ、ラベンダーなどのアロマオイルをベビーオイルやホホバオイルなどに数滴垂らすと香りが広がり、さらにリラックス効果が高まるのでおすすめです。

 

免疫機能の向上



マッサージを行うことで基礎体温が上がります。体温がたった1度体上がるだけで、免疫力は5倍アップすると言われ、風邪を引きにくくなります。特にストレスを感じたり疲れが溜まると免疫力は低下してしまうので、体調を崩しやすくなったと感じたら、体調を見計らってリンパマッサージを行いましょう。

むくみが解消されてスッキリ



むくみの原因は体に溜まった余分な水分や老廃物です。女性は生理周期によって体の水分が溜まりやすくなります。他にも立ち仕事やお酒を飲んだ後はむくみやすくなります。

お酒を飲んだ次の日、顔がむくんでると感じたことはありませんか?そんなときはメイク前にササっとフェイスラインを人差し指と中指で挟んで滑らせ、顔に溜まった余分な水分の排出を促しましょう。

ダイエット



脚についたセルライトやお腹についた脂肪はなかなか落ちにくいですよね。リンパマッサージを行うことでセルライトが改善されたり、基礎代謝が上がるため痩せやすくなります。マッサージと一緒に食事の管理や運動もしっかり行えば、さらにダイエット効果が上がります。

体質改善



老廃物が流れることで体調も良くなり、今まで悩んでいた肩こりや片頭痛などが改善されます。季節の変わり目になると頭が痛くなるという人や、肩こりや首こりがつらい、手足が冷えて眠れない、疲れやすく風邪を引きやすいという人も、リンパマッサージを行うことで、これらの症状が改善されます。

セルフリンパマッサージのやり方【基本編】



リンパマッサージは誰でも簡単に行えるマッサージです。今までサロンに行っていた人も、やり方をマスターすれば自宅でいつでも好きなときにできるようになりますよ。毎日継続すればセルライトが消えたり体全体がスッキリして見えます。では基本的なマッサージのやり方を見てみましょう。

まずは鎖骨のリンパ節から!



リンパマッサージを行う前にまずは鎖骨のリンパ節からマッサージを行います。なぜ鎖骨からかというと、この鎖骨には多くのリンパが集まっており、最終的にリンパ液が合流し、老廃物を外へ出すという役目があるからです。

まず左からの鎖骨からマッサージを始めます。オイルやクリームを手に取り人肌くらいに温めたら、右手で鎖骨のくぼみに手を当てて外に向かって優しく滑らせます。5往復ほど行ったら反対の鎖骨も同様のマッサージ行います。

首~肩のリンパマッサージ



次に首です。首には左右1本ずつ太いリンパ本管があるので、耳の下から肩に向かって流します。人差し指から小指の4本の指を使って軽い力で流すような感じです。肩こりや首こりが気になってつい力を入れてマッサージをしたくなるかもしれませんが、力を入れるとリンパ管をつぶしてしまうので、優しく流しましょう。

胸周り



鎖骨の下には胸管という左リンパ本幹があります。胸の中央から腕の付け根に向かって軽く圧を掛けながらマッサージを行います。自分で行う場合は片方ずつで大丈夫です。

わきの下



反対側のわきの下に親指を入れて挟むようにマッサージを行います。わきの下にも腋窩(えきか)リンパ節があり、老廃物が溜まりやすい場所です。脇のリンパ節をマッサージすると二の腕がスッキリします。マッサージを行う際は脇全体も揉みほぐしてください。

肋骨周辺から腰周り



肋骨の下あたり、骨徒歩との間をさするようなイメージで上から下へ、骨に沿ってハの字に流します。最後に肋骨の下の中心から下腹部に向かって流しましょう。

次に腸骨の当たりをマッサージしますが、腸骨は骨盤の左右を触っていただき丁度骨盤の真ん中あたりにあります。腸骨の内側に指を当て、上から下へさするように優しく流しましょう。

足の付け根



そけい部と呼ばれている場所で、ここには足や下腹部からのリンパ液が集まる場所です。夕方になると足が何だかだるい、立ち仕事が多く足が痛くなるという人はこのそけい部をしっかり流しましょう。足の付け根に親指を当て、上から下に向かって流します。

リンパマッサージのやり方【効果別】



人によって悩みを抱えているパーツは異なりますよね。二の腕をスッキリさせたい人や脚を細くしてスキニーをキレイに履きこなしたいと行った悩みを抱えている人に、お悩み別のマッサージ方法を紹介します。

次のページ
1
2

関連記事