【夢占い】夢の中で夢を見る意味や心理とは?感情や内容別にご紹介♡

私たちは寝ているときに夢を見ることがあります。そして不思議な夢を見たときには、どうしてこんな夢を見たんだろう?と疑問に思うことがあるでしょう。事実、夢の内容にはその人の深層心理が反映されているとよく聞きますよね。

では、夢の中で夢を見るのにはどのような意味が隠されているのでしょうか?今回は、夢の中で夢を見る意味や心理を、感情や内容別にご紹介します。



目次

夢の中で夢を見たことはありませんか?



みなさんには、夢の中で夢を見たという経験はありませんか?夢から覚めたと思ったのに実はまだ夢の中にいたという感覚は、何回経験しても不思議なものです。どこからどこまでが夢なのか分からず、混乱してしまうこともあるでしょう。

夢の中で夢を見ることの意味や心理って?



それでは、夢の中で夢を見ることにはどのような意味があるのでしょうか?また、どのような心理状況を表しているのでしょうか?

夢の中で夢を見る「多重夢」の意味とは?



夢の中で夢を見るという状況を「多重夢」といいます。たとえば、目が覚めて遅刻したと思ったら実はそれは夢で、現実ではまだ朝早かった、というような状況のことです。

このような多重夢を見た経験がある人は意外と多くいます。その内容や状況はさまざまですが、夢の中で夢を見るという感覚が奇妙なものであることは確かです。現実がまだ夢のように感じてどこまで続いているのかわからない感覚は、時には少し恐ろしくもあります。

夢の中で夢を見る時の心理



夢にはその人の深層心理が映し出されているといいます。それでは、夢の中で夢を見るときの心理とはどのようなものなのでしょうか?

実は、夢の中で夢を見るのにはストレスが関係しています。仕事や学校でストレスを抱えているとき、ついつい「明日になってほしくない」「起きたくない」と思ってしまうことがあるでしょう。

そのような、心の奥底で感じている「夢から覚めたくない」という思いがいくつもの夢をつくり出し、夢の中で夢を見させているのです。

感情別!夢の中で夢を見た時の意味



夢の中で夢を見たといっても、その内容はさまざまですよね。そしてその内容によって、夢の意味が異なります。そこでまずは、夢に対して抱いた感情別にその意味を確認していきましょう。

夢の中で楽しい夢を見たとき



夢の中で夢を見たとき、その夢の内容が楽しいものだった場合、その夢にはあなたの願望が映し出されています。現実において辛い状況が続いており、その状況から抜け出したいという強い思いが、あなたの心の奥底に潜んでいることを伝えているのでしょう。

一方でこの夢は、予知夢である場合もあります。現在は辛い状況が続いていても、最終的には夢に見たような楽しい結末が待っているから、「もう少し頑張って」という夢からのメッセージかもしれません。

夢の中で怖い夢を見たとき



夢の中で怖い夢を見たときは、どのような意味があるのでしょうか?実は、夢の中で怖い夢を見るのは、あなたの身体が疲れているサインです。

現実世界で無理をし続けていませんか?自分でも無理をしているとはわかってはいるものの、休みづらい状況もあるかもしれません。その時に感じている「自分が休むと周りに迷惑をかけてしまう」というような罪悪感や恐怖心が、怖い夢となって現れるのです。

夢の中で悲しい夢を見たとき



夢の中で悲しい夢を見たときは、現実世界であなたにストレスが溜まっているということを意味しています。現実世界で感じている心苦しさやもどかしい気持ちが、夢にそのまま映し出されているのです。

夢から目が覚めても悲しい感情が残ったままだったり、夢の中で涙を流していたりする場合には、そのストレスはなおさら強いといえます。

夢の中で不愉快な夢を見たとき



不愉快な夢を夢の中で見たとき、現実世界ではあなたの心は追い詰められており、苦しい状況にある可能性があります。現実世界で感じている不愉快な気持ちが、そのまま夢に現れているのです。

しかし不愉快な夢は、ただ苦しい状況を伝えているわけではありません。今は苦しい状況であっても、もう少しで報われるということを教えてくれています。あなたは現実世界で、この状況を乗り越えようと努力しているのではないでしょうか?その努力はもうすぐで報われるので、安心してください。

夢の中で幸せな夢を見たとき



幸せな夢を見ると、夢から覚めたあともついつい顔がほころんでしまいますよね。そんな幸せな夢を、夢の中で見たときはどのような意味があるのでしょうか?

夢の中で幸せな夢を見たときは、もうすぐあなたの努力が実を結ぶということを示しています。現在、あなたは何らかの困難に立ち向かっているのではないでしょうか?その困難な状況はもうすぐ終わり、幸せが訪れます。夢からのメッセージを信じて、あと少し頑張ってみてください。

状況別!夢の中で夢を見た時の意味



次に夢の中で見た夢を状況別に分け、それぞれの夢の意味について紹介します。実は状況によっては、これからあなたの身に起こる危険を伝えている場合もあるのです。

夢の中で起きる夢を見たとき



目が覚めたと思ったら実はまだ夢の中にいたという現象は、意外と多くの人が経験しているのではないでしょうか?

このように夢の中で起きる夢を見るのは、現実世界であなたが受け入れたくないと思っている事実があるからです。受け入れたくない何かを避けるために、「現実世界では目覚めたくない」という思いが、あなたを夢の中で目覚めさせています。

もしも頻繁に夢の中で起きる夢を見ている場合、心の整理ができていない状況が続いており、心身ともに疲れているということを意味しています。ひとまず休息をとり、身も心もしっかり休ませるようにしましょう。

夢から抜け出せない夢を見たとき



夢の中で夢を見て、目覚めても目覚めても夢の中にいて……、というように繰り返し夢を見て抜け出せないという経験はありませんか?夢を繰り返すと、どこからが現実なのか分からなくなり、不思議な感覚に陥りますよね。

このように夢から抜け出せない夢は、あなたに強いストレスがかかっていることを伝えています。仕事や学校などで、日常的にストレスを感じてはいませんか?この夢を見たときには、あなたのストレスの原因を探り、その原因からすぐに離れることをおすすめします。

夢の中で現実世界に起きたことを見たとき



すでに現実世界で起きたことが、そのまま夢の中の夢に反映されることもあるでしょう。その場合、あなたが夢に反映された出来事を「夢であってほしい」と願っていることを意味しています。出来事の内容が辛いものであればあるほど、その可能性が高いです。

そしてその夢は、その出来事を乗り越えるようにあなたに伝えています。出来事から目を背けるのではなく乗り越えることで、未来はより明るいものになるでしょう。

夢の中で夢を見ている自分を見たとき



夢の中で夢を見ている自分を見るのは、かなり不思議な感覚を抱きますよね。このように、夢の中で夢を見ている自分を見たとき、現実世界ではあなたの努力が報われようとしています。

現在、何かを変えようと努力していることがあるのならば、そのまま自分を信じて努力を続けるようにしましょう。

内容別!夢の中で夢を見た時の意味



夢の中で夢を見たとき、内容はどのようなものでしたか?感情や状況と同じように、内容によっても、その夢が意味するものは大きく変わります。ここからは夢を内容別に分け、その意味について解説していきます。

夢の中で失敗する夢を見たとき



夢の中で見た夢の内容が失敗するというものだった場合、それはあなたが現実世界で何かに失敗することを恐れていることを意味しています。しかし、それだけではありません。夢の中での失敗には、現実で失敗しないためのヒントも隠されています。

あなたは夢の中でどのような理由で失敗をしましたか?その理由は、現実世界で失敗するときの理由と同じかもしれません。夢の内容をしっかりと思い出し、ヒントを探りましょう。

夢の中で過去の恋愛の夢を見たとき



夢の中で、過去の恋愛に関する夢を見ることもあるでしょう。過去の恋愛の夢は、その夢の内容が楽しいものだったか、悲しいものだったかによって意味が異なります。

過去の恋愛の楽しい場面を見たときは、あなたが過去の恋愛を乗り越えたことを意味しています。逆に、別れや喧嘩などの悲しい場面を見たときは、あなたがまだ過去の恋人を引きずってしまっていることを伝えているのです。

1
2

関連記事