職場恋愛で見せる男性の脈ありサインとは?アプローチ方法や注意点も解説

長い時間を異性と過ごす職場は、出会いの場のひとつ。はじめは意識していなくても、次第に同僚や上司が気になってくることがありますよね。アプローチする前に、気になる彼が脈ありか知りたくありませんか?

そこで、チェックしたい男性の脈ありサインをまとめました。職場恋愛だからこそ試したいアプローチ方法や注意点など、成功のポイントをご紹介します!



目次

同僚や上司が気になる!職場恋愛の上手な方法が知りたい♡


ただの仕事仲間だったはずの同僚や上司が、素敵に見えることってありますよね。そのまま交際に発展すれば、仕事中も恋人と一緒にいられる幸せな職場恋愛が始まります。

でも一方で、同じ職場の相手だと失敗したときの気まずさが仕事にも影響しかねません。そんなことにならないために、この記事では失敗を回避して楽しい職場恋愛を成功させるためのヒントを解説していきます。



職場恋愛が始まるきっかけとは?


職場恋愛を楽しんでいるカップルたちは、どんなきっかけで恋が始まったのでしょうか?よくある7つのきっかけを見ていきましょう。

共通の趣味があることがわかった


職場でもプライベートな話をすることがありますよね。その会話の中で共通の趣味があることを知って、相手に興味がわくケースが多いようです。話をする機会が増えて相手をよく知るようになると、本格的に恋愛に発展していきます。



飲み会で意気投合した


飲み会で席が近くなれば、普段は話さない男性とも話しやすくなるものです。お酒も入っているので、仕事中とは異なるリラックスしたムードも生まれ、会話が盛り上がることも。帰る方向が同じだと、帰りのタクシーでふたりきりになり、距離が縮まる場合もありますよ。



一緒に仕事をする時間が長い


同じプロジェクトに携わったり一緒に残業したりと、仕事で関わる時間が長ければ長いほど親密になりやすい傾向にあります。ひとつの目的に向けて協力することや、自然と会話が増えることにより、交流が少なかった人とも関係が深まるからでしょう。



仕事に一生懸命な姿を見た


職場では真剣に仕事に向き合い、一生懸命働いている様子をいつも間近で見られるため、尊敬が好意に変わる場合もあります。頑張っている人からは良い影響を受けるだけでなく、サポートしたいと思う人が多く、つい目で追うようになって恋愛につながるようです。



相談された・相談に乗ってくれた


一般的に女性は頼りがいのある人に惹かれ、男性は頼りにされることで相手を意識しやすいと言われます。仕事の相談をしたりされたりして、恋心が芽生える人が多いのもその傾向が影響していますよ。悩みはほかの人には話しにくいため、秘密を共有して連帯感も生まれやすいですね。



プライベートの顔を知った


仕事の姿しか知らなかった相手のプライベートの一面を見て惹かれる人もいます。たとえば、職場ではクールな印象なのに社外ではおしゃべりな男性や、仕事はテキパキこなすのにおっちょこちょいな女性を見ると、イメージが変わりますよね。そのようなギャップは、男女ともに恋のきっかけになりやすいですよ。



一目惚れした


職場恋愛でも、一目惚れがきっかけになったという人は多いようです。部署が違う人とも社内ですれ違うため、普段は接点がない人に惹かれ始める場合もあるでしょう。職場だからこそ共通の知り合いがいる確率も高く、仲を取り持ってもらうと成功しやすくなりますよ。



職場恋愛で男性が見せる脈ありサイン【行動・態度編】


気になる彼の行動や態度で「もしかしたら脈ありかも……?」と感じたことがありますか?8つの脈ありサインから、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

よく話をする


職場ではたくさんの人と話す機会があるはずですが、特定の男性に話しかけられることが多い場合は、好意を持っていると考えられます。特に個人的な質問をされることが多いなら、あなたについて知りたがっている証拠なので、脈ありサインと受け取れますね。



仕事を理由にして接点を増やそうとする


仕事をサポートしてくれたり残業を手伝ってくれたりと、何かと仕事での接点が多い男性は、あなたと話す機会を増やそうとしている可能性があります。また、仕事をこなす姿を見せて、頼れる男性として意識してもらう思惑がありそうです。



いつも褒めてくれる


会話をするたびに自分を褒めてくれる男性には、自然と意識が向きやすいものです。その男性があなたに対してだけ頻繁に褒めているのであれば、良い印象を持ってもらいたいと思っているアピールと言えます。褒め言葉が具体的であればあるほど、脈ありの説が濃厚です。



視線を感じて目が合う


仕事中に視線を感じて見てみると、いつも同じ男性と目が合うという経験がありますか?目が合うということは、相手があなたを見ているということです。特別な用はないのに見ていたとなると、あなたが気になって思わず見てしまっているのかもしれません。



下の名前で呼ぶ


さまざまな年齢層の人がいる職場では、苗字で呼び合うのが一般的でしょう。そんななかであえて下の名前で呼ぶ男性は、脈ありの可能性が高いですよ。しかも、ほかの人の前では苗字で呼ぶのにふたりきりのときだけ下の名前で呼ぶ男性は、あなたをドキッとさせる戦略として用いていると判断できますね。



距離感が近い


人には他者が近づくことを許せる「パーソナルスペース」があり、好意的に思っている相手ほど距離が近づきやすくなります。職場の男性が自分と話すときにやけに距離感が近いと思ったら、あなたに心を許していてもっと近づきたいを感じているという心理が読み取れますよ。



ほかの男性と話していると会話に入ってくる


男女混合の職場だと、常に男性と話す機会が多くなりますよね。でも、どの男性と話しているときも同じ男性が会話に参加してくることに気づいたら、あなたと話すほかの男性に嫉妬しているサインです。さらに、自分が話す機会を増やす目的もあると思われます。



社内でメールやチャットが多く来る


社内での連絡をメールやチャットで行う職場もあるでしょう。仕事に関する内容からプライベートの話まで、仕事中に頻繁に連絡してくる男性がいれば、好意があると見て間違いないです。仕事をしながらもあなたのことが気になって仕方がないようですね。



職場恋愛で男性が見せる脈ありサイン【飲み会編】


くだけた雰囲気になる飲み会は、職場よりも相手を知れるチャンスです。次の4つの脈ありサインが出ていないか、確認してみてくださいね。

気づくといつも近くにいる


飲み会は職場と違って行動が制限されにくいため、意中の女性の隣に席を確保しやすいです。そのため、飲み会のたびに同じ男性が近くにいるなら、あなたに好意を持っている可能性がかなり高いでしょう。ほかの男性が近づくのを防ごうとしているとも考えられます。



酔いすぎないよう配慮してくれる


飲み会で楽しくなってつい飲みすぎる女性も多いでしょう。酔っぱらうと気分が悪くなったり無防備になったりするため、好きな女性が酔っぱらっていると男性は心配になります。もし男性が飲みすぎないように配慮してくれるなら、あなたに好意がある証拠かもしれません。



1
2
3

関連記事