付き合う前のLINEのベストな頻度や内容をご紹介♡脈ありサインも必見

好きな人との距離を縮めるにあたって重要な鍵となるLINE。相手の心を惹きつけるためのテクニックを身につけておけば、あなたの恋も順調に進むかもしれません。今回は、付き合う前に試してほしいLINEテクニックを余すところなく解説していきます!気をつけるべき点や返信がこないときの対処法についてもご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。



目次

付き合う前のLINEテクが知りたい!




好きな人とのLINEで何を話したら良いのかわからない、会話が思うように続かない、と悩んだ経験はありませんか?二人の距離を縮めるのに有用なツールだからこそ、上手に使いこなしたいですよね。付き合う前のLINEテクニックをマスターしておけば、恋愛で有利になること間違いなし!ぜひ、あなたの恋に役立ててくださいね。

付き合う前のLINEでベストな頻度・タイミングって?




「付き合っていないのに毎日LINEって多すぎる?」「この時間に送ったら迷惑かも……」と、頻度や送るタイミングについて悩みますよね。大好きな彼とのLINEを楽しく続けるために、まずはこの点を押えておきましょう。

頻度は相手の性格やタイプに合わせるのが吉!


男性の性格やタイプによって、LINEに対する考え方もそれぞれです。たとえば、相手が話し好きなタイプなら、毎日LINEしてもお互いに楽しめるでしょう。しかし、多忙だったりLINE自体が苦手だったりすると、毎日のやりとりは苦痛に感じてしまうかもしれません。



まずは3日に1回程度のやりとりで様子を見てみましょう。彼もノリノリで会話が続くなら毎日、忙しそうであまり返信がないなら週に1回など、相手の性格やタイプに合わせるのがベストです。

相手が社会人なら「夜」に送るのがベター


社会人となれば、大半の人が朝は通勤の準備に追われ、日中は仕事で忙しくなります。相手に余裕がないときにLINEをしても、返信がもらえなかったりやりとりが続かなかったりする可能性が高いですよね。

朝から夕方にかけて働いている男性なら、1日の中でプライベートな時間が比較的多いのは夜ですよね。そのタイミングを狙って送れば、既読無視や未読無視の確率はグッと低くなるでしょう。

付き合う前のLINEでおすすめの内容




頻度と同じく悩みがちなのが、LINEの内容です。好きな人とできるだけたくさん連絡を取りたいと思いつつも、どうしたら会話が続くのかわからない・嫌われたらどうしようという考えから、送る内容に困ってしまう女性は多いでしょう。付き合う前なら、他愛もない話から徐々に距離を詰めていくのがポイントです。

趣味や好きなものについて


好きな人のことなら何でも知りたい、逆に自分のこともいろいろと知ってほしい、と考えている人は多いですよね。それを満たしてくれるものとしてまず挙げられるのが、趣味や好きなものについての話題です。

特に相手の趣味について話しているときが、二人の距離を縮めるチャンス!男女問わず、自分の好きなことに興味を持ってくれたり楽しそうに聞いてくれたりする人には、好意的な印象を抱くものです。共感や質問などで盛り上げて、会話を繋げていきましょう。

休日について


もう少し相手のプライベートについて知りたいと感じたら、休日はどのように過ごしているのかを聞いてみましょう。時間の使い方が似ていればそこからさらに話を広げられますし、休みが合えば二人でお出かけ……、ということもありえます。

行きたい場所・食べたいものについて




「最近話題の○○って知ってる?」「行ってみたいんだよね」というように、お互いの行きたい場所・食べたいものについての話題は、「じゃあ今度行ってみる?」とデートの約束に繋がる可能性あり。デートのお誘いを狙うなら、男性でも興味を持ちやすそうなスポットや食べ物を選ぶのが良いでしょう。

恋愛について




趣味や休日の話題と比べるとやや難易度は高めですが、それなりに二人の距離が縮まっているならお互いの恋愛について話してみるのもアリです。「どんな子がタイプなの?」「彼女はいるの?」と質問されれば、敏感な男性は自分に好意を抱いているのかもと考えるでしょう。相手の意識をあなたに向けるきっかけになりますよ。

恋する女性必見♡付き合う前のLINEテク




相手の心を掴むには、話す内容はもちろんのこと、LINEでやりとりするときのテクニックも重要です。これからご紹介するポイントを押えれば、恋愛を有利に進められるかもしれません。さっそくチェックしていきましょう!

相手を褒める


誰でも、人から褒められれば嬉しくなりますよね。好きな人に好印象を抱いてもらうために、相手の良いところを褒めてみましょう。

たとえば、ある程度やりとりを続けたあとに「○○くんと話してると楽しいな」と送れば、相手を褒めつつ自分の好意も伝わるのでおすすめです。ただし、1日に何度も褒めるとお世辞かな?思われてしまうので多くても2~3回に押えておくのが無難です。

日頃の感謝を伝える


自分の好意を伝えるという意味では、日頃の感謝を伝えるのも効果的です。お互いの距離が縮まってくると、顔を見て直接「ありがとう」と言うのが照れくさくなってしまう人もいますよね。



しかし、付き合う前も付き合ってからも、感謝の気持ちを言葉にして伝えるのは非常に大切なことです。普段感謝の気持ちを表現できていないなと思ったら、ぜひLINEで伝えてみてください。

相談をしてみるのも◎


男性は、女性に頼られると嬉しくなり自信が持てるという話を聞いたことがありませんか?実際にこのように感じている人は多く、特に女性が悩んでいるときや困っているときには積極的に力になりたいと考えています。



好きな人との距離をグッと縮めるには、「相談」をうまく利用してみましょう。相談の内容としては、相手の得意分野に関するものがおすすめです。相手も返信もしやすいはずですよ。

体調を労る


相手が仕事で忙しそうにしていたり、どこか元気がなさそうだったりしたら、体調を労る内容を送ってみましょう。優しさや気遣いが感じられるLINEは、受け取る側を温かな気持ちにしてくれます。

仕事が山場だったり大きく体調を崩していたりすると、返信する余裕がない場合もあります。返事を催促するような内容は避けましょう。

聞く姿勢を大切にする


どちらかが一方的に話し続けるのではなく、お互いに相手の話をしっかり聞いて返していけば、自然に会話は広がっていきます。話し上手な女性も魅力的ですが、好印象を与えるためには聞き上手になることも忘れずに。



また、多くの男性は女性からの共感や肯定に嬉しさを感じ、それと同時に相手に対する親近感もわいてきます。好きな人の話を聞くときは共感と肯定を心がけ、二人の心の距離を縮めていきましょう。

写真を使ったやりとりもおすすめ


LINEは文字が主体の連絡ツールです。いつでもどこでも連絡を取れるという点は便利ですが、文字だけのやりとりはどこか素っ気なくなってしまいます。そこで、話をより一層盛り上げるために写真も活用してみましょう。



たとえば行きたい場所や食べたいものの話題なら、実際の写真が添付されていた方がイメージやすいですよね。その分興味もわきやすく、「今度一緒に行ってみる?」と誘ってもらえる確率がアップしそうです。

二人だけの秘密を共有しよう


お互いの距離が縮まってきたら、二人だけの秘密を共有してみるのも良いでしょう。自分にとって相手が特別な存在であることをアピールできるのと同時に、仲間意識が生まれ恋愛関係に発展しやすくなるというメリットもあります。

秘密と言っても、重大な内容にする必要はありません。自分の意外な一面を打ち明けたり、二人にしか伝わらないあだ名や言葉を作ってみたり……。「二人だけの秘密だよ?」と一言添えるのを忘れないでくださいね。

付き合う前のLINEで気をつけること




付き合う前のLINEテクニックをご紹介しましたが、それとは反対に気をつけたいポイントもいくつかあります。あわせて覚えておきましょう。

自撮りは送らない


好きな人とLINEをするときには、自撮りの送信は控えるのがベターです。まだ付き合っていない女性から送られると反応しづらいですし、「自撮り=ナルシスト」と捉えられてしまうことも。

すでにお伝えしたとおり、写真を送るなら場所や食べ物が無難です。相手が動物好きならペットの写真、旅行が好きなら観光地の写真などでも良いでしょう。

長文・質問攻めをしない


付き合う前から一方的に長文のLINEを送ってしまうと、「自分勝手な子だ」と思われかねません。未読無視・既読無視される確率も上がってしまうので注意しましょう。



また、できる限り相手のことを知りたいからといって、質問攻めになってしまうのも良くありません。他人と親しくなるペースは人それぞれです。相手がまだ心を開けていない段階でプライベートに踏み込みすぎると、嫌な思いをさせてしまうこともあります。

ネガティブな内容ばかり送らない


彼を頼るという意味で相談を持ちかけるのは有用ですが、そのときにネガティブな内容にならないよう注意しましょう。多少は良いですが、暗い内容がずっと続くとさすがに聞く方は参ってしまいます。



また、共通の知人や友人がいるなら、その人の悪口を言うのは禁物です。彼がその人のことを良く思っていれば、イメージダウンに繋がります。好きな人とのLINEは、楽しい話題を心がけてくださいね。

スタンプだけの送信はしない


文字メインの画面に彩りを添えてくれるスタンプですが、それだけで送信するのは避けましょう。男性の多くは、内容のないラインを好まない傾向にあるためスルーされてしまう可能性が高いです。スタンプを使うときは、内容のある文章を送ったうえでそれに添える形で送りましょう。特に普段クールな女性がかわいいスタンプや絵文字を使うと、ギャップからキュンとしてしまう人は多いはず。

返信の催促をしない


たとえあなたに好意を抱いていたとしても、非常に忙しい時間帯であればLINEを返す暇すらなくなってしまいます。一旦既読にしてあとから返信しようとしている場合もありますし、どんな風に変えそうか迷っているケースも考えられるでしょう。



そこに「どうしたの?」「読んだら返信してほしいな……」と催促するような内容が来ると、ストレスに感じてしまいます。お互いに気持ちよくやりとりを続けるために、相手の都合にも気を配ってみてくださいね。

時間帯にも気をつけよう


寂しかったり眠れなかったりすると、夜中にふと好きな人にLINEを送りたくなることもあるでしょう。しかし、昼間に出勤しているのであれば、夜中の時間帯は寝ているのが普通です。



タイミングを考えずに送ってしまうと、「非常識な人だ」と一気に嫌われてしまうかもしれません。よほど緊急性の高い内容でない限りは、相手も返信しやすい夕方から夜にかけて送るように心がけましょう。

1
2

関連記事