初デートの服装見本を季節別にご紹介♡おすすめアイテムや状況別コーデも

大切な人との初デートはとびっきり可愛い服装を身にまといたいですよね。今回は春夏秋冬ごとにおすすめのコーデを紹介します。シチュエーション別にそれぞれピッタリなファッションもまとめました。


目次

初デートの正解ファッションが知りたい!



まずは自分の骨格や雰囲気は考えず「初デートに持ってこいのファッション」についておさらいしていきましょう。甘すぎず、あざとすぎず、かつ可愛いと思ってもらえる服装はなんなのか知ることが大切です。

男性ウケのいい初デートの服装のポイントは?


男性に好まれやすいコーディネートにはいくつかポイントがあります。「シンプル」「優しい印象」「動きやすそう」など、具体的に説明していきます。

シンプルなファッション



全体的に統一感があるファッションが好まれやすいです。同じ色を選ぶか、オーソドックスな形のアイテムを着ることでシンプルさを出すことができます。

優しい印象のファッション



パステルカラーやブラウン、ベージュ、オフホワイトなどの落ち着いた色味は印象が柔らかくなります。男性はモノトーンやブラウン、ネイビーといった彩度の低い色味を好んでファッションに取り入れるため、二人並んだときに違和感のない雰囲気になります。

歩きやすそうなファッション



水族館、遊園地、ショッピングスポットへ出かけるときは長時間歩くことも予想されます。旅行や長い時間出かける日はスニーカーやヒールの低い靴を選びましょう。アトラクションやレジャーを楽しむデートならパンツスタイルが動きやすいです。

場所にマッチしたファッション



男性は自分にも他人にもお出かけ先に応じたファッションを求めます。「カフェや居酒屋デートならリラックスできるファッション」「高級レストランなら大人なファッション」というように服装でも柔軟な対応ができるのが望ましいです。どこでデートするかわからないときは男性に質問してみましょう。

初デートでのNGファッションは?


一方、初デートでは避けた方がいいファッションもあります。デート内容を男性と話し合いながらどんな服を着ていくか考えていきましょう。

ガーリーすぎる



フリルやリボンがあしらわれたアイテムはとても可愛いです。とはいえ、男性が連れていきたいと思っている場所によってはふさわしくない服装になってしまう可能性があります。ガーリーなファッションは歩いたり体を動かしたりする場所だと男性も「汚れてしまわないかな?」と気を使ってしまいます。

狙いすぎている


肩出しやミニスカート、へそ出しはモードな雰囲気があり素敵です。しかし、露出度の高い服装をした女性に男性はヒヤヒヤしてしまいます。ほかの男性に注目されたくないからです。初デートのときに露出させるのは首、手首、足首など控えめにしておきましょう。

ビビッドカラーを何色も使う



ピンクやブルー、グリーンは服装を華やかな印象にしてくれます。色の三原色と呼ばれるレッド、ブルー、イエローはとくに色鮮やかなアイテムが多いです。これらのカラーアイテムは差し色として優秀です。

しかし、一度に何色も使うと視線があちこち移ってしまい、シンプルさを出すのが難しくなります。一回のコーディネートに使う差し色は一色、と決めておきましょう。

洋服の手入れがされていない


素材によっては洗濯を繰り返すうちに毛玉が付着します。また、縫い目から糸がはみ出すこともありますよね。毛玉、糸くず、シワ、シミへのケアを怠るとせっかくの洋服が台無しになってしまいます。お出かけ前に一着一着チェックしてみましょう。

ハンディースチーマーや100円ショップで売られている毛玉とりがあると便利です。スニーカーも汚れやすいため、防水スプレーやクリーナーで手入れしましょう。

初デートにおすすめのアイテムは?


一枚でコーディネートが決まるワンピースは男性ウケも抜群です。ほかにも初デートに最適なアイテムを紹介します。

ワンピース



デート服を考えるうえで外せないのがワンピースです。ひとことでワンピースといってもシャツやAライン、ニットなど種類は多岐にわたります。カジュアルさを出したいのか高級感をプラスしたいのか、希望に合わせて形を選びましょう。

ボアコート



冬におすすめなのがボアコートです。モコモコしすぎていてラフな服装になってしまうと思われがちなアイテムですが、色や丈によって印象を変えられます。スーツのような襟があり、ラインのない種類はオフィスカジュアルとしても使えて万能です。

ヒールは低めorスニーカー



デート中、楽しさのあまり時間を忘れて歩きすぎてしまいますよね。このとき高いヒールの靴を履いていると爪先や踵を痛める可能性があります。デートを思いっきり楽しむためにも、靴はスニーカーにするか、ヒールの低いローファーやサンダルを選びましょう。

気温に合わせてストールやマフラーを持っておく



日中と夜の気温差が大きい季節の変わり目は小物を活用しましょう。羽織りとしても使える大判のストールやマフラーを持っておけば急な涼しさにも対応できます。夏場、エアコンが効いている場所に行くときもストールをバッグに忍ばせておけば安心です。

季節別!初デートのおすすめコーデ【ショッピングデート】


好きな人と初めてのお買い物は特別感がありますよね。歩いているうちに彼との距離も自然と近くなるため、とびきり素敵な服装を身につけましょう。

春・夏におすすめの初デートコーデ


肌寒さが残る春ならカーディガンを羽織りましょう。夏に歩きやすさを求めるならスポーツサンダルはいかがでしょうか。

黒カーディガン×透かし編みスカート



春は日中は暖かく、朝晩は冷える季節です。一日で気温差が大きいときは透け感のあるアイテムはいかがでしょうか。透かし編みのスカートはふんわりと広がるため柔らかい印象になります。アウターに全体を引き締める黒を着れば絶妙なバランスに仕上がりますよ。

ロンTはサテンスカートと



オーバーサイズのロンTはカジュアルになりすぎるかと思いきや、ロングスカートと組み合わせれば一気に女性らしくなります。春夏用のスカートには軽い着心地のサテン生地が一押しです。

くすみグリーン×ニット



思いきってグリーンコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか。上はゆったりとしたシルエットのニット、下は透かし編みのニットスカートです。上下同じ色味にすればセットアップのように着ることができます。

足長効果を出すためにトップスの正面をタックインしましょう。ライトブラウンのベルトはウエストマークとして取り入れてください。

ホワイトデニムで爽やかに



差し色としてくすみグリーンを使用したコーディネートがこちらです。ベースにする色はぜひ白を選んでください。季節らしく爽やかな雰囲気に仕上がります。ウェッジソールもグレーと白です。クリアバッグの中身も白で揃えましょう。

ドットワンピース×スポサン



汗ばむ日はキャミソールワンピースの出番です。黒なので重く見えそうなコーディネートですが、ダルメシアン柄なので軽やかな雰囲気になります。足もとは動きやすさを重視してスポーツサンダルをチョイスしましょう。夏らしいショルダータイプのかごバッグがアクセントです。

紫ワンピースをメインに



パステル調の紫なら全身に取り入れても上品になります。ただし色が散らかることのないよう、ほかのアイテムは同じ色で揃えましょう。使いやすいのは白です。

紫のシースルーは肌馴染みがいい



シースルーのTシャツも薄紫が可愛いです。白のフレアパンツならスタイルアップ効果も狙えます。ショッピングにはもちろん、カフェでの初デートにもどうぞ。

ラテカラーで春夏を楽しむ



モノトーンやビタミンカラーではなく、落ち着いた色味が好きな人に教えたいコーディネートです。タンクトップとワイドパンツはそれぞれブラウンを選びましょう。仕上げにクリーム色のシャツを羽織れば完成です。足もとは動きやすいフラットサンダルがよいでしょう。

秋・冬におすすめの初デートコーデ


季節変わって肌寒い秋冬用のコーディネートを紹介します。

白ボアコート×カーキパンツ



この日の差し色はカーキです。アウターや小物はモノトーンにして色味を抑えましょう。巾着バッグで女性らしく、スニーカーでボーイッシュにすることで全体のバランスを整えています。ロング丈のボアコートで防寒もばっちりです。

ベージュニット×花柄スカート



ガーリーなスタイルを楽しむなら花柄スカートは欠かせません。甘くなりすぎないようトップスはヌーディーカラーがよいでしょう。大人な女性の雰囲気になります。スニーカーよりもローファーが望ましいです。

カーディガンをタックイン



カーディガンはトップスとしても活用できます。ボタンをすべて閉じてボトムスにインしましょう。これだけでもじゅうぶん可愛いのですが、さらにウエストを強調したいときはベルトを使ってみてください。ガーリーな服装なので細身のものが合います。

ショート丈ダウン×タイトスカート



着ぶくれしがちなダウンコートでもショート丈なら使いやすいです。黒のスカートとマッチするよう白を選びましょう。スニーカーとバッグも同じ色味で統一します。そこへカラーアイテムとして赤い靴下を持ってくればコーディネートの完成です。

スウェットはスカートを合わせて



グレーのパーカーは一着持っておきたいアイテムです。丈の長いロンTをインナーにしましょう。スキニーでメンズライクにしても素敵なのですが、初デートならぜひスカートを履いてみてください。ふんわりと広がるプリーツタイプのものがよいでしょう。

オーバーサイズのニット×デニム



冬はいろんな形のニットを試せて楽しいですよね。オーバーサイズのニットに合わせたいのがストレートデニムです。上はボディラインを隠し、下は足のラインを見せるのが綺麗なバランスを保つコツです。ヒールのあるブーツを履くことでさらに足を細く見せる効果が期待できます。

キルティングコート×デニム



野暮ったくなり取り入れづらそうなキルティングコートもデニムなら相性ぴったりです。コートがゆとりのあるシルエットなのでボトムスはストレートタイプにしましょう。より足を長く見せたいのでトップスはタックインしてください。

1
2

関連記事