毛先だけ染めるのが今っぽオシャレ♡レングス・カラー別にスタイル紹介

ブルーやピンク、パープルといったヘアカラーは、かわいいですが派手になりがちな印象ですよね。挑戦してみたいけど、ワントーンで染めるのはなかなか勇気が出ないという人も多いのではないでしょうか?そんな派手めカラーも、毛先だけ染めればオシャレになじませることができます。もちろん派手めカラーだけでなく、ナチュラルなカラーもオシャレにきまりますよ!

今回は毛先だけ染めるスタイルをレングス(髪の長さ)別にご紹介します。この記事であなたのチャレンジしてみたいスタイルを見つけてみてください。


目次

魅力たっぷり♪毛先だけ染める髪色で垢ぬけ♡



ハイトーンのベースも暗めのベースも、毛先を染めるだけでこなれ感が出て簡単なヘアアレンジでもオシャレに見えます。今のベースカラーを変えずにイメチェンすることもできますし、染めた部分をカットするだけで髪をリセットすることもできるのは手軽ですよね。

毛先だけ染める3つの方法


毛先カラーってどういうものがあるの?と思っている人もいるでしょう。実は、毛先だけ染めると言っても染め方には3種類あるので、まずは種類からご紹介します。自分のなりたいスタイルに合わせて染め方を選んでみてくださいね!

毛先だけ染める裾カラー



裾カラーは毛先の色とベースの色の境界がはっきりしているのが特徴。ひと目見てカラーが目立つスタイルです。同系色の明暗でも変化が分かるのがいいですよね。派手めにしたい人は彩度の違う色にチャレンジしてみてください!

内側だけ染めるインナーカラー



髪の内側だけを染めるので、大胆なカラーを選んでも大丈夫!髪をアップにしたり耳に掛けたりしたときにカラーが映えます。ヘアアレンジが楽しくなっちゃいますね。髪をおろしていれば、見えるのはほとんどがベースカラーです。

徐々に色が変わるグラデーションカラー



毛先から根元へ向かって少しずつ色が変わるスタイルです。自然な立体感が出るのでオシャレにきまります。どんな色もグラデーションで自然になじんでしまうので、ちょっと派手なカラーに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

【ボブヘア】毛先だけ染めるおすすめスタイル



短いヘアスタイルは毛先だけ染めると一気に印象が変わります。ちょっとしたイメチェンにもぴったりです。「これから髪を伸ばしたい!」「髪全体を染めるほどじゃないけどイメチェンしたい」という人はどんなカラーがあるかまずは知ってください。

毛先カラー×パープルアッシュ



人気カラーのアッシュにパープルを入れることで黄みをおさえて透明感ゲット!同系色で明度の差をつけていてやわらかい雰囲気になっています。パープル自体は目立たずアッシュがメインの色味なので、どんなベースにも似合います。

毛先カラー×ブルーシルバー



シルバーが混ざることで淡くくすんで、落ち着いた雰囲気のブルーになります。ブルーは混ぜる色によって細かな変化が作れますよ。ブルーアッシュ、ブルージュといった名称を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。どれも違う色なので、あなた好みのブルーを見つけてみましょう!

毛先カラー×オレンジ



インナーカラーにオレンジを入れるだけで一気にアクティブになりますね。暗色のベースにもしっかり映える色ですし、ベースはブラウンでもきっと合いますよ。鮮やかなオレンジも魅力的ですが、くすみを持たせることでよりなじみが良くなります。

【ミディアムヘア】毛先だけ染めるおすすめスタイル



ミディアムヘアでイメチェンを考えたとき、髪をバッサリ切るか、染めてしまうか、はたまたパーマをかてるかと悩んでしまいませんか?そんなときにはぜひ毛先だけ染めてみてください。毛先を染めるだけでイメチェンができますし、簡単にオシャレなヘアスタイルになれますよ。

毛先カラー×グレージュ



大人気のグレージュは毛先でも大活躍!ベージュのやわらかさとグレーのクールさが見事に調和していてスタイリッシュですね。ベースが暗めだとグレーが引き立って外国人風に、明るめだとベージュが生かされてやさしい印象に見えますよ。

毛先カラー×ピンクアッシュ



ブラウンからピンクアッシュがチラチラ見えるのがポイント。ピンク系はクールなアッシュにガーリーな印象を与えてくれます。

毛先カラー×オリーブ



緑系は髪の赤みを出したくないという人向けの色です。補色関係にあるので赤みを打ち消してくれる効果があります。明るめブラウンのベースも、毛先をオリーブに染めることでほんのりスモーキーな味わいになりますよ。

【ロングヘア】毛先だけ染めるおすすめスタイル



ロングヘアの人は長さを生かして、ぜひ染めた毛先を巻いて楽しんでください。巻くことで髪に陰影がついて立体感が出るので、ヘアカラーがいつもと少し違って見えます。染める範囲も工夫できるロングヘアは毛先カラーが映えること間違いなしです!

毛先カラー×ハイトーン



ピンクベージュのベースから覗くハイトーンの髪がとってもキュートですね。同じくらいの明るさでも色がちがうだけで違う表情を見せてくれます。

毛先カラー×グレー



透明感もありつつ、暗い色の印象を明るくしてくれる効果も期待できます。重たい印象を払拭したい人におすすめのカラーです。白系のカラーはくすみがある方がナチュラルに見えます。まっしろよりも、グレーやシルバーの方が髪になじんでくれるでしょう。

毛先カラー×デニムブルー



こちらはベースが青系の暗色で、インナーカラーにデニムブルーを入れているスタイルです。2つの青色のコントラストが綺麗ですね。髪を染めたことのない人や髪色の暗い人には青系が映えます。ブルーブラックやネイビーのような、暗いけどほんのり青っぽい色も独特の雰囲気が出ておすすめですよ!

毛先カラー×ラベンダーピンク



黄みを抑えるラベンダーとガーリーなピンクを掛けあわせた、いいとこどりのカラー!ベースも同系色にするとよりかわいく仕上がります。

毛先だけ染めるならビビットカラーにも挑戦♡


染めるのは毛先だけだから、思い切ってビビットカラーにしてみるのもいいですよね。ワントーンに染めるわけではないので派手になりすぎず、ヘアスタイルのワンポイントになってくれます。

ガーリーピンク



こちらはしっかり鮮やかなピンクに透けるような質感が鮮やかです。ピンクブラウンのベースなので、強い印象を与えながらも髪全体としてのまとまりがありますね。

1
2

関連記事