お葬式のマナーを徹底解説!髪型・メイク・服装・注意点はこれで完璧♡

お葬式に参列するときのマナーやふさわしい髪型や服装を知っているでしょうか?突然の訃報でお葬式に参列することになったけれどどんな服装がいいのか、メイクはどうすればいいのか、髪型はまとめるほうがいいのかなどわからないことが多い、不安だと思っている方もいるでしょう。

お葬式には多くのマナーがあり、髪型や服装、メイクなど注意しなければならないポイントがたくさんあります。突然お葬式に参列することになっても失礼のないようにしっかりマナーを身につけておきましょう。


目次

お葬式にふさわしい髪型って何?


急な訃報に慌てて用意をして参列したけれど髪の毛がボサボサでは失礼です。でもどんな髪型で行けばいいのだろうか、結ぶほうがいいのか、下ろしたままでいいのか、お葬式での髪型ってどうすればいいのか迷ってしまいますよね。

お葬式にふさわしいとされる髪型があるのはご存じでしょうか?ただ結んでおくことがいいと思っている方もいるかもしれませんが失礼のないようにマナーを守る必要があります。どんな髪型がふさわしいものなのか見ていきましょう。

お葬式の髪型のポイント


お葬式でどんな髪型をすればいいのか、失礼に当たらない髪型はどんなものなのか知らない方も多いでしょう。お葬式に参列するときのためにポイントを押さえておきましょう。お葬式でのマナーは髪を結ぶ位置も関係します。お葬式のマナーをしっかりチェックしていきましょう。

清潔感のある髪型



お葬式での髪型は清潔感のある髪型がよいとされています。ハネや癖などで乱れているものはマナー違反です。まずはしっかりブラシや櫛で整えましょう。ヘアアイロンを使えばハネを直すことができますね。

ワックスをつかって整えることもあるかもしれませんが、べたついている髪型もお葬式ではNGです。顔周りはすっきりさせて、清潔感のある髪型を意識するようにしましょう。

まとめ髪は耳より下で結ぶ


髪の毛が長い場合はまとめる必要があります。髪の毛を結ぶときは高い位置でポニーテールをすればいいと思うかもしれませんが、お葬式では高い位置で結ぶことはマナー違反です。高い位置で結ぶのはお祝い事のときとされています。

また幼くみえる二つ結びもお葬式ではふさわしくないとされています。髪が長い方のまとめ髪は耳を出して低い位置で結ぶようにしましょう。

崩れにくい髪型をする


お葬式では頭を下げる場面も多く髪の毛が動いてしまうことも多いです。髪型が崩れてしまってそのたびに手で整えたり、直したりすることは失礼にあたります。

髪の毛が崩れないようにすることがお葬式でのマナーです。まとめることができない髪の毛はピンを使って留めるようにしておきましょう。そうすれば手で前髪を触ったりすることもありませんね。ワックスなども使ってうまくまとめておきましょう。

派手な髪型ではない


お祝い事やパーティーでは髪の毛を盛ることもあるかもしれませんが、盛り髪などの派手な髪型はお葬式ではNGです。お葬式で華やかさやお洒落は必要ありません。派手なヘアアクセサリーを使う、髪の毛を盛るなどはやめましょう。

せっかく髪の毛をまとめるのであれば、凝った髪型をしたいと思う方もいるかもしれませんがお葬式では地味な髪型のほうがよいとされています。できるだけ派手にならないようにしましょう。

髪の長さ別のお葬式髪型マナー


髪の長さによってまとめることが難しい場合もあります。短い髪はどうすればいいのか、長い髪はどんな結び方をすればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。お葬式でどんな髪型にすればよいのか悩んでいる方に髪の長さ別でアレンジ方法をご紹介していきますね。お葬式に参列する際は取りいれていきましょう。

ショートヘアの場合



ショートヘアで髪をまとめるのは難しいですよね。ショートヘアの方の場合は無理に髪をまとめる必要はありません。ですが清潔感のある髪型がお葬式ではふさわしいとされているのでハネや乱れがないようにすることがポイントです

前髪が長い方は耳にかけるかシンプルなピンで留めておけば邪魔になりませんね。お洒落だからと毛先をわざとハネさせる髪型もありますが、お葬式ではしっかりまとめておきましょう。

ミディアムヘアの場合



ミディアムヘアの場合は低い位置でまとめるお団子ヘアがおすすめです。ミディアムヘアならショートヘアと同様髪の毛を下したままという方も多いですが肩に髪の毛がかかっているのであれば一つにまとめることがお葬式のマナーです。

ミディアムヘアでお団子にするときはネットをつかえば上手にまとめることができますよ。髪の毛を低い位置でお団子にして上から黒いネットをかぶせるだけで簡単にお団子ヘアをつくることができます。ネットをつかうことで綺麗にまとめることができるのでおすすめです。

セミロング



セミロングの場合はくるりんぱにするのがおすすめです。くるりんぱをすればヘアゴムを隠すこともできますし、綺麗にまとめることができます。

難しい結び方ではなく簡単で誰でも取り入れることができるアレンジです。ただ結ぶだけの髪型よりも崩れにくいところもポイントです。お葬式では動くことも多いので崩れにくいくるりんぱはおすすめの髪型です。

ロングヘア



ロングヘアの場合はギブソンタックというヘアアレンジがおすすめです。ギブソンタックは低い位置で髪の毛をロール状にしてつくるお団子ヘアです。ギブソンタックはお葬式だけではなく結婚式などのお祝い事の場面でも活躍できるヘアアレンジです。どんなシーンでも取り入れることができるので覚えておくといいでしょう。

ギブソンタックは髪の毛をしっかりまとめることができるので乱れたり崩れたりすることがありません。ヘアゴムとピンがあれば簡単にできる髪型なのでお葬式でもうまく取りいれることができますよ。

お葬式の髪型をつくるときの注意点


お葬式で綺麗にまとめることもとても大事なことですが、髪型をつくるためにも気をつけないといけない点があります。お葬式での髪型のマナーは非常に多いですがしっかり学んでおくことが大事です。髪型をつくる以外にどんなことに注意すればいいのか覚えておきましょう。

お葬式にヘアアクセサリーは不必要


シンプルな黒いヘアゴムやピンをお葬式でつかうことに特に問題はありませんが、派手なヘアアクセサリーやラメが入ったゴムなどはお葬式ではマナー違反です。

黒いシュシュや黒いリボンがついたヘアアクセサリーを使う方もいますが、これもお葬式ではNGです。基本的にお洒落なヘアアクセサリーはお葬式では必要のないものです。シンプルなものを選ぶようにしましょう。

髪は艶感よりマットを意識


ヘアアレンジのためにウェット感をだしたり、ツヤをだしたりすることもありますがお葬式ではNGです。髪の毛をまとめるときにワックスを使うこともありますがつけ過ぎするとべたつくこともあるので注意しましょう。

髪の毛をまとめるときはできるだけマットになるように意識して使うことがポイントです。マット感を出すことができるワックスを使うことでツヤを防ぐこともできますよ。

香水は控えめに


普段から香水を使っている方もいると思いますがお葬式では香水は控えるのがマナーです。お葬式にお洒落やいい匂いは必要ありません。

香水だけではなくシャンプーやスタイリング剤、柔軟剤なども香りが強すぎるものはNGです。お葬式ではお焼香やお線香の匂いと香水などの匂いが混ざってしまい周りの方に不快な思いをさせることもあります。できるだけ香水や匂いには気をつけるようにしましょう。

お葬式で絶対NGな髪型とは


シンプルに結ぶ、顔周りをすっきりさせることができればどんな髪型でもいいというわけではありません。お葬式では絶対にNGとされている髪型があります。

普段から取りいれている髪型がお葬式ではNGという場合もあるのでしっかりチェックしておきましょう。

ハーフアップ


短い髪型でも取りいれることができるハーフアップはお葬式ではNGとされている髪型です。ハーフアップは顔周りをすっきりさせることができますし耳をだすこともできるのでお葬式にも向いている髪型なのでは?と思う方もいるでしょう。

ハーフアップは短い髪型でもうまくまとめることができるのですが、華やかさがでてしまうためお葬式ではマナー違反です。パーマヘアやカラーリングした髪の毛でハーフアップをするとお洒落感が出てしまいます。簡単にできる髪型ではありますがお葬式では控えましょう。

編み込み



髪の毛をまとめるために編み込んでいるという方もいるかもしれませんがこれもNGです。編み込みヘアは
手の込んだスタイルでお洒落を連想させるものです。短い髪の毛も綺麗にまとめることはできますがお葬式では控えるようにしましょう。

顔が隠れないようにする



髪の毛で顔が隠れてしまうのもお葬式ではマナー違反です。お葬式の髪型は顔周りをすっきりさせることがよいとされています。顔周りが隠れている髪型は周囲からの印象が悪くなってしまうこともあります。小顔効果のためにサイドの髪の毛をおろしたままの方もいますがこれもNGです。

サイドの髪の毛は耳にかけるか、落ちてくるようであればピンで留めましょう。すっきりまとめることが大事です。

お葬式の髪色は?気をつけるのは髪型だけじゃない


髪の色が茶髪やカラーが入っているけれど、そのままお葬式に参列していいのかわからない……。と悩んだことがある方もいるかもしれません。お葬式では髪型だけではなく、髪色も重要なポイントです。

明るい髪色はどうすればいいのか?黒く染めたほうがいいのか?と疑問に思うこともあるでしょう。お葬式での髪色のマナーはどんなものかもチェックしていきましょう。

明るい髪色はマナー違反



お葬式では基本的に黒髪やダークブラウンなどの暗い色が好ましいです。ですが急なお葬式だと染める時間が無いなど難しい場合もあります。

急なお葬式だけれど髪の色が明るい場合は一時的に黒色のカラースプレーを使って色味を抑えるといいでしょう。カラースプレーであればシャンプーで落とすことが可能です。明るい髪色はスプレーで対策しましょう。

パーマも基本的にNG



パーマはお洒落や派手な印象があるためお葬式ではNGです。ですがパーマをとることは難しいですよね。当てたばかりのパーマをとるのはもったいないと感じることもあるでしょう。

軽めのパーマであれば大丈夫ですが、可能であればストレートアイロンなどを使って真っすぐにさせる、ウェーブを抑えるようなアレンジをすることが好ましいです。パーマを隠すためにお団子ヘアをしてみるのもいいでしょう。

ウィッグを使う



どうしても染めることができない、パーマをストレートにする、隠すことができない場合はウィッグを使う方法もあります。ウィッグを使うことで髪の毛を隠すことができます。ウィッグもできるだけ黒やダークブラウンなどの暗い色のものを選ぶようにしましょう。

1
2

関連記事